FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第64回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    茉樹代「桜咲くまで」
    SBC MBS・ドラマ30「桜咲くまで」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  3. 第 3 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“Moments”
    コーセー化粧品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    DREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」
    SBC TBS・日曜劇場「砂の器」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    イエロー ジェネレーション「扉の向こうへ」
    SBC TBS・アニメ「鋼の錬金術師」エンディング テーマ曲
    ♪とてもキレの良い秀でたアレンジのアニソン。


 今週は 藤沢周平 原作・金曜時代劇「蝉しぐれ」(2003年 8月 ~ 10月 本放送)のリピート放送を視ました。

 この「蝉しぐれ」では「海坂(うなさか)藩」という架空の藩を物語に設定しています。ただ描かれている自然の豊かさと原作の小説が 山形新聞・夕刊で掲載された点からも、舞台は 山形県 鶴岡市・酒田市などの庄内平野に間違いありません。

 主人公・牧 文四郎(子役:森脇史登)は、海坂藩の下級藩士の養子として少年期を過ごします。友人達と藩内の道場に通い、隣家の娘 ふく(子役:伊藤未希)へ恋心を抱く、そんな日々が おだやかに過ぎてゆく中で文四郎(内野聖陽)は成長していきます。

 文四郎の養父・助左衛門(勝野洋)は、普請組につとめる寡黙な人物。農に勤しむ領民の生活を、いつも気づかっていました。そんな父の姿を、文四郎は ひそかに尊敬していたのです。

 ところが ある日突如として お世継ぎを巡り藩内に政争が起き、助左衛門は この渦中へ巻きこまれてしまいます。

 遂に助左衛門は 無実の謀反の疑いで切腹。処刑直後 文四郎が、義父の亡骸を屈辱の中で刑吏の役人から引き取ります。そして幼なじみの ふく(水野真紀)と、山腹の寺まで義父の亡骸を大八車で運ぶ強烈なシーンが、この時代劇を貫く原風景です。

 後に主君の側室になった ふくと、家禄没収 謹慎の身から郡奉行まで出世した文四郎が、密会をする場での回顧に全体のストーリーを乗せていく展開は、本放送時に少々とっつきにくい印象もありました。しかし、今回のリピート放送を視聴して、その筋の深さに ようやく気付いたのです。

 文四郎は、小和田逸平(石橋保)島崎与之助(宮藤官九郎)から、どんな境遇でも変わらぬ友情と信義。そして道場師範(石橋蓮司)から伝授された「秘剣村雨」を会得し、義父を陥れた家老(平幹二朗)と対決します。

 苦労を共にする義母(竹下景子)を助け、謀反人の子としての過酷な運命を、鮮やかに切り開いていった下級青年藩士の歳月が「蝉しぐれ」の聞こえる夏の日の密会に凝縮されていたのです。

 音楽は 小室等が担当。独特の劇伴音楽に加えて、本放送時は上位曲が強く週間選曲リストにリストインしませんでしたが、美しいラストのタイトルバックと一緒に若草恵が編曲した主題歌「遥かな愛・・・」(歌・普天間かおり)は名曲に値します。

 「蝉しぐれ」が描く世界は、リストラや能力報酬主義に翻弄され、疲れ果てた現代社会へ深く通じるものがあります。苛烈でありながら最後に平穏をもたらす主人公の生きざまに、共感をもった方が多かったのだと思います。そこが「蝉しぐれ」人気の源泉だったのです。


(追記) 「蝉しぐれ」が、ドラマアンコールとしてNHK総合で放送され、第528回ランキングで主題歌が 1位に選曲されました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年03月26日 の週間選曲リスト と『 蝉しぐれ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。