FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第283回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・木曜ドラマ「乙女のパンチ」劇中効果音楽 [制作スタッフが既存楽曲から選曲]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌
    ♪過去の作品と旋律の類似点は多いが美しい終奏部を生かしたタイトルバック。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    COLDPLAY“Violet Hill”
    ♪1位 2週、登場 9週。


 CSテレビ放送は、約40以上も専門のチャンネルがあります。

 ビデオリサーチ社が 3月に発表した「専門チャンネル接触(視聴)率 共同調査」によると「時代劇専門チャンネル」は、4冠(6時 ~ 24時・19時 ~ 22時・19時 ~ 23時・5時 ~ 翌5時)で首位を獲得したそうです。

 最新の週間調査でも好成績をマークし、加入世帯は 300万を突破。CATVやスカパーで高い人気を誇っています。

 毎月発行しているプログラムガイド誌も、毎日200件以上の新規申し込みがあり、年中無休の受付センターを常設しているほどです。

 確かに「時代劇専門チャンネル」は 良く出来ています。平日は 毎正時からCMなしで作品を入れ替えて放送。土日は 人気作品を集中放送。旧作にもかかわらず番組予告は、まるで新番組の様にオリジナルで制作しており、長時間視ても見飽きない編成。往年の旧作は、ハイビジョンでリマスターされ驚くほど鮮明です。

 この週間選曲リストでも、四冠王の「時代劇専門チャンネル」から、私が尊敬して止まない天才劇伴音楽家・山下毅雄 先生の制作した「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽が、CS放送 初の1位に選曲されました。

 私も小学生の頃以来、久しぶりに このテーマ音楽を聴きましたが、まさに鳥肌の立つ思いでした。

 モノラル仕様ながら、クラリネットに抑えたパーカッション・ストリングスを加えます。そして少しずつ転調しながらも、同じ旋律を繰り返し演奏させ、歌舞伎に用いる柝の音が 定間隔で鳴っています。他はベースがアクセントに なっているだけですが、全く独創的な音楽を醸し出しています。

 圧巻は 終奏部です。乱打になった柝の音に、ベースは まさしくモダンジャズの和音。さらに今まで同じ旋律のみ流していたクラリネットが一気に畳み掛け、なんとも言えない聴後感を残します。

 どんな音楽家でも、この様な素晴らしい和声と調性のテーマ音楽は、作編曲出来ないでしょう。この山下 先生のテーマ音楽に対抗しようと、新しい鬼平犯科帳のエンドテーマとして採用した苦肉の策が、あのジプシーキングス「インスピレーション」なのかも知れません。

 少子高齢化社会は、もはや避ける事が出来ない この国の運命です。

 往年の名作・旧作を再放送ではなく本放送として扱い、過去をアーカイブするのではなく、過去を現在にリマスターしていく手法。「時代劇専門チャンネル」の編成は、まさしく高齢化社会における放送メディアの最先端を走っています。

 時代劇専門チャンネルの人気が、山下毅雄 先生の天才的なテーマ音楽の美しさに相乗して、CS放送 初の1位に選曲された次第です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年07月04日 の週間選曲リストと『 時代劇専門チャンネル 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。