FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第401回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“Last Links”
    SBC TBS・ニュース番組「報道特集」エンディング テーマ
    ♪アルバム“Rock’n’Roll Circus”6曲目に収録。

  2. 第 2 位 ( △ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]
    ♪主旋律のリフレインで、実に美しいアレンジが堪能できる劇伴佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    北島三郎「浪人独り旅」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「素浪人月影兵庫」主題歌
    ♪1位 1週、登場 6週。


 たまにはプロ野球のお話でも(笑)。セリーグでは 中日ドラゴンズが、4年ぶり 8回目の優勝を果たしました。ドラゴンズ優勝おめでとう ございます。但し日本シリーズ出場には、クライマックスシリーズ(CS)でも優勝が必要です。パリーグでは 全日程 3位のロッテが、クライマックスシリーズで勝ち抜いてしまい(笑)3位のチームが日本シリーズへ出場してきます。

 茨城に住んでいた頃、我が家では「東京新聞」を長年購読していました。茨城県では 全国三大紙の普及率が高く、それを地元発行の茨城新聞が追う感じです。東京新聞の専売所は 小さかったのですが、この専売所の所長さん と 私の父親は 懇意にしており、同じく専売していた森永牛乳も配達可能で、ここから牛乳の宅配もしてもらっていました。

 とにかく購読料の集金が 3ヵ月まとめて一度。これこそ懇意の成せる技です(笑)。家に掛けてあるメインのカレンダーは、いつも東京新聞のものでした。ただ懇意が過ぎて、元旦の配達は 大変だろうと、元旦特別号の増紙分を年末の内に受け取っていました(笑)。元旦の新聞を年末の内に読んでしまうとは、実に変な感じでしたが、今では懐かしい思い出です。

 東京新聞は、独特なスタンスがあり、見開きに「こちら特報部」というニュース追跡記事を連日掲載していました。編集局には、特報部が実際存在します。国政選挙の際は、評論家や各界著名人による議席大予想を発表したり、エイプリルフールには 壮大なる嘘記事(笑)を堂々と載せるなど、他とは違った柔らかく解りやすい紙面でした。

 また文化欄には「大波小波」というコラムがあります。この「大波小波」は、長く続いている非常に珍しい匿名による文芸批評欄です。有名な文芸評論家や作家が 交代で担当しているとの事ですが、匿名故に批評が辛辣。それでいて誉める時は絶賛します(笑)。文末に記してあるペンネームは、匿名性を高めるために毎回違っていて、思わず笑ってしまう事も しばしばです。

 さらに松雲庵主という先生が担当する「運勢」欄も味があります。十二支による占いですが、その文章は占術を超越して大変レベルの高い人生訓話に達しています。自分の干支だけではなく、十二支全部読んでしまうファンも多いとの話です。この松雲庵主という先生も謎の人物で、一説では占い師の方ではなく、愛知県の有名なお坊様との噂もあるほどです。

 我が家で購読していた頃は、連載漫画が佃公彦の「ほのぼの君」。東京新聞の紙面を象徴するかの様な穏やかな作風でした。この「ほのぼの君」の後継漫画が、さくらももこ「ちびまる子ちゃん」。あの ちびまる子ちゃん が 毎朝カラーで4コマしています(笑)。「東京新聞」は、優勝したドラゴンズの親会社である中日新聞 東京本社が発行しています。


(追記) 23日に セリーグのクライマックスシリーズ(CS)で、リーグ優勝の 中日ドラゴンズが、3年ぶり 9度目の日本シリーズ進出を決めました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。