FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第 1回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ★ )
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌
    ♪過去の朝ドラ主題歌にはない和声と調性が抜群な佳曲。

  2. 第 2 位 ( ★ )
    奥田民生「まんをじして」
    NBS フジ・シチュエーション コメディ「HR」主題歌
    ♪公開テレビ演劇をエンディングで集約するタイトルバックにフィットした佳曲。

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」テーマ音楽 [W.G. Snuffy Walden]
    ♪ドラマのテーマに沿い重厚にシンフォニックされた劇伴音楽。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    石川さゆり「天城越え」
    第53回 NHK紅白歌合戦 トリ曲
    ♪演歌ながら西洋音楽的な調性のある佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    平山綾「来て来て あたしンち」
    ABN テレ朝・アニメ「あたしンち」エンディング テーマ曲
    ♪クラシックの名曲 エルガー「威風堂々」を恐るべき着想でアレンジ。


 明けまして おめでとう ございます。2003年(平成15年)の新春を迎えました。

 この『チャート★ドランカー BLOG』は、本日から正式スタートです。全曲初登場、このブログの造語では、全曲 リストイン となる、週間選曲リスト 第1回ランキングを、ここに作成・公開しました。この第1回ランキングは、昨年 ブログ準備のため 24週間に渡って作成してきた 試行研究順位 最終週がリレーされており、そのデータに基づき選曲・順位決定を行いました。

 まず 1位には、朝ドラ主題歌である 元ちとせ「この街」を、試行研究順位 最終週の 1位から引き継いで選曲。2位は、シチュエーション コメディ HR 主題歌である奥田民生「まんを じして」。3位には、インストゥルメンタルの海外ドラマ「ザ・ホワイト ハウス」テーマ音楽。第1回ランキングの上位 3曲は、最終週の試行研究順位から選曲して リストインとなりました。

 4位 と 5位は、毎週公開していく週間選曲リストの考え方が解る様な選曲を新たにしています。演歌歌手・石川さゆり に、アニメ あたしンち です(笑)。その週に ラジオ・テレビを通じて視聴し、かつ選曲基準に合致した楽曲は 旧譜でも選曲し、美しい音楽ならは、いかなるジャンルでも 平等に選曲していきます。4位 と 5位に、週間選曲リストのポリシーを表現しました。

 この第1回ランキングの 5曲が、週間選曲リスト そして ブログ の源流点になります。

 『チャート★ドランカー BLOG』は、今週 ラジオ・テレビを通じて視聴した、総ての放送音楽の中から 美しい 5曲を、作成上の規定である 週間選曲リスト・ルール に従い、順位付で選曲して公開する「週間選曲リスト」と、私のオールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータを掲載していく「週間放送視聴日記」で 構成されています。

 このブログは、更新曜日を 金曜日と定めて、週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を、システマティックに 1週 1ページずつ、インターネットを通じて、積み重ねていきたいと考えています。音楽ブログであり、放送研究ブログでもあります。今後とも『チャート★ドランカー BLOG』を、ご愛読 頂ければ幸いです。何卒よろしく お願い申し上げます。

第 2回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    奥田民生「まんをじして」
    NBS フジ・シチュエーション コメディ「HR」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」テーマ音楽 [W.G. Snuffy Walden]

  4. 第 4 位 ( △ )
    平山綾「来て来て あたしンち」
    ABN テレ朝・アニメ「あたしンち」エンディング テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]
    ♪秀でた和声を有する正統派時代劇のテーマ音楽。


 ここ長野のSBCテレビ(信越放送)は、正月が舞台の「男はつらいよ」3本を 三が日深夜に なんと地元企業 15社提供で放送しました。テレビ東京での全作放送からの お流れです(笑)。私達の世代になると、映画を視る事も含めて、生まれた時から高度成長の時代と共に一気に花開いた、テレビジョン文化で満たされてきました。

 ですから寅さんは、映画館ではなく、日曜洋画劇場・特別企画 などにより、シリーズを断片的に視て「おもしろいなー」と思った程度でした。「男はつらいよ」の凄さを初めて知ったのは、SBCでもオンエアーした今回の全 48作完全放送です。最初から時系列で視聴して、初めて その素晴らしさが理解でき、この様な放送企画は大切だと認識させられました。

 渥美清をはじめ、倍賞千恵子・下条正巳・三崎千恵子・前田吟・太宰久雄・吉岡秀隆・佐藤蛾次郎 そして笠智衆。「とらや」をめぐる お馴染みのレギュラー陣。さらにシリーズの各期に準レギュラーとして登場した、津坂まさあき(秋野大作)・吉田義雄・岡本茉莉・美保純・夏木マリ そして後藤久美子が とても大きな存在だと気付きます。

 もちろん、浅丘ルリ子・吉永小百合・竹下景子に代表されるマドンナ達も忘れる事ができません。特に 第16作「男はつらいよ 葛飾立志篇」で、寅さんが学者役の小林桂樹と乗った小型汽船が、方向転換して富士山へ向かっていくラストシーンは、感動すら覚えました。私個人としては、日本映画史上五指に入る 美しいラストシーンだと思います。

 あの とらや での大喧嘩や ドタバタ劇には、本当の家族 血縁の愛情を感じるし、なにげなく とらや の居間に置いてあるテレビ受像機の変遷にも、このシリーズの大きな歴史性を感じます。寅さんは、家でのしがらみを捨てて、旅から旅を続ける自由人です。しかし、あの とらや に帰って来た時が、一番寅さんらしく見えたのは、私だけでないはずです。

 旅先で事件を巻き起こし、公衆電話から まず とらや に速報リポートを入れている時(笑)の寅さんは、生き生きとしています。事件が終結して(笑)とらや を去っていく寅さんには、哀感以上の何かがあります。私は、放送の資料収集や研究が趣味で、映画は 門外漢なのですが「映画放送」という切り口からも、男はつらいよ は まさに最高傑作です。

 寅さん全作品を、好きな時 ゆっくりと視聴出来る様に、パートワークで 全作DVDと 1作ずつの詳細なテキストを、系統立てて発売しないものでしょうか? でもパートワークの完集は、本棚を占拠されてしまうので大変です(笑)。いつの日かオンデマンドで、気軽に寅さんを視る事が出来る日が やってくるかも知れません。正月に寅さん。なかなか味な映画放送でした。

第 3回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」テーマ音楽 [W.G. Snuffy Walden]

  3. 第 3 位 ( △ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    奥田民生「まんをじして」
    NBS フジ・シチュエーション コメディ「HR」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]
    ♪調性が整っており、多楽器による和音から豊かな和声も有している佳曲。


 現在NHK総合テレビで放送されている「ザ・ホワイトハウス」は、3年連続 米国ドラマ界最高のアワードである「エミー賞」を獲得した海外テレビドラマの傑作です。私も毎週欠かさず視ています。ただちょっと邦題のザ・ホワイトハウスは、ベタな感じがして(笑)どう考えても、原題の“THE WEST WING”のままの方が良かったと思えるのです。

 “THE WEST WING”とは、米国 大統領官邸(大統領府)であるホワイトハウスの「西ブロック」の事です。東ブロックは、表玄関となるオープンなスペースになっていますが、西ブロック は、実際の大統領執務室や閣議室 そして最重要な国家安全保障会議も開かれる「シチュエーション・ルーム」があるアメリカ合衆国の中枢です。

 ドラマは、民主党出身のジェド・バートレット 米国大統領(Martin Sheen = 小林薫)と その側近たちが、ホワイトハウス 西ブロックで繰り広げる人間群像を描いています。第1シーズンでは、レオ・マクギャリー 大統領首席補佐官(Jon Spencer = 佐々木敏)が抱えるアルコール依存症との闘いという、ありそうな話(笑)が展開していました。

 素晴らしいタイトルバックのクレジット(配役発表序列)を視ると、サム・シーボーン 広報部次長のRob Loweが主役扱いなのですが、圧倒的に「アンドトメ」であるバートレット 大統領の存在感が、このドラマの要です。大統領を始め、補佐官・報道官・私設秘書・シークレットサービス が、どこの社会でもある様な意外に人間臭い筋書きが展開しています。

 その人間臭い筋書きの中で、最善の政治決断をしていこうとする大統領の信念が羅針盤となり、スタッフひとりひとりの日常の経験が研鑽に昇華して、ホワイトハウスというアメリカの心臓部を支えているのだと、このドラマから理解出来ます。政治ドラマは、人気が取れないという常識を覆し、本国では高い人気と評価を博した、とにかく お薦めの海外ドラマです。

 ザ・ホワイトハウス“THE WEST WING”は、名作シリーズである「ER ~ 緊急救命室」と同様に、多彩な登場人物の把握が、ドラマを楽しむコツだと思います。全米のテレビでは、現在 サスペンス関連で従来にない優れたドラマが誕生し、本放送がシリーズ化しています。NHKでも、これらの優れた海外ドラマを放送する機会に恵まれればと願っています。

 このブログでは『週間選曲リスト』に加えて、ドラマ・ニュース報道など、この 1週間に視聴したテレビ番組の放送レビューをデータと共に『週間放送視聴日記』として掲載します。お読み頂ければ幸いです。

第 4回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」テーマ音楽 [W.G. Snuffy Walden]

  3. 第 3 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Fayray「好きだなんて言えない」
    TSB YTV・ドラマ「メッセージ」主題歌
    ♪提供クレジットが出る時に流れる間奏部さえ美しい アレンジに秀でた佳曲。


 このブログの正式タイトルは『チャート★ドランカー BLOG』。チャート★ドランカー とは、FM長野リスナーである私が変わらず使用し続けている「ラジオネーム」です。私は 1991年に信州へ転居して来て以来一貫して、この「チャート★ドランカー」というラジオネームだけを使用し続けています。他のラジオネームをFM長野で使用した事はありません。

 チャート★ドランカーとは、音楽チャートマニアが昂じて、中毒症状を起こしているという意味です(笑)。ひとりエアモニ状態で、ラジオの新譜放送回数まで個人で記録し、洋邦問わず毎週 200曲近くのヒット曲を聴き続ける生活を、何年も続けていると頭がおかしくなります。ラジオネームは、流行音楽を聴き続けないと禁断症状を起こす現象に由来しています(笑)。

 ラジオネームは、ひとりが複数持っていても別になんら問題がありません。どうしてもラジオ番組への投稿の採用率を上げる自己目標を完遂するため(笑)別人の如く(笑)ラジオネームを色々と使い分ける方も存在します。しかし採用率を競うのは、あくまでも自己目標のルールであり、没投稿の非効率さに気付き、だんだんと熱意が醒めてきます(笑)。

 21世紀のラジオリスナーの放送参加は、ラジオ番組へメールを出す方法ではなく、リスナー自身がインターネットを通じて発信する形態が主流となる可能性があります。ラジオリスナー自らによる発信は、放送局サイドによる採用・没の中間判断が及ばない別世界なのです。ラジオネームの高レベルなインターネット常時公開とは、採用 1万回に匹敵するかも知れません。

 このブログの厳密なカテゴリは、順位付き週間選曲リスト(ランキング)を発表する新しいタイプの音楽ブログになります。また放送研究を目的とした ラジオリスナーの個人ブログの分類にも包含されると考えています。さらに音楽ブログでは 敬遠される、政治・経済などのニュース報道なども、週間放送視聴日記として、きちんと書いていきたいと思っています。

 FM長野(長野エフエム放送)の大きな特質は、1988年10月の開局以来、リクエストによるリスナー参加を大切にしてきた点が挙げられます。大阪にあるABC朝日放送の人気アナの座を捨てて、長野県松本市に住居を移し、開局時からFM長野の社員アナウンサーとして勤め上げてきた 大岩堅一 アナ を筆頭に、ステーション全体で その特質を培ってきました。

 平日帯に県民リスナーが気軽に参加できるリクエスト番組を編成するのは、FM長野の変わらぬ伝統です。現在 私が応援している番組は、そのFM長野で月曜から金曜 11時30分から 25分間放送している“ALPICO Chao×Chao Cafe”DJは 野村恵美さんです。オンエアーされる曲は、洋楽オンリーですが なかなか凝った選曲をする番組です。

 このブログでは『週間選曲リスト』に加えて、私が長年収集保存してきた 放送に関する資料などを基に、愛聴しているFM長野を中心としたラジオ番組の放送レビューも、データを交えながら『週間放送視聴日記』として掲載します。お読み頂ければ幸いです。

第 5回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( △ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」テーマ音楽 [W.G. Snuffy Walden]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪ワンフレーズ流れただけでも理解出来る、圧倒的な音楽調性 と 和声を有した佳曲。


 長野県の民放テレビ局は、開局順に SBC信越放送(TBS系)NBS長野放送(フジ系)TSBテレビ信州(日テレ系)ABN長野朝日放送(テレ朝系)の計 4局があります。私は、長く茨城県で暮らしてきました。関東エリアですから 在京の民放テレビが 5局あります。茨城県は、県域民放テレビがなく、NHKを含めて計 7局 視聴出来る事になります。

 小さい頃から長野県内のテレビの様に、県内のローカルニュースに馴染んだ経験がありません。NHK総合のローカルニュースとは、広域をエリアとして伝えるものだと思っていました。関東地方である 1都 6県の話題が 一緒になって放送されていたからです。天気予報も同じで 1都 6県が順々に放送されます。東京都からスタートして、千葉県の次が 茨城県です(笑)。

 初めて長野市を訪れた小学生の時、テレビが NHK総合・教育 そして SBC と NBSだけで、後は砂嵐だった事に衝撃を受けた思い出があります(笑)。さらに当時NHK長野のローカルニュースが、普通の演壇に絨毯の様な布地をかけ、まるで演説をする感じで放送しているのを視た時も、別の意味から衝撃を受けました(笑)。

 長野県では NHKが、1958年11月にテレビジョン放送を開始。1959年10月 SBCのテレビ放送開局で、民放テレビが誕生。1969年 4月に 民放テレビ 2局化。1980年10月に 3局化。そして私が信州に引っ越してきた1991年 4月は、4局目のABN長野朝日放送が開局した月です。開局記念番組として、土曜ワイド劇場の平日 本放送をしていました。

 長野県が 4局体制になってからは、テレビ東京以外の在京キー局が県内民放に当てはまりますので、ゴールデンタイムなどは、ほぼ在京局と同じ番組を視聴できます。テレビ東京は、県内のケーブルテレビが在京民放局の再送信を行っており、ケーブルテレビに加入すれば視聴可能です。本社は TSBテレビ信州が松本市で、他 3局が県庁所在地である長野市に在します。

 このブログ 特に「週間選曲リスト」では、私が実際視聴したテレビ局名として、この地元・長野県の民放テレビ局の名称や 略称を使用していますので、予めご了承ください。


(追記) 2007年10月に テレビ信州の本社は、松本市から長野市の放送センターに移転しました。

(追記) 2014年 7月 県内ケーブルテレビの在京キー4局再送信が終了し、テレビ東京のみ再送信を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2003年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。