【臨時のお知らせ】  まもなくサーバの移転作業を行います。
ブログへアクセス出来なかったり、SSLが効かない事がありますが、予めご了承ください。

第83回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪1曲ずつの劇伴が洗練されている。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派」テーマ音楽 [甲斐正人]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌
    ♪また昼ドラから和声の巧みな佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    一青窈「あこるでぃおん」
    NHK教育・福祉情報番組「福祉ネットワーク」オープニング テーマ曲


 先月 31日行なわれた、サッカー AFC アジアカップ準々決勝 日本 vs ヨルダン 戦は、敗北が確実な絶対不利の状況から、類例のない途中エンドチェンジが行われた奇跡のPK戦大逆転劇でヨルダンを下し、ベスト4へ進出。そして 4日 準決勝の日本 vs バーレーン 戦でも、モノ凄い試合で見事勝利し、決勝進出を果たしました。

 サッカー AFC アジアカップは、FIFA ワールドカップの中間年に開催される「アジア選手権」です。アジア王者の日本には、2連覇が かかっています。過去 3回の優勝をしているサウジアラビアは、予想外とも言える 1次リーグで敗退。また 2度優勝の韓国も 同じく準々決勝でイランに3-4で敗れるなど、強豪国の敗退が目立っています。

 決勝は、7日に 開催国・中国と対戦します。この大会では、政府が中国当局に対して申し入れを行うほど、日本チームやサポーターへのアンチ感情が地元観衆に高まっています。このブログの週間放送視聴日記は、まず今回のサッカー AFC アジアカップに注目しています。スポーツ中継放送の日記記載に関する試金石、つまりお試し(笑)として選んでみました。

 週間放送視聴日記では、選挙開票速報での最終獲得議席数や、NHK大河ドラマの出演俳優クレジット序列、そして紅白歌合戦の初出場歌手名などを、放送データとして積極的に記録しています。そして大きなスポーツ中継放送である、夏季・冬季のオリンピック、そしてFIFA ワールドカップの中継も、同等に放送データを記録する放送と位置付けました。

 毎回 FIFA ワールドカップにおける日本チームの戦績を『FIFA ワールドカップ最終成績』として週間放送視聴日記に 必ず記録。夏季・冬季のオリンピックにおける 日本選手の「金メダル」獲得も、全員の種目・選手名を『五輪優勝記録』として、獲得メダル数と共に同じく、必ず週間放送視聴日記に記録していきたいと考えています。

 国内スポーツに関しては、プロ野球に注目していますが、他スポーツと同じく特段の出来事があった時に書いてみたいと考えています。購読新聞の影響からか(笑)中日ドラゴンズを応援しています。個人ブログ制作の手法は千差万別で、たくさんの考え方があります。そして、このブログは「週間選曲リスト」と「週間放送視聴日記」で構成されています。

 週間放送視聴日記は、単にその週に視聴したテレビ・ラジオ番組の個人的な感想だけではなく、まず独自の放送データを重視した記録を心掛けています。そのデータ記録が核となり、折節の身辺雑記や、ブログ・ブロガーからの運営情報まで加え、未来からのアーカイブにも耐えられる様に、毎週の「週間放送視聴日記」を作成しています。引き続き ご愛読頂ければ幸いです。

第84回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派」テーマ音楽 [甲斐正人]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    一青窈「あこるでぃおん」
    NHK教育・福祉情報番組「福祉ネットワーク」オープニング テーマ曲
    ♪1位 2週、登場 8週。


 7日に行われた サッカー AFC アジアカップ決勝「日本 vs中国」戦は、3-1 で中国を下し、見事ジーコジャパンがアジアの王座に輝きました。決勝戦の試合中継視聴率は 32・4% 。瞬間最高が 45・8%という高い数字をマークしています。やはりジーコ監督は、外国人監督として かつてなく、日本選手を深く理解しています。それを結果として充分に示してくれました。

 【最終成績:優勝・日本 準優勝・中国 3位・イラン】

 ナショナルチームの監督としては、その国のサッカー と 選手を心底から把握する事が、やはり大切な要素だと思います。今回のAFC アジアカップを、テレビ観戦をしていて大変残念だったのは、決勝後半になると熱烈応援していた現地の観衆が、どんどん帰りはじめた事です。日本の優勝が決まった後、日本大使館の大使専用公用車を襲撃する事件もありました。

 サッカーというスポーツは、全世界で最も普及している国際競技です。ホスト国の観衆として、マナーは 守るべきだと感じました。中国国内のいわゆる「愛国教育」は、隣国を敵視する教育の裏返しになっています。その「愛国教育」を受けた中国国民は、スポーツ観戦マナーを学ぶ事が、2008年 夏季五輪の施設建設に並ぶほど急務と言えそうです。

 サッカー競技は、世界選手権のFIFA ワールドカップを頂点に、今回のAFC アジアカップなどの大陸別選手権、そして 23才以下のU―23選手を対象としたオリンピックと、ナショナルチームによる国別対抗戦がメインです。プロ国内リーグ戦のJリーグにしても、地域振興という命題が有るようですが、ナショナルチーム選手の錬成が最大の目的であるべきです。

 Jリーグには、ワールドカップで優れた結果を出せる選手を、国内で錬成していく事が最大の課題です。どうも一流選手と言われると、スター気取り(笑)をしてしまう選手がおり、その勘違いを正さないのが 日本プロサッカーの欠点です。スターが誕生する舞台は、マスメディアのイメージ作りからではなく、FIFA ワールドカップ本大会の試合のみに限定されるべきです。

 このブログが どこまで続くかわかりませんが(笑)いつの日かFIFAワールドカップ優勝の記録が出来れば、こんなに素晴らしい事はありません。スポーツ中継記録の試金石と考えていた、今回のサッカー AFC アジアカップで、日本チーム優勝の記録が出来て 大変嬉しいです。まもなく開催されるアテネ夏季オリンピックでも、日本選手の活躍を期待しています。

第85回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  2. 第 2 位 ( △ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派」テーマ音楽 [甲斐正人]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    ゆず「栄光の架橋」
    NHK総合・特別番組「アテネオリンピック放送」テーマソング
    ♪ややサビ部が遊離しているが圧倒的放送効果。


 14日に「アテネ夏季オリンピック」が開会しました。ギリシア共和国では、1896年のアテネ大会以来 2回目の夏季五輪。夏冬通じても 2回目となります。クーベルタン男爵の提唱から始まった 第1回大会以来 108年ぶりに再び巡ってきた、オリンピアード運動の母国での開催。そして 21世紀に入って 初めての大会となります。

 私が注目していたのは、開会式の入場行進の順序でした。五輪憲章によりギリシャが先頭、開催国が最後となっています。ではギリシャが開催国の場合どうなるか? 両方ギリシャでした(笑)。先頭の行進は、ギリシアのメダリストが行っています。前回のシドニーの時と異なり、聖火も きちんと点火して なによりでした(笑)。

 オリンピックの場合、日本選手 金メダル獲得の瞬間は、生中継していないテレビ各局でも一斉に「ニュース速報」が流れます。2週間余りに及ぶ放送を通して、何度も日本中が沸き立つ国際スポーツ大会は、やはりオリンピックだけです。今回は 競技日程に入ると、日本選手が 大活躍をみせています。金メダル獲得が続出していく、まさにゴールド・ラッシュの様相となりました。

 【アテネ夏季五輪優勝記録:柔道女子48キロ級・谷亮子 選手「金メダル」 柔道男子60キロ級・野村忠弘 選手「金メダル」 柔道男子66キロ級・内柴正人 選手「金メダル」 競泳男子100m平泳ぎ・北島康介 選手「金メダル」 体操男子団体・日本チーム「金メダル」 柔道女子63キロ級・谷本歩実 選手「金メダル」 柔道女子70キロ級・上野雅恵 選手「金メダル」 競泳男子200m平泳ぎ・北島康介 選手「金メダル」 柔道女子78キロ級・阿武教子 選手「金メダル」】

 早くも大会 第2日から、連続して行われた 柔道競技男・女の決勝で、一気にダブル金を獲得し、幸先のよいスタート。体操 男子団体では、テレビ中継のNHK・刈屋富士雄アナが、最終演技者・冨田選手の鉄棒着地の瞬間「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」と名実況するほど、28年ぶりの金メダルに沸き立ちました。

 前半戦だけで 9個の金メダルを獲得。連日 表彰式でセンターポールに「日章旗」が掲揚され、感動の「君が代」が流れています。表彰式では、オリーブの枝による月桂冠を、メダルと共に授与しているのが とても印象的でした。古代オリンピックでも、勝者には 月桂冠が与えられています。オリンピックの母なる国 ギリシャならではの、素晴らしい表彰式の光景です。

 前半の大活躍から、近年にない夏季オリンピック、そしてオリンピック放送になる感じがしてきました。金メダルの可能性があるシーンを見逃さない様に、放送スケジュールをチェックするのが大変です(笑)。携帯のサイトでマメにチェックしています。アテネとの時差は 7時間あります。深夜から早朝にかけての「オリンピック放送」視聴お疲れさまです。

第86回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「新選組!」劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪ここ数週ラストで流れる劇伴音楽群は 美しい佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    ゆず「栄光の架橋」
    NHK総合・特別番組「アテネオリンピック放送」テーマソング


 「アテネ夏季オリンピック」は、後半戦に入っても日本選手の大活躍が続いています。日本選手団のメダル獲得数は、1964年の東京夏季五輪の成績を凌駕するほどの勢いで、事前の展望からは信じられないほどの好成績を収めています。現在まで 15回も君が代が 競技会場に流れ、深夜から早朝のオリンピック放送にかかわらず、視聴率が 10%を超える日も しばしばです。

 【アテネ夏季五輪優勝記録:柔道女子78キロ超級・塚田真季 選手「金メダル」 柔道男子100キロ超級・鈴木桂治 選手「金メダル」 競泳女子800m自由形・柴田亜衣 選手「金メダル」 陸上女子マラソン・野口みずき 選手「金メダル」 レスリング女子55キロ級・吉田沙保里 選手「金メダル」 レスリング女子63キロ級・伊調馨 選手「金メダル」】

 特に 22日の女子マラソン競技では、野口みずき 選手が ヌデレバ選手の猛追をかわしてゴール。見事金メダルを獲得しました。ゴールした午前 2時26分の瞬間最高視聴率が、関東地区 29・2%、関西地区 27・8% 。深夜の時間帯に信じられない様な驚異的数字をマークしています。住んでいる住宅の近所も深夜にかかわらず、明かりの点いている窓が いくつもありました。

 五輪メインスタジアムに君が代が流れる栄誉は、東京夏季五輪の男子マラソン 銅メダリストである、故・円谷幸吉 選手からの魂を超えた悲願でした。円谷幸吉 選手の思いを、少しでも心底から理解できるアスリートがいたら、その方は 本物のアスリートです。女子マラソン陣の活躍で、今回は オリンピック運動発祥の地での達成となりました。

 また競泳女子 800m自由形では、柴田亜衣 選手が日本女子自由形 初の金メダルを獲得しました。決勝のテレビ中継は、冷静かつ正確な実況で定評があるテレビ朝日・森下桂吉 アナが担当しましたが、柴田 選手の予想をはるかに超える健闘に、ラスト 50mの実況では「大変な事をしでかしそうだ!大変な事になりました!」と絶叫(笑)するほどでした。

 決勝直後の柴田 選手は、大変陽性な感じでしたが、日章旗が揚がり 君が代が流れた表彰式直後のインタビューでは、言葉が出ないほど涙を流し、ライブで視聴して大変感動しました。寝不足は だんだんキツくなってきます。昼間に眠気がやってきて、夜が深くなると目が冴えてくる感じが続いています(笑)。連日徹夜モードのオリンピック放送、視聴ご苦労様です。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。