FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第194回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽
    ♪リスト対象は 僅か10秒のイントロ。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  4. 第 4 位 ( △ )
    平原綾香“Voyagers”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ダーウィンが来た!~ 生きもの新伝説」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    木村カエラ“TREE CLIMBERS”
    モード学園 テレビCMソング


 先月24日に 名優・丹波哲郎 氏が、お亡くなりになりました。。あの007シリーズにも出演歴がある国際派俳優の ひとりでしたが、丹波哲郎 氏の国内テレビ ドラマ代表作といえば、やはり あのTBS「Gメン’75」の黒木哲也 警視正や、NHK新大型時代劇「真田太平記」の真田昌幸など挙げられますが、NHK大河ドラマにも 7回出演されています。

 最後の大河出演となった、昨年の「義経」。 丹波哲郎 氏の演ずる源頼政が、挙兵の炎の中、どんなシナリオでも言葉で表現出来ない、不敵な笑みをニヤリと浮かべたシーンを、このブログで絶賛しました。その後 各方面でも、大河史上に残る「名場面」との声が上がっています。人知を超えた演技が出来る稀有な名優が 丹波哲郎 氏だったのです。

 丹波哲郎 氏は、准大河とも言える1985年のNHK新大型時代劇「真田太平記」と、1998年のテレビ東京の 12時間超ワイドドラマ「家康が最も恐れた男 真田幸村」でも、同じく真田昌幸 役を演じています。同様に唐沢寿明 は、2002年の「利家とまつ」において主役・前田利家 役を演じ、また 4年後の「功名が辻」で、今週「同役出演」しました。

 過去 津川雅彦が 徳川家康 役を 2回(独眼竜政宗・葵 ~ 徳川三代)演じ、仲村トオルは「信長 ~ KING OF ZIPANGU」から「琉球の風」へ羽柴秀吉 役をリレーする形で出演しています。そして奇しくも徳川家康 役の西田敏行は 財前又一。前田利家 役の唐沢寿明が 財前五郎。そして山内一豊 役の上川隆也は 関口仁 弁護士を、同一の民放ドラマで共演しています。

 3人共に このブログで劇伴音楽が 2004年の年間1位に選曲された、NBS(フジ)木曜劇場「白い巨塔」の重要登場人物でした。主役が そのまま後作の同一登場人物として出演する配役は、きちんと新作を経年で放送していく大河ドラマだからこそ出来る、ダイナミックなキャスティングだと思います。大河ドラマには、放送文化の観点からも常に高いレベルを保っています。

 NHK大河ドラマ「功名が辻」1日 放送・第39回「秀吉死す」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 仲間由紀恵 → ○ 上川隆也 / △ 前田吟 → 永作博美 → 生瀬勝久 → 田村淳 → 小倉久寛 → 浜田学 / △ 玉木宏 / ○ 唐沢寿明 / △ 篠井英介 / △ 多岐川裕美 / ○ 中村橋之助 / △ 津川雅彦(回想)/ ○ 浅野ゆう子 / ○ 柄本明 / ◎ 西田敏行 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。