FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第268回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    the brilliant green“Ash Like Snow”
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム00」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    暮部拓哉“HANA”
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    YUI“Namidairo”
    abn ABC・ドラマ「赤川次郎ミステリー ~ 4姉妹探偵団」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    佐々木悠乃「さかなのうた」
    ♪自主制作音楽アニメだが美旋律な佳曲。NHK総合「未来観測 つながるテレビ@ヒューマン」で視聴。


 16日に行われた『第17回 長野県 松本市長選挙』で、現職の菅谷昭 氏が再選されました。

 【獲得得票数:菅谷昭 候補 6万6764 市川博美 候補 1万7299】

 開票開始が 午後9時。FM長野は、本社スタジオから9時10分に 菅谷 市長当確を小林新 アナが速報しています。

 松本市長選の開票速報と言えば、忘れえぬ記憶があります。

 和合正治 市長に新人の有賀正 氏が挑んだ、1992年(平成4年)の第13回 松本市長選は稀に見る大激戦でした。どの局も当確が打てず、疑問票などの残票整理まで結果は持ち越されました。

 その残票を確認していた有賀 候補側の開票立会人が万歳した瞬間を、地元CATVのテレビ松本が市内に生中継。その生中継を視た有賀 候補事務所が沸き立つ瞬間を、NHK長野放送局のテレビニュースで放送する「奇跡」的なリレー生中継がありました。これほど劇的な速報は、後にも先にも視た事がありません。

 菅谷昭 市長は、NHK総合の「プロジェクトX ~ 挑戦者たち」でも紹介されたチェルノブイリ原発事故の際に医療活動をした日本人医師のひとりで、べラルーシ共和国から国家最高勲章である「フランシスコ・スカリナー勲章」を授与されています。


 その松本市への引越しが間近になりました。家中ダンボールと布団袋だらけの状態です(笑)。

 長野市役所と松本市役所へ転出・転入の手続きをしなければならないし、電気・ガス・上下水道・加入電話・CATVと対外的な手続きも続いています。家の中だけでも大変なのに、手続き目白押しで全く閉口です(笑)。

 荷物で多いのは、やはりアナログテープです。テレビ番組録画テープに関しては、昨年までに重要なテープをDVDにデジタル化しましたが、それでも170本ほど移転させなければなりません。

 さらにラジオの録音などのオーディオテープは、全くデジタル化に着手しておらず、約200本近くあります。何十年と続けて来た手書きのチャート記録ノート等も、そのまま転居となります。

 このブログのテキストデータなど電子記録した資料は、ペーパーレス化しているので今回の転居に問題ありません。アナログ資料というのは保管に大変なスペースをとります。疲れてきましたが あと少しですので、引越し作業 頑張りたいと思います。


(追記) 2010年12月に、総てのアナログ録画・録音テープのデジタル化が完了しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年03月21日 の週間選曲リストと『 2008年 松本市長選挙 開票速報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。