FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第279回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    COLDPLAY“Violet Hill”

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「瞳」テーマ音楽 [山下康介]
    ♪1位 3週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪約40年前に制作されたテーマ音楽は神域に達する圧倒的な和声感と調性。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]


 1991年から毎月受け取っていたFM長野の番組表である「タイムテーブル」が、今月から隔月の発行となるそうです。

 FM長野からタイムテーブルと一緒に送られてきた付箋には「諸々の事情」から毎月発行を止めて、偶数月の発行になる旨が記されていました。

 私は、FM長野 自社制作番組リストでも紹介しました通り、17年間のFM長野のタイムテーブルを資料として保存しています。

 JFN加盟局は全てラジオ単営局です。新聞の小さなラジオ欄では番組情報を伝え切る事が出来ず、タイムテーブル発行のサービスを丁寧に続けてきました。

 番組編成に流動性が高くなると、こまめにタイムテーブルを発行しなくてはなりません。さらに校正や印刷行程の繁雑さなどから、その流動性が かえってタイムテーブルの定期発行を大変にする様です。

 特にFM局は、番組編成作業をギリギリまで行う傾向があります。その編成スタッフが、広報であるタイムテーブル編集スタッフと微妙に重なり合い、両方の作業へ支障が出る場合もあり得ます。

 最近でもFM長野からのタイムテーブル郵送に関して、遅れ気味の状態が続いていました。

 いまや全ての加盟局に公式サイトがあり、そこには番組表のページもあります。しかし、ラジオの聴取環境とネット環境が、常に一致している訳ではありません。放送番組や放送時刻を知りたいと思うリスナーが、常時ネット環境にあるとも限りません。

 また番組広報をネットに依存する考え方を採っても、提供スポンサー名を含むタイムテーブルの全掲載情報を、PDFで公式サイトに公開し、随時更新している誠実なラジオ局は まだ僅かです。

 経費縮減も大切ですが、リスナーサービスの存否と頻度は、放送局内部の合理性よりもリスナーに対する必要性で決めるべきです。

 やはり最も基本的なリスナーサービスとして、年相当回の定期的なタイムテーブル発行を続ける事は、ラジオ単営局としてこれからも必要だと考えます。


(追記) 2009年 9月から、FM長野はタイムテーブル発行の間隔を さらに伸ばし「3か月」としました。

第280回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]

  2. 第 2 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    COLDPLAY“Violet Hill”

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Micro「踊れ」
    TSB 日テレ・火曜ドラマ「おせん」主題歌
    ♪メジャーへの転調が少々アバウトだが調性は整いタイトルバックが良い出来。


 最近の地上波テレビを視てみると、雑学クイズ番組 花盛りです。悪い感じはしません(笑)。個別の番組に品質差もありますが、レベルの低いバラエティは、ゆっくり駆逐されていく感じさえします。

 そういえば占い師や霊能師と称する人達の番組も、その数が減ってきました。私は前々から、この占い師や霊能師と称する人達の番組内容が気になっていたのです。

 放送法 第3条の3では、全国のテレビ・ラジオ局(放送事業者)に「番組基準」を設ける事が義務付けられています。その内容は日本民間放送連盟のヒナ形があり各局ほぼ同じです。

 その民放連放送基準 第8章「表現上の配慮」(54)には「占い、運勢判断 および これに類するものは、断定したり、無理に信じさせたりするような 取り扱いはしない。」とあります。

 占いの番組・コーナーを否定する訳ではありませんが、星座とか十二支とか大括りの中で、穏やかな指針を与えるレベルに停めるべきです。

 弱い人間というより弱みを見せたゲストへ、非科学的な根拠から恫喝とも言える説諭で、占術の結果を放送するその内容は、どう考えても前述の番組基準に抵触します。

 昨年 2月には、全国霊感商法対策弁護士連絡会から民放キー局などに対し「占い師や霊能師が未来やオーラを断定的に述べ、出演者は それを頭から信じて感激する番組」を是正すべきだと要望書が提出されています。

 どうも占いというのは、占いをしてもらう人が占い師に小出しの情報提供をし(笑)その情報に基づき整合性を保ちつつ(笑)分析した結果を、これまた小出しに返している様にしか見えません。

 放送事業の源泉は、収益効率でなく公共公益性にあります。その源泉を変えてしまえば人気という名の河が濁り、近寄る人達の数は ゆっくりと減っていくものです。

 放送局が番組基準を定めた以上は、番組基準スレスレの番組ではなく、番組基準に完全適合した番組を制作するべきだと思います。

第281回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    COLDPLAY“Violet Hill”
    ♪アルバム“Viva La Vida”の先行シングル。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Micro「踊れ」
    TSB 日テレ・火曜ドラマ「おせん」主題歌


 14日に 岩手県内陸南部・宮城県北部で、震度6強の激しい地震が発生。岩手県・宮城県を中心に大きな被害がありました。

 【犠牲者 17名 行方不明者 6名 負傷者 448名】

 気象庁は、この地震を『平成20年 岩手・宮城内陸地震』と即日命名しています。

 岩手県 一関市では、地震の加速度が国内観測史上最大の 4022ガルを観測。震度 7相当値を遥かに超える数値です。宮城・岩手・秋田にまたがる栗駒山近辺は、山崩れというより山全体が崩壊してしまう想像を絶する烈震でした。

 本震発生時NHKは、全国に向けてテレビ・ラジオ全波で「緊急地震速報」を実施。NHK総合は、NHK週間ニュースを生放送していましたが、午前8時43分「緊急地震速報」を放送しました。

 NHK週間ニュースを担当している畠山智之 アナは、その場で進行していた放送を打ち切り「緊急地震速報が出た事」「対応の仕方」「震度が解ったら直ちに伝える」旨アナウンス。約3分後の8時46分、チャイムが鳴って全波同一放送となり、岩手・宮城 震度6強を速報しました。

 その日は余震で、計3回も緊急地震速報が流れています。3回とも緊急地震速報が流れた瞬間にアナウンサーの顔撮りとなり、準備されていた非常アナウンスを読み上げ、このブログで懸念していた緊急地震速報直後の空白は きちんと埋めていた様です。NHKは、緊急地震速報に関して十分訓練されている印象を受けました。

 既に運用されているFM岩手・DateFM(FM仙台)の緊急地震速報は、今回検証することができませんでした。

 ただFM岩手は、地震発生時に放送スタッフが在局していなかった様です。JFNの生番組が電話リポートを求めても、放送中に連絡は取れませんでした。

 県域FM単営局はラテ兼営局と異なり、殆どの放送局で当直スタッフが存在しません。深夜や土曜・日曜朝など局が無人状態になります。

 やはり予期せぬ緊急災害対応の為に、徒歩で局へ駆け付ける範囲で主要なパーソナリティ・スタッフが居住している事は、FM局の責務かも知れません。

 今回の地震は「緊急地震速報」にとって大規模地震初の実戦本番でした。やはりブログに書いた通り「緊急地震速報」の実施は、民放 特に県域FM単営ラジオ局にとって大変な覚悟が必要だと思います。

 「岩手・宮城内陸地震」で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


(追記) FM岩手の緊急地震速報は、本震来襲数秒前に放送されたとの事です。

第282回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    COLDPLAY“Violet Hill”

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]
    ♪1位 4週、登場25週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・木曜ドラマ「乙女のパンチ」劇中効果音楽 [制作スタッフが既存楽曲から選曲]
    ♪NHKに問い合わせたところオリジナルではない劇伴。選曲センスは良い。


 2008年は上半期が終了し、早くも折り返し点を迎えます。そこで『2008 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。

 年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 この週間選曲リストは、第1回ランキングから総てこのブログに保存され、バックアップもされていますが、まだ「データベース」を構築していませんでした。今のうちにデータベースを作っておかないと、データが増え大変な事になります。

 そこで現在、週間選曲リストのデータベース構築作業を行っています。

 その作業の前に、お約束した第500回での「全期間ランキング」( All-Time Rankings )の選曲条件を まず設定しました。これを決めないと、データベースが構築できないのです。

 「年間ランキング」での選曲条件は、週間選曲リストにおいて 1位を記録した楽曲に限ると設定してあります。このルールがまず基礎の基準となります。

 「全期間ランキング」では、やはり5曲のみ選曲しようと考えており、さらに「年間ランキング」より選曲条件を絞り込んだルールが必要となります。

 そこで『全期間ランキング』の選曲条件は、毎年の「年間ランキング」で選曲された楽曲に限ると設定しました。それ以外の楽曲は全期間ランキングの選曲対象としません。

 この様に設定すると、最終年でまだ年間ランキングが作成・公開されていないケースがあり得ます。そこで最終年に関して、まだ年間ランキングの作成・公開に至らない場合は、5週以上 1位を記録した楽曲を、最終年の年間ランキングに選曲された楽曲とみなす事が出来ると副次的な設定をしました。

 「週間選曲リスト」は、通常の音楽チャートと基本的考え方が異なります。年間ランキングや全期間ランキングは、全てのリストイン楽曲を選曲対象としません。明確な条件を設定して ふるい にかけ、絞られた楽曲を対象に改めて選曲し直し、順位を確定・決定します。

 「全期間ランキング」の具体的な順位確定・決定の方法は、まだ どうするか決めていませんが、この282週目の段階で、選曲条件は明確に設定しました。このルールは、Basic List の「週間選曲リスト・ルール」にも追加公開しています。

 第500回記念の全期間ランキングは、年間ランキング 約10回を集約する個人ブログとしても壮大なものです。

 その1回分に当たる 今年の年間ランキングの中間速報が、今年の上半期順位になります。なんか規模が小さくなってしまいましたが(笑)これからもコツコツと やっていきます。

 上半期 1 位には、NHK大河ドラマ「篤姫」劇伴音楽が選曲されました。

 【1位 4週 登場25週】

 今年の上半期順位は、選曲条件をクリアした楽曲 10曲の中から、以下の通りに、確定・決定しています。


 2008 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 4)
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  2. 第 2 位 ( 4)
    the brilliant green“Ash Like Snow”
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム00」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( 2)
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( 4)
    JONTE「道の先」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  5. 第 5 位 ( 2)
    V6“way of life”
    NBS フジ・土曜ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」主題歌


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2008年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。