FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第249回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    桑田佳祐“NUMBER WONDA GIRL ~ 恋するワンダ”
    アサヒ飲料 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    織田哲郎「月ノ涙」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛の迷宮」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌
    ♪テンションが不協和音ぎみだが不思議に和声と調性は整っている佳曲。


 仕事で最近 松本・長野間の高速バスに乗る機会が多くなりました。特急で行くよりも便利が良いと気付いたからです。長野市内の運行が約20分掛かり、その後 長野自動車道で一気に松本へ向かいます。

 そのバスの窓から、より身近に信州の秋の深まりを感じる事が出来ます。特に筑北の山あいから安曇野へ抜ける田園風景は美しいものです。

 豊科インターの手前でラジオ周波数の紹介ボードがあり、FM長野も 79・7MHzと紹介されています。

 そのFM長野で人事異動がありました。熊谷正・常務取締役 兼 放送部長が、TFM(エフエム サウンズ)に戻るため先月いっぱいで辞職されています。

 これからはネット番組との住み分けが明確な、より信州に根差した穏やかで洗練された自社制作番組 と そこから醸し出す音楽を、FM長野ではオンエアーして欲しいものです。一(いち)リスナーとして念願しています。


 全ての新作ドラマを、必ず1回は音楽チェックのため視ています。朝ドラ・昼ドラそして深夜ドラマと全て視る訳ですが、今期ほど音楽的に不作なクールはありません。スタッフ ロールの時間も短く、主題歌がBGM扱いになってきています。

 視聴率調査は、毎分つまり 1分おきに測定します。その累積平均値で、番組視聴率が計算される訳です。もし主題歌が流れるタイトルバックの「毎分」がもったいないと短縮されたならば、このブログ的には言語道断の所業(笑)です。

 また期首のドラマ開始時期が、どんどん遅くなってきているのも気になります。今期ならば10月上旬にスタートするところ、中旬・下旬とドラマの開始が遅れており、遂に11月開始のドラマも出てきました。やはりテレビドラマの衰退傾向を象徴しています。


 守屋武昌 前防衛事務次官の証人喚問が、29日 午後行われました。NHK総合が生中継しています。

 静止画による証人喚問中継ほど、気の抜けたテレビ放送はありません。守屋 前事務次官は、静止画による中継を請求したそうですが、テロ特措法特別委員会の議決で動画による中継となりました。

 以前このブログでも書きましたが、防衛省では 事務次官を筆頭とする「背広組」も職務宣誓上は自衛隊員です。しかし、事務次官在任中の5年間を含め200回を超えるゴルフ接待があったなど、厳しく律しなければならない自衛官だとは とても思えません。やはり「背広組」は官僚なのでしょうか?


(追記) 11月28日に 守屋武昌 前防衛事務次官は、収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕されました。

第250回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”

  2. 第 2 位 ( △ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    桑田佳祐“NUMBER WONDA GIRL ~ 恋するワンダ”
    アサヒ飲料 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング
    ♪この時点まで未だ曲目不詳。とにかくフルで聴けないと これ以上の選曲は難しい。→ その後 曲目追記済。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    松任谷由実「あの日に帰りたい」
    KIRIN テレビCMソング
    ♪ボサノバと歌謡曲的和声が見事に調和した70年代における最も優れた楽曲。


 先週のリストをアップした、ちょうど その時です。福田康夫 首相と小沢一郎 民主党代表の党首会談で、驚天動地の自民・民主「大連立」構想が一気に浮上してきました。

 しかし民主党内は、突然の大連立に首を縦に振る訳がなく、本人言うところの「プッツン」した(笑)小沢 代表は、翌日 突然の辞意を表明。その記者会見を 4日 午後3時55分から、NHK総合は特設ニュースで放送する予定でした。

 ところが なかなか始まらない記者会見に、4時20分 一旦 特設ニュースは終了。すると突然小沢 代表の記者会見が始まり、やむなく4時36分 通常番組は中断。チャイム無しの臨時ニュースで記者会見を生中継しました。

 NHKも小沢 代表に翻弄された感があります(笑)。さらに6日になると 今度は辞任を翻意。7日には また代表に留まる事を表明しました。

 参院選以来、米駐日大使との接触を嫌がるほど公約原則を貫いていた小沢 代表でしたが、フィクサーの道を進む 渡邉恒雄 読売新聞社主筆と、福田 首相の奇策に呆気なく方針転換した様です。

 持ち帰った大連立構想へ民主党内から異論が噴出すると、これまた呆気なく党首の座を投げ捨ててしまおうと即決。凄まじい権力指向と権力に固執しないプッツン(笑)が、相変わらず混じり合っている不可解な小沢流政治手法が、またもや露出してしまいました。

 そもそも安倍 前首相の頃は党首会談にも応じなかった小沢 代表が、なぜ急に豹変したのでしょうか? 私は直前のニュースが気になっていました。

 先月28日 小沢 代表が、自民党の与謝野馨 前内閣官房長官と「碁」を打つという奇妙なニュースを視たのです。

 日本棋院の主催による公開アマ対局でしたが、勝ったせいもあって喜色満面。非常に機嫌の良かった小沢 代表の姿が映っていました。

 政治の世界には大きな変化の際、意図的な前兆があるものです。中国で「文化大革命」があった時その前兆は、当時実権を失いつつあった毛沢東 主席が、突然揚子江を遠泳して渡河した事を伝える、共産党機関紙・人民日報の1面トップ記事だったと伝えられています。

 文化大革命は、ナチスドイツのユダヤ人ジェノサイドに匹敵する自国民への大蛮行です。全く政治的意図がない様に見えた党主席の揚子江遠泳のニュースは、毛沢東 主席の存在感を誇示し、激流へと政治の潮流が変化するシグナルだったのかも知れません。

 あまり自民党とは接触を持ちたがらなかった小沢 代表が、なぜ与謝野 前内閣官房長官とテレビカメラの前で「碁」を打ったのでしょうか? 福田 首相との第1回 党首会談は、その「碁」から僅か2日後の事でした。

第251回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    松任谷由実「あの日に帰りたい」
    KIRIN テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ
    ♪北海道発人気バラエティ番組の根幹を成しているアレンジも洗練された主題歌。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    桑田佳祐“NUMBER WONDA GIRL ~ 恋するワンダ”
    アサヒ飲料 テレビCMソング
    ♪1位 2週、登場 6週。


 私は、イスラム教徒ではありませんが(笑)やはり愛聴してるラジオ局の「送信所」に行ってみたいと思う時があります。言わばメッカ巡礼の様な感覚かも知れません(笑)。

 FM長野の場合、美ヶ原 本局送信所ですが まだ訪ねた事はありません。さらに最小出力(1W)のFM長野・大鹿 中継所も この眼で見てみたいと思っています。

 大鹿 中継所に関しては、以前ブログで詳しく書いた事があります。ピンポイント的な指向性送信により、最も電界強度が強い大河原集落で、ぜひ一度大鹿 中継局の電波によるFM長野を聴きたいものです。

 日本は広く全国の電波事情は複雑です。最近では夜間混信対策のため、AMラジオ局のFM中継所が増えてきました。

 特に沖縄県に多くみられ、県域民放AM局の琉球放送・ラジオ沖縄は、ほとんどの中継所がFM送信となっています。しかし、民放FM局・FM沖縄の中継所は、県内1ヶ所だけのままです。

 1984年 5月12日、NHK衛星実験放送が開始された日。早朝から お神輿を繰り出し村を挙げて熱狂的にお祝いした、沖縄本島から さらに400キロも西方に位置する孤島である、沖縄県 島尻郡 南大東村・北大東村は、私が全国で最も放送難視聴と推定している地域です。

 現在 南・北大東島のテレビ放送は、在京のTBS・フジテレビ・テレビ朝日が、通信衛星経由でダイレクトにUHF中継送信されています。沖縄で東京のテレビを、そのまま視る事が出来る特例中の特例地域です。

 その南大東島にも 今年 4月に、琉球放送・ラジオ沖縄のFM中継局が出来、南・北大東島ともにラジオが良く聴こえる様になりました。しかし、まだFM沖縄の中継局はありません。

 FM沖縄の設立には数奇な経緯があります。FM沖縄の前身は「極東放送」というAMラジオ局で、本土復帰以前は米国統治による政治色の濃い、英語・中国語放送が主体のキリスト教系宗教放送局でした。それが本土復帰の経過措置後に日本語放送だけとなり、財団法人から放送事業会社へ移行したのです。

 FM沖縄が那覇市ではなく、浦添市に在するのも こうした複雑な背景からです。元々FM東京(TOKYO FM)とは深い関係があり、FM沖縄としてFM放送をする直前待ちきれず(笑)数年間中波でFM東京の多くの番組をオンエアーしていた事もあります。

 沖縄ではNHK-FMの他、在日米軍放送(AFN)もハイパワーでFM放送をしています。FM沖縄の競争相手は、ただでさえ民放AMが2局ある事からも、本土の県域局と比較にならないほど厳しい経営環境です。

 調べてみたところ、ここ数年の地上波テレビのデジタル化に伴う中継局整備の際、FM沖縄の中継局も増設される話があるそうですから、FM沖縄には先島地域も含めて全県フルカバー目指して頑張って欲しいと、遠き信州の地から願っています。


(追記) 2011年 7月22日に、北大東島・南大東島で地上デジタルテレビ放送が開始。沖縄県内のNHK・民放計5局が視聴可能になりました。沖縄本島からの海底光ファイバーケーブルが敷設され、北大東・南大東 両中継局の放送が可能になったためです。

第252回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌
    ♪作曲・編曲は 廣田コージ ~ COZZi。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    松任谷由実「あの日に帰りたい」
    KIRIN テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」劇中効果音楽 [吉川慶]
    ♪編集のハサミが縦横に入っても変質しない耐久性のある劇伴音楽。


 少し前の週間放送視聴日記で、abn長野朝日放送がオンエアーしている「探偵!ナイトスクープ」を紹介しました。

 大阪・ABC朝日放送をキー局として、西日本を中心に金曜23時17分から24時12分まで同時ネットされているのですが、東京・テレビ朝日では、その時間帯に「金曜ナイトドラマ」を放送しています。

 テレ朝の「金曜ナイトドラマ」は、深夜ドラマのパイオニアであり、ここ数年において最も勢いが出たドラマ枠です。あの「トリック」を始め「雨と夢のあとに」「時効警察」「着信アリ」など実験的とも言えるキレの良いドラマを次々ヒットさせてきました。

 今回の「モップガール」も、長谷川桃子 役 北川景子、大友昭太郎 役 谷原章介のコミカルなコラボに、事件・事故の遺体回収業である葬儀会社 特殊清掃課というシュールな設定。さらに時空を超越しタイムリープするサスペンスの要素が上手く溶け込んでいます。

 ちなみに主題歌を歌っている“ERIKA”は、あの沢尻エリカ と推定(笑)。吉川慶が制作した劇伴音楽もリストインを果たしました。特に谷原章介は、NHK大河ドラマ「風林火山」の今川義元 役を好演しており、この「モップガール」でも演技の幅を感じます。

 本来ならば全国同時間ネットの格が出てきたドラマ枠です。しかし、西日本では「探偵!ナイトスクープ」が君臨(笑)しています。

 それでも東日本では「金曜ナイトドラマ」の同時ネットが目立っており、長い間ナイトスクープを同時ネットしてきたabn長野朝日放送も、やはり金曜ナイトドラマに切り替えました。

 そしてabnの場合、1時間遅れのナイトスクープの後、もう1本深夜ドラマをネットしています。それがナイトスクープのキー局・ABC朝日放送が制作している「土曜」ナイトドラマなのです。

 現在abnは、数週間遅れで「よろず刑事」を放送しています。元々ABC朝日放送は「部長刑事」という30分ドラマを、約30年間放送してきたドラマ制作の伝統がありました。この「よろず刑事」も川島なお美に月亭八方というコテコテのキャスティングで、上方らしい独自のナイトドラマを送り出しています。

 私は、前々からabnのユニークな番組編成に注目して来ましたが、探偵!ナイトスクープを東西のナイトドラマで挟む、粋なabn長野朝日放送の編成は、金曜深夜に関して ちょっと追従を許しません。

第253回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”

  3. 第 3 位 ( ★ )
    abn テレ朝・テレビ朝日開局50周年記念ドラマ「松本清張 点と線」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪オールスターキャストにシンフォナイズされた重厚な劇伴音楽。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」劇中効果音楽 [吉川慶]


 24・25両日、abn長野朝日放送(テレ朝)でオンエアーされたドラマスペシャル「松本清張 点と線」は、民放ドラマの域を超えた素晴らしい出来でした。

 主役は、ビートたけし こと北野武 監督。脇をトップクラスの俳優で固め、端役に至るまで殆ど著名俳優が押さえた豪華な布陣。関東地区の視聴率も 第1部 23・8%、第2部 23・7%と高い数字をマークしました。

 圧巻だったのは第2部で、容疑者の安田亮子(夏川結衣)を臨床尋問した北野武 監督 演ずる鳥飼重太郎 刑事の長台詞です。

 淡々と自説の推理を、あぐら姿で単刀直入に話す鳥飼 刑事。その隣で正座のまま身住いを正し安田亮子を凝視していた三原紀一 刑事 役の高橋克典が、とても印象的でした。

 北野 監督に認められたいと思っていたか定かではありませんが(笑)トップクラスの俳優達は多少ハイテンションな演技だった様です。その中で警視庁捜査二課 笠井係長 役の橋爪功は、全く動じず飄々と演じていたのが大変印象的でした。名優の品格さえ感じています。

 開局記念ドラマは、テレビ局が最も力を入れる作品ですが、視聴後の正直な印象として民放ドラマでは、2002 ~ 3年に放送されたフジテレビ開局45周年記念ドラマ・木曜劇場「白い巨搭」以来の名作ドラマだと感じました。クレジット序列の分析は大変難しいものがありましたが、次の通り格付けしました。

 11月24日・25日 放送、テレビ朝日 開局50周年記念ドラマ「松本清張 点と線」エンドロール・クレジット(出演者発表)序列は … ◎ ビートたけし / ○ 高橋克典 / △ 内山理名 / △ 小林稔侍 / △ 原沙知絵 / ○ 樹木希林 / 大浦龍宇一 → 金児憲史 → 大鶴義丹 → 星野真里 / ○ 橋爪功 / 平泉成 → 本田博太郎 → 名高達男 → 坂口良子 → 金田明夫 → 高橋由美子 → 山谷初男 → 梨本謙次郎 → 小野武彦 / △ かたせ梨乃 / △ 竹中直人 / ○ 江守徹(特別出演)/ ○ 池内淳子(特別出演)/ ○ 宇津井健(特別出演)/ ◎ 市原悦子(特別出演)/ ○ 夏川結衣 / ◎ 柳葉敏郎 / ○ 石坂浩二(ナレーション)… となっています。

 ロールですので、今回は1画面に2人まで配役が紹介された俳優のみ格付け対象としました。俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり、冠ドラマである「主役」さらに「特別出演のトメ」そして「トメ」以上3名の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2007年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。