FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第363回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・ドラマ「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命 2nd season」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌
    ♪編曲は 島田昌典。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Rihanna“Russian Roulette”


 私の様に長年録り貯めたアナログ ビデオテープをどうするか? 悩んでいる方は多いと思われます。中には思い切って全部処分してしまう方も いらっしゃる様です。

 NHK教育テレビの50周年記念として1年間募集した、もう一度見たいETV番組リクエストベスト50で堂々1位だった「たんけん ぼくのまち」。この小学校3年生を対象とした社会科の学校教育放送は、NHKにも録画が ほとんど残っていませんでした。

 ところが この録画テープを多数所有されていた方がいて、NHKに寄贈されたそうです。昨年秋には番組のDVDも発売できました。

 NHKではレアな放送番組が録画されているアナログテープの寄贈受け付けを開始。昨年あたりから引っ越しなとで処分寸前のアナログテープを寄贈するケースが相次いでいます。

 またNHK以外で思わぬ事から、貴重な大河ドラマのアーカイブが劇的に完成する出来事もありました。

 CS 時代劇専門チャンネルでは、NHK大河ドラマのエピソードの断片しか残っていない初期作品を、松平定知 元アナウンサーの解説付きで放送する「大河ドラマ アーカイブズ」という番組を放送。その中で鎌倉幕府の誕生前後を描いた「草燃える」(1979年 本放送)が紹介されました。

 その放送で「草燃える」現存テープが少ない事を知った視聴者から録画テープの寄贈が相次ぎ、遂に録画テープが全話揃ったのです。時代劇専門チャンネルでは、大々的に2月から復活した「草燃える」を全話完全放送します。

 本来ならばNHKで放送されるべきだと思うのですが(笑)NHKと時代劇専門チャンネルの不思議なほど(笑)良好な関係から、まず時代劇専門チャンネルで全話完全放送となりました。

 現在整理中の私の所有するアナログテープにも、放送資料価値のある録画が多く残っています。もちろん廃棄の前にデジタル化保存は完了。このブログでもアーカイブ番組を紹介している過去の日記に、デジタル化して所有している旨の追記が増えてきました。

 私の様にデジタル化して保存を続けるのでしたら、寄贈するか否かは個人の判断ですが、もしそのまま古い録画テープを廃棄してしまうのでしたら、NHKなどアーカイブ寄贈を受け付ける放送局へ、まずテープ所有の旨ご連絡されては いかがでしょうか?

 廃棄寸前のビデオテープを、原著作権者の放送局へ寄贈するのは、全く著作権法上の問題点はなく、むしろ放送文化財保護の観点から好ましい事なのです。

 特に 2度目の訴えですが(笑)NHK少年ドラマシリーズ「タイムトラベラー」を最終回以外お持ちの方は、著作権切れをお待ちにならず、とりあえずNHKへご出頭(笑)される事を希望しております。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年01月29日 の週間選曲リストと『 古い録画テープ と 局への寄贈 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。