FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第111回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]
    ♪チョッパーベース音が非常に効果的。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]

  3. 第 3 位 ( △ )
    滴草由実「花篝り ~ はなかがり」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    中島美嘉「蜘蛛の糸」
    Kanebo化粧品 テレビCMソング


 もうすぐ 3月というのに信州の雪は 深く、長野市街の積雪も道端に消えず残っています。私は小学生の時、初めて茨城から長野市にやってきました。その頃は、市街でも相当な積雪があり本当に驚きました。あの長野市街の雪景色は、生涯忘れられません。昭和50年代 後半になると、積雪は ほとんどなく、舗装道路からスパイクタイヤによる粉塵の砂嵐が舞っていました。

 私が小学生の時は、テレビが 4波、ラジオも 4波でしたが、現在 信州の県域地上波放送は、テレビが 6波(NHK総合・NHK教育・SBC・NBS・TSB・ABN)ラジオが 5波(FM長野・NHK-FM・NHK R1・NHK R2・SBC)あります。県内では、NHK-FMの中継局整備が完璧なほど進み、FM長野は、後を追う様に中継局を整備していました。

 後発局のFM長野は、1998年の長野冬季オリンピック開催に伴い、中継施設がなかった 北信会場周辺地域の難聴取対策が急務となりました。そこで北信地区の難聴取を一気に解決すべく、小林敬二 長野エフエム放送 専務取締役が先頭に立って新規中継局の整備を指揮し、当時のFM長野・技術スタッフによって、思いもよらなかった独創的な置局アイデアを実行したのです。

 『FM長野・飯山野沢 中継局』は、1997年11月17日に開局しました。送信出力 30W。送信周波数は、81・8 MHz です。

 この飯山野沢 中継局は、なんと下高井郡 野沢温泉村・上ノ平高原展望台(標高1400m)の屋上先端に、スーパーターン・アンテナを設置しました。その結果、飯山市・下高井郡 野沢温泉村を中心としたサービスエリアは 当然フルカバー。さらに電波の伸びは、抜群のパフォーマンスを示し、新潟県内でも上越市から十日町市・長岡市・三条市 付近まで受信が可能となりました。

  飯山野沢 中継局は、送信出力 30W ながら、圧倒的に電波伝搬効率が優れています。展望台の屋上先端に、スーパーターン・アンテナを設置してしまうとは、FM長野の送信・中継所の中でも、最も斬新な置局アイデアです。置局立案から建設に携わった FM長野 技術スタッフが、本当に素晴らしい仕事をしたFM長野サテライトが、この飯山野沢 中継局なのです。

 この飯山野沢 中継局がある 上ノ平高原の展望台からは、北信五岳の山々や遠く北アルプスまでを望む事が出来、特に夕焼けの美しさは 絶景です。夏は、長坂ゴンドラリフトが運行されており、野沢温泉街から 上ノ平高原の展望台まで、一気に行く事が可能です。また秋の上ノ平高原は、ブナや広葉樹などの原生林から素晴らしい紅葉が楽しめます。

 FM長野は「スピルオーバー」のおかげで、県外聴取が盛んなラジオ局のひとつです。飯山野沢 中継局は、近接の飯山市 顔戸・黒岩山(標高940m)にあるNHK-FM飯山 中継局の 10倍で送信しており、北信地区の難聴取対策目的で置局されましたが、美ヶ原 本局送信所に匹敵するほど高い電波伝搬能力を示す、最高傑作と断言出来る長野エフエム放送中継所なのです。


(追記) 2008年 3月に、長野市から松本市へ転居しました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。