FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第129回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  2. 第 2 位 ( △ )
    SONA“Love,Again”
    SBC MBS・ドラマ30「ヤ・ク・ソ・ク」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
    ♪1位 7週、登場11週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Royksopp“Only This Moment”
    ♪メロディが前面に出た美しいエレクトロニカ。


 ライブドアによるニッポン放送(JOLF)の買収騒動は、どうやら「手打ち」(笑)となった様です。

 ライブドア取得のニッポン放送株式の内 32・4%をフジテレビが買い取り、さらにフジテレビは ライブドアへ資本参加し、業務提携に向けて協議を行なう事などで合意したと発表しました。

 堀江 社長には、ラジオメディアを野心成就の踏み台にするのではなく、もう少しラジオそのものを理解してもらいたいと思います。

 堀江 社長は、インターネット産業に関して感覚が鋭敏 かつ先進的です。特に自らブログを書き公開。そのブロガーの視点でブログ開発を指揮していく手法は、なかなか他の社長にも真似が出来ません。

 しかし、品格が足りない感じはしますし、もしかすると倫理感は大きく欠落している恐れもあります(笑)。堀江 社長の言動に注目が集まったのは、プロ野球チームの買収問題からだと思いますが、とにかく終始一貫「買収」です。

 社会貢献しようとか、公共・公益の立場に立った発言が全くありません。特にマスメディアへ進出しようとするならば、もう少し社会に対する倫理感を持って欲しいものです。


 郵政民営化法案の国会審議が進み、今週 衆議院本会議で採決され可決ならば、いよいよ参議院に送付されます。審議のヤマ場は やはり参議院本会議で、採決は 衆議院より僅差になる事が予想されます。

 小泉 首相の郵政民営化への考えは、政治課題というより悲願に近いものがあり、もし参議院で否決廃案となれば 小泉 首相は 本当に民意を問うかも知れません。この即決断行のパワーこそ歴代宰相と小泉 首相が違う点だと思います。

 記名投票になるであろう郵政民営化法案の採決では、1993年の 宮沢内閣不信任決議案可決(衆議院)や1994年の 政治改革法案否決(参議院)の時の様な青票 白票のカウンターが回り、採決の独自集計をテレビ画面に表示する本会議中継が また視れる可能性もあります。


(追記) 2005年 7月 5日に 郵政民営化法案は、衆議院本会議において僅か5票差で可決。参議院へ送付されました。

 【採決結果:賛成 233 反対 228】

第130回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    SONA“Love,Again”
    SBC MBS・ドラマ30「ヤ・ク・ソ・ク」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]
    ♪1位 2週、登場16週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]
    ♪キレのあるシンセ打ち込みをベースにした 澄みきったシンフォニックな劇伴音楽。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Royksopp“Only This Moment”


 今週は早めの夏休みという事で整理されたテレビ番組録画テープの中から、NHK大河ドラマ「八代将軍吉宗」(1995年・本放送)の録画を 全48回 一気に視ました。

 民放時代劇で良く取り上げられる題材ですが ジェームス三木は、詳細な史実と娯楽性を巧く組み合わせて書き下ろし、大河ドラマの傑作に仕上げています。

 紀州の部屋住み時代から 紀伊藩主 → 征夷大将軍と駈け昇っていった徳川吉宗の生涯を、近松門左衛門 役の江守徹が、狂言回し的ナレーターになって独特のタッチで描いています。

 徳川吉宗 役に 西田敏行。吉宗の守役から御用取次役まで常に側近だった加納久通:小林稔侍。同じく御用取次役の有馬氏倫:すまけい、徳川綱吉:津川雅彦、吉宗の悪友で後の紀伊藩主になる徳川宗直:柄本明 を配役しました。

 さらに大岡忠相:滝田栄、吉宗時代の名老中である水野忠之:石立鉄男、吉宗の生母で後の浄圓院:山田邦子 と個性派俳優が出演しています。

 音楽は 池辺晋一郎が担当。絵巻をCGで動化させたタイトルバックとクレジット(配役発表)序列のタイミングに一致するテーマ音楽は見事なものです。

 このテーマ音楽には「オンド・マルトノ」という電子楽器が使用されています。ビブラートのかかる実に神秘的な共鳴音が鳴る電子楽器です。この「オンド・マルトノ」の音色は、1987年の大河ドラマ「独眼竜政宗」のテーマ音楽でも聴く事が出来ます。

 この「八代将軍吉宗」は、ほとんど合戦シーンがありません。綱吉の治世から享保の改革まで政治ドラマ的展開が中心なのですが、硬さを感じさせない素晴らしいシナリオ構成でした。

 特に史実的に目立たない前半の紀州時代は、吉宗の父・徳川光貞 役の大滝秀治。そして後半の吉宗晩年時代は、吉宗の長子である徳川家重 役の中村梅雀が、とても存在感のある役柄で劇をリードしています。今回通しで視て、やはり大変面白い大河ドラマだったと思いました。

 そう言えば この「八代将軍吉宗」を本放送したのは、阪神・淡路大震災 そしてオウム真理教事件があった年でした。

 阪神・淡路大震災から 2週間ほどのNHKは、ほとんど通常番組が休止となりました。確実に放送されたのは、連続テレビ小説「春よ、来い」と、この大河ドラマ「八代将軍吉宗」の本放送・再放送だけだったのです。大変な1年に本放送されましたが終始陽性な大河ドラマでした。


(追記) 全48話の本放送録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。

第131回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪第27回 放送「一の谷の奇跡」での圧倒的な劇伴音楽効果。

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SONA“Love,Again”
    SBC MBS・ドラマ30「ヤ・ク・ソ・ク」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    Royksopp“Only This Moment”

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]


 FM長野リスナーを公言している私ですが、実は・・長野市のコミュニティFM放送局「FMぜんこうじ」の受信報告第1号リスナーです(笑)。

 1995年 6月 7日 試験電波発射第1日の朝に受信報告書を書いて、市内東後町のスタジオへ直接持参しました。

 まだ局の受信確認証はなく、なんと受け付けてくれたチーフディレクターの山崎文彦 氏から「受信報告 第1号 ありがとう ございました」と裏書押印した名刺を頂きました。後から送付されてきた受信確認証と共に、貴重な放送資料として保存しています。

 その際 タイムテーブル素案を見せて頂きましたが、正直に思った感想は・・・「堅い」(笑)。明らかにFM長野の生ワイドを参考にしたと思われるコーナーも散見されました。「最初にFMぜんこうじを聴いた人」として出演依頼もされましたが丁重にお断りしています(笑)。

 全国に数多く開局したコミュニティFM局の中で、存在価値がある局が一体いくつあるか? 少々懐疑的な点もあります。

 私が昔聴いていたRFCラジオ福島には「火災速報」というのがありました。今も続いていると思います。主要市で火災が発生した時、通常番組やCM枠にカットインして速報します。

 コミュニティFM局段階の速報を、県域ラジオ局が何十年も前から行っているのです。コミュニティFM単位の緊急情報は、やる気になれば県域ラジオ局でも出来る気がします。

 究極のコミュニティFM局とは、24時間フィラー音楽を流し、伝える情報がある時だけアナウンスするというスタイルだと思う事すらあります(笑)。

 FMぜんこうじに関して、長野市議選の開票速報、大規模山火事の災害情報などは大変役に立ちましたが、普段の自社制作番組は、よくあるオーソドックスなスタイルを貫いています。

 2001年 4月にネット番組を、ミュージックバードから東京のFM局“J-WAVE”の再送信にシフトしました。全日の夜間や日曜の午後は ずっと“J-WAVE”の再送信が続きます。さながら長野市内に“J-WAVE”の中継所が出現したかの様です。

 例えば 24時間 長野市消防本部から専用回線で、夜間などはカットインして消防出動の速報をするなど、地元が本当に必要とする放送が出来ないものでしょうか? 長野市民として「FMぜんこうじ」の創意工夫に影ながら期待しているのです。


(追記) 2008年 3月に、長野市から松本市へ転居しました。

第132回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Royksopp“Only This Moment”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・ミニ番組「シリーズ世界遺産100」テーマ音楽 [久石譲]
    ♪鮮やかな余韻を残す終奏部7小節。


 また整理済のテレビ番組録画テープの中から 1本視てしまいました。整理の済んだテープは、やはり もう1度視てみたい気持ちが復活します(笑)。

 医院を舞台とする名作ドラマ「三男三女婿一匹」を手懸けた脚本家・高橋玄洋が書きおろした「野々村病院物語」(TBS・1981年 5月 ~ 11月・第1部 全26話 本放送)は、古き良きTBSドラマです。

 理想の地域医療を目指し新規開業した「野々村病院」には、問題をかかえた曲者の医師・ナース達ばかり集まります。しかし、試行錯誤の中で問題をひとつずつ解決し、人間関係が構築されていく事こそ理想の医療へ進む道だと、このドラマは教えるのです。

 主役の院長・野々村隆之に 宇津井健。新規開業に財産提供した隆之の父である理事長・野々村智は 伴淳三郎。外科の常勤医師・久米丈二:津川雅彦、内科の常勤医師・村岡啓介:関口宏、新人の外科 常勤医師・坂井田一平:三浦浩一 を配役しました。

 さらに院長をインターン時代から知り頭の上がらぬ看護婦長:山岡久乃、主任看護婦:夏目雅子。看護婦は、木内みどり・あき竹城・小野みゆき・山田邦子(ドラマ初出演)そして有吉真知子。須藤 事務長:蟹江敬三、事務員・古田守:山田辰夫、庶務主任:柄本明と壮々たる面々が出演しています。

 このドラマでは特に 久米丈二 役を演ずる津川雅彦が、鼻歌を唄いながら行う絶妙な手術シーンは 大変味があります。また患者 役の内田朝雄が「三男三女婿一匹」同様、悪役俳優のイメージを打ち破り、野々村病院の良き理解者となる資産家で登場しドラマのキーマンになります。

 このドラマは、医局室・事務室・看護婦寮そして病院隣にある「実家」が 主要なスタジオセットです。

 事務室では、事務長の蟹江敬三とパンチパーマの事務員・山田辰夫が名コンビぶりを発揮。さらに「実家」では、伴淳 理事長と柄本 庶務主任が 非常にレベルの高いコント(笑)を視せています。この2コンビが、シリアスな医療ドラマを噛みくだいてくれるのです。

 音楽は 左門繁が担当。主題歌は 谷村新司「青年の樹」。この主題歌をベースとしてアレンジした劇伴が作られています。

 なお この「野々村病院物語」は 第2部が、1982年11月から1983年 5月まで同じく26回に渡り本放送されました。但し第1部の続編ではなく主要配役が別の役柄を演じ、新たな役柄も加えており劇設定が異なっています。

 第1部は 1996年 テレビ信州で突然リピート放送(局的には本放送)され、そこから録画保存しています。


(追記) 「野々村病院物語」は、第16回・第17回・第22回の録画をデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。

第133回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  3. 第 3 位 ( ☆ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・ミニ番組「シリーズ世界遺産100」テーマ音楽 [久石譲]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    一青窈「影踏み」
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング
    ♪CMが流れる度 静かに染みてくるバラード佳曲。


 暑中お見舞い申し上げます。2005年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの ご存じ「かめクン」は、この暑い夏に大変元気です。餌も毎日たっぷり食べています。

 アカミミガメにとって毎日の食欲は 健康のバロメータです。普段の かめクン は、エサタイムが終わると飼育ケースの隅から隅まで食べ残したエサはないか? マメに巡回しています(笑)。

 先日 真夏恒例のバチャバチャ大会(笑)を開催しました。大きな円形容器に水をはります。そして思い切り かめクン を泳がせるのです。

 いつもは飼育ケースの水中でガチャをするのですが、毎日同じ飼育ケースの中にいると、やはりストレスは少し溜まる事もあります。真夏は何回か この様に充分泳がせています。約1時間たっぷり泳いだ かめクン は すっきりした感じでした。

 「遊ぼうよ ガチャ」は、一説によればミシシッピ アカミミガメの「発情」のサインという話もありますが(笑)そんな事言ったら うちの「かめクン」約7ヵ月連続して発情期になってしまいます(笑)。やはり機嫌の良い元気な時のサインだと思います。

 かめクン は、最近例の「脱走」を しなくなりました。元々脱走は、かめクン の「おもしろくねぇ!」という不満の表現です(笑)。毎日 短時間でも遊んでやっていますし、紫外線や水質も満足しており問題がないと解釈しています。

 おでき も完治して、元気一杯の真夏を迎えた かめクン です。


 我が家の春を知らせる「白梅」と秋を知らせる「山紅葉」。この ふたつの盆栽も青葉を繁らせて元気一杯です。

 この真夏に陽光が降りそそいでいる たくさんの青葉を見ると、花が咲く春や真っ赤に色づく秋ではなく、今が最も元気な季節だと解ります。

 そう言えば春を楽しむ市街の桜の樹木も、真夏に見上げる人は殆どいません。ですが見上げてみると、青々としている桜に この季節の元気が解ります。

 我が家の盆栽にも その元気を維持させるため、毎日の水やりは欠かさず、週1回 微量要素がちゃんと入った肥料を与えています。真夏は「白梅」も「山紅葉」も、これからの成長に係わる大切な季節なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2005年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。