FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第155回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    倖田來未“you”

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK総合・正月時代劇「新選組!!土方歳三最期の一日」劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪大河ドラマ時代から厳選したトラックに切れのいい新曲を加えた素晴らしい劇伴音楽群。

  4. 第 4 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]
    ♪1位 8週、登場21週。


 明けまして おめでとう ございます。2006年(平成18年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。12月25日の ABC(テレ朝)「M-1グランプリ 2005」は、最終審査 4-3-0(島田紳助・松本人志・渡辺正行・中田カウスが支持)で、ブラックマヨネーズが優勝しました。審査の開票シーンは、開票速報マニア(笑)の私からすると劇的な印象を受けました。

 29日 発表の FM長野“Vodafone COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、ケツメイシ「さくら」 (推定得点:106) 。「コスモ ポップスベスト10」年間第1位は、Madonna“Hung Up” (推定得点:73) が それぞれ獲得しています。推定得点は、ベスト10を対象にした独自集計です。

 大晦日の「第47回 日本レコード大賞」は、倖田來未“Buttfrfly”が受賞。しかし、視聴率は過去最低の 10・0%となってしまいました。昔のレコード大賞は、紅白歌合戦開始前に授賞発表音楽会の中継を終わらせていましたが、紅白歌合戦の放送時間が、大きく拡大した今では、レコード大賞の放送時間が深く重なりあっています。

 同じく大晦日 放送「第56回 NHK紅白歌合戦」は、2年前の満票不手際(笑)の反省からか会場・デジタル・携帯電話などの審査員投票を平等に集計する方式へ変更。紅組が優勝しています。視聴者審査員を国民の縮図になる様に、性別・年齢層そして地域別に募集調整している訳でもなく、紅白の審査システムは、大きな曲がり角に差し掛かっています。

 【最終審査結果:紅組 2万8884 白組 2万3414】

 視聴率は、7年ぶりに上昇しました(1部 35・4%、2部 42・9%)。白組(総合)司会 みのもんた がラジオ中継席で「ラジオ第1放送の紅白は、大晦日働く者のための紅白」と言い切ったのには、ラジオファンとして胸に染みました。あのシーンだけでも、みのもんた アナを、紅白司会にした意義はあったと思います。

 正月2・3日の「第82回 箱根駅伝」は、順天堂大が17年ぶりに往路優勝。復路は法政大が初優勝。そして総合は、亜細亜大が悲願の初優勝。視聴率は、往路 27・6% 復路 29・1%と、駅伝中継歴代 3位の高さです。復路 8区では、上位 5校が 2分以内という稀にみる激戦で、9区で抜け出した亜細亜大学の大逆転優勝となりました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ 』(2005年 大納会)】

 昨年大納会の日経平均株価終値は、1万6111円43銭と、1年間で 4622円67銭「大きく上昇」しました。年頭日記の経済「星取表」は、2連勝となります。外需が堅調となり景気に回復傾向が見えてきました。株式市場は、小泉景気に沸いた1年でした。これからも このシステムで、日本経済の定点観測を続けていきたいと考えています。

 ここ長野県長野市は、年末の 20センチを超える積雪で年を越しましたが、3日に数センチの降雪があっただけで 穏やかな三が日を迎えました。ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。

第156回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    倖田來未“you”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]
    ♪情感へ訴える旋律のリフレインが素晴らしい、N響にリズムトラックを加えた秀逸なテーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    柴咲コウ「影」
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」主題歌
    ♪難解な転調は目立つが粒立つアレンジとサビに力感ある佳曲。


 ABN長野朝日放送と地元・八十二銀行主催の「第5回 ふるさとCM大賞 NAGANO」が 9日 放送されました。年間365回もの無料スポット放送権が与えられる大賞に、下伊那郡 売木村のビデオCMが選ばれています。

 「ふるさとCM大賞」は、1994年にテレビ山口が開始して以来、全国の地方テレビ局へ開催が普及してきました。

 ABN長野朝日放送の「ふるさとCM大賞 NAGANO」は、年1度 県内の有志が参加し、市町村対抗で地元紹介のビデオCMを制作。その出来を競います。上位作品には、ABN長野朝日放送で相当回数の年間スポット放送権が無料(笑)保証されます。

 また普段あまり地元メディアへ顔を出さない、北佐久郡 軽井沢町在住の推理小説作家・内田康夫 氏が、審査委員長となっている点にも特徴があります。

 内田 氏は田中康夫 県知事誕生直後、新聞の読者投稿欄に新知事誕生歓迎の投稿をして採用された事もあり、その経緯かどうかわかりませんが、田中県政になって多くのイベントから引き上げてしまった「長野県知事賞」も変わらず「ふるさとCM大賞 NAGANO」には出ています。

 とにかく「長野県知事賞」「長野県市長会会長賞」などの優秀賞は年50回「なかよし賞」「ハッスル賞」(笑)などの審査員特別賞でも年30回の無料放映が約束されており、1年間「これでもか」というほど(笑)受賞作品がABNのスポットで流れます。

 以前は多くの作品にアマチュアぽさあって、それなりに興味を引く傑作も多かったのですが、最近では技術の進歩でCM制作の技能が向上し、ある意味プロっぽい作品が増えレベルが一定化し、賞の選考が難しくなってきたのではないかと思われます。

 全国のふるさとCM大賞の審査基準を調べてみると、一般視聴者が審査に加わっている例がほとんどありません。インターネットで投票を受け付けると、間違いなく組織票合戦(笑)になってしまうのは目に見えてますが、そこをひと工夫して視聴者の意見も審査に加えるべきです。

 ふるさとCM大賞が続いていくポイントは、アマチュアリズムにあると思います。さらに技能が向上してプロと遜色なき参加作品が増えてくると、かえって没個性が進み、視聴者サイドからすれば興味が薄れてしまいます。

 「ふるさとCM大賞 NAGANO」が県内放送メディアのイベントの中でも際立って特徴があるのは間違いありません。市町村の知名度を向上させ、特産品の販売を促進させる契機にもなりますので、アマチュアリズムを常に重視したコンテスト運営を、ABN長野朝日放送には期待しています。

第157回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( △ )
    柴咲コウ「影」
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌
    ♪多少音程の探り方は気になるが、アカペラに存在感もある昼ドラ主題歌。


 今年の大河ドラマは 久々の戦国物。主役の仲間由紀恵は良くやっていると思います。「功名が辻」には 1年間期待できそうな序盤の展開です。山内家は、一(いち)下級武士の家柄でした。それを群雄割拠の戦国時代に、千代が知恵と機転に満ちた内助の功で、夫である一豊を土佐二十四万石の主君まで昇り詰めさせました。しかし 土佐高知は、一筋縄で行かぬ新領地でした。

 「功名が辻」の原作は、1963年から岐阜日日新聞、山陽新聞など地方紙に掲載された同名の新聞小説です。司馬遼太郎は、元々産経新聞の記者で、在職中に直木賞を受賞しています。それ故なのか司馬遼太郎の新作発表は、新聞小説からというケースが多く、毎日掲載される新聞小説を綺麗に切り抜き、綴じ紐で綴じていくファンもいたそうです。

 小六禮次郎が制作したテーマ音楽は、その時代背景の複雑さを解きほぐすかの様に、ラヴェルの「ボレロ」さえ想起させる、旋律パートがアレンジの変化でリフレインする手法を採っており、大河ドラマのテーマ音楽としては、ここ数年にない美しさです。この旋律パートは、心底まで情感に訴える素晴らしい出来で、N響の演奏にリズムトラックを加える斬新な和音構成です。

 タイトルバックも曲調の盛り上がりで、クレジット序列へ「トメG」に匹敵する重要配役発表のポイント(第2回放送では 大地真央)を作っており、毎回タイトルバックを視ながら、テーマ音楽を鑑賞するのが楽しみになっています。ストーリー展開 と 劇伴音楽に優れたものを感じさせる 大河ドラマ「功名が辻」の今後の展開に期待しています。

 2006年 NHK大河ドラマ「功名が辻」15日 放送・第2回「決別の河」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 仲間由紀恵 → ○ 上川隆也 / △ 武田鉄矢 → 前田吟 → 和久井映見 → 筒井道隆 → 石倉三郎 → 高山善廣 / ○ 大地真央 / 永井杏 → 木村多江 / △ 多岐川裕美 → 勝野洋 → 名高達男 → 刈谷俊介 → △ 俵木藤汰 / ○ 坂東三津五郎 / ○ 津川雅彦 / ○ 浅野ゆう子 → ○ 柄本明 / ○ 佐久間良子 / ◎ 舘ひろし … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。

第158回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]
    ♪美しい旋律のリフレインが際立っている。

  2. 第 2 位 ( △ )
    柴咲コウ「影」
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  4. 第 4 位 ( △ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]


 23日に 東京地検特捜部は、ライブドア本社代表取締役社長・堀江貴文 容疑者ら会社幹部4人を、証券取引法違反(偽計取引・風説の流布)の疑いで逮捕しました。堀江 容疑者は、その日の夜から小菅の東京拘置所に留置されています。

 同時に逮捕されたのは、ライブドア本社財務担当取締役・宮内亮治 容疑者、ライブドアマーケティング社長・岡本文人 容疑者、ライブドアファイナンス社長・中村長也 容疑者ら 3人です。

 強制捜査着手から わずか 1週間で、堀江社長 本人へ一気に司直の手が伸びました。コンプライアンスを無視し企業買収へ突っ走る拡大主義の私企業に、国家は峻烈です。

 ライブドアの株価は、強制捜査直前の 696円から 139円(27日 現在)まで暴落し、ポータル広告の出稿停止が相次ぐなど、会社グループ全体の経営に係わる重大な局面となっています。

 堀江 容疑者のまるでアナーキストの様な国家や社会に対する考え方が、営利至上主義や単なる自己主張目的と相乗して今回の摘発を招き、致命的に作動したのだと思われます。この根幹の点を悔い改めないと、量刑からも実刑判決が充分想定されます。

 この渦中で驚いたのはライブドアのポータルにある「ライブドアニュース」の編集方針でした。自社社長が逮捕された事を まず「速報」。その後もトップ項目で続報を伝え、概ね客観的な報道が続いています。この点に関しては、既存のマスメディアとは異なり特筆に値します。

 しかし、ライブドアの前途に もはや自ら歩む道はありません。このブログも やっと正式なブログサービスへ移転したのに、いきなり大騒動で辟易しています(笑)。ですが今のところ現在までブログサービスの停止等は発生していません。

 堀江貴文 容疑者逮捕の日でさえ、ライブドアのブログサービスで、新規ブログを作成するブロガーが 後を絶たない不思議な現象も起きています。

 ブログにジャーナリズムとしての展望が僅かでもあるのなら、渦中のブログサービスに身を投ずるのも一興(笑)と思っています。念のためエクスポートによるバックアップは きちんと行っています。

 ライブドアのブログサービスが停止・廃止しない限り、変わらずライブドアのブログサービスで、このブログを運営していきます。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。 2011年 4月26日に、最高裁は堀江貴文 被告の上告を棄却し懲役 2年 6ヶ月の実刑判決が確定。6月20日に堀江 受刑者は収監されました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2006年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。