FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第194回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽
    ♪リスト対象は 僅か10秒のイントロ。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  4. 第 4 位 ( △ )
    平原綾香“Voyagers”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ダーウィンが来た!~ 生きもの新伝説」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    木村カエラ“TREE CLIMBERS”
    モード学園 テレビCMソング


 先月24日に 名優・丹波哲郎 氏が、お亡くなりになりました。。

 丹波哲郎 氏の代表作といえば、やはり あのTBS「Gメン’75」やNHK新大型時代劇「真田太平記」など挙げられますが、大河ドラマにも 7回出演されています。

 最後の大河出演となった昨年の「義経」。 丹波哲郎 氏が演ずる源頼政が挙兵の炎の中、どんなシナリオでも言葉で表現出来ない不敵な笑みをニヤリと浮かべたシーンは、本放送時に このブログで絶賛。その後 各方面でも大河史上に残る「名場面」との声が上がっています。

 今週の「功名が辻」は、前田利家 役で唐沢寿明 がゲスト出演しました。2002年の「利家とまつ」において主役を演じ、同役で また4年後の「功名が辻」も出演した事になります。

 過去 津川雅彦が 徳川家康 役を 2回(独眼竜政宗・葵 ~ 徳川三代)演じ、仲村トオルは「信長 ~ KING OF ZIPANGU」から「琉球の風」へ羽柴秀吉 役をリレーする形で大河ドラマに同役出演しています。

 今回 奇しくも徳川家康 役の西田敏行は 財前又一。前田利家 役の唐沢寿明が 財前五郎。そして山内一豊 役の上川隆也は 関口仁 弁護士と、3人共に このブログで劇伴音楽が2004年の年間1位に選曲された、NBS(フジ)木曜劇場「白い巨塔」の重要登場人物でした。

 主役が そのまま後作の同一登場人物として出演する配役は、きちんと新作を経年で放送していく大河ドラマだからこそ出来る、ダイナミックなキャスティングだと思います。大河ドラマには 約40年の伝統があり、放送文化の観点からも常に高いレベルを保っています。

 NHK大河ドラマ「功名が辻」1日 放送・第39回「秀吉死す」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 仲間由紀恵 → ○ 上川隆也 / △ 前田吟 → 永作博美 → 生瀬勝久 → 田村淳 → 小倉久寛 → 浜田学 / △ 玉木宏 / ○ 唐沢寿明 / △ 篠井英介 / △ 多岐川裕美 / ○ 中村橋之助 / △ 津川雅彦(回想)/ ○ 浅野ゆう子 / ○ 柄本明 / ◎ 西田敏行 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年10月06日 の週間選曲リストと『 丹波哲郎 氏 逝く 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。