功名が辻 NHK大河ドラマ - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第157回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( △ )
    柴咲コウ「影」
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌
    ♪多少音程の探り方は気になるがアカペラに存在感もある昼ドラ主題歌。


 今年の大河ドラマは久々の戦国物。またテーマ音楽も なかなかの出来です。主役の仲間由紀恵は良くやっていると思います。「功名が辻」には 1年間期待できそうな序盤の展開です。

 山内家は、一(いち)下級武士の家柄でした。それを群雄割拠の戦国時代に、千代が知恵と機転に満ちた内助の功で、夫である一豊を土佐二十四万石の主君まで昇り詰めさせました。しかし、山内家にとって土佐高知は、一筋縄では行かぬ新領地だったのです。司馬遼太郎も その点の描写が複雑です。

 「功名が辻」の原作は、1963年から岐阜日日新聞、山陽新聞など地方紙に掲載された同名の新聞小説です。司馬遼太郎は、元々産経新聞の記者で、在職中に直木賞を受賞しています。それ故なのか司馬遼太郎の新作発表は、新聞小説からというケースが多く、毎日掲載される新聞小説を綺麗に切り抜き、綴じ紐で綴じていくファンもいたそうです。

 小六禮次郎が制作したテーマ音楽は、その時代背景の複雑さを解きほぐすかの様に、ラヴェルの「ボレロ」さえ想起させる、情感に訴える旋律パートがアレンジの変化でリフレインする手法を採っており、大河ドラマのテーマ音楽としては、ここ数年にない素晴らしい出来です。

 タイトルバックも曲調の盛り上がりで、クレジット序列へ「トメG」に匹敵する重要配役発表のポイント(第2回放送では大地真央)を作っており斬新です。毎回タイトルバックを視ながら、テーマ音楽を鑑賞するのが楽しみになっています。大河ドラマ「功名が辻」の今後の展開にも期待しています。

 2006年 NHK大河ドラマ「功名が辻」15日 放送・第2回「決別の河」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 仲間由紀恵 → ○ 上川隆也 / △ 武田鉄矢 → 前田吟 → 和久井映見 → 筒井道隆 → 石倉三郎 → 高山善廣 / ○ 大地真央 / 永井杏 → 木村多江 / △ 多岐川裕美 → 勝野洋 → 名高達男 → 刈谷俊介 → △ 俵木藤汰 / ○ 坂東三津五郎 / ○ 津川雅彦 / ○ 浅野ゆう子 → ○ 柄本明 / ○ 佐久間良子 / ◎ 舘ひろし … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年01月20日 の週間選曲リストと『 功名が辻 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。