FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第159回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( △ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    柴咲コウ「影」
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]
    ♪海外ドラマ史上五指に入るテーマ音楽。


 トリノ冬季オリンピックの開催が迫ってきました。冬季五輪が少し身近に感じられるのは、やはり開催都市の住民だったからでしょうか? あれから もう8年経ちます。1998年 2月 7日。いつもなら聞こえる車の通行音も ほとんどなく、長野市内は 静まりかえっていました。五輪開会式当日の開催都市というのは、案外こんな感じなのかも知れません。

 欧米テレビ中継権との関係で「長野冬季オリンピック・開会式」は、午前 11時01分(テレビ中継は 11時00分)から善光寺の鐘を合図に始まりました。式典の総合演出が 劇団四季主宰の浅利慶太だったためか、冒頭に極寒の中の大相撲力士・土俵入り。日本選手団の入場の際に 行進曲は長野県県歌「信濃の国」へ旋律が大転換。従来の開会式にない際立ちがありました。

 プッチーニの歌曲「蝶々夫人 ~ ある晴れた日に」が流れる中、まるで日本書記の神功皇后を想起させる、最終点火者 伊藤みどり と 聖火点火の演出は、世界各国の生中継で「エレガント」と称されたほどです。あの日章旗を模した扇型のブラインド と 最終点火者のコスチュームには、開催国のトラディショナルな精神が凝縮されている思いがしました。

 さらにベートーヴェンの交響曲第9番 第4楽章を、小沢征爾の指揮により長野県民文化会館から生演奏し、予め電波伝播速度を時差修正した衛星中継で、5大陸(北京・ベルリン・ケープタウン・ニューヨーク・シドニー)プラス 長野オリンピックスタジアムで同時に大合唱を行いました。これだけ知的水準の高い五輪開会式アトラクションは 類例がありません。

 そして終奏と同時に航空自衛隊のブルーインパルスが、大空へ五色の虹を描き開会式が終了。我が家の頭上を通過したブルーインパルスの轟音が、今でも耳に残っています。厳冬野外での横綱土俵入り、諄さがないシンプルな聖火点火、そして第9の生演奏と長野冬季五輪の開会式は、ほとんど音楽祭・芸術プログラムを視ている様な感じを受けました。

 この開会式生中継の視聴率は、関東地区 35・8%、関西地区 34・3%、札幌地区 32・6%、そして長野地区は 60・6%を記録。無事終了した 1時間後あたりから市内に車の音は戻り、学校が休みとなった子供たちの笑い声も街角で聞こえていました。長野 → ソルトレーク → トリノ。あっと言う間に月日は過ぎ、冬季五輪の季節が また巡ってきます。


(追記) この長野冬季五輪開会式の録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。 週間放送視聴日記(2008年 2月 1日)では、長野冬季オリンピックの佳き思い出を紹介しました。

第160回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  3. 第 3 位 ( △ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・金曜時代劇「出雲の阿国」テーマ音楽 [牟岐礼]
    ♪NHK土曜ドラマ「憲法はまだか」の劇伴音楽を彷彿とさせる美しくシンプルな旋律。


 7日に 宮内庁は、秋篠宮妃紀子さまが、第3子をご懐妊されたと発表しました。

 NHKは、宮内庁発表 約30分前の午後2時7分「秋篠宮妃の紀子さまご懐妊 宮内庁発表へ」と、極めて迅速に「NHKニュース速報」を打ちました。

 この速報は、NHKの神業的な大スクープです。このNHKニュース速報の後、驚いた各マスメディアが確認へと走り、午後2時16分に フジテレビが続いて速報。その後 各マスメディアが一斉に報道しています。

 「女系天皇」の是非が問われている皇室典範の改正問題が、静かなうねりとなって議論されている昨今、第3子ご誕生によって、その議論を転換させる可能性があります。

 今回の皇室典範の改正問題の議論は、あくまでも久しく男子皇族のご誕生がないからこそ起きるものだからです。

 昨年 SBC信越放送(TBS系)のドラマとして、山崎豊子原作の「女系家族」が放送され、その劇伴音楽は 週間選曲リストで2005年の年間5位を記録しました。

 もちろん一般の家柄と皇室の差異は当然ですが、一概に無関連とは言い切れない側面もあります。日本の皇室において「婿養子」は禁制です。

 なのに女性皇族へ婿養子を事実上容認しなければならない、この「女系」に対する内面から込み上げてくる様な漠然とした不安は何でしょうか? 現行の「永世皇族制」を廃止してしまうと将来どうなってしまうのでしょうか?

 さらに諸外国の王室と皇室は、どう違うのでしょうか? この議論には、生まれ育った日本という国の伝統を思う気持ちの軽重が、一人一人 判ってしまう鋭さも潜在しています。

 神代記まで遡らなくても検証可能な史実から、男系皇統で培われてきた天皇の継承順位は、一(いち)法律の改正問題で簡単に解決出来ないほどの深遠さを感じます。また皇室典範は、頻繁な改正が馴染まない法律だとも考えます。「女系天皇」には やはり懸念が残るのです。

 ご懐妊に関するNHKニュース速報が流れたのは、国会中継の最中でした。衆議院予算委員会の閣僚席へ ご懐妊のニュースのメモが伝えられた時、小泉 首相は メモを指差し本当に驚いていました。明らかに小泉 首相は踏み込み過ぎています。

 まずは紀子さまの すこやかな ご出産のためにも、皇室典範改正の議論は、紀子さま第3子ご誕生まで待つべきだと思います。

第161回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( △ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」劇中効果音楽 [河野伸]
    ♪和声感あるオリジナル・サウンドトラック楽曲「追跡」がリスト対象。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌
    ♪単調なアレンジが気になるがタイトルバックは傑出している。


 14日に「トリノ冬季オリンピック」が開会しました。イタリア共和国では、1956年のコルティーナ・ダンペッツォ以来 2回目の冬季五輪。夏冬通じては 3回目になります。50年ぶりにイタリアで五輪聖火が灯りました。そして 1924年のシャモニー・モンブラン冬季オリンピックから数えて、第20回の記念大会になりました。

 私は、五輪開会式の「聖火点火」シーンも録画コレクションしています。地元開催の長野五輪を 別格 として考えると、最高の「聖火点火」は、1992年 バルセロナ夏季五輪の Antonio Rebolloによる「アーチェリー点火」。次点は、1988年 カルガリー冬季五輪での無名少女 Robyn Perryによる聖火台昇降点火だと思います。

 今大会開会式では、イタリア最高のエンターテインメントと美を披露し きわどい演出を避けると、組織委員会が明らかにしていました。ですが今回トリノ冬季五輪の聖火点火は、花火による聖火の伝達速度が異様に早すぎて、ちゃんと聖火台へ到達したのか少々疑問なほど(笑)ある意味きわどい演出でした。また開会式の音楽効果は、曲調がフラット過ぎた感じもしました。

 大会競技日程に入り、前半戦の日本選手は、善戦するもメダルに届かない結果が続いています。1992年 アルベールビル冬季五輪は、金 1・銀 2・銅 4 を獲得。開催年調整のため 2年間隔で開かれた 1994年 リレハンメル冬季五輪が、金 1・銀 2・銅 2。そして1998年 長野冬季五輪には、金 5・銀 1・銅 4 と冬季史上最高数のメダルを獲得しました。

 しかし、2002年 ソルトレーク冬季五輪が、金 0・銀 1・銅 1 の結果に終わり、今回も冬季競技の不調が続いているかの様です。自国開催の五輪に選手育成のピークを設定するのは、当然と言えば当然ですが、長野冬季五輪から 8年経過しているのにもかかわらず、引き続き参加している選手が目立ち、選手層の若返りなど世代交代の面で懸念が残ります。

 このブログでは、アテネ夏季五輪に引き続き 金メダル獲得選手を総て「五輪優勝記録」として週間放送視聴日記へ記録します。ですが今回のトリノ冬季五輪でも、記録出来るかどうか心配になってきました。後半の大会競技日程へ期待したいものです。日本とトリノの時差は 8時間あります。連日深夜から早朝にかけての「オリンピック放送」視聴お疲れさまです。

第162回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌
    ♪高い域にある昼ドラ主題歌とタイトルバック。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  4. 第 4 位 ( △ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」劇中効果音楽 [河野伸]


 「トリノ冬季オリンピック」大会終盤 14日目にして遂に やりました。日本選手団の不振で、多くの人々がメダル無しの状態を心配していただけに、この荒川 選手の金メダルには、日本国中で大きな感動となり沸き立っています。フリーでは 自己最高得点を記録した荒川 選手の快挙に、朝刊配達時直後の早朝にも かかわらず、中日新聞速報を始め全国で号外が乱れ飛びました。

 【トリノ冬季五輪優勝記録:女子フィギュアスケート・荒川静香 選手「金メダル」】

 22日のショートプログラム(SP)は、1位・サーシャ・コーエン 選手、2位・イリーナ・スルツカヤ 選手、3位・荒川静香 選手という結果でした。そしてフリーの滑走順は、21番・荒川静香 選手(金メダル) 22番・村主章枝 選手(4位入賞) 23番・キミー・マイスナー 選手、そして最終滑走の 24番・イリーナ・スルツカヤ 選手(銅メダル)と決まります。

 24日早朝のテレビ生中継は、2年前のアテネ夏季五輪で、体操団体の際「伸身の新月面が描く放物線は 栄光への懸け橋だ!」と名実況したNHK・刈屋富士雄 アナが担当しました。荒川 選手の銀メダル以上が確定し、最終滑走者・ロシアのスルツカヤ 選手の演技では、刈谷 アナの妙な沈黙が続き非常に緊張感のある中継でした。

 それでも刈屋 アナは 金メダル確定の瞬間「トリノのオリンピックの女神は荒川静香にキスをしました」と予定稿的 名台詞 を入れていました(笑)。ラジオ実況は、長野放送局に勤務していた事もあるNHK・広坂安伸 アナでしたが、女子フィギュア競技という難解なラジオ中継をこなして、全国の通勤・通学に向う人々のカーラジオ・携帯ラジオへ金メダルを速報しました。

 小泉 首相は、24日夜 首相官邸から荒川静香 選手に お祝いの電話をしています。今まで内閣総理大臣が、五輪金メダリストへ直接祝福の電話を入れるのは珍しい事でした。ですが小泉 首相は アテネ夏季五輪同様、積極的にお祝い電話を入れています。小泉 首相は メールマガジンに、プッチーニのオペラ、トゥーランドットの選曲が良かったと、専門的な感想を書いています。

 長野以来 8年ぶりに 冬の五輪で「君が代」が流れました。特にトリノ冬季五輪の「君が代」は、終奏部を長めに余韻を残し、とても美しい「君が代」でした。そしてセンター最高部に掲げられた日章旗も美しく輝いていました。荒川静香 選手、本当に おめでとう ございます。連日深夜から早朝にかけての「オリンピック放送」視聴お疲れさまです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2006年2月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。