FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第296回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽

  2. 第 2 位 ( △ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    岡野宏典「世界で誰より愛してる」
    SBC TBS・ひるドラ「キッパリ!!」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「痛快!河内山宗俊」テーマ音楽 [青山八郎]
    ♪第7話「御祝儀放免」オープニングでの驚くべきドライブ感。


 開局20周年を迎えたFM長野が、2005年10月以来の大規模な番組改編を実施しました。5時間25分に及ぶ 帯の超大型生ワイドを編成しています。平日 4日連続でオンエアーする 5時間25分の生ワイド番組は、JFNを始め全国民放FM局では類例がありません。番組が長期に継続すれば、県域民放FM局として、放送史に残るほどの偉業になります

 TBSラジオにかつて「久米宏の土曜ワイド ラジオTOKYO」という 8時間にも及ぶ超大型生ワイドがありましたが、電リクダービー・歌謡ベストテンなど、目玉コーナーを随時配置していました。今回の“The Step”は、著名パーソナリティーを外部招聘し、コーナーは そのキャラクターに依存しており、番組の企画自体 相当無理をしている感じが否めません。

 “Voyage With You”から“EVER GREEN STATION”の原点に立ち返った今回のFM長野 大改編で、私が一番注目したのは 大岩堅一 元アナウンサーのFM長野復帰です。秋からも SBCラジオは担当しており、FM長野 と SBCラジオ両方での現役パーソナリティは、全県域局を調べても類例が見つからないほど、全国的に極めて珍しいケースです。

 大岩 アナは、FM長野開局以来 リスナーと共に歩み、信州のラジオを牽引してきたトップランナーです。FM長野で指導者となる選択もあったと思うのですが、自らの番組制作とメイン出演に拘り、常に礎となるべく道を選んできました。FM長野・SBC両局のパーソナリティになった大岩 アナの先駆けを、一(いち)FM長野リスナーとして見守っていきたいと思います。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2008年10月 現在(大改編)

  1. 【1】FM-NAGANO WEEKLY PROGRAM The Step
       月 → 木 1330 ~ 1855
       陣内大蔵・宮川真衣・田中利彦・小池さえ子・林マヤ・ちのみえこ

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1050
       小林新

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1130 ~ 1225
       週替わりパーソナリティ

 開局時(1988年10月)から 20年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第297回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽

  3. 第 3 位 ( ★ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌
    ♪ショパンからスタンダードジャズのコードを想起させる秀逸曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「痛快!河内山宗俊」テーマ音楽 [青山八郎]


 7日に スウェーデン王立科学アカデミーは、今年のノーベル物理学賞を、南部陽一郎 シカゴ大学名誉教授、小林誠 日本学術振興会理事、益川敏英 京都産業大学教授ら 3氏に授与すると発表しました。

 翌8日には、ノーベル化学賞を、下村脩 ボストン大学名誉教授へ授与すると発表しています。日本人受賞は 6年ぶり、しかも一挙4名となります。

 NHKは、7日 午後7時19分にニュース7の中で、武田真一 アナが物理学賞 3名受賞の第1報。第1報から29秒遅れでNHKニュース速報(電子チャイムなし)のテロップが流れました。7時の基幹ニュース内でニュース速報が遅れて流れる珍しい形態です。

 4名の中で際立ったのは、益川教授の受賞直後の言動でした。

 第1声は「たいして嬉しくない」(笑)。ニュース9の生放送インタビューでは、同時受賞した小林 先生の目が据わってくるほどノーベル賞自体に皮肉を連発。ところが翌日になると、嬉しさのあまり今度は号泣(笑)してしまいます。

 益川 教授は、NHKが受賞ニュース用の資料映像をキープしているほど、長年候補に のぼっていました。本人も ちゃんと事前撮影に協力しているのですが(笑)どうも有名な臍曲がりの教授らしく、待ちくたびれていた所へ突然の受賞で、あんなパフォーマンスとなってしまった様です。

 ノーベル賞の物理学・医学・化学部門は、本当に業績として確定しているかどうか? 石橋を叩いて渡る慎重な審査があります。それが遅滞の原因になっている様です。それでも我が国から 4名も受賞者が出た事は大変な快挙です。

 ノーベル物理学賞・化学賞、本当に おめでとう ございます。


 実は地元・信州大学工学部(長野市)にも おひとり、ノーベル賞有力候補の教授が おられます。しかし、今年も見送りとなりました。

 その信州大学の本部は、ここ松本市にあります。松本も すっかり秋めいてきました。

 長年住んでいた長野より さらに冷えると、さんざん聞かされた我が家は、真夏にスノトレを貯まったショッピングポイントで交換(笑)。早過ぎるほど早くから冬支度を始めていました。

 そして今週、遂に「オイルヒーター」を購入。断熱効率のいいマンションにすがって(笑)灯油は使わず冬を越そうと決心しました。

 即暖をエアコンに任せて、暖かさのキープはオイルヒーター。何かあったらコタツへ潜る(笑)作戦です。そのコタツも新しく家具調にしています。

 オイルヒーターは、電気コストという難点もありますが、パワー調整スイッチにサーモスタット付きを購入しています。オンオフを こまめに自動で切り替えながら、電気代を節約するつもりです。

第298回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「痛快!河内山宗俊」テーマ音楽 [青山八郎]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽
    ♪1位 4週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ
    ♪1位 4週、登場14週。


 リーマン ブラザーズの経営破綻から端を発した金融危機は、一気に全世界を駆け巡りました。

 東京株式市場(東証)は「暴落」「暴騰」また「暴落」と、ローラーコースターの様な1週間でした。そして16日の日経平均株価は、8458円45銭まで落ち込んでいます。

 日本で最も早口なラジオ放送を挙げるならば、それはラジオたんぱの東証終値 実況放送です。

 1987年のブラックマンデー当時、専門職の市況アナウンサーが、1000銘柄以上の終値を 4人交代で放送していました。全て読み上げるのに 40分かかりません。ひと息で 6 ~ 7銘柄読んでしまう まさに職人芸でした。

 久しぶりにラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)を聴いてみましたが市況放送は「合成音声」となっていました。もはや隔世の感があります。

 私は、真面目に勤労してコツコツ貯蓄した預金には、どんな時でも最低 年2 ~ 3%の金利を付けるのが当然だと思っています。しかし、10年以上も超低金利政策は続き、多くの人が定期預金に代えて投資信託や外貨預金を始めています。

 そして今回の金融危機により、長野県の主力銀行である八十二銀行販売の投資信託 基準価格も、殆どが3ヶ月前から大きなマイナスとなっており投資家の悩みは深刻です。

 株価や為替の値動きを示すグラフも「チャート」と呼称しています。

 江戸時代は 堂島 米相場の頃。米国では 西部開拓時代の綿花相場の頃から、この「チャート」を使って将来の値動き予測が出来ないか各国で研究されてきました。現在に至るまで百発百中のチャートは存在せず、まるで錬金術の様な世界です(笑)。

 このブログでは、大納会の日経平均株価を基準に年頭日記で「日本経済星取表」を発表しています。ブログ開始が 2003年なので、翌2004年から星取表がスタートしました。今年の年頭記事の段階では 3連勝の後1敗になっています。

 この「日本経済星取表」を始めるにあたって、戦後の東証再開時から星取表を調べてみたところ、1978年から 1989年まで 12連勝がありました。いわゆるバブル期です。連敗記録は深くなく、1990年から 1992年、2000年から 2002年の 3連敗です。

 現在 投資信託や外貨預金で悩んでいる方も、年単位の超長期「チャート」を見て 冷静に判断されては如何でしょうか?

第299回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「痛快!河内山宗俊」テーマ音楽 [青山八郎]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    GIRL NEXT DOOR「情熱の代償」
    abn ABC・ドラマ「ギラギラ」主題歌
    ♪エンドロールで流れる主題歌の扱いは酷いがガール・ポップの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    青山テルマ“You’re My Only Shinin’ Star”
    テレビ東京・Lドラ「Cafe吉祥寺で」主題歌
    ♪テレ東 初の昼ドラ主題歌は 中山美穂のカヴァーだが、原曲よりアレンジのレベルが高い佳曲。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの ご存じ かめクン ですが、前足の爪を1本折ってしまいました。この様な事は、18年の飼育歴で初めての出来事です。本当にびっくりしました。どうも飼育ケースのフタの格子の部分に引っかけてしまい、爪を根元から折ってしまった様です。

 長年飼育していると気心が知れて、なにかリクエストがあると、きちんと行動で訴える様になります。先日 かめクン が、飼育ケースの窓から首と前足を出して、なにやら訴えていたのです。よく見てみると、左前足の爪が1本折れ 出血しているのを発見。飼育水も薄赤く染まっていました。

 急いで折れた爪の部分に、イソジン傷薬を多めにつけ乾かす治療を、止血するまで約 1時間ほど繰り返しました。折れた部分に、イソジンの凝固が埋まる様な感じです。洗面所に椅子を持ってきて、私も座りながらじっくり治療しました。 かめクンも治療されているのが解るのか、大人しくしていて、時折じっと飼い主を見上げています。

 アカミミガメの皮膚病に関しては、イソジン傷薬が大変有効です。うがい薬ではありませんので(笑)お間違いのない様に願います。イソジン傷薬には、今回の様な外傷の場合、消毒や小さな傷口を塞ぐには即効性があります。折れた爪の部分にイソジン傷薬を乾いたら垂らす、乾いたら垂らすを繰り返していくと、止血可能です。

 止血した後も、また出血してしまう事もありますので、いつもより少な目の飼育水を 8時間起きに全交換しています。これは傷口への細菌繁殖を防ぐ意味と、止血が続いているのを確認する意味があります。もしまた出血していれば、飼育水が赤くなります。さすがに やらかしてしまったと思っていたのか、うちの かめクン は、この期間 大変おとなしかったです(笑)。

 だいたい2日ほどで完治は確認できますので、それからは、通常の飼育に戻せます。爪を折ってしまった飼育ケースの原因の部分には、かめクンがまたチョッカイを出せない様に対策を取りました。それにしても飼育ケースの中で、ロッククライミングの様な真似をしていた かめクン には 参りました(笑)。

 かめクン は、その後 問題なく元気に暮らしています。現在スバイラルライトとバスキングライトで、曇天の日も日中は 暖かくしています。そのせいか真夏の半分ほどですが、この時期も まだエサを食べています。かめクン も 18年目ですので、これから緩やかに冬を過ごさせてやりたいと思っています。今年から冬眠期間を少しずつ短くするつもりです。


(追記) 2011年 1月から、かめクン の飼育方法を、加温飼育に切り替えました。

 

第300回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「痛快!河内山宗俊」テーマ音楽 [青山八郎]

  3. 第 3 位 ( △ )
    GIRL NEXT DOOR「情熱の代償」
    abn ABC・ドラマ「ギラギラ」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ
    ♪1位 5週、登場15週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    青山テルマ“You’re My Only Shinin’ Star”
    テレビ東京・Lドラ「Cafe吉祥寺で」主題歌


 このブログで毎週発表している『週間選曲リスト』が、300回目を迎えました。ブログ開始から 300回 の間に、約 6年 の歳月が経過し、カウンターのページ ビューも 8万 を超えました。本当に ありがとうございます。

 このブログも、週間選曲リスト 300回の間に、極力画像を使用しないテキスト ブログというスタイルが確立してきました。サイドバーに よくありがちなランキングバナーも全くありません(笑)。バナーがあるのは、インターネットの総本山である“W3C”の合格アイコンぐらいなものです。さらに広告バナーも一切貼らず、非営利な個人ブログを貫いています。

 他のサイトでは 表題から画像を使うのが普通ですが、このブログは、全ページの表題がテキストだけで構成されています。但しデザインは、CSSを駆使した作りです。例えば PCからブログを見ると、表題部のブルーの深みとか、リンクにカーソルをあてたとき、まるで光ってる様に見える効果とか、色彩のバランスだけで表現しています。

 頑固に画像を使わないテキストブログですが、第300回ランキングを ささやかに記念し、画像による このブログの「公式バナー」を設置しました。デザイン同様にブロガー手作りの(笑)素朴なバナーです。このブログは、FLASHなど全く無縁(笑)ですが、公式バナーは、ブログタイトルを 動くGIFアニメーションで、そのままバナーにしてみました。

 個人ブログでありながら、相互リンクを原則として ご容赦頂いておりますが、現在把握している範囲内でも約 500のウェブページやディレクトリなどから、このブログは リンクされています。心から感謝申し上げます。このブログは リンクフリーですが、リンクの際は 公開している専用アドレスから お知らせ頂けると嬉しいです。

 このブログは、音楽の話題だけに限定せず、政治・経済・国際・社会・スポーツなどニュース報道のレビューに至るまでオールラウンドな「週間放送視聴日記」と週間選曲リストを、一体化しているのが大きな特徴です。このブログのメインコンテンツである「週間選曲リスト」は、ドラマの劇伴音楽など放送音楽を対象としており、毎週 5曲ずつ選曲を積み重ねてきました。

 個人選曲のリストの価値は、音楽の知識やセンスだけでなく、音楽以外の あらゆる事象に関する 選曲者の思考過程を公開した日記によって裏付けされるはずです。この週間放送視聴日記 と 週間選曲リストを 一体化して、これからも 1週 1リストずつ綴っていきたいと思ってます。公式バナーを設置した「チャート★ドランカー BLOG」を、引き続き ご愛読頂ければ幸いです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2008年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。