FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第679回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    松崎ナオ「川べりの家」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Style‘20(東京2020オリンピック)使用楽曲 [下田法晴]
    NTT docomo テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪和音構成が若干収斂しない感じもするがスケールの大きさは伝わる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    BSフジ・ミニ番組「いきつけ」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]


 このブログは、常時SSLでブログ全体のHTTPS化に対応していく方針であると 先週書きました。その第1段階に さっそく着手しています。3月27日から「臨時のお知らせ」機能を、ブログの総てのページで新設しました。

 2003年 1月の開始以来、このブログは 週1回の更新を頑固に(笑)貫いてきました。それでも更新から更新までの7日間に、ブログ運営上で即刻伝えたい事が発生した場合は「臨時のお知らせ」を、既存のSNSを使い行ってきました。

 例えは このブログのサーバ移転やモバイルブログ対応の作業。さらに東日本大震災当日の更新時間の変更も「臨時のお知らせ」で お伝えしています。

 今後は、SNSに依存していたブログの機能も、総てブログ本体に納めて自己完結のブログを目指す事になり、まず「臨時のお知らせ」機能をブログ本体に納めました。

 PCページの場合、中央のブログ タイトルの下に、定例のブログ説明文が表示されていると思います。そこが「臨時のお知らせ」の掲示位置です。「臨時のお知らせ」がありますと、定例のブログ説明文から切り替わり、臨時のお知らせ全文が掲載されます。

 モバイルブログでは、現在同じく定例のブログ説明文が流れている最初のスクロール(字幕)が「臨時のお知らせ」に切り替わって全文掲載されます。

 この「臨時のお知らせ」機能は、ブログの総てのページに例外なく表示されます。普段お読みになっている トップ・個別・月別・Basic List のページはもちろん、モバイルだけのイヤーナビやブログ プレリュードの専門ページ、さらに404エラーページに至るまで、このブログの あらゆるページに「臨時のお知らせ」が同時掲載されます。

 よく考えてみれば「臨時のお知らせ」とは、SNSのフォロワーでなく(笑)ブログのご愛読者から 一言さんのご訪問者に至るまで、このブログにアクセスされた方を、まず対象に お知らせするのが本来あるべき姿でした。

 「臨時のお知らせ」なんぞは滅多にありません(笑)。このブログにとって大事件や大事業(笑)が起きた時だけです。以前から「臨時のお知らせ」が出た時は、原則として直近の週間放送視聴日記で内容と日時も記録しています。

 HTTPS化への対応とは、あらゆるブログの機能において自己完結する事が、重要なポイントになります。

 ブログの全機能を自己完結する究極のブログを目指す第1歩として、まずは「臨時のお知らせ」があった時、PC・モバイル総てのページに全文を同時表示する機能を、このブログに搭載しました。

第680回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    松崎ナオ「川べりの家」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」テーマ曲
    ♪このテーマ曲で番組のエンディングが、トラディショナルさを感じるまで昇華している。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・放送 90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Style‘20(東京2020オリンピック)使用楽曲 [下田法晴]
    NTT docomo テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    BSフジ・ミニ番組「いきつけ」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]


 先々週から「臨時のお知らせ」機能を、ブログの総てのページで起動出来る様になりました。このブログのコミュニケーションツールとしては、2007年 8月に まず専用メールアドレスを公開しましたが、引き続きブログの全機能を自己完結する、究極の個人ブログを目指す第2段階として、8日に このブログ独自の「メールフォーム」を新設しました。

 個人ブログでメールアドレスを公開するのは、相当度胸があるというか(笑)スパム対策の観点から大胆不敵な行為でしたが、セキュリティ と 迷惑メールの排除機能が高い GMAIL を使用した点と、アドレスをバナー画像で公開した工夫もあって、特段のスパム来襲もなく、現在でもコミュニケーションツールとして最も機能しています。

 ところがこの専用メールアドレス公開の方法には、大きな欠点がありました。最初に頂くメールの際に、アドレスを手打ち入力しなければならないからです。私自身アドレスの手打ち入力は、面倒この上もありません(笑)。そこでこのフォームには「メーラー起動ボタン」を設置して、JavaScriptを使いメーラーを起動させる仕組みも追加しました。

 仕組みは至って簡単です。ボタンを押すと、メーラーが起動し、各環境でのメール作成画面が現れます。そこには既にブログ指定アドレスが入っています。公開してある専用メールアドレスを、手打ち入力する必要は全くありません。またセキュリティにも充分配慮し、メールアドレスなどは 暗号化してシステムを作っています。

 また「ご愛読者ボタン」も設置しました。メッセージがなくても、ご愛読の気持ちを伝えたい場合に利用出来る、オリジナル拍手機能のボタンです。ボタンを押すと、日付 と どのページをお読みになったのか? の情報のみ ブロガーへ伝わります。このブログのメールフォームは、特段の入力画面を設けず「メーラー起動ボタン」と「ご愛読者ボタン」で構成されています。

 私もPHPを独学で勉強して 6年、HTMLやCSSは 12年になりました。メールフォームに潜むセキュリティ上の脆弱性など充分認識しています。それらを踏まえた上で、ご愛読者が気軽にブロガーへコンタクト出来る仕組みを、オリジナルで設けました。もちろん従来からメールのやり取りをしているご愛読者の皆さんには、変わらずメールを直接お寄せください。

 メールフォームは、独自機能の一環としてブログページに組み込みました。メーラー起動ボタン と ご愛読者ボタンを兼ね備えた合理的なシステムです。スパム対策に充分配慮した、コメント・トラックバック欄がないブログの新たなコミュニケーションツールとして、どうぞご愛読者の皆さまに限り(笑)お気軽にご利用頂ければ幸いです。

第681回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    松崎ナオ「川べりの家」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Style‘20(東京2020オリンピック)使用楽曲 [下田法晴]
    NTT docomo テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「華麗なるペテン師たち」テーマ音楽 [Simon Rogers]
    ♪コミカルなイメージだが、和声も整っていて洗練されたテーマ曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]


 この春のFM長野の自社制作番組は、大きな改編やパーソナリティの移動がありませんでした。昨年退社した田中利彦 アナウンサーの後任に、女性アナウンサーが ひとり入社した模様です。JFNネット番組の大きな改編としては、1989年から 27年間続いた「キューピー・ハート・オブ・サンデー」が終了しました。長年聴取習慣があった番組だけに、大変残念です。

 その日曜 午前11時の枠には、30分間ですが“KOSE MUSIC ON THE EDGE”が移動してきました。昨年 10月から、森高千里をパーソナリティに始まった この番組のテーマ曲は、あの コーセー歌謡ベストテン と同旋律で、FM東京の黄金時代を知る私からすると、実にノスタルジーな感じを受けます。スポンサーの心意気が垣間見えます。

 10万台のWi-Fiチューナーを無償貸与するという、まるで見えるラジオの様な(笑)大々的なキャンペーンで始まった V-LOW マルチメディア放送“i-dio”は、スタート早々の先月末から5日間も機器メンテナンスと称し、前代未聞の主要チャンネル放送休止をするなど波乱の船出となりました。どうも放送技術的に、見切り発車な気がします。

 松本本社から放送する土曜お昼の「FM長野ニュース」が 14時55分に移動し、12時55分にJFN制作のFM長野ニュースが始まったのは、東日本大震災直後の 2011年 4月からでした。土曜日曜のローカルニュースの推移は、JFN加盟局の今後を見極める指標となり得ます。FM長野には、先を見据え引き締まった番組編成と、穏やかな自社制作を期待しています。

(追記) 4月に新卒入社した女性アナウンサーは、向井優 アナウンサーです。



 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2016年 4月 現在

  1. 【1】echoes
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・真篠沙織・大久保ノブオ・成美・小出真保・唐木さやか・湯澤かよこ・高寺直美

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1049
       小林新

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1100 ~ 1200
       高寺直美

 開局時(1988年10月)から 28年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第682回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    松崎ナオ「川べりの家」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「華麗なるペテン師たち」テーマ音楽 [Simon Rogers]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    平原綾香「マスカット」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲
    ♪最近では稀なアレンジに美しい和声を感じさせる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Style‘20(東京2020オリンピック)使用楽曲 [下田法晴]
    NTT docomo テレビCMソング


 14日 と 16日に 熊本県地方で、最大震度7(上益城郡 益城町)の激しい地震が発生し、阿蘇郡 南阿蘇村を中心に大きな被害がありました。通常の大地震でみられる発生1週間前あたりからの前震活動が全くなく、突然 震度7の大地震が起きたことに驚きました。気象庁は、15日に この地震を「平成28年 熊本地震」と命名。被災地では、活発な救援活動が続けられています。

 【犠牲者 48名 負傷者 1159名】

 14日の発生時、NHK総合では「ニュースウォッチ9」が生放送中でしたが、キャスターの鈴木奈穂子 アナは、緊急地震速報 直後の震度速報は「今 震度 7を観測した地域があります。熊本県 熊本地方で震度 7を観測しました。」と、チャイムや画面表示よりもアナウンスが早く、NHK女子アナの中では、最高水準の危機管理能力を発揮していました。

 一方 16日の緊急地震速報は、小見誠広 アナが担当しましたが、地震の規模が 14日の余震と言えないほど尋常ではなく、CNNブレーキングニュースが、震源が市街地にあるとの実に解りやすい航空写真合成マップと共に、急迫の事態を全世界に報道していたのにも拘わらず、避難所からの中継を交えて 心掛け放送に終始していたのには、当初違和感を覚えました。

 ラジオで大変興味を引いたのは、FM長野の報道特別番組でした。14日の地震発生直後は“SCHOOL OF LOCK!”生放送でしたが、当初通常番組へ戻そうとする気配があったものの(笑)結局 地震情報 と 音楽を中心に構成しました。驚いたのは、この地震特番で、リスナーからのリクエストに応じていたという点です。

 地震特番でのリクエスト受け付けは、不謹慎という 1語で片付けられません。但しリクエスト曲のアーティストや著作権者が、大地震の急迫時に曲をオンエアーされる事を黙諾しているのか否か、さらに被災地や避難所からのリクエストと称したメッセージが真実か否か、充分な事前確認がないと実にリスキーな結果を生じる事を、放送局サイドは 肝に銘じるべきだと考えます。

 阪神淡路大震災並みのマグニチュード 7・3を記録した 16日の地震の後で、14日の震度7の地震が実は「前震」だったという気象庁の修正発表を知り、大変驚きました。熊本の震源域は、想定される南海トラフ地 震のラインの先にあります。さらに今回の地震の断層は、阿蘇山のカルデラまで達しているのだそうです。

 西日本に甚大な人的被害をもたらす南海トラフ地震は、30年に70%の確率。そして我が国に壊滅的被害を及ぼす阿蘇カルデラ巨大噴火は、100年に 1%の確率と言われています。ただあくまでも私見ですが、さすがに いきなりの阿蘇カルデラ巨大噴火は考えにくく、短くても数十年間の規模で、何らかの前駆現象があると考えています。

 それでも震度 7は前震活動だった今回の熊本大地震が、南海トラフ地震 と 阿蘇カルデラ巨大噴火へ どの程度の関連をもたらすか全く解りません。関連性がゼロだと決して断言は出来ないはずです。今後も充分な警戒 と 覚悟が必要です。『平成28年 熊本地震』で被害に遭われた被災地の皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。

第683回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  2. 第 2 位 ( △ )
    平原綾香「マスカット」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    松崎ナオ「川べりの家」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」テーマ曲
    ♪足かけ11年に渡り同一テーマ曲が使用されている。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「華麗なるペテン師たち」テーマ音楽 [Simon Rogers]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Style‘20(東京2020オリンピック)使用楽曲 [下田法晴]
    NTT docomo テレビCMソング


 このブログは、かねてから画像に依存しないテキストブログを標榜してきました。トップページを隅々までご覧になっても、見つかる画像はアイコンやバナーだけです(笑)。

 ただSNSでは、週間放送視聴日記に関連した写真や、我が家で飼っているミシシッピアカミミガメのご存じ かめクン のご近影(笑)など公開していました。

 今回常時SSL化など究極の個人ブログを目指すべく、SNSに依存してきた機能をブログ本体に納める作業してきました。最終的にはSNSからの機能的離脱が実現可能な段階まで達するのが目標です。

 そして今回は、ブログのフォトギャラリー機能として「ブログ写真館」のページを、28日から新設致しました。

 ブログ写真館のページに入りますと、PC・モバイル問わず全掲載写真のサムネイルが、タイトルと撮影年と共に一覧表形式で表示されています。ご覧になりたい写真のサムネイルをクリックされますと、対象写真が大きく掲載されたページがご覧になれます。

 「ブログ写真館」は、WORDPRESSのフォトギャラリー機能を使って、掲載写真を時系列で整序するスタイルになっています。但し先日新設したメールフォーム同様、このブログのデザインを一切変更せず、いつものブログページに組み込む形式を取りました。

 この「ブログ写真館」にまず 30枚の写真をアップしました。松本に引っ越してきた2008年以降に、ブロガーである私自身が撮影した写真です。

 このブログは、ラジオ・テレビ放送からの「選曲」と「レビュー」を通じて、社会を観察し記録する行為を、最も大切にしています。総てのテキストは、そういった観点から書き続けています。そんな画像に依存しないテキストブログのフォトギャラリーである「ブログ写真館」は、こっそりと(笑)プライベートな感じも出していこうと考えています。

 最初にアップした写真は、かめクンや我が家で大切にしている白梅や山紅葉の盆栽など、ごくありきたりの写真が多いのですが、その写真の遠景などに、さりげなくブロガーのプライベートを含ませる工夫をしています(笑)。

 この「ブログ写真館」は、PCブログでは Basic List リンクの端に、モバイルブログでは Basic List のボタンを押して頂くと表示されるベーシックナビの下側に、さりげなく(笑)入り口のリンクがあります。

 なるべく週間放送視聴日記の内容にリンクさせた上で、年1 ~ 2枚の写真追加しか出来ないかも知れませんが、このブログのテーゼである「定点観測」のスタンスでブログ写真館の中に、少しずつ平穏な日々が積み重なっていけば幸いです。ブロガーのなにげない日常を投影した唯一のページであるフォトギャラリー「ブログ写真館」を、何卒よろしくお願い致します。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2016年4月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。