FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第454回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    あみん「待つわ」
    SoftBank テレビCMソング
    ♪編曲が重要な意味を有する1982年の秀逸曲。


 全国の稲作は 刈り取りの時期が終わり、福島県産のお米も放射性物質検査の結果、安全性が確認されました。福島の農家の方は、被災地で大変苦労され収穫の季節を迎えています。

 最近 文部科学省から空中放射線の測定調査結果が発表され、ホットスポットと称する地域も数多く判明しました。ところが この結果は、自然から発生する放射性物質と一部混同されています。

 例えば新潟県で高い濃度の結果が出た地域と、花崗岩が多く露出した地域は一致しています。花崗岩からも放射性物質が発生するのです。その点は きちんと調べて発表しなくてはなりません。ちなみに、花崗岩つまり御影石が多く使用されている国会議事堂もホットスポットだそうです(笑)。

 東日本大震災による福島第1原発事故が表面化した直後、私は 25年前に起きたチェルノブイリ原発事故の汚染地域地図を、ネットで食い入る様に見た事がありました。

 その地図には、汚染地域が原発付近に集中するのではなく、全くまだら状に広範囲に拡散し、降雨と風の状況によって、比較的遠隔地にも高濃度の汚染地域が存在してしまう事を知り愕然としました。

 自然からではない放射性物質が比較的高く検出する地域は、北関東から首都圏にも やはり まだらに拡散しています。

 私が住まいする松本市の菅谷昭 市長は、チェルノブイリ原発事故の際、現地で 5年半の医療従事経験を持っている医学博士です。

 この日本で福島第1原発事故の重大性を最も認識している人物ですが、声高に不安をあおる事は絶対にしません。

 私は、地元CATV・テレビ松本で、菅谷 市長の記者会見生中継を何度か視た事があります。その受け答えや実際の市政から菅谷 市長は、私が知る自治体首長の中で極めて優れた人物だと感じています。

 菅谷 市長は、あの田中康夫 元県知事時代に当選しましたが、真っ先に田中支持グループの分類から決別し、独自に穏やかで着実な市政を推進しました。

 今回の福島第1原発事故でも、甲状腺に影響の出やすい 40歳未満の市民11万人分について、安定ヨウ素剤の備蓄を決定しています。最短距離の原発から 150キロも離れているにも かかわらず、あらゆる危機を想定して備蓄をする姿勢は称賛に値します。

 一方 少し気になるのは、阿部守一 県知事です。

 阿部 県知事も田中 元県知事時代に、副知事として抜擢された経緯があります。そして昨年 民主党推薦で長野県知事に当選しました。

 そつなく県政の舵取りをしている印象を受けていましたが、この福島第1原発事故に関して、飲用ヨウ素剤の備蓄をしないと公言しました。飲用ヨウ素剤の効能に疑問があるのか、財政的な問題があるのか、その理由は はっきり報道されません。

 しかし今、この様にホットスポットの拡がりが騒がれている段階で、備蓄をしないと宣言してしまう事に妙な自信と官僚臭さを感じます。

 福島第1原発事故の重大性を最も深く認識しても、声高にならず市長として出来る限りの施策をとろうとする菅谷 市長と、重大性を認識していたとしても、理屈が合えば後退的な施策を公言してしまう阿部 知事。ふたりの首長の政治的タイミングの取り方に際立った違いが現れています。


(追記) 2011年12月28日に、阿部守一 長野県知事から、このブログの更新通知をしている twitterへフォローがあり、この週間放送視聴日記について、2ツィートに渡る長文のご意見が伝えられました。

 阿部 知事の真意を お知らせする目的を達するため、まずツィートを そのまま転載致します。

 @chartdrunker 長野県では、放射線の測定等にできる限りの対応を行っています。ヨウ素剤は、放射性物質の拡散予測や医師の指示も必要で、備蓄するだけでは有効に活用できません。政府は今でも全国の都道府県にSPEEDIの端末を配備しません。そうした対応と併せて考えます。

 また、全国の自治体で独自の取り組みが行われていますが、危機の精度や数値の公表等に差があります。長野県の取り組みは、改善、強化が必要ですが、測定機器の精度や、データの透明性においては、進んでいると考えています。引き続き安心安全のための取り組みを進めます。

 阿部 知事、ご丁寧な意見 ありがとう ございました。

 このご意見に関する私からの根本的な異論はありません。ただ この日記で私が言いたかったのは、政治的タイミングの取り方なのです。なぜこの時点でヨウ素剤備蓄をしないと決断し公表してしまうのか、そのタイミングです。

 今般の原子力災害の問題に関して、議論が分かれる様な対策の存否の判断は慎重であるべきだと考えます。

 国難と言える極めて重大な原子力災害問題で、自ら新たな想定内・想定外のフェンスを張る様に映る政策の公表は、知事として如何なものかと言いたかっただけです。

 阿部知事のご真意は充分理解致しました。住まいする県知事である阿部守一 様 からのtwitterへのフォローありがとう ございます。一(いち)個人ブログですが、これを機会に ご愛読頂ければ幸いです。

 2012年10月 5日に 阿部守一 長野県知事は、原子力規制委員会が 原発から半径50キロ圏内を目安とする安定ヨウ素剤 事前配布について検討開始した事を受け、県も独自に安定ヨウ素剤の備蓄や購入を検討する方針を示しました。

 やはり昨年 飲用ヨウ素剤の備蓄をしないと公言した事は、施策広報の点からもフライング気味だった様です。

第455回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]
    ♪実に重厚かつ独特な和音繰返し。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    あみん「待つわ」
    SoftBank テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 国難と言われる東日本大震災の年に、皇室では ご病気に関する宮内庁からの発表が続いています。敬宮内親王 愛子 さまが、マイコプラズマ肺炎のため東京大学附属病院に ご入院されました。経過は良好で 5日に ご退院されています。

 マイコプラズマ肺炎は、幼少期に かかりやすい風邪に似た病気で、早期発見・早期治療が必要です。雅子妃殿下は、愛子 さまのご入院中に ずっと付き添い続けていたとの報道も流れています。どうか愛子 さまの ご本復を お祈り申し上げます。

 その愛子 さま ご退院の翌日、天皇陛下にも咳と発熱が続き、同じく東京大学附属病院へ ご入院されました。気管支炎との診断です。

 ブログでも書きましたが 私も3年ほど前、この気管支炎に罹患し大変な思いをしました。天皇陛下は来月に78歳を迎える ご高齢です。ご高齢での気管支炎は、さぞ大変だと推察しています。

 7日から、皇太子殿下に 国事行為の臨時代行が委任されています。国事行為として陛下が行う御署名では、陛下の御名を皇太子殿下が署名し、さらに左横部へ皇太子殿下の御名を署名します。

 天皇皇后両陛下は、東日本大震災の際に、私が育った被災地の茨城県北茨城市へも ご訪問されました。

 羽毛田信吾 宮内庁長官がお見舞いした際、陛下は 病室でパソコンを使い、甲府市で開かれる恩賜林御下賜100周年記念大会で、皇太子殿下が名代として読み上げる ご挨拶文を作成していたという、非常に興味深いエピソードも伝わっています。

 どうか天皇陛下の一日も早いご回復を、心からお祈り申し上げます。

 皇室では慶事もありました。秋篠宮 悠仁親王殿下が「着袴(ちゃっこ)の儀」「深曽木(ふかそぎ)の儀」を挙げられました。民間の七五三に当たります。

 悠仁親王殿下は、満5歳になられました。悠仁親王殿下のご誕生の際の登坂淳一 アナによる、連続11回 繰返しのNHKニュース速報から早くも5年です。

 「深曽木(ふかそぎ)の儀」は、袴を身にまとい囲碁の碁盤の上に乗った悠仁親王殿下が、掛け声と共に飛び降りる不思議な皇室儀式です。碁盤には大宇宙という意味があり実に深遠な趣があります。

 幼くも悠仁親王殿下は、皇位継承順位 第3位に当たります。悠仁親王殿下の弥栄(いやさか)を心から祈念してなりません。


 我が家にある白梅と紅葉の盆栽が、深まる秋に冬支度を始めました。白梅のほうは少しずつ葉が散り、紅葉は赤くなり始めています。

 紅葉は この春、一回り大きい鉢に植え替えました。もう陶器の鉢は なかなか大きさが揃わず、プラスチックの鉢に切り替えました。

 ちょっと軽いかな? と思っていたのですが、プラスチックの鉢は、入っている土の重みで意外に安定性があります。余裕が出来た鉢で紅葉のほうは、この夏一段と青々と繁りました。

 一方の白梅の方ですが、実は この春 あまり花を咲かせませんでした。幹は元気なのです。調べてみると剪定が不十分な場合、枝の成長のほうへ栄養が行ってしまい、翌年花と実が少なめになる事があるそうです。

 そこで初夏に枝を相当剪定しました。剪定して残った枝から、この夏は紅葉に負けないくらい葉を繁らせました。来春の花は期待できそうです。そして梅の実が成った後に、やはりプラスチックの鉢へ植え替える予定でいます。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、5日に 18万 を突破しました。 ご愛読頂き ありがとう ございます。

第456回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    あみん「待つわ」
    SoftBank テレビCMソング
    ♪編曲は 萩田光雄。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 中日ドラゴンズが セリーグ二連覇を遂げ、現在 日本シリーズを戦っています。

 昨年このブログでは、茨城に住んでいた頃に 中日新聞 東京本社が発行している東京新聞を、自宅で30年近く購読していた記憶から、中日優勝と東京新聞の思い出を書きました。

 中日新聞購読者である今、中日ドラゴンズの活躍は やはり気になります。そのドラゴンズは敵地2連勝の後、地元で3連敗と日本シリーズで苦戦する展開です。

 以前 日本シリーズのテレビ中継は、高視聴率が絶対的に確保できるため地上波キー局が競って中継しましたが、今年は やっと地上波キー局での全試合中継が決まったそうです。第2戦と第5戦はテレビ東京が中継しました。

 テレビ東京の中継は、妙にハイテンションな実況もなく(笑)オーソドックスで視易かったです。ただ視聴率は 第2戦 9・1%、第5戦 10・6%(関東地区)と野球人気の低迷を物語る数字となってしまいました。

 さらに気になるのは、リーグ優勝まで導いた落合博満 監督が、今シーズン一杯で退団する話です。どうも監督本人の希望ではなく、監督契約を更新しないという球団本社サイドの決定の様です。

 それが伝わったのが9月下旬で、その時ドラゴンズはセリーグで2位と 首位を うかがう勢いでした。監督交代の発表から一気にチームは上昇しリーグ優勝まで達しました。発表のタイミングは悪く、結局 優勝監督を解任する事となってしまったのです。

 中日新聞では、その監督交代の原因を落合監督の「オレ流」だと やんわり説明しています。勝利至上主義に徹して各ポジション複数のレギュラー選手をプールし、調子のいい選手のみを使うため、若手のスター選手が全く育たないのだそうです。

 さらに落合 監督自身、周知の通りファン サービスの苦手な監督です(笑)。インタビューも ぶっきらぼう で地元財界には無愛想。それらが相乗して最近の観客動員数が頭打ちなのだと伝えられています。

 ただ私としては、落合監督のオレ流が嫌いではありません。監督就任の8年間は全てAクラス。リーグ優勝 4回、日本一 1回と、間違いなく「オレ流」落合監督は成績を残しています。

 逆に人気偏重主義を貫いていくと、まさしく今の読売ジャイアンツの様な状態になりかねません(笑)。

 我が国のフィクサーとなりつつある渡邊恒雄 読売新聞グループ本社代表取締役会長 兼 主筆に、反旗を翻した清武英利 球団代表 兼 ゼネラルマネージャーは、全く援軍なくクーデターが鎮圧され(笑)18日には球団全役職から解任。とうとう粛清されてしまいました。

 しかしナベツネさんも清武GMも両者の頭から離れないのは、スター選手の育成と外人巨砲でチーム人気の浮揚を図る事ばかりです。

 落合監督の選手起用には賛否が分かれるところですが、結果を残せた事は無視してはならないのです。それを無視する論理は、結果がチームを無視してしまう事に繋がりかねません。

 落合 監督には在野にいても、また各チームから監督就任の声が かかる様な気もします。高木守道 新監督には、上手く新しい中日カラーを引き出し結果を出してもらいたいものです。


(追記) 結局 日本シリーズは第7戦まで もつれましたが、パリーグ優勝チームの福岡ソフトバンク ホークスが制覇しました。落合 監督、8年間お疲れ様でした。

第457回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Red Hot Chili Peppers“Monarchy of Roses”
    日産自動車 テレビCMソング
    ♪冒頭から不協和音を演じる様なアレンジだが、正統なポップへの解放感は絶妙。


 ブータンのワンチュク 国王夫妻が、国賓として 20日まで来日されていました。

 昭和天皇崩御の時に国全体が喪に服したほど、ブータン王国は世界有数の親日国です。そして国民総生産(GNP)に代表される経済指標ではなく、国民総幸福量(GNH)という独自の指標で国力を見ようという考え方を提唱している国でもあります。

 この国民総幸福量(GNH)の計算方式に、強い興味が湧き調べてみました。基本的には聞き取り調査による統計です。心理的幸福や健康・教育・文化など 9つの構成要素に基づき、国民全体の感情や満足度の度合いを数値化しています。

 国民総幸福量(GNH)の上位5ヵ国は、1位・デンマーク、2位・スイス、3位・オーストリア、4位・アイスランド、5位・バハマ となっており、比較的国土や人口が小規模で高福祉を実現している国が上位を占めています。

 ちなみに国民総生産(GNP)の上位5ヵ国は、1位・アメリカ、2位・中国、3位・日本、4位・ドイツ、5位・フランスです。

 このGNP上位国の国民総幸福量(GNH)を見てみると、アメリカ 23位、中国 82位、日本 90位、ドイツ 35位、フランス 62位と、だいぶ下位へいってしまいます。日本の90位というのは、地球上の国家で真ん中あたりの幸福量という事なのでしょうか?

 私は、行政書士資格を有しているせいか、知り合いから諸事相談される事が多くあります。今までの人生経験において、圧倒的に相談する量より相談される量が多い統計になっています(笑)。

 しかし相談と言っても、だいたい相談者のほうが結論を出しているのです(笑)。その結論のチェックをするため相談してくる例が ほとんどです。しかし、皆が「結論のチェックです」とは決して言いません。ですから相談は芝居がかってきます(笑)。

 いい結論が出ているのだから実践すれば良いだろうと思うのですが、相談者の8割以上は実践できません。また新たな芝居がかった相談が始まり、結局 相談から救われない結果になるのです。

 こんなエピソードがあります。私が小学生の頃、父は多角経営をしており 鰻を出す小さな料亭も営んでいた事がありました。料亭なのに隣では雑貨を売る店も開いており実に不思議な感じの料亭でした(笑)。

 ある日 若いサラリーマンが、その雑貨屋で1枚の板チョコを買っていきました。その日から毎週末になると板チョコを買っていくのです。

 実に無口な方で、たった一人で淡々と毎週板チョコを買っていきます。それを見ていた父は言うのです。「必ず このサラリーマンは、座敷に上がって鰻を食べる様になる」。初めは その意味が解りませんでした。

 ところが その板チョコ サラリーマンは、だんだんグレードアップしていくのです。板チョコにチーズがつき、おつまみセットがつき、缶ビールがつき、ここまで約1年かかりました。

 そして遂に個室座敷に上がりました。ところが注文はビールだけです(笑)。週末やってくるサラリーマンは、さらに1年かけて、とうとう鰻重会食を注文しました。ここまで通うと、料亭では有名人です(笑)。たった一人の客ですが、毎週予約の個室使用に なんと2割引の厚遇で、父は このサラリーマンへ、いつも最高の鰻を出すように板場に言ってありました。

 そのサラリーマンは、それからほぼ毎週通ってきました。そして2年ほど経ち無口なサラリーマンは「鰻 大変美味しかったです。来週本社へ異動になります。」と告げてきたのです。父は その日の代金を無料にし、たくさんのお土産も持たせました。

 私は この板チョコ サラリーマンさんが忘れられません。そして この人の記憶が、私の幸福量の物差しになっています。

 この若いサラリーマンは、板チョコの段階でも鰻重を食べられたのだと思います。しかし、通勤路の途中の雑貨屋が隣にある妙な料亭に面白味を感じ、決して経済的に無理をせず ゆっくり馴染みながら、仕事の成果など自分しか解らない小目標の達成度で、少しずつグレードアップしていったのだと思います。

 子供じみた事かも知れませんが、小目標の先で毎週食べた鰻重とビールの味に、本当の幸福のひとかけら が存在している様な気がします。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2011年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。