FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第112回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( △ )
    滴草由実「花篝り ~ はなかがり」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    中島美嘉「蜘蛛の糸」
    Kanebo化粧品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    中村雅俊「空蝉 ~ うつぜみ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲
    ♪アレンジによる和声も効いている、2サス エンディングにフィットした佳曲。


 先月13日に 島崎藤村の故郷・馬籠宿がある木曽郡 山口村は、岐阜県 中津川市と「越県合併」しました。今回の 平成の大合併 でも、全国で唯一の越県合併(地方自治法 第7条による越県での廃置分合)になります。田中 知事は、この越県合併に反対を表明していましたが、昨年12月の県議会で合併案が可決。結局 田中 知事も1月に総務大臣へ越県合併を申請しています。

 昨年 2月に 高校3年生以上の全村民を対象として、選挙形式で行われた山口村の村民意向調査では、合併賛成 971票、合併反対 578票と、賛成が多数を占めました。田中 知事の主張する、合併に県民意向調査が必要との考えも理解できますが、合併の当事者である山口村民の民意は、尊重されるべきだと思います。ですが 一(いち)長野県民として やはり残念です。

 その旧山口村周辺は、FM長野の電波が届きにくい範囲にあたります。旧山口村には、NHK山口馬籠 テレビ中継放送所しか無く、名古屋や岐阜の民放テレビを中津川 中継局を通じて視聴していました。NHK-FMは、出力 10Wの南木曾 中継局の放送エリアに入ります。なおNHK山口馬籠 テレビ中継放送所は、現在も長野放送局管轄です。

 中部圏に接し 21世紀の信州の要になる南信地域は、南アルプス山脈など高い山々に囲まれ電波が伸びにくい地形です。その南信地域を広くカバーする『FM長野・飯田 中継局』は、1988年 8月31日 試験電波発射、FM長野開局と同時に正式開設しました。送信周波数は、88・3 MHzです。

 飯田 中継局は、スーパーゲイン・アンテナを使用。実効輻射電力が 全中継所最大の330Wと高い利得で、全方面に出来る限り遠くへ強力な送信をしている特徴があります。飯田市 上久堅の標高 771m地点から、送信出力 100W で送信している飯田 中継局は、南信地域を一手にカバーしている重要な長野エフエム放送中継所です。

 しかし、旧山口村や南信市町村の中には、FM長野・飯田 中継局の電波を、室内で良好に受信する事が難しい地域もあります。この地域では、長野県境近くから出力 100W で送信している、FM岐阜・中津川 中継局の放送を受信するリスナーも多く存在します。飯田 中継局も頑張って送信しています。旧山口村の皆さん、たまにはFM長野を「越県」して聴いてみてください。


(追記) 2007年 7月に、NHK山口馬籠 テレビ中継放送所は岐阜放送局管轄へ正式編入されました。

第113回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    滴草由実「花篝り ~ はなかがり」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    中島美嘉「蜘蛛の糸」
    Kanebo化粧品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    諫山実生「月のワルツ」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲
    ♪秋の初放送から短期で再放送。難しいメロディだが佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    中村雅俊「空蝉 ~ うつぜみ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲


 6日 放送のSBC信越放送「SBCラジオスペシャル」にFM長野・大岩堅一 アナが「正式な形」でゲスト出演されました。

 武田徹 パーソナリティや坂橋克明 アナらと「ラジオなんかいらない」というアンチテーゼ(笑)をテーマにトークを展開。ラジオメディアの現状と問題点を議論しました。番組を聴いてみてSBCの武田徹 パーソナリティは、相当ラジオの将来に危機感があると感じました。

 ただ全体からは、ラジオとインターネットの連携についてあまり議論が深まっていない印象を受けました。ラジオの将来の危機感とは、ネットの急成長に比例しているはずなのですが、パネラーにとってネットは やはり苦手なのか(笑)ラジオメディアからネット展開への具体的な提案はなく、ただラジオの世界を中心にして、その中からのみ議論している感じを受けました。

 またパネラーのひとりが「まだ どこもやっていない子供向けのラジオ放送もやるべきだ」と言っていましたが、その様な事はNHKラジオ第2放送で「お話でてこい」など学校放送として大昔からやっています。ラジオの世界を自分の足元だけ、近視眼的に見ているんだなと思ってしまいました。

 FM・AM問わず「自社制作番組」は、それが例え短時間のオンエアーであっても、信州を愛し住まいする人々によって企画・制作・送出されてこそ、信州のラジオ番組としての放送価値が存在します。

 そして広域放送・全国放送とは、明確に異なるコンテンツでなければなりません。自社制作番組が要員も内容も、県外他のラジオ局で、そのまま焼き直せる様ではダメなのです。仮にそれが無理ならば、自社制作番組を減らしてコストを下げるべきなのです。

 県域ラジオ局が最低限維持すべき自社制作番組とは、サービスエリア内のニュース、気象情報、災害時の緊急速報そして選挙の開票速報に、実は限定されています。きちんとした放送体制を構築してないと、それらも広域キー局からの放送になってしまう事に繋がりかねません。ラジオの将来への危機感は、そこが震源域なのです。

 FM長野は、その根本の問題意識から、唯一の県域ラジオ単営局として自信を培っていくべきです。音楽番組を主体とした放送とトーク番組を主体とした放送との明確な類別分離は、未来へも通ずる「住み分け」の基本原理です。

 そしてFM長野は音楽番組を主体とした放送局として、FMラジオ放送を続けるべきです。今回出演した大岩 アナが、FM長野の中で その方向性を指し示し続ける事も重要だと、私は番組を聴きながら思いました。

 今回の大岩 アナのSBCラジオ出演には、もちろんFM長野社内の決裁を受けています。番組最後のクレジットでは「協力・長野エフエム放送」とアナウンスされました。

 FM長野 創立当時の原点を忘れずに、開局当時からの社員アナウンサーである大岩 アナには、これからも頑張って欲しいと思っています。


(追記) この番組の録音はデジタル化し、MP3ファイルで保存を続けています。 2006年 3月に、大岩 アナは残念ながらFM長野を退社しました。

第114回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( △ )
    諫山実生「月のワルツ」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲
    ♪群を抜くヴォーカル特性が生きている。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    滴草由実「花篝り ~ はなかがり」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    中島美嘉「蜘蛛の糸」
    Kanebo化粧品 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    中村雅俊「空蝉 ~ うつぜみ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲


 ライブドアから企業買収の触手が伸びたニッポン放送(JOLF)は、防衛策としてフジテレビに対し、158億円という巨額の新株予約権発行を、先月23日に取締役会で決議しました。

 フジテレビが第三者割当された新株予約権を行使すれば、新たに4720万株のニッポン放送株が取得できます。同放送の発行済株式総数(約3280万株)を一気に超えてしまい、ニッポン放送の子会社化は可能になります。

 大幅に増加した新株は、全てフジテレビへ割り当てて、ライブドアの保有株式比率を とにかく低下させる作戦に打って出たのです。

 ライブドアはニッポン放送が企業防衛のため、株主利益を損なう決定をしたと反発。このフジテレビへの大量の新株予約権発行に差し止め仮処分を申請しました。そして東京地裁は 11日に差し止め仮処分命令を発しています。ライブドアの主張を是としたのです。

 奇策とも言える企業防衛策に なんとしても拘るフジサンケイグループは、差し止めの異議を同東京地裁へ申し立てました。

 しかし、16日に東京地裁は再び却下の決定。決定直後NHKがニュース速報を流すなど、FNN系を除き放送メディアは一斉に報道しています。

 攻勢強めるライブドアは。議決権ベースで50%を超えるニッポン放送株式の取得に成功したと幹部社員も示唆。いよいよマスメディアをターゲットにした企業買収劇は 露骨さを増してきました。

 ライブドア・堀江貴文 社長から発したニッポン放送に対する経営方針を新聞で読んでみると「一度オールナイト・ニッポンのパーソナリティをやりたかった」とか(笑)特段のテーゼはなく稚拙な感じを受けました。

 例えば放送文化の堅持や高い公共・公益性の観点から速報報道を重視していこうとか、深いラジオ放送に対する理解に基づく考えが ほとんど見当たりません。

 どうも堀江 社長には、全体の言動からも倫理規範や社会常識が感じられません。逆に行動からは、倫理規範や社会常識を否定するベクトルが垣間見られます。インターネットの急成長のただ中にある今、放送と通信の融合という将来像が、野心や利益至上主義から産まれる事は避けるべきだと、私は考えます。

 フジテレビやフジサンケイグループを実効支配しようという、野心実現の踏み台の一段目に ニッポン放送があるとするならば、一(いち)ラジオリスナーからみても それは悲しい事です。もう少し堀江 社長は、ラジオメディアを勉強したほうがよいと思います。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、18日に 2万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。

第115回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    諫山実生「月のワルツ」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪非常に和声感がある約20秒のフルオーケストラ演奏。

  4. 第 4 位 ( △ )
    中村雅俊「空蝉 ~ うつぜみ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    中島美嘉「蜘蛛の糸」
    Kanebo化粧品 テレビCMソング


 20日に 福岡県北部(福岡市)と佐賀県北部で、震度6弱の激しい地震が発生。震源地付近の福岡県・玄界島を中心に建物倒壊など大きな被害がありました。新潟県中越地震から間をおかず発生した北部九州での激震は、いまだに日本列島で地震活動の活発な状態が続いている事を示唆しています。

 今回の地震直後、北九州にあるJFN非加盟の独立系FM局“CROSS FM”は どう報道したのか、ちょっと気になって調べてみました。地震発生時に“COUNTDOWN KYUSHU HOT100”を、福岡市 天神のサテライト スタジオから公開生放送していました。マイクは生きていました。どうも担当女性DJは、その瞬間に叫び声を上げてしまったそうです。

 1995年の阪神・淡路大震災発生時にも同じ様な事がありました。その時ABC朝日放送テレビでは「おはよう朝日です」の生放送中でした。司会のアナウンサーは、状況を伝えようと必死に対応していました。しかし女性アシスタントふたりが、あらん限りの叫び声を上げてしまい送出されています。緊急災害時に最もやってはいけない放送です。

 “CROSS FM”は、その後の地震情報も一杯一杯の状態でしたが、なんとHOT100は、 100位から 1位まできちんとオンエアーしたそうです(笑)。私が言うのもなんですが(笑)音楽チャートより放送しなければならない情報が、被災地のラジオ局には あったと思います。

 “CROSS FM”は、成功を修めていた JーWAVEの番組編成を参考にして、開局当時にタイムテーブルを作りました。ですから“COUNTDOWN KYUSHU HOT100”は、TOKIO HOT100を、そのままモデルにしています。何故に 100位から発表するのか? 深い意味など考えなかった感じです(笑)。

 ですから今回の様な緊急報道の必要性が切迫しても、応用が効かないので、100位から 1位までオンエアーを続けてしまったのだと思われます。ラジオチャート番組の本質すら理解出来ない感じです。“CROSS FM”は、緊急の災害報道体制について一度総括すべきです。今回の地震で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


(追記) この地震は「福岡県西方沖地震」と呼称されています。この呼称は気象庁による正式な命名ではありません。

(追記) 2008年 6月に“CROSS FM”は、債務超過による経営破綻で清算され、新会社が放送を承継しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2005年3月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。