FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第517回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ6 ~ 警視庁安積班」オープニング テーマ音楽 [遠藤浩二]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー 9」エンディング曲
    ♪1位 4週、登場12週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]


 今週(1月28日と 2月 1日)も 茨城県で震度5弱の地震がありました。1000年に1度と言われる巨大地震である東日本大震災の余震は まだ続いています。

 我が家では、中日新聞の専売所さんから貰った非常袋があり、防災グッズは一応揃っているのですが、ラジオについては 普通の電池式のままでした。

 取り替えようと思っていたところ、近くのドラッグストアで非常用のラジオが、廉価で売られているのを見つけました。ちょうど お正月のスピードくじで、全品2割引券(笑)が当たっていたので、さらに2割引となって大変安く購入できました。

 昔なら非常用ラジオと言えば 小型の乾電池式で充分でした。しかし、日本は戦後2回の大震災を経験し、非常用ラジオは 長期化する避難所生活にも、充分対応する性能でなければならないと解ってきました。乾電池式では おぼつかないのです。

 非常用ラジオの条件は、まず(1)手回しハンドル式の発電機能を有している。(2)ソーラーバッテリーも搭載して太陽光からもラジオの充電が出来る。(3)発電機能を利用して携帯電話の充電もできる。以上 3点だと考えます。

 手回しハンドル式の発電機能を有したラジオというのは だいぶ前からありました。ですが手回しハンドルの発電は大変疲れます。避難所生活の中で体力は温存したいものです。そこでソーラーバッテリーも付いていて、日中は太陽光で何もせずに充電する機能は重要です。

 それでもソーラーバッテリーだけでは、停電中の避難所の室内などで 充分な充電が出来ない恐れがあります。丈夫な手回しハンドルとソーラーパネルが両方付属して、相互に補完できれば万全なのです。

 さらに それらの発電機能を使って携帯電話の充電も出来る事は、現代社会においてラジオと同等以上の重要性があると思います。

 東日本大震災の避難所へ避難した被災者は、その所有する携帯電話が一気に充電切れを起こし、臨時開設された充電スポットでも長蛇の列ができました。ラジオの充電機能が 携帯電話に利用できれば大変安心です。

 今回購入した非常用ラジオは、回し続けても折れない しっかりした手回しハンドルによる発電機能、ソーラーバッテリーによる発電機能、さらに携帯電話への充電機能やライトまで搭載した FM・AMの2バンドラジオです。

 難を言えばAMの受信能力が弱い感じなのですが、小さめの付属ロッドアンテナを立てると、FMの受信能力は充分なものがありました。

 購入後 充分に充電した後、携帯電話充電用のアダブターも含めて、備え付けの非常袋に入れました。この非常袋は 寝室に吊るしてあります。避難所でも自力充電が出来て、携帯電話の使用が常時可能なら、このブログの更新も続ける事ができます。

 何事も備えあれば憂いなし。携帯電話さらにライトまで継続使用を可能にする多機能な非常用ラジオこそ、防災グッズの中で最も備えておく必要がある用品です。

第518回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ6 ~ 警視庁安積班」オープニング テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]
    ♪スキャットと打楽器和音を生かした重厚なテーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]


 「HBC ハロードライバー ベストテンほっかいどう、2月8日 木曜日、今日の最終ランキング。1位 チャンピオン 560ポイント、2位 モンキーマジック 480ポイント、3位 HERO 480ポイント、4位 性(サガ) 470ポイント、5位 いい日旅立ち 320ポイント。6位 ガンダーラ 310ポイント、7位 夢想花 290ポイント、8位 夢追い酒 290ポイント、9位 たとえば・・たとえば 270ポイント、10位 天までとどけ 240ポイント。以上が 今日の最終ランキングでした。」

 これは 今から ちょうど34年前の1979年に 私が記録していたHBCラジオ(北海道放送)「ハロードライバー ベスト10ほっかいどう」の最終ランキングを、放送されたまま文字に起こしたものです。

 先々週 このブログに、突然 北海道方面から沢山のアクセスがありました。そのアクセスされたページから初めて訃報を知った次第です。

 1973年からHBCラジオのパーソナリティを勤められた Mr.デーブマン(本名:高田文之)さんが急逝されました。。亡くなった日は 不明。1月24日に 自宅で遺体が 発見されました。脳梗塞だったそうです。

 HBC「ハロードライバー ベストテンほっかいどう」は、月 → 金の平日 午後4時から生放送。全道有名レコード店売上げ・全道有線放送リクエスト・番組への葉書リクエストを毎日独自集計。そのトータルポイントへリアルタイムで受け付けている電話リクエストを、30分おきに中間集計してポイントに加えていきます。

 「ハロードライバー ベストテンほっかいどう」は、そのシステムにおいて史上最強のラジオチャート番組でした。徹底したデータ管理によって、1位オンエアー曲が直後発表する「最終ランキング」で逆転され、2位に落ちる事もあるほどです。部門別順位やポイントは 全て放送で公開していました。

 そして毎日の「最終ランキング」はポイント集計され、土曜日に「ダイナミック ベストテンほっかいどう」 で「週間ランキング」を発表。日曜には“WEEKLY POPS 20”として洋楽ランキングも放送。さらに毎日のポイント データ累積は、年末の「年間ランキング」にまで繋がる徹底したフォーマットでした。

 HBC社員アナ以上の力量があった Mr.デーブマンは、チャート番組を遙かに超越し、まるで音楽版株式市況の様なラジオ番組を、連日余裕で こなしていきます。長年 北海道ラジオ聴取率調査では、毎回トップを記録し 最大の人気ラジオ番組でした。

 秋から翌春までの日没が早い期間は、東日本全域で聴取可能の為、道外リスナーも多く存在し、当時 毎日放送されるデータを ひたすら記録するヘヴィ・リスナーの集まり「資料室」に、私も茨城から中学・高校時代は参加していました。

 全国に音楽チャートファンは数多く存在します。しかし、このHBC「ハロードライバー ベストテンほっかいどう」を聴いた事があるか否かでタイプが大きく分かれます。それだけ革命的なラジオチャート番組でした。

 いったい どなたが毎日しかも30分おきに総合順位を変動させ、統一されたポイントシステムで年間順位まで算出する、この優れたラジオチャート番組を創造したのでしょうか?

 デーブマン最期のラジオ出演となった 昨年 2月、自分の名付け親を作曲家の彩木雅夫 さんと答えていました。

 作曲家・彩木雅夫 さんは、当時 北海道放送に社員として勤務し、ベストテンほっかいどうの初代ディレクターだったそうです。もしかするとシステムの創始者は 彩木雅夫 さんかも知れません。デーブマンが残してくれた最期の手掛かりです。

 Mr.デーブマン そして 彩木雅夫 氏は、我が国最高のラジオ音楽チャート番組を創造した天才的な放送人でした。

 「4位のシャウトを、今から受け付けます。4位の電話番号は、札幌011、202、××××番。202、××××番へ 今すぐどうぞ。」 電話のベルが鳴る音 「ベストテンほっかいどう、デーブマンです。お名前どうぞ。」「あ。どうも。××資料室です。」 「あー××資料室さん。いつもありがとう。今日は、10位から 1曲も当たらないんで どうなるかと思ったんだけど。それで電話かけてくれたのかな?」 「はい。電話かけなきゃいけないのかなと思って。」「あっはっは。これは頼もしい。当たるかもです。ではまいりましょうか」 「はい。」 「ベストテンほっかいどう、第5位!××資料室さんシャウト!」 「トータル360ポイントで、たそがれマイ・ラブ いってみよう!」 イントロが流れだす 「すごーいポイントまで当てました!どうして解ったの?」「昨日の資料と 6位までのポイント。そして 5時現在のテレフォンランキング フラッシュで計算しました。」 「すごーい!脱帽です。金魚鉢の奥のスタッフも全員驚いています。××資料室さんには、お好きなシングルレコードを、差し上げます。」 「ありがとうございます。」「また××資料室さん、これからもよろしくお願いしますね」 「はい。」 「ありがとうございました。レコード12位、有線1位、葉書10位、テレフォン5位。トータル360ポイント。大橋純子、たそがれマイ・ラブ、第5位!」。

第519回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲
    ♪終奏部が実に美しい。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ6 ~ 警視庁安積班」オープニング テーマ音楽 [遠藤浩二]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]


 2月に入っているのに、新年のテレビ番組の話で恐縮です(笑)。1月 3日の午後に abn長野朝日放送で新春シネマとして「大鹿村騒動記」が放送されました。

 「男はつらいよ」全作完全放送の時にもブログで書きましたが、映画館で観る事が殆どなく映画を「映画放送」するまで待つ私の様な放送マニアとしては待望の放映でした。

 さすが abnです。上映93分をノーカットで放送。今週なんとか時間を作って録画をMPEGファイルへ編集しました。映画「大鹿村騒動記」は 1年半前に公開され 主演を務めた名優・原田芳雄の遺作となった作品です。

 原田芳雄は、5年前のNHK長野放送局制作のドラマ「おシャシャのシャン!」でも村歌舞伎役者を演じ、その時に知った「大鹿歌舞伎」に惚れ込み映画制作の構想を練り運動してきました。

 人口1100人の信州の小さき村、長野県 下伊那郡 大鹿村の村民の中に、原田芳雄 を始め、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、小野武彦、瑛太、松たか子。さらに駆け落ちしたとはいえ(笑)住民登録上は 岸部一徳、 大楠道代、そして三國連太郎・佐藤浩市 親子までいるという設定は、夢を見てる様な素晴らしさが存在します。

 秀逸なキャスティングと総てがオールロケで構成された「大鹿村騒動記」の映像から、大鹿村の生活に美しさと憧憬を素直に感じる事ができました。

 300年続く大鹿歌舞伎は、日本有数の地芝居・村歌舞伎です。映画では 大鹿歌舞伎の制作過程が滑稽ながらも ふんだんに織り込まれており、また逆に大鹿村をとり囲む自然の厳しさを、村営バス運転手・佐藤浩市を襲った崖崩れ事故のシーンなどで端的に表現されています。

 この映画の制作には TOKYO FM(FM東京)が加わっており、エンドロールのクレジットに製作者として冨木田道臣 代表取締役社長の名が見られます。

 映画全体にラジオ放送や防災行政無線、さらにアナログから地デジへのチューナー交換をする描写などが多くちりばめられ大変興味深かったです。

 特に でんでん が温泉の湯船に入る際、ラジカセ持参でラジオを聴いていたシーンが印象的でした(笑)。ただどうも そのラジオ放送はAMだった様です(笑)。

 このブログでも以前、出力僅か1WのFM長野 大鹿中継局の紹介をしていますが、大鹿村は県内のAMラジオが難聴取地域で、それ故FM長野とNHK-FMの中継所が建設された経緯があります。TOKYO FMが制作に加わっているなら、FM長野も協力の上で実態に合わせて欲しかったと思いました。

 さらに注目したのは 飯田市 出身の安川午朗が制作した劇伴音楽です。大鹿歌舞伎本来の三味線の旋律や浄瑠璃の詞章と、打楽器の和音から繋がるストリングスの旋律が ゆっくり溶け込む様に調和していました。

 但し この調和は、相当ノンジャンルで音楽を聴き込んでいった者でないと備わらない和声感と調性感が必要な気もします。

 大鹿歌舞伎をメインとして、大鹿村騒動記を記録映画のスタンスで視ていた観客の方には、強い違和感を覚えたかも知れません。また少し大鹿村や大鹿歌舞伎と違う異質な映画のテーマを詰め込んでいたのも気になりました。

 当初 映画のタイトルも違っていましたが、原田芳雄が強く「大鹿村騒動記」と推して変更になったそうです。ですからタイトルの表題も原田芳雄自身が書いています。

 「大鹿村騒動記」は、昨年の第35回 日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞を始め 多くの賞を獲得しています。

 このブログでも取り上げた TBSドラマ木曜座「たとえば、愛」工藤六助 役の原田芳雄が、勝プロダクション制作の時代劇「痛快!河内山宗俊」第23話 真っ赤に咲いた想い花 の中では、無頼剣で切り捨てた悪役・石橋蓮司と一緒に、下伊那郡 大鹿村民として大鹿歌舞伎を演じていました。

 さらに大鹿村への大動脈(笑)村営バスの運転手は 佐藤浩市で、防災行政無線で広報していた大鹿村総務課職員が松たか子という配役からも、300年 大鹿歌舞伎を守り続けた信州の小さな美しき村と、現代日本トップクラスの演劇俳優陣の見事な一体感を醸し出していました。

 大鹿村へ日帰りで行き、実際村内で営業している ディア・イーターで鹿肉カレーでも食べ、大鹿中継局からの電波の電界強度が最も高い大河原集落で FM長野を聴きたくなりました(笑)。日帰り小旅行のプランを練ってみましたが、公共交通を利用するとなると大変です。

 佐藤浩市 運転手のあの村営バスは、夏場の登山シーズン以外、大河原集落に入るのが午後以降 3本だけの運行です。村に入ったら翌朝まで出られません(笑)。小野武彦が旅館経営していた鹿塩温泉へ一泊するしか方法論がない様です(笑)。

第520回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ6 ~ 警視庁安積班」オープニング テーマ音楽 [遠藤浩二]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    普天間かおり「遥かな愛・・・」
    NHK総合・ドラマアンコール「蝉しぐれ」主題歌
    ♪演歌の抑揚だが実にエスニックな旋律と溶け込んでいる佳曲。


 先週の金曜日の夕方、仕事も終えて ちょうど このブログの更新準備をしていた時、総合テレビに NHKニュース速報が流れました。「ロシア中部で隕石落下か 約100人けが ロシア内務省」。一瞬目を疑う内容でした。

 NHK総合テレビは、速報のテロップだけ流し通常番組を続けています。そこでCNNに切り替えると、第2級の緊急ニュース扱いになる“JUST IN”として この隕石衝突のニュースを放送しており、そのロシアからの驚くべき映像が続々入ってきたのです。

 私は当初地球に接近していた小惑星「2012 DA14」の影響かと思いましたが、衝突したコースは「2012 DA14」の軌道と異なります。それでも今回の隕石は、直径10メートル以上のクラスで巨大です。

 隕石とは本来、ちゃんと太陽との軌道を周回している小さな小さな小惑星と考えてよく、今回そのひとつが地球と衝突したのです。

 この巨大クラスの隕石衝突は、100年に1度と言われています。通信・放送の時代に入ってからは初めての出来事です。しかも衝突位置がロシアの地方都市・チェリャビンスク近郊でした。

 そのチェリャビンスク市で稼動中だった沢山の車載カメラ、街中の監視カメラ、オフィス・学校などの同録カメラが、隕石衝突の瞬間を捉えています。

 青空にたなびく まるでロケット打ち上げのような雲。鮮烈な光の変化。そして隕石が音速を超えた瞬間に発生した凄まじい衝撃。全く目を みはる様な映像ばかりでした。

 折しも、それから約16時間後に小惑星「2012 DA14」が地球に最接近しました。

 全世界の研究者から衝突の危険はないと指摘されていましたが、半径50メートル以上の巨大な小惑星が 月周回軌道の手前に入り込み、観測史上 最も地球に接近し 約2万7000キロ上空を通過したのだそうです。

 2万7000キロとは地球2個分の距離しかなく、はっきり言って巨大小惑星 地球衝突のニアピン(笑)です。

 2009年には 木星に巨大小惑星が衝突し、凄まじい閃光が観測されています。木星は 地球の11倍の直径があり、当たりやすいと言えば それまでですが(笑)過去 地球にも巨大小惑星衝突の歴史があり 全く関連がないとはいえません。

 今回のロシアでの隕石衝突と小惑星「2012 DA14」の最接近は、地球という星を謳歌する人類への警鐘だとも言えなくはありません。

 今年は地球に大彗星が ふたつ やってきます。来月 最接近の「パンスターズ彗星」は、約2等級程度の輝きになりますが、11月頃 最接近の「アイソン彗星」は、史上最も明るい大彗星になるとの予測も出ています。なんと満月と同じくらいに輝く可能性があるそうです。

 但し 余りにも太陽に接近するコースを飛行するため、最終的に蒸発して消滅してしまう事も想定され、地球から最も輝き満月の大きさで見える時は、無事生還した場合の帰り道だそうです。

 私も このブログで、日食・月食を積極的に取り上げていますが、生涯1度は 古典の天文書に描かれている長い尾が たなびく大彗星を観たいとの願望がありました。もしかすると今年叶うかも知れません。


(追記) 残念ながらアイソン彗星は、11月29日の太陽最接近の際に、バラバラに崩壊して蒸発したとみられると、米航空宇宙局(NASA)が発表しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2013年2月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。