FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第403回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  3. 第 3 位 ( △ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    新田洋「行け!タイガーマスク」
    SANKYO テレビCMソング
    ♪イントロだけで抜群の和声感を有する往年のアニメソング。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    alan「悲しみは雪に眠る」


 以前ご報告した通り、この夏にオーディオ カセットテープの完全デジタル化作業が、どうにか終了しました。よく4ヵ月でやり遂げたと、いまさらながら思っています。

 合計ファイル数が 1000を超える私の所有するビデオ(テレビ放送録画)とオーディオ(ラジオ放送録音)カセットテープ、総てのデジタル化作業は、まさしく「人生の大事業」(笑)です。

 ビデオ カセットテープのデジタル化については、ビデオデッキのステレオ音声部の故障が さらに悪化し、映像自体も再生出来なくなって自力修理不能となってしまい、すっかり作業が遅れてしまっていました。

 そのビデオ カセットテープのデジタル化作業ですが、どうにか3日から再開しました。

 もちろん費用は惜しまずビデオデッキを完全リペアするのも可能ですが、あと約60本を 1回だけ再生するために、高額の修理代をかけるのは やはり無駄な話です。

 友人・知人やリサイクルショップなどを通じて、完動する中古ビデオデッキを探してみても、値段の折り合いのつく適当な品がありません。そこでYahoo!オークションに挑戦してみました。

 今までYahoo!オークションは利用登録をしていたのですが、実際に入落札した事がありません。いろいろと迷いましたが、ジャンクを含む あまたある出品の中より、写真から丁寧に使用した印象を受けたVHSビデオデッキ1台を発見。締め切り5分前に入札し 一発落札出来ました。

 落札価格は 1000円(笑)送料込みで 1980円(笑)。岡山市に住む出品者の方から、すぐ送られてきた そのビデオデッキを見て驚きました。写真や型番では全く気付きませんでしたが、それは 12年ほど前に私の使っていたビデオデッキと同型式だったのです。

 私は、30年ほどの間に、VHSビデオデッキを 10台以上使ってきました。その最期に使用するデッキが、過去使っていた同機種とは やはり因縁を感じました。さっそく動作試験をしたところ、写真の印象は正しく丁寧に使用されており、標準・3倍速共にきちんと鮮明なHi-Fi再生が出来ました。

 クローゼットを完全占拠していた(笑)テープ入りの段ボールも あと5箱ほどです。この間 オーディオ カセットテープのデジタル化は終えましたが、デッキ故障による約10ヵ月の中断から、ようやくビデオ録画のほうも作業を再開しました。

 どうにか年内には このデジタル化作業を終えて「人生の大事業」(笑)の決着をつけたいと思っています。


(追記) 2010年12月に、総てのアナログ録画テープのデジタル化が完了しました。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、10月30日に 14万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。

第404回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「秘密」劇中効果音楽 [溝口肇]
    ♪チェロの音色が澄み渡る劇伴トラックは佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    alan「悲しみは雪に眠る」


 戦後から続く民放ラジオの歴史の中で ひとつだけ断言出来る点は、深夜放送からラジオ全体の編成の流れが変わっていくという傾向です。

 例えばAMネットのオールナイトニッポンで長年先行した若年層志向の編成が、そのまま今のJFNネットの夜編成に受け継がれています。そして現在の深夜放送は、NHKのラジオ深夜便を始めとしてアダルト志向が定着してきました。

 では民放ラジオ深夜放送の最先端は、今どんな傾向が判るのでしょうか? その第1は「放送休止」です(笑)。

 半年間の放送休止を平日深夜に続けたSBC信越放送は、現在24時間放送へ復帰しましたが、全国のラジオ局で深夜放送を休止する時間は少しずつ増加しています。ですがJFN加盟局には、まだその傾向が現れていません。

 しかし、次の傾向は顕著に現れています。それが「フィラー」化です。音楽だけを流し途中一切DJをしないフィラー放送は、既にFM長野でも平日深夜4時から放送の「音楽自由区。」で聴く事が出来ます。

 JFNのキー局であるTOKYO FMは、聴取者の傾向に日本一鋭敏な放送局です。90年代からのM1・F1層 重視路線では、その鋭敏さからトップを走っていました。オフィシャル サイトもフラッシュ ガンガン(笑)の非常に先鋭的な作りでしたが(笑)最近では落ち着きのあるデザインに変わっています。

 TFMがタイアップした時代劇映画宣伝のため、髷を結った俳優の写真をサイトのトップページに、大きくフラッシュしていた時もありました。以前では全く考えられない事です。

 そして番組編成にも従来と違った新しい傾向が現れています。まず平日早朝に帯でクラシック音楽番組“SYMPHONIA”を放送開始しました。もちろんこの番組はフィラーです。

 そして平日夕方には、これも帯でニュース報道番組“TIME LINE”を始めています。明らかにTFMは、ゆっくりと舵を切り始めました。

 ある放送評論家によると、ラジオメディアのコストは パーソナリティ・DJのトーク量に比例するとの事。パーソナリティ・DJがラジオでトークする時間が、長ければ長いほど人件費はかかるという意味なのでしょうか(笑)。

 これは少々暴論だと思いますが、深夜のフィラー放送は あながち その論理を立証している気もします。

 以前ブログにも書きましたが、ラジオの24時間放送は、緊急災害報道など強い公共・公益性の点からも、全国あらゆる地域で少なくとも1局 絶対に堅持しなければならないと考えます。

 しかし、総てのラジオ局が 24時間放送を社会的に義務付けられている訳ではないのです。放送事業会社にも地球温暖化対策のテーゼと行動は必要です。

 また音楽を愛するラジオリスナーの立場からは、このフィラー放送をニュース・気象情報などの提供があれば、案外 長時間受け入れる素地があります。

 今でも我が国放送史上最高の音楽放送は、1988年 8月から 9月にかけて放送されたJ-WAVE開局前の試験電波(放送)だったと断言する方さえいるほどです。

 J-WAVE開局前の試験電波(放送)は、毎日早朝から深夜まで時報とコールサイン アナウンス以外、ノンジャンル・ノンカテゴリの音楽が、人口約1000万人の首都圏へ東京タワーから延々と流されていました。まさに究極のフィラー放送だったのです。

 ラジオメディアに台頭してきた危機感は、メディアとしての収益性や そこで働く人々の職業としての将来性への不安から発しています。しかし、ラジオリスナーの生活には直接関係がありません(笑)。

 ラジオは、リスナーの生活において必要不可欠な佳き脇役であるべきなのです。そこからラジオメディアの収益性も将来性も生まれてきます。

 また この事に気づいて行動する方々こそ、ラジオメディアで生き抜いていけるはずです。淘汰の起点として、やはりラジオは深夜から変わっていくのです。

第405回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌
    ♪編曲は Jin Nakamura ~ 中村仁。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「秘密」劇中効果音楽 [溝口肇]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    alan「悲しみは雪に眠る」


 再開したビデオ カセット テープのデジタル化作業は、順調に進み 残り30本程になりました。

 30年近く前の録画で再生が難しく、しかも3倍速(笑)の 5本を最難関テープに指定(笑)。この 5本を最後に回し、他のテープからデジタル化しています。その作業の中、視入ってしまったテレビドラマがありました。

 1987年のNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」で一躍有名俳優になった渡辺謙が、次のNHKの主役として取り組んだ連続ドラマです。なんと落語家の役でした。

 毎週水曜8時に放送された『晴のちカミナリ』(NHK総合・1989年 4月 ~ 8月 本放送)は、八代目 林家正蔵 に師事の後、目が出なかった話芸から紙切り芸へ転向して第一人者となった二代目 林家正楽の自叙伝「正蔵師匠と私」をベースに制作されました。

 終戦直後の混乱期を ようやく脱した東京を舞台として、新進落語家の成長する姿や下町人情の機微を生き生きと描きだしています。

 主役・一柳亭竜治に 渡辺謙。客演として弟(おとうと)弟子・一柳亭小竜:石橋保(林家正楽のモデル) 師匠の娘・茜:藤田朋子、竜治と小竜の下宿先である洋館の娘・翔子:美保純、その洋館のハウスキーパーで粋なクリスチャン(笑)茉莉:千石規子が配役されています。

 さらに竜蔵一家と同じ長屋で暮らす和菓子屋 夫婦に 東千代之介 と 菅井きん。戦死した竜治の恩人上官の未亡人で竜次と大恋愛をするダンサー胡蝶:黒木瞳、師匠と幼なじみの日本舞踊師範・節:佐藤友美、そして竜治の師匠・一柳亭竜蔵:杉浦直樹がレギュラー出演しています。

 ゆるやかながら しっかりと結ばれた人間関係の写実が際立つ作品で、このシリーズを一話ずつ視ていくと、渡辺謙 演ずる「一柳亭竜治」と杉浦直樹 演ずる師匠「一柳亭竜蔵」の師弟関係が優しく染みていきます。

 特に第2話では、落語協会最高顧問・三代目 三遊亭圓歌、NET(現・テレビ朝日)末広演芸会の墨付けレギュラー(笑)四代目 柳家小せん、そして日テレ「お昼のワイドショー」で青島幸男とコンビだった九代目 古今亭志ん馬がゲスト出演。渡辺謙・杉浦直樹を加えた真夏の我慢大会シーンは傑作でした。

 さらに主題歌:柳ジョージ「ワンダラー 天衣無縫」が流れるタイトルバックは、紙切り芸と配役クレジットの寄席文字が実にマッチしています。

 私にとって女優・黒木瞳のイメージが確立したのも このドラマでした。そして今でも俳優・石橋保を視ると、例え それがVシネでも(笑)未だに一柳亭小竜に見えてしまうのです。

 落語の世界を描いたドラマは あまたありますが、この「晴のちカミナリ」こそ最高傑作だと思っています。NHK水曜ドラマ「晴のちカミナリ」は全話デジタル化し、MPEGファイルで保存しています。

第406回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「秘密」劇中効果音楽 [溝口肇]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    alan「悲しみは雪に眠る」
    ♪作詞は 伊勢正三。


 大晦日 放送される「第61回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。

 西野カナ・植村花菜・クミコ・HY・AAA(トリプル エー)の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の47回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・松下奈緒(初) 白組・嵐(初) 総合司会・阿部渉 アナ(2回目)紅組司会は、朝ドラヒロインからの抜擢です。

 アナ司会の登竜門である今年のラジオ実況アナは、小松宏司 アナ と 黒崎めぐみ アナが、担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、美川憲一、北山たけし、大塚愛、中島美嘉など となっています。

 放送時間は 午後7時30分から11時45分までと、昨年より15分間短縮。24日の出場歌手発表記者会見の生中継を初めてライブ ストリーミングで視ましたが、出場歌手は 44組と昨年より 6組減り、初出場も 14組 → 8組 そして今年は 5組と、2年前の約3分の1にまで減少しています。

 例年になく出場歌手選考の事前情報は乱れ飛んでいました。しかし、殆どが噂の段階を出ず従来の路線は踏襲された結果でした。やはり決め手にかける人選ですが、出場歌手を減らしていくと締まってくる印象も受けました。

 私は、音楽チャートを極めるため(笑)独学で統計学を相当勉強した事があります。このブログでも度々書いていますが、視聴率や聴取率調査の標本化(サンプリング)設計上、少子高齢化社会が進行している今、高視聴率や高聴取率をマークするためには壮年層の支持が不可欠です。

 紅白出場歌手選考の重要資料は、人気投票でなく全国規模の世論調査とされています。

 2004年 第55回では 結果を公開した事もありましたが「あなたは今の内閣を支持しますか?」と同様に「あなたの好きな歌手は誰ですか?」と、老若男女平等に日本の縮図となるべく 無作為抽出された調査対象者(標本)へ設問します。

 すると先程の地方や壮年層のデータでは、知名度抜群の演歌系歌手が圧勝しているそうです。CD売り上げやダウンロード回数では計り切れない、広範な国民各層で構成される音楽嗜好の根底部分が、紅白選考のキャスティングボードを握っています。

 私が気になるのは、紅白勝敗の結果です(笑)。大多数の方には どうでもいい事かも知れませんが(笑)視聴者審査員制度を本格的に導入して以降、白組優勢ばかりとなり 5年連続白組が優勝しています。

 これでは 審査システムが破綻します(笑)。今年も視聴者審査員制度を続けるのか注目されましたが、昨年より1ヶ月ほど遅れて、やはり昨年同様の募集を開始しています。

 紅白の視聴者審査員は、世論調査でなく人気投票に類します。ですが設問は「紅か白か」の二者択一(笑)。しかも何十万人による二者択一ですから、その結果は世論調査に近接してきます。やはり空気が読める様な(笑)得点システムの再考は不可避かも知れません。

 80年代まで続いた開票速報本部の様な「得点集計センター」が懐かしいです。果して今年はどうなるでしょうか?

 毎年断言していますが(笑)年に一度、大晦日 午後11時45分ジャストの「紅白」エンディングから「ゆく年くる年」への急激な映像落差が大好きな私にとって「紅白」は なくてはならない番組なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2010年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。