FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第208回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( △ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    FAYRAY「ひとりよりふたり」
    NHK総合・連続テレビ小説「芋たこなんきん」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    中島美嘉「見えない星」
    TSB 日テレ・水曜ドラマ「ハケンの品格」主題歌
    ♪バラード佳曲をエンドロールのBG扱いするのは実に残念。


 今年の大河ドラマ「風林火山」は甲州そして ここ信州が舞台です。視聴率も第1回・2回共に 20%を超えました。今年は井上靖の生誕100年に当たる事から同名小説が原作として指定されました。

 主役・山本勘助 役の内野聖陽は 文学座所属の舞台俳優です。NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」(2003年 本放送)の牧 文四郎 役で称賛を得ており、久々に演技力抜群な大河主役が登場しました。

 武田信玄(晴信)には 四代目 市川段四郎を父に持つ歌舞伎俳優・二代目 市川亀治郎。晴信の弟・武田信繁が フジの時代劇「剣客商売」第1シリーズ第9話で笹目千代太郎 役を演じた 嘉島典俊(旧芸名・片桐光洋)。そして晴信の父である武田信虎 役は 名優・仲代達矢を配しています。

 さすが「用心棒」「椿三十郎」など黒沢映画において三船敏郎の名敵役だった貫禄からか、仲代達矢は NHK金曜時代劇「清左衛門残日録」(1993年 本放送)の三屋清左衛門 役や大河ドラマ「秀吉」(1996年 本放送)での千利休 役と全く違ったアンチヒーローとして断然光りだしています。

 また第2回 放送から登場した福島越前守のテリー伊藤には、意外にも底知れぬ圧倒感があり驚きました。2007年後期の朝ドラ「ちりとてちん」のヒロイン貫地谷しほりが演じる勘助の最初の妻・ミツや、そのミツの兄で百姓から武田家家臣まで登っていく伝兵衛(河原村伝兵衛)の有薗芳記にもインパクトを感じています。

 脚本も大変練り上げられており、ここ数年にない本格的な大河ドラマの出現です。古くからの大河ドラマファンにも大変好評を得ています。残るキャスト上の問題点は「あの人」(笑)なのですが、とにかく今後の「風林火山」の展開に期待しています。

 2007年 NHK大河ドラマ「風林火山 」14日 放送・第2回「さらば 故郷」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 内野聖陽 / ○ 市川亀治郎 / △ 金田明夫 → 田辺誠一 → 高橋和也 → △ 宍戸開 / △ 佐藤隆太 → 光石研 → △ テリー伊藤 / △ 貴地谷しほり / ○ 千葉真一 / ○ 竜雷太 / ○ 石橋蓮司 → △ 笹野高史 → ○ 加藤武 / ○ 風吹ジュン / ○ 藤村志保 / ◎ 仲代達矢 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年01月19日 の週間選曲リストと『 風林火山 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。