FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第394回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]
    ♪2日 第136回放送では8時12分過ぎからラストまで流れたトラックがリスト対象。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「JOKER 許されざる捜査官」劇中効果音楽 [井筒昭雄]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    KT Tunstall“Fade Like Shadow”
    ♪アジアン テイストも感じさせるブリティッシュポップ。


 日本は世界一の長寿国だと言われてきましたが、このままでは信憑性に疑念も生じてきます。

 平均寿命は、戸籍や住民基本台帳からでなく「国勢調査」が算出のベースとなります。しかし、200才まで戸籍上 生存したケースがあると言うのでは全くお話になりません。

 お亡くなりになっても届け出もせず葬儀もせず、年金まで受け取っていた同居親族がいたとは腹立たしい限りです。それにしても昔から行方不明の長寿者が、こんなに続出していたのでしょうか?

 以前は敬老の日が近くなると 厚生労働省から全国高齢者名簿すなわち「長寿番付」が発表されていました。それに合わせて都道府県や市町村からも、そのエリア内の「長寿番付」を発表していたのです。

 ところが 2005年から施行された個人情報の保護に関する法律の解釈から「長寿番付」の発表が廃止となってしまいました。それが高齢者に対する所在把握の無関心を招き酷い不備が増長した可能性もあります。

 100才以上の高齢者に全国で所在不明続出となれば、当然 次の90 ~ 99才のゾーンにも、多数の所在不明者が存在している事は想像するに難くないと思います。

 所在や生活現状の把握は、現行の戸籍制度や住民基本台帳制度を維持するためにも、一気に70才以上の高齢者層まで国や自治体が責任を持つべきです。

 先日 民放のテレビ ニュースを視ていると、北海道で健康保険も介護保険も利用していない、104才女性の所在確認に行くというリポートが流れていました。またかと思い視ていましたら、なんと その おばあちゃん は大変お元気でおられました。

 耳は少し遠い感じでしたがカクシャクとして、本当に健康保険も介護保険も利用していないで過ごしているのだそうです。近所のお年寄りが その健康に あやかるべく拝みに来るとの話でした(笑)。

 調査担当の職員も このお元気な姿に大喜びしていました。この様な例も もちろん あるんです。こういった おばあちゃんは長寿番付で讃えるべきです。

 個人情報保護法や関係法令を改正してでも、まず長寿番付を復活。そして全国最高齢者から順に所在の確認を毎年確実にやっていき、必要ならば近親者がする前の段階でも生活支援を行うのは国の責務です。

 さらに市町村や町内会単位に至るまでエリアの長寿者を把握し、手厚い保護の手を差し延べるべきです。ご長寿の方が堂々と安心して生活出来てこそ成熟した社会の要件を満たします。まず長寿番付の復活から始めるべきだと思います。

第395回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]
    ♪リスト対象は和声・調性共に秀でた劇伴音楽。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( △ )
    KT Tunstall“Fade Like Shadow”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS フジ・ドラマ「JOKER 許されざる捜査官」劇中効果音楽 [井筒昭雄]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]


 地デジ化 決行の日まで、1年を切りました。

 アナログテレビの完全終了は 来年 7月24日 正午の予定です。今のところスケジュールを見ると、 7月に入った段階で通常のアナログテレビ放送に停波まで大きく「お知らせ」画面が表示される様です。

 最近では たまに視るアナログ放送に画面の粗さが気になってきました。今まで そんな事はなかったのですが、2年以上 地上波・衛星波のデジタル放送を見続けてきた人間の眼の慣れとは恐ろしいものです(笑)。ただ画面のサイズがポイントとなっており、PCで視る YouTube画面程度では粗さが目立ちません。

 地デジ化の準備は進み、長野県内でも殆どのテレビ送信所・中継所から地上波デジタル放送が送出されています。その地上波テレビのデジタル化で気になる点も浮上してきました。このブログでも以前に ご紹介した事がある「FM長野 美ヶ原 本局送信所」の立地についてです。

 送信周波数 79・7 MHz 出力 1KW で送信し続けているFM長野の美ヶ原 本局送信所は、SBC信越放送 美ヶ原 送信所と同一施設にあります。SBCテレビの送信アンテナ塔にFM長野の送信アンテナが付いているのです。

 そして このSBC信越放送 美ヶ原送信所は「アナログ波」の送信施設です。NBS・TSB・abn は 既存のアナログ送信所にデジタル送信アンテナ塔を併設しましたが、SBCデジタルのほうはNHKとの新しい共同施設へさっさと(笑)引っ越してしまいました。

 現在のSBC信越放送 美ヶ原送信所は、アナログ放送終了と同時に お役御免 となってしまいます。同じ美ヶ原にあるNHK-FM長野局の送信アンテナも、既にNHK・SBCのデジタル送信アンテナ塔へ引っ越しました。

 もちろんアナログ放送終了後も、SBC信越放送 美ヶ原送信所の施設を使う事は可能ですが、全国のアナログ送信施設のスケジュールを調べてみると、老朽化そして維持管理費用の問題から多くで取り壊し撤去の予定となっています。

 もしアナログのSBC信越放送 美ヶ原 送信所を取り壊し撤去するなら、FM長野の美ヶ原 本局送信所は同じ美ヶ原高原内に移転する必要があります。水面下で話は進んでいるのかも知れませんが、現在までFM長野 美ヶ原 本局送信所の移転先などについて発表はありません。

 FM長野は、松本市に本社演奏所を有する独立したラジオ放送局です。

 美ヶ原 本局送信所は全国最高の標高に位置し、県内9ヵ所の中継所も、この美ヶ原からの放送波をキャッチし中継波が送出されています。多額のコストは かかりますが美ヶ原に新規のアンテナ塔を建てる事も選択肢のひとつです。

 多くの民放FM局の送信アンテナは、アナログテレビの送信アンテナ塔を共用しており、全国で この様な問題が顕在化しています。と言っても県内ラジオリスナーの間で この問題を知るのは、放送技術に関心と知識のあるまだ数十人程度でしょうし(笑)必ず解決する問題だと思います。

 しかし、アナログテレビ放送終了が近づく 2010年の段階で、FM長野を愛する一(いち)リスナーとして少しずつ気になってきました。

第396回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    KT Tunstall“Fade Like Shadow”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    北島三郎「浪人独り旅」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「素浪人月影兵庫」主題歌
    ♪曲調に起承転結が存在するかの様な、モノラル聴感のためにアレンジした時代劇主題歌。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]


 14日 行われた民主党代表選挙で、菅直人 総理が代表に再選されました。

 【獲得ポイント数:菅直人 候補 721 小沢一郎 候補 491】

 結果によっては党分裂の危機も顕在化するところでしたが、フタを開けてみると 菅 総理の圧勝でした。

 投開票の舞台となった臨時党大会は午後2時から始まり、3時過ぎになるとテレビ東京を含むNHK・全民放テレビで生中継されています。

 3ヵ月前の民主党 代表選挙は鳩山 前代表辞任に伴う略式の選挙。今回は8年ぶりとなる「フル仕様」の代表選挙でした。それも だいぶ手の込んだフル仕様になっていました。

 まず党員サポーター票は、衆議院 300小選挙区で勝った候補が 1ポイントずつ獲得する「総取り式」。地方議員票は、全国集計し 100ポイントを比例配分する「ドント式」。そして国会議員票は、1票に 2ポイント与える「ボーナス ポイント式」(笑)と、3方式が複合されて合計 1222ポイントを争う実に複雑な選挙制度です。

 しかし、この複雑な選挙制度は党内抗争の勢力比と民意の数字が部門別に分かれて表現され、なかなか興味深い結果を醸し出しています。完全小選挙区制とも言える党員サポーター票で大差がつき 菅 候補の勝利となった様です。長野県の党員サポーター票では 菅 候補が 4ポイント。小沢 候補は 1ポイント獲得しています。

 党員サポーターや地方議員票の開票は、臨時党大会が開かれた東京・芝公園の「ザ・プリンスパークタワー東京」の地下宴会場(笑)に設営された「予備開票所」で前日深夜から始まりました。

 開票速報を不可能にするため(笑)250人に及ぶ開票スタッフの出入りは禁止され携帯電話は没収(笑)。食事・飲み物は全て持ち込み。なんと当日 午後3時38分の結果発表まで予備開票所で全員カンズメにされていたとの事です(笑)。まるでローマ法王選挙「コンクラーベ」の互選人枢機卿の様でした(笑)。

 最も多かった小沢一郎 候補の地元・岩手3区で 2937人。宜野湾市を含む最も少ない沖縄2区が 282人と、1ヶ所で集中開票する事は不可能でないと判断したのかも知れません。だいたい全国 300ブロックの党員サポーター票を、地下宴会場のテーブル40台で全て開票するとは、なんとも強引な気もしますが実にマニアックな開票でした(笑)。

 代表再選に伴う内閣改造は 17日に行われました。

 前日の段階で総務大臣に片山善博 前鳥取県知事が内定。午前10時台には蓮舫 行政刷新担当大臣、北澤俊美 防衛大臣が留任内定の情報。お昼には続々と組閣の概要が判明していきます。

 午後1時にNHK総合は特設ニュースを開始。そして午後1時18分、留任した仙石由人 内閣官房長官から閣僚名簿の発表がありました。

 玄葉光一郎 民主党 政調会長は 国家戦略担当大臣。衆議院議員を2期 参議院議員を3期勤めている岡崎トミ子 元TBC東北放送アナウンサーが、国家公安委員長兼任の消費者・少子化担当大臣に就任しました。

 そして国家公安委員長と兼任だった拉致問題担当大臣を柳田稔 法務大臣に「担当替え」するなど色合いの読み切れない布陣ですが、小沢グルーブからの入閣ゼロと「脱小沢色」だけは より明確になりました。当選した菅 総理より政局レベルでは、小沢 前幹事長の一挙手一投足に注目が集まっています。


(追記) 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・仙石由人 内閣官房長官、2位・前原誠司 外務大臣、3位・鹿野道彦 農林水産大臣、4位・北澤俊美 防衛大臣、5位・細川律夫 厚生労働大臣 となっています。

第397回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  2. 第 2 位 ( △ )
    北島三郎「浪人独り旅」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「素浪人月影兵庫」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    浜崎あゆみ“Last Links”
    SBC TBS・ニュース番組「報道特集」エンディング テーマ
    ♪楽器音が粒だつ様な卓越したアレンジ。オープニング仕様のストリングス インストも美しい。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    KT Tunstall“Fade Like Shadow”


 遂に主題歌を唄うサブちゃん こと 北島三郎 氏がリストインとなった(笑)「素浪人 月影兵庫」は、CS 時代劇専門チャンネルで放送が続いています。

 NET(現・テレビ朝日)で放送された「素浪人シリーズ」の第1作『素浪人月影兵庫』(1965年10月 ~ 1966年 4月 / 1967年 1月 ~ 1968年12月・本放送)そして、第2作『素浪人花山大吉』(1969年 1月 ~ 1970年12月・本放送)は、痛快娯楽時代劇の最高傑作です。

 主役を演じる近衛十四郎(松方弘樹の実父)は豪放で陽性。殺陣においては最高の技能を有する剣劇俳優。そして準主役の品川隆二は元々 東映の二枚目スター。天性の明るさに一途さがあり、月影旦那・花山旦那の相方としての間合いは天下一品です。

 まず「素浪人 月影兵庫」は最高視聴率35・8%までマークする空前の人気時代劇に成長します。

 しかし、あまりにコンビが練れてしまい、原作者からオリジナルとの遊離を指摘され、やむなく 1968年12月28日「素浪人月影兵庫」は終了。年明けの翌週 1969年 1月 4日に全く同じコンビで「素浪人花山大吉」がスタートします。

 「月影兵庫」最終回のラストシーンでは、突然 江戸から老中職含みという家督相続のお迎えが来た月影兵庫に、焼津の半次は別離を告げられます。半次は号泣し月影 旦那の足元にすがり、まさしく涙なみだのコンビ解消でした。

 ところが翌週の「花山大吉」第1回 冒頭にストーリーが連続します。失意の中、数日間 ひとりで旅をしていた焼津の半次の前に、突如 同じ近衛十四郎が演じる「花山大吉」が登場。大混乱状態となった(笑)焼津の半次ですが徐々に別人だと解り、また新コンビを結成し(笑)珍道中が再開となります。

 ひとりのレギュラー配役を そのままリレーさせ、主人公は同一俳優が別人を演じるという、我が国のドラマ史上でも稀有な設定となった「素浪人月影兵庫」最終回「素浪人花山大吉」第1回のジャンクションは、小学生の頃視ていて強烈な印象がありました。

 「素浪人花山大吉」では、相談屋という江戸時代におけるコンサルタント業(笑)を営みながら旅をするオカラ大好きで大酒飲みの花山 旦那と、引き続き一本気で 大嫌いな蜘蛛を見ると失神する(笑)半次 兄さんの絶妙なコンビネーションが展開します。

 原作のリミットも外れ(笑)台詞の応酬が 10分を超える長回しのシーンでも、ほとんど名人級の漫才師の様に こなしていきます(笑)。

 浪人「花山大吉」と、渡世人「焼津の半次」は、日本中を きままな旅をしながら、笑い泣き そして悪を退治する。文句のつけ様がありません。視終わった後、心の底から「面白かったなぁ」と思える作品です。

 本放送の頃、亡き父はあまり民放テレビを視せてくれませんでしたが、土曜夜の「月影兵庫」「花山大吉」だけは特別でした。厳格だった父が「素浪人花山大吉」第53話「ドカンと一発春がきた」の大砲暴発シーンに、高い声で大笑いしていた時の事は未だに忘れられません。

 CS 時代劇専門チャンネルで「月影兵庫」「花山大吉」そして「焼津の半次」と再会出来て大変嬉しく思っています。

 近衛十四郎 と 品川隆二は、まさしく世界最強(笑)の時代劇コンビなのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2010年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。