FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第112回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( △ )
    滴草由実「花篝り ~ はなかがり」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    中島美嘉「蜘蛛の糸」
    Kanebo化粧品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    中村雅俊「空蝉 ~ うつぜみ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲
    ♪アレンジによる和声も効いている2サス エンディングにフィットした佳曲。


 先月13日に 島崎藤村の故郷・馬籠宿がある木曽郡 山口村は、岐阜県 中津川市と「越県合併」しました。

 今回の「平成の大合併」においても全国で唯一の越県合併(地方自治法 第7条による越県での廃置分合)になります。田中 知事は、この越県合併に反対を表明していました。しかし、昨年12月の県議会で合併案が可決。結局は田中 知事も1月に総務大臣へ越県合併を申請しています。

 昨年 2月に高校3年生以上の全村民を対象として選挙形式で行われた山口村の村民意向調査は、合併賛成 971票に対し合併反対 578票と、賛成が多数を占めています。

 田中 知事の主張する「合併には県民意向調査が必要」との考えも解らない訳ではありませんが、合併の当事者である山口村民の民意は尊重されるべきだと思います。ですが 一(いち)長野県民としては やはり少々残念です。

 その旧山口村周辺はFM長野の電波が届きにくい範囲にあたります。旧山口村にはNHK山口馬籠 テレビ中継放送所しか無く、名古屋や岐阜の民放テレビを中津川 中継局を通じて視聴していました。なおNHK山口馬籠 テレビ中継放送所は、現在も長野放送局管轄です。

 長野県南部である南信地域は、中部圏に接し21世紀の信州の要になる土地です。その南信地域を広くカバーする『FM長野・飯田 中継局』は 1988年 8月31日 試験電波発射、FM長野開局と同時に正式開設しました。送信周波数は 88・3 MHzです。

 南信地域は 南アルプス山脈など高い山々に囲まれ電波が伸びにくい地形です。そこで飯田 中継局はスーパーゲイン・アンテナを使用。実効輻射電力は全中継所最大の330Wと高い利得で、全方面に出来る限り遠くへ強力な送信をしている特徴があります。

 飯田市 上久堅の標高771m地点から、送信出力 100W で送信している飯田 中継局は、南信地域を一手にカバーしている重要な長野エフエム放送中継所です。

 しかし、この旧山口村や岐阜・愛知・静岡と県境を接する市町村は、FM長野・飯田 中継局の電波でも室内において簡易な放送受信する事が難しい状態です。

 これらの地域には、長野県境近くから出力 100W で送信している、FM岐阜・中津川 中継局の放送を聴いているリスナーも多く存在しているのです。

 FM長野・飯田 中継局も頑張って送信しています。旧山口村の皆さん、これからもたまにはFM長野も「越県」して聴いてみて下さい。


(追記) 2007年 7月に、NHK山口馬籠 テレビ中継放送所は岐阜放送局管轄へ正式編入されました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年03月04日 の週間選曲リストと『 FM長野・飯田 中継局 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。