FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第505回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    JUJU「くちづけ」
    アサヒ フード アンド ヘルスケア テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳‘69‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Adele“Skyfall”
    ♪映画「007シリーズ」の主題歌らしくフル オーケストラとブルージーな歌唱が一体化した佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合テレビ・よる☆ドラ「眠れる森の熟女」劇中効果音楽 [高見優]


 先月 お隣のFM新潟は、本社演奏所所在地である新潟市と、災害時の緊急情報を確実に伝達するための協定を締結しました。国の全国瞬時警報システム(J-ALERT)にも対応し、新潟市全区を対象にした緊急告知FMラジオ放送を、来年 4月に始めます。県域FM放送を使って、J-ALERTを含む緊急情報放送を行うのは、全国で初めての事です。

 現在多くのJFN加盟局は「緊急地震速報」を実施しています。それぞれの局で独自の基準がありますが、緊急地震速報の発信元は気象庁です。基準を満たせば気象庁の速報を、総ての番組やCMに優先して放送します。緊急地震速報は、東日本大震災以来リスナーの生活に緊急放送として定着しましたが、その他にも津波警報、国民保護情報など緊急放送は存在します。

 特に信州において水害の際の避難情報は、極めて重要と言うべきものです。しかし、この水害による避難情報の確実な伝達手段は、ほとんどが市町村の防災行政無線に頼っています。そして 防災行政無線も全国均一に整備されている訳ではありません。私の住んでいる松本市は防災行政無線の整備が遅れており、自宅ではJ-ALERTを始め緊急の警報が聴けない状況です。

 県域FM放送が その立場を担えば、この様な緊急放送の空白地域が一気に解消されるはずです。しかし県域FMラジオ局は、夜間社員の無人になる体制が ほとんどで、24時間アナウンサーによる深夜の緊急放送体制は 難しい現状があります。緊急地震速報と同様に、J-ALERTの警報内容を瞬時にラジオ放送するシステムがあれば、深夜の大災害などへ充分対応できます。

 総務省 信越総合通信局は、10月22日に長野県内で起こり得る大災害を想定し、臨時災害放送局 置局のための自助・共助を話し合う組織「防災・減災への放送利用行動計画連絡会」を発足しました。FM長野を始めとする県域ラジオ局も参加し、全県で臨時災害放送局が開局できる体制を構築するため、市町村を支援する仕組みを広域に整備することを目標としています。

 国の全国瞬時警報システム(J-ALERT)を全国民が共聴出来る体制は、緊急地震速報に匹敵するほどの必要性があります。専用ラジオによる自動起動機能はFMラジオ放送が最も適式です。災害対策基本法の指定地方公共機関である県域FMラジオ局において、J-ALERTを放送するシステム整備は、将来のレゾンデトールにかかわる責務だと考えます。

第506回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    Adele“Skyfall”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    JUJU「くちづけ」
    アサヒ フード アンド ヘルスケア テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲
    ♪イントロからの導入部が美しくサスペンスのエンドテーマらしい佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳‘69‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]


 7日 投開票の『第57回 米国大統領選挙』は、大接戦の末に民主党候補であるオバマ 第44代大統領の再選が決まりました。長い選挙レースの中では、共和党のロムニー 候補がリードする場面もありましたが、投票 1週間前にニューヨークを襲った超大型ハリケーン「サンディ」(襲来時 中心気圧:952hPa)に対するオバマ 大統領の災害緊急措置が決め手になった様です。

 【獲得選挙人数:オバマ 候補 332 ロムニー 候補 206】

 ブロガー プロフィールにもあります通り開票速報が大好きな私としては、仕事の休みを わざわざとって(笑)朝からCNNテレビの開票速報特番を視ていました。まず驚いたのは、接戦州の投票所で 3時間以上も並んでいる有権者の列でした。オバマ 大統領陣営が、若年層や アフリカ系・ヒスパニック系の有権者の掘り起こしに成功している証拠が映し出されていたのです。

 CNN開票速報は、集中して流れてくる情報を整理してオンエアーし、4年前の速報特番より洗練された印象を受けました。実際の開票速報 と 出口調査の結果を完全に分離し、特に出口調査の紹介では、投票所へ来た有権者にインタビューして集計したものであるから、実際の開票結果と異なる事があると、断りをコメントしていたのには 好感が持てました。

 CNN国内政治担当の主席記者である John Kingは、マルチディスプレイを駆使して細かい開票所単位の票数を紹介し、即座に正確な推定を積み上げる素晴らしい分析を行い、最終的に「もはやロムニー 候補が当確をとる方法はない」と断言。それから僅か数分後の午後 1時18分(日本時間)にブレーキングニュースとして、オバマ大統領の再選確実を速報しています。

 4年前のCNN開票速報では、午後1時ジャスト(日本時間)にオバマ大統領の当確を打ちましたので、今回は激戦を反映して 18分遅い当確判定でした。ちなみに 3大ネットワークのABCと連携しているNHKは、1時24分に当確を速報しています。今回の出口調査は、CNNを始め全米メディア 6社によるコンソーシアム、つまり共同で行っていました。

 投開票日直前の世論調査は、両者ほぼ互角という大激戦となり、獲得得票数の全米集計である“POPULAR VOTE”では、オバマ 候補 51% ロムニー 候補 48%と極めて僅差でしたが、獲得選挙人数は 大きな差となって現れました。ロムニー 候補も潔く敗北宣言をし、最高権力者を巡る紛争が起こりにくくする「間接選挙」のシステムが今回は 巧く機能しました。

 日本は、アジアで最も深い米国の同盟国です。2年前のオバマ 大統領来日の時、このブログでは 天皇陛下にされた最敬礼と、幼少期の大統領が日本で食べた抹茶アイスのエピソードを書きました。米国の大統領は 2期 8年までと、合衆国憲法 修正第22条に規定されており、今回の再選により幼少の頃から親日家だった、オバマ 大統領自身の選挙は 終了となります。

 オバマ 大統領は、自分の選挙スピーチで「白髪が増えた」と言っていました(笑)。確かにオバマ 大統領は、4年前に比べると白髪が目立っています。世界で最も権力が集中する米国大統領は、誠実に職務を行えば行うほど重圧が のしかかります。投票所で じっと長時間並んでいた有権者の期待に答えられるのか、オバマ政権 後半の 4年間に注目が集まっています。

第507回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング
    ♪ヴォーカルに和音が感じられる。

  2. 第 2 位 ( △ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Adele“Skyfall”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    JUJU「くちづけ」
    アサヒ フード アンド ヘルスケア テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳‘69‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]


 強くなってきた解散風が気になり、14日の昼休みは党首討論(国家基本政策委員会 合同審査会)の中継を視ていたのですが、まさか その党首討論の場で野田佳彦 総理が、衆議院解散を宣言するとは思ってもいませんでした。宣言から 14分遅れた午後 3時31分に「野田首相 定数削減自民確約なら あさって衆院解散してもよい」とのNHKニュース速報が流れています。

 NHK総合も自局の生中継で放送された内容にも係わらず、確認に時間をかけてニュース速報を打ったこと自体、野田 首相の解散宣言が いかに劇的だったのかを示しています。先月 石原慎太郎 東京都知事が突然辞任し、東京都知事選挙は 12月16日 投開票と予定されており、政府も この日を衆議院議員総選挙の投開票日と決定。東京都では、ダブル選挙になります。

 師走の総選挙は、戦後 過去3回あります。その内 私が既に開票速報マニアになっていた小学生の頃(笑)の 1972年(昭和47年)12月10日。さらに 1983年(昭和58年)12月18日は、両方とも記憶があります。1972年の投開票日は、我が家で購読していた東京新聞に掲載された、開票の当確予定時刻の表を食い入る様に見ていました。小学生がです(笑)。

 1983年の時は、開票速報前のNHK大河ドラマが滝田栄 主演の「徳川家康」最終回。速報本部の総合司会は、梶原四郎 アナでした。大河ドラマの最終回に、当確速報のテロップが次々と打たれ、師走の慌ただしさが相乗されて、実に不思議な雰囲気だった事を今でも覚えています。そして今回、29年ぶりの師走総選挙となります。

 一票の格差を是正する公職選挙法等の改正はどうにか成立しましたが、区割り作業は間に合わず、旧法令のまま総選挙が執行されます。昨年 3月23日の議員定数不均衡訴訟では、14名の最高裁裁判官の内 2名が、違憲・選挙無効の意見を発しています。また違憲状態のまま総選挙を強行する訳で、仮に選挙無効となれば、総選挙は やり直しという事態にも なりかねません。

 16日の本会議で 横路孝弘 議長が、午後3時50分に解散詔書を朗読。衆議院が解散されました。日本国憲法公布以来 23回目。帝国議会を含む憲政史上では 41回目の解散になります。

 飛ぶ鳥を落とす勢いだった日本維新の会も、最近の世論調査では支持率に翳りが見られ、長野県の小選挙区 全区に候補者を擁立する方針を発表していますが、いきなりの解散・総選挙で、その準備不足は 長野だけでなく全国に及んでいます。野田 首相の劇的解散宣言は、その日本維新の会を始めとする第三極の結集を、総選挙の結果に反映させない狙いもあると思われます。

 どちらにしても来月16日午後 8時ジャストに発表される出口調査の結果。さらに その後の開票速報は、重複立候補の復活当選が乱発され、とても解りにくい結果になる事も予想されます。東京都知事選は、即日開票を貫くと 比例代表の後となり、作業 と 速報が 深夜から早朝に及ぶかも知れません。選挙自体の有効性も含めて、結果の読めない複雑な師走総選挙へ突入しました。

第508回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Adele“Skyfall”

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK総合・時代劇「薄桜記」主題歌
    ♪繊細な転調が味わえる。先月から地上波でも放送開始。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    JUJU「くちづけ」
    アサヒ フード アンド ヘルスケア テレビCMソング


 1日に“mixi”を退会しました。約5年半に渡り、このブログ連動の日記更新を実験的に休まず続けてきましたが、以前 問題点を指摘した通り、もはや“mixi”にはSNSとしての必要性と魅力が無くなってしまいました。

 特に最近の仕様変更で失望したのは、真面目に日記を更新した時のSNS友人(マイミク)への通知より、ゲームでアイテムをゲットしたとか、ニュース記事の好き嫌いという実に軽薄な内容が通知として優先されてしまう点です。これではブログ連動の日記更新の意義が薄れてしまいます。

 退会手続きも大変でした。mixiプレミアムに入っていたため、その解約が済む月末まで正式な退会に応じてくれず、退会した後もプレミアムの月代金 税込 315円が また引き落とされていました。何のために月末まで解約に応じなかったのか、これでは全く意味が解りません。

 個人ブログに必要な読者とのコミュニケーションツールは、やはり公開メールアドレスで、それに最も適しているのは、Googleがサービスしている“Gmail”でしょう。到着メール未開封の段階で、実に深い かつ最新のセキュリティチェックをしてくれて、迷惑メールを分類してくれます。

 また以前ブログ コメント欄不要論でも書きましたが、コメント・トラックバック欄もブログに必須なツールとは言えないと思います。

 特に重要なのは、ネットスター社などが行っているインターネットのフィルタリングでは、コメント欄が付いているブログが、掲示板機能有りとみなされ、低いランクのカテゴリにされてしまう点です。このブログがホワイトなカテゴリに分類されているのは、コメント・トラックバック欄を廃止しているからです。

 5年半“mixi”に入ってみて、ご愛読者とのお付き合いは、気まぐれを見せない誠実さが一番大切だと解りました。ネットでも実社会でも、やはり大切な事は同じです。相談するよりも、相談されるほうの比率が圧倒的に多い私にとって、人との付き合いは広く浅くするのが私の気性に合っています(笑)。

 コンテンツを有する個人が、wordpressを中心としたブログ メディアから発信していくスタイルは、さらに定着していくと思います。コンテンツを有していない個人は、普遍的なそして ありきたりな話題の発信だけで人との繋りを求め、その目的でSNSを利用していく方向へ分化するのかも知れません。

 今後の私からのネット発信は、500週を超えた このブログ更新に集中していきたいと考えています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が 、20日に 22万 を突破しました。 ご愛読 頂き、ありがとう ございます。

第509回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK総合・時代劇「薄桜記」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Adele“Skyfall”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    宇多田ヒカル「桜流し」
    ♪ビブラートに近似してきた転調を多用しているが佳曲。


 大晦日 放送される「第63回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。SKB48・きゃりーぱみゅぱみゅ・プリンセス プリンセス・ももいろクローバーZ・YUI・YUKI・関ジャニ∞・ゴールデンボンバー・斉藤和義・三代目 J Soul Brothers・ナオト・インティライミ・美輪明宏 の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の 49回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・堀北真希(初) 白組・嵐(3回目) 総合司会・有働由美子 アナ(初)。紅組司会は 朝ドラ ヒロインからの登用です。職員アナの登竜門である今年のラジオ実況アナは、30日 現在 発表されていません。出場歌手は 50組。初出場が 5組増の 12組。なお、連続・常連出場からの「落選組」は、小林幸子、川中美幸、秋川雅史など となっています。

 放送時間は午後7時15分から11時45分までと、今年最終のニュースを挟んで昨年と同じ放送時間です。出場歌手発表記者会見は、昨年の様なライブ ストリーミング生中継がなく、地味な印象を受けました。出場歌手の選抜過程も例年になく不透明で、歌手の特定はしませんが(笑)よく選考理由が解らない初登場歌手も今年は目立っています。

 遂に連続 33回出場の 小林幸子 が落選してしまいました。初出場は、第30回(1979年)の「おもいで酒」。その年のザ・ベストテンでは年間第1位を獲得。そこからまるで舞台装置の様な(笑)衣装を独自開発。毎年 紅白歌合戦の目玉となってきました。私は、今回こそ紅白歌手選考の重要資料である、今年の好きな歌手世論調査の結果が知りたくて仕方がありません。

 初登場歌手の世論調査順位は 高くなく、逆に 小林幸子 の世論調査順位は、そんなに低くないのではないかと想像しています。今回の所属個人事務所の内部事情によるゴタゴタ騒ぎは、歌手の価値には無関係な、非合法性無き社会的スキャンダルの部類だと思えるのです。来年以降 小林幸子 の再出場に少し(笑)期待しています。

 昨年の紅白は、紅組が 7年ぶりに優勝。このブログで指摘していた視聴者審査員制度のシステム破綻(笑)を打ち消す結果となりました。NHKは、案の定(笑)今年も視聴者審査員を、昨年同様の規模で募集するそうです。しかし、なかなか空気が読めない(笑)視聴者審査員は、過去 6年連続 白組優勝という大味な結果を出してしまった実績(笑)があります。

 昨年 紅組が優勝しましたので、既に破綻していると 今年は言いませんが(笑)やはり今年の勝敗は気になるところです。またプロセスをオープンにする意味で、視聴者審査員の得点集計センターを、紅白の生放送内で紹介してもらいたいものです(笑)。音楽業界自体 発展の決め手も欠ける現状の中で、今年も決め手に欠ける紅白になりそうです。

 それでも紅白歌合戦は、やはり全放送メディアを通じた最高の音楽番組という地位は揺るがないと思います。そして毎年断言しますが(笑)年に一度、大晦日 午後 11時45分ジャストの 紅白 エンディングから ゆく年くる年 への急激な「ギャップ」が大好きな私にとって「紅白」は、大晦日になくてはならない番組なのです。


(追記) 今年のラジオ実況アナは、青井実 アナ と 橋本奈穂子 アナに決まりました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2012年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。