FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第151回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「着信アリ」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]
    ♪最近ではインストゥルメンタルだけで表現するテーマ音楽が少なくなった。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( △ )
    加藤ミリア「ジョウネツ」

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「女刑事みずき ~ 京都洛西署物語」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]


 大晦日 放送される「第56回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。

 渡辺美里・倖田來未・AI・伊藤由奈・ゴリエ・DEF.DIVA・松任谷由実・m-flo・北山たけし・グループ魂・コブクロ・スキマスイッチ・D-51・Def Tech・山崎まさよし・WaT の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の42回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・山根基世 アナ(初)と仲間由紀恵(2回目)白組・みのもんた(初)と山本耕史(初)。みのもんた と 山根 アナは総合司会も兼ねます。

 紅白司会者の登竜門として注目されるラジオ中継は、藤崎弘士 アナ と 黒崎めぐみ アナが担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、島倉千代子・山本譲二・Every Little Thingなど となっています。

 みのもんた 氏の QR文化放送 局アナ時代を、リスナーとして熟知している私としては、まさに衝撃的な布陣です(笑)。みのもんた 氏がテレビ音楽番組の生放送の司会していた姿を、視聴した記憶は全くありません(笑)。ただ不祥事続出のNHKが、勝負に出た事は間違いない様です。

 昨年の世論調査公表に代わって、今年は「スキウタ」と称する大規模な楽曲人気投票を実施しています。しかし、世代別人口比を反映させた世論調査と異なり、組織票動員の可能性が否定出来ない人気投票に、データとしての信憑性があるのか疑問も残ります。


(追記) 「スキウタ」人気投票 最終結果の上位5曲は、次の通りです。
 紅組1位・モーニング娘。「LOVEマシーン」2位・夏川りみ「涙そうそう」3位・大塚愛「さくらんぼ」4位・一青窈「ハナミズキ」5位・松浦亜弥「Yeah!めっちゃホリディ」。
 白組1位・SMAP「世界で一つだけの花」2位・ORANGE RANGE「花」3位・氷川きよし「きよしのズンドコ節」4位・ゆず「栄光の架橋」5位・氷川きよし「箱根八里の半次郎」となっています。


 PCでラジオ録音しファイルを保存する手段について、あれやこれや検討してみました。どうもしっくりいきません。

 ネットなどで調べていく内に、妙な事も気付きました。「アナログ カセットテープ」で、いまだに録音しているマニアが意外に多いのです。だんだんと顕在化してきている感じさえあります(笑)。

 カセットデッキを「補修部品取り用」も含めて 20台持っている人がいました(笑)。未開封の高級カセット テープを 500本保管している人もいました(笑)。明らかに製造を縮小しているアナログ オーディオカセットが、切迫感と収集癖も複合して脈々と息吹いているのです。

 確かにMP3やMDは「圧縮」のデジタルメディアですから、微妙な音のふくらみなどの表現が なかなか出来ません。アナログの録音媒体は、今後単純に絶滅するのか? 調べれば調べるほど解らなくなります。

 しかし、PCで録音ファイルを管理する時代が 到来している事実は やはり否定できません。


(追記) 2008年 4月から、ラジオ録音に オリンパスの「ラジオサーバー」を使用しています。

第152回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「着信アリ」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽
    ♪キレの良さだけでなくメロディに美しさがあるインストゥルメンタル佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「女刑事みずき ~ 京都洛西署物語」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]


 以前はレコード売上げや葉書・電話リクエストなどをデータに、放送局が集計して「総合ランキング」を発表するのが典型的なラジオチャート番組でした。

 しかし、葉書・電話から電子メールへリクエストの方法が変化すると共に、少子化や音楽嗜好の多様化も進み、総合ランキング下位のデータの差や量に明確な意味は無くなり、下位の順位を決める理由も失われてきました。

 私は、既に「総合ランキング」の時代が終焉したと感じています。

 現に 100位や40位とか深い順位まで発表するチャート番組は、維持が厳しくなっています。

 最近ではベスト10内の曲でも、多くの大衆的支持を受けていると言い難いケースがあります。インターネットでの音楽配信が主流となり、シングルCDセールスの初動枚数に基づく音楽チャートデータのウェイトは、加速度的に失われてきているのです。

 私見ですが、これからのラジオチャートは、多様なジャンルで順位を浅く発表する「格付け」方式こそ時代にマッチしていると思っています。

 それは洋・邦別より さらに細分化されています。ジャズやクラシックさらに過去のヒット曲のリデータなど限定されたジャンルで、確実なデータ差や理由・意味合いが存在する順位のみ発表する方式こそ、これからの時代に適切な形態だと考えます。

 ラジオチャート番組の鉄則は、全ての選曲を聴取者へ委ねる事にあります。その鉄則を満たすため、今 最も多数の聴取者が満足する選曲を、統計学的手法で客観的に行うものなのです。

 例えばオールディーズ専門のステーションで、毎週AIRPLAYによるTOP5を発表する番組は、その1位から5位まで全て過去にヒットした曲なのですが、そのステーションやリスナーにとって紛れもなく最新のチャートです。

 リスナーに全曲オンエアーして順位を紹介する事は、全ての選曲を聴取者へ委ねる鉄則からもラジオ番組として重要な要素ですが、従来の10単位に拘らなくても、4 ~ 7曲程度で充分だと思われます。

 解りにくく「深い」順位ではなく、解りやすく「浅い」順位が、明確なコンセプトとして大切なのです。

 ラジオチャートは決して滅びる事はなく、独創性とデータ収集・集計方法の工夫で、リスナーの音楽嗜好を的確に反映した変わらない人気番組・コーナーの形態になると、私は考えています。


(追記) 私の音楽チャート理論について、紹介している週間放送視聴日記は、次の通りです。ご興味がありましたら、お読み頂ければ幸いです。
  音楽チャートの真理
  ラジオチャート番組の本質
  新譜だけが 音楽チャートの対象か?
  音楽チャート・視聴率調査

第153回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「着信アリ」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  3. 第 3 位 ( ★ )
    倖田來未“you”
    ♪有名俳優と同姓同名だが、読み方が違う音楽家・渡辺徹のアレンジの秀でたバラード佳曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]


 2006FIFAワールドカップ・ドイツ本大会・1次リーグの組み合わせ抽選が 10日 早朝行なわれ、日本は、ブラジル・クロアチア・オーストラリアと一緒の「F組」と決まりました。

 現在のFIFAランキングでは、ブラジル・1位、日本・15位、クロアチア・20位、オーストラリア・49位です。

 ジーコ監督の母国ブラジルと同じ組ですが、対戦は最終戦に組まれています。ジーコジャパンには、まず2大会連続の1次リーグ突破を目指し、W杯トロフィーへ少しでも前進してもらいたいものです。


 マンション等の耐震強度の偽装問題で、渦中の姉歯秀次・元一級建築士の 衆議院国土交通委員会「証人喚問」を、14日 午前に生中継しました。

 NHK総合・ラジオ第1・民放テレビ全局(SBC・NBS・TSB・ABN)が放送しています。国民生活へ重大な影響を与えた問題だけに、最近では異例の民間人証人喚問中継となりました。


 いよいよ来週、ライブドアさんへブログを引っ越す事となりました。

 正式なブログサービスによる運営開始です。これで名実ともに「ブログ」となります(笑)。

 現在 無料携帯日記サイトサービスにアップしている「週間選曲リスト」と「週間放送視聴日記」をエクスポートせず、ひとつずつ移記するのは大変な作業でした。タグの手打ちも時間はかかりましたが、どうにか終了しました。

 ライブドアの堀江貴文 社長を、以前ニッポン放送(JOLF)の買収劇の際に批判した時もありました。ですがブログサービスの内容や運営手法は先進的です。

 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 自らブロガーであるという点も重視出来ると思います。しかし、やはり心配もあります(笑)。

 とにかく有料サービスのライブドア ブログ“PRO”で、極力ライブドアのアドセンスを排除し運営する事にしました。

 そして このブログの「独自ドメイン」を、9日に取得しています。

 独自ドメインなら今後ブログサービスを乗り替えても、直接このブログへやってくる ご愛読者の皆様に、ご迷惑をかける事はないと考えています。

 3年間「週間選曲リスト」や「週間放送視聴日記」を、毎週休まず発表し続けてきました。これからも変わらず、ご愛読 頂きたく お願い申し上げます。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。

第154回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  2. 第 2 位 ( △ )
    倖田來未“you”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「着信アリ」主題歌
    ♪1位 5週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪テーマ音楽とは別途に、ラストに流れる哀感漂うピアノを中心としたアンサンブル劇伴1曲がリスト対象。


 2003年 1月から、順位付き「週間選曲リスト」と「週間放送視聴日記」のインターネットにおける公開・保存を、無料携帯日記サイトで、ささやかにスタートしました。

 その3年前の 2000年 2月には「ブログ」という概念が、既に日本のネット雑誌“Hot Wired Japan”で初紹介されています。

 「ウェブログ(略してブログ)とは、ウェブ上にある興味深いコンテンツへのリンクや批評を記した、定期更新されている『リスト』の事。ほとんどのウェブログが、個人により維持されている。」と、その翻訳論文には書かれています。

 ブログは 一般のホームページと異なり、最新記事が自動的にトップページへ掲載され、実に明解です。

 日付つまり「時系列」での管理が基本になります。ブロガーによって好き嫌いの分かれる点ですが、このブログでは最も大切な要素だと思っています。

 約3年続いている「週間選曲リスト」と「週間放送視聴日記」が、ひとつの『リスト』を構成し、毎週金曜夜に更新するスタイルは、このブログの根幹です。

 特に「週間放送視聴日記」は、時代の動きや、その時ブロガー自身は何を考えていたのか はっきり判る様に、地元・FM長野を中心に視聴したオールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビュー・データや、懐かしいテレビ番組の再視聴回顧記、さらに徒然なるままな折節の「身辺雑記」やブログ・ブロガーからの運営情報も織り交ぜて構成しています。

 「週間選曲リスト」の価値は、音楽の知識やセンスだけでなく、音楽以外の あらゆる事象に関する選曲者の思考過程を公開した日記によって裏付けされると思うからです。

 この「週間放送視聴日記」と、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を象徴的に表現した「週間選曲リスト」が一体になってこそ、このブログのレゾンデートル(存在理由)はあると考えています。

 今週からライブドアさんのブログサービスを通じて、いよいよ本格的なブログとして発信します。

 このブログは時系列、特に「1週間」というブログ的にスパンの長い時間の単位を、最も大切にしています。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、整序された年表の如く ゆるやかに、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、このチャート★ドランカー【FM長野 リスナー】BLOGで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。

Year‐End Ranking

公開 : 
  1. 第 1 位 ( 8)
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]
    ♪ホーンセクションとチョッパーベースによる刻みを掛け合わせた秀逸な調性が、作り込んだタイトルバックに実に良くマッチングした、刑事ドラマでは最高水準のテーマ音楽。

  2. 第 2 位 ( 7)
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  3. 第 3 位 ( 3)
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  4. 第 4 位 ( 5)
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  5. 第 5 位 ( 3)
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]


 2005年も歳末を迎え、このブログの更新は今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2005 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2005年 1月 7日 第104回ランキングから、2005年12月23日 第154回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。

 期間内のリストイン総曲数は 45曲。年間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲数が 16曲と記録されています。

 今年の年間ランキングの選曲理由は、次の通りです。

 年間 1 位は、池頼広が制作した ドラマ「相棒」テーマ音楽。

 【1位 8週 登場20週】

 年間 2 位は、柴田淳「おかえりなさい。」 。

 【1位 7週 登場11週】

 年間 3 位は、岩代太郎が制作した 大河ドラマ「義経」劇伴音楽。

 【1位 3週 登場18週】

 年間 4 位は、坂田晃一が制作した ドラマ「菊次郎 と さき」劇伴音楽。

 【1位 5週 登場 9週】

 年間 5 位は、栗山和樹が制作したドラマ「女系家族」劇伴音楽。

 【1位 3週 登場12週】

 以上の通り、年間ランキング( Year-End Ranking ) が確定・決定しました。

 今年も「週間選曲リスト・ルール」の年間ランキング要項に従って、年間1位を自動確定。さらに年間2位以下は、まず選曲条件をクリアした楽曲の中から1位週数のデータを軸として、レギュラーの「選曲基準」により改めて慎重に選曲し、次に累積資料であるデータを参考に順位を決定しました。

 特に年間3位から5位に関しては「1位週数」及び「登場週数」のデータを参考にしつつも、独自性の高い順位決定をしています。

 今年最も美しい5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ テーマ音楽(劇伴音楽)4曲、ドラマ主題歌 1曲 となっています。

 やはり今年もインストゥルメンタルのテーマ音楽と劇伴音楽が、年間ランキングに強く反映された結果になりました。

 さらにテレビ朝日系ドラマの音楽が 4曲も独占しています。全般的な傾向として主題歌群に優れた楽曲が少なかった事も、この1年の週間選曲リストへ投影されていた様です。

 郵政民営化解散での総選挙は、自民が歴史的大勝。小泉首相が演出した劇的な政局の流れが鮮烈だった 2005年。『年間ランキング』公開をもって今年の更新が終了し、このブログは年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2005年12月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。