FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第359回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャル ドラマ「坂の上の雲」メインテーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( △ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn HTB・スペシャルドラマ「ミエルヒ」劇中効果音楽 [本間昭光]
    ♪地域発信のドラマにフィットした穏やかな劇伴音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Rihanna“Russian Roulette”


 明けまして おめでとう ございます。2010年(平成22年)の元旦を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。

 12月21日の ABC(テレ朝)「M-1グランプリ 2009」は、最終審査7-0-0(島田紳助・松本人志・上沼恵美子・東国原英夫・渡辺正行・オール巨人・中田カウスが支持)で、パンクブーブーが優勝。視聴率は 関東 20・6%、関西 30・3%と昨年より下回りました。最終審査の笑い飯は玉砕戦でしたね(笑)。

 29日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、B’z「イチブトゼンブ」 (推定得点:207)。 「コスモ ポップスベスト10」年間第1位は、Utada“Come Back To Me” (推定得点:118) が それぞれ獲得しました。

 2009年のCDJ年間チャートはTOP20を集計対象と発表。ポップスベスト10において日本人歌手が年間1位になったのは番組史上初となります。

 30日の「第51回 日本レコード大賞」は、EXILE“Someday”が受賞。EXILEは2連覇になります。

 大晦日 午後に放送したETV50周年記念リクエスト ベスト50の第1位が「たんけん ぼくのまち」という結果に衝撃を受けた後(笑)GTV「第60回 NHK紅白歌合戦」は、全く衝撃なく(笑)予想通り白組が優勝しました。

 【最終審査結果:紅組 21万3047 白組 34万8708】

 3年連続参加したワンセグ審査員は 紅組 4万7320・白組 7万7346。私は 2回の予行練習・中間投票・最終投票 全て紅組へ投票しましたが、4回の投票全て白組が圧勝。もはや審査システムは破綻している可能性があります(笑)。

 今回の紅白では、審査員の阿部寛と紅組司会・仲間由紀恵のTRICKショットも視る事が出来ました。2年連続バック演奏の三原綱木とザ・ニューブリードは、NHKホールでなく放送センター506スタジオから遠隔演奏。但し正装でした。前回のラフな私服は抗議の意味なのでしょうか?

 11時45分ジャストの「映像落差」はNHKホールのバズーカクラッカーから山形県 寒河江市の慈恩寺へ、例年通り見事な急降下でした。

 さて年頭日記恒例の経済「星取表」。昨年大納会の日経平均株価終値は、1万0546円44銭と、1年間で1686円88銭「上昇」しました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ 』(2009年 大納会)】

 このブログでの日本経済星取表は、3連勝 2連敗の後 1勝となっています。

 バンクーバー冬季五輪やワールドカップサッカー 南アフリカ大会がある 2010年。今年は果たして どの様な1年になるのでしょうか?

 ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


(追記) 「第51回 日本レコード大賞」の視聴率(関東地区)は 13.5%「第60回 NHK紅白歌合戦」の視聴率は 前半 37・1%、後半 40・8%でした。

 正月2・3日の「第86回 箱根駅伝」は、東洋大が総合・往路優勝。復路は駒澤大が優勝。視聴率は 往路 27・2%、復路 27・9%をマークしています。

第360回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  2. 第 2 位 ( △ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪エスニックなヴォーカルと量感ある交響楽が繊細に織り込まれた秀逸曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Rihanna“Russian Roulette”


 スペシャルドラマ「坂の上の雲」は 愛媛県が舞台。朝ドラ「ウェルかめ」が 徳島県。そして大河ドラマ「龍馬伝」は 高知県。四国で 香川県だけ抜けていますが、坂の上の雲と龍馬伝には、このふたつのドラマを繋ぐ「香川照之」が出演しています(笑)。

 ご本人には好まれない紹介かも知れませんが東京大学文学部卒業。離婚後 親権者として育てた母親は名女優・浜木綿子。そして父親は名歌舞伎俳優・市川猿之助。「坂の上の雲」正岡子規から「龍馬伝」岩崎弥太郎へ年を跨いで日曜夜8時に展開したリレーキャストは、ドラマ全体をも凌駕する圧倒的存在感でした。

 私は歴史上の人物の中で、坂本龍馬が あまり好きになれません(笑)。

 その理由を、香川照之演ずる岩崎弥太郎がドラマ冒頭で断言したのには驚きました。「あんな脳天気で自分勝手で人垂らしでオナゴに好かれて、あげな腹の立つ男は どこにもおらんじゃけん!」(笑)。まさしく その通りだと思います(笑)。

 しかし、この腹の立つ男には、日本の進むべき未来を誰よりも早く指し示した史実があります。明治維新の功績たるや どの元勲にも劣りません。

 「龍馬伝」の映像処理には従来の大河ドラマと異なり、立体感や色彩に広がりを持たせる技術が視られ独特のスケールを表現しています。

 30分延長した第1回放送の視聴率は 23・2%(関東地区)。そのサブタイトル「上士 と 下士」に4年前の大河ドラマ「功名が辻」第47回「種崎浜の悲劇」のジェノサイドと連続性を感じさせました。そのジェノサイドを指揮した望月小平太 役が 香川照之だったのです。

 音楽は佐藤直紀が担当。テーマ音楽は秀逸で、ネオ・クラシカルの歌姫と称されるLisa Gerrardのヴォーカルに特徴があります。

 私は初聴の時、米国CBSテレビのバラエティー番組で日本版も制作された事がある「サバイバー(SURVIVOR)」のテーマ音楽“Ancient Voice”(BLOG プレリュード 2002年からの選曲 3位)を想起しました。

 アフリカ系の民俗音楽の旋律を模しており、そこに量感溢れるオーケストレーションと絶妙に連結する転調があります。

 個人的には近藤長次郎役の大泉洋に大変注目していますが(笑)同じく個人的には あまり好きになれない(笑)日本の歴史上傑出した大人物・坂本龍馬を時代劇初挑戦の福山雅治が どう演じるか? 「龍馬伝」の今後の展開に期待しています。

 2010年 NHK大河ドラマ「龍馬伝」3日 放送・第1回「上士と下士」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 福山雅治 → ○ 香川照之 → △ 大森南朋 → 広末涼子 → △ 寺島しのぶ / △ 杉本哲太 →→ 奥貫薫 →→ 宮迫博之 → △ 草刈民代 / ○ 蟹江敬三 → △ 松原智恵子 → △ 倍賞美津子 → ◎ 児玉清 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第361回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ
    ♪1位 2週、登場 6週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Rihanna“Russian Roulette”


 新型インフルエンザも やっと鎮静化の方向が見えてきました。このブログでも1918年に大流行したスペイン風邪との比較を取り上げてきましたが、新型インフルエンザのウイルス構造はスペイン風邪と ほぼ同じだそうです。

 スペイン風邪の流行を経験した高齢者層に広く免疫があると解ってきました。若年者層より高齢者層の罹患率が低いのは、この事も原因の様です。人体の自己防衛システムは、実に奥深いものがあります。

 昨年の今頃、私は酷い気管支炎を患いました。この冬は今のところ全く咳が出ません。ひとつ対策を実行しています。換気です(笑)。

 開放型の石油ストーブは使っていませんが、1日1回 5分程度 居室・寝室のサッシを全開にして換気します。真冬の換気は大変です(笑)。比較的暖かい日中ならば良いのですが、帰宅後 雪降る夜間などに換気すると、居室は厳寒の極地状態となってしまいます(笑)。

 それでも毎日換気を続けています。結露のほうも相変わらずですし、未だ昨年の気管支炎の原因は特定していませんが、取りあえず毎日の換気で気管支炎の再発を防止しています。


 昨年夏から始めたアナログ ビデオテープのデジタル化作業ですが、現在 160本のデジタル化を完了しました。残りは約 60本ほどだと思います。

 その作業のさなか遂に事件が発生してしまいました(笑)。酷使されていたビデオ カセットデッキの再生に突然不具合が出たのです。音声がステレオHi-Fiにならなくなってしまいました。

 現在作業は中断しています。古い3倍速テープはトラッキングの合わない事が多く、その強引な再生でデッキに負担をかけた様です。

 古い大河ドラマの全話録画などに使われている、3倍速テープの本数は残り 10本ほどですが、ファイル数に換算すると 70程度になります。

 不具合が生じているデッキを どうにか修理し、出来るだけ早く1話ずつのデジタル化作業を再開したいと思っています。今年中にはオーディオ カセットテープのデジタル化も終了させる予定ですが、果たしてどうなるでしょうか?


(追記) 2010年12月に、総てのアナログ録画テープのデジタル化が完了しました。

第362回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・ドラマ「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命 2nd season」主題歌
    ♪終奏部のアレンジには深い美しさを有する。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Rihanna“Russian Roulette”


 いつもはFM長野とNHK-FMを聴いているのですが、先日久しぶりにNHKラジオ第1でラジオ深夜便を聴いてみると、聞き慣れた抑揚の男性ゲストが話していました。

 最初は気づかなかったのですが、途中から あの大沢悠里 さんと解り驚きました。NHKラジオ深夜便の新春ゲストが、TBSラジオの現役人気パーソナリティとは思い切ったブッキングです。

 数日後 平日 午前ワイドの「ラジオビタミン」の新春ゲストに、今度は生島ヒロシ 氏が登場。NHKラジオの生放送でテンパっていたのか多少暴走気味でしたが、最近ラジオパーソナリティとして評判の高い、村上信夫 エグゼクティブ・アナウンサーに上手く捌かれていました(笑)。

 さらに土曜夜の「渋谷極楽亭」は、あの笑福亭鶴光 師匠まで登場。生放送はオールナイトニッポン パーソナリティ時代に担当だった、亀淵昭信 ニッホン放送編成部長の暴露話と化し、誰も止められず完全に暴走していました(笑)。

 しかし、亀淵 部長もニッポン放送 代表取締役社長を経て、ライブドア騒動を経て、今やラジオ第1で DJを隔週担当しており、最近のNHKラジオには恐るべきものがあります(笑)。

 フリーとは言え民放ラジオの人気パーソナリティを、大胆にゲストとしてブッキングし人脈を作りつつある その余裕は、最近の先行き不透明な民放ラジオに真似も出来ません。

 昨年暮れに 文化勲章受賞者の森繁久彌 氏が、お亡くなりになりました。

 森繁 氏と加藤道子 氏のライフワークとして長年担当した「日曜名作座」も、西田敏行・竹下景子のご両人が引き継ぎ さらに研きがかかりました。

 「新・日曜名作座」は、全ての登場人物を たった2人で担当するラジオドラマです。

 昨年夏放送の高橋留美子短編集では、西田 氏が赤ん坊から犬の鳴き声(笑)。竹下 氏がアーバンな愛人から南米出身の片言アルバイト(笑)まで、ひとり10役以上を担当し、さすが放送世代の名俳優と唸らせました。「日曜名作座」のハイレベルは見事受け継がれています。

 そんな人気が高まるNHKラジオ第1放送に問題点がないわけではありません。生ワイドではリスナー参加枠を一気に広げていますが、読まれる投稿は やはり企画をヨイショする「優等生」的な内容が多く非常にフラットな印象を受けます。

 また「ひるのいこい」について、平日の短縮版と その短縮した理由には、放送文化の破壊と断じられても仕方がない軽さを感じざるを得ません。土曜日の「ひるのいこい」で鎌坪商店(笑)の鎌田正幸 アナウンサーが、オーソドックスなスタイルを維持しているのは せめてもの救いです。

 さらに毎正時のニュースを前後の番組で意図的に吸収する編成も目立ってきました。55分からのローカル情報枠、そして毎正時の全国ニュースのスタイルは、太平洋戦争のさなか厳しい情報統制の中で開発されたNHKラジオ編成の生命線です。

 ラジオ第1放送が長い歴史の中で培った、普遍のスタイルまで変革していくと、日本のラジオの規準器的役割は崩れ、軽薄なラジオブームが遅れて到来しただけになってしまいます。

 来年 7月の地上波デジタル化から、NHKテレビの衛星波が 1波 減波して、第1・第2の2波だけになる事が ほぼ本決まりとなりました。NHKのラジオは 3波を全国放送しています。NHKラジオには本分を弁えて頑張ってもらいたいと、一(いち)FM長野リスナーとして思っています。


(追記) 2011年 4月より、平日の「ひるのいこい」がオーソドックスなスタイルに戻りました。但し 時間は 5分短縮のままです。

第363回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・ドラマ「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命 2nd season」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌
    ♪編曲は 島田昌典。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Rihanna“Russian Roulette”


 私の様に長年録り貯めたアナログ ビデオテープをどうするか? 悩んでいる方は多いと思われます。中には思い切って全部処分してしまう方も いらっしゃる様です。

 NHK教育テレビの50周年記念として1年間募集した、もう一度見たいETV番組リクエストベスト50で堂々1位だった「たんけん ぼくのまち」。この小学校3年生を対象とした社会科の学校教育放送は、NHKにも録画が ほとんど残っていませんでした。

 ところが この録画テープを多数所有されていた方がいて、NHKに寄贈されたそうです。昨年秋には番組のDVDも発売できました。

 NHKではレアな放送番組が録画されているアナログテープの寄贈受け付けを開始。昨年あたりから引っ越しなとで処分寸前のアナログテープを寄贈するケースが相次いでいます。

 またNHK以外で思わぬ事から、貴重な大河ドラマのアーカイブが劇的に完成する出来事もありました。

 CS 時代劇専門チャンネルでは、NHK大河ドラマのエピソードの断片しか残っていない初期作品を、松平定知 元アナウンサーの解説付きで放送する「大河ドラマ アーカイブズ」という番組を放送。その中で鎌倉幕府の誕生前後を描いた「草燃える」(1979年 本放送)が紹介されました。

 その放送で「草燃える」現存テープが少ない事を知った視聴者から録画テープの寄贈が相次ぎ、遂に録画テープが全話揃ったのです。時代劇専門チャンネルでは、大々的に2月から復活した「草燃える」を全話完全放送します。

 本来ならばNHKで放送されるべきだと思うのですが(笑)NHKと時代劇専門チャンネルの不思議なほど(笑)良好な関係から、まず時代劇専門チャンネルで全話完全放送となりました。

 現在整理中の私の所有するアナログテープにも、放送資料価値のある録画が多く残っています。もちろん廃棄の前にデジタル化保存は完了。このブログでもアーカイブ番組を紹介している過去の日記に、デジタル化して所有している旨の追記が増えてきました。

 私の様にデジタル化して保存を続けるのでしたら、寄贈するか否かは個人の判断ですが、もしそのまま古い録画テープを廃棄してしまうのでしたら、NHKなどアーカイブ寄贈を受け付ける放送局へ、まずテープ所有の旨ご連絡されては いかがでしょうか?

 廃棄寸前のビデオテープを、原著作権者の放送局へ寄贈するのは、全く著作権法上の問題点はなく、むしろ放送文化財保護の観点から好ましい事なのです。

 特に 2度目の訴えですが(笑)NHK少年ドラマシリーズ「タイムトラベラー」を最終回以外お持ちの方は、著作権切れをお待ちにならず、とりあえずNHKへご出頭(笑)される事を希望しております。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2010年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。