FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第161回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( △ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」劇中効果音楽 [河野伸]
    ♪和声感あるオリジナル・サウンドトラック楽曲「追跡」がリスト対象。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌
    ♪単調なアレンジが気になるがタイトルバックは傑出している。


 14日に「トリノ冬季オリンピック」が開会しました。

 イタリア共和国では、1956年のコルティーナ・ダンペッツォ以来 2回目の冬季五輪。夏冬通じては 3回目になります。

 私は、いままで数多くのテレビ・ラジオ放送を資料として録画・録音してきましたが、五輪開会式の「聖火点火」シーンもコレクションしています。

 地元開催の長野五輪を「別格」として考えると、最高の「聖火点火」は、1992年 バルセロナ夏季五輪の Antonio Rebolloによる「アーチェリー点火」。次点は、1988年 カルガリー冬季五輪での無名少女 Robyn Perryによる聖火台昇降点火だと思います。

 今大会開会式では、イタリア最高のエンターテインメントと美を披露し きわどい演出を避ける意向であると、組織委員会が明らかにしていました。

 ですが今回トリノ冬季五輪の聖火点火は、花火による聖火の伝達速度が異様に早すぎて、ちゃんと聖火台へ到達したのか少々疑問なほど(笑)ある意味きわどい演出でした。また開会式の音楽効果は、曲調がフラット過ぎて少々盛り上がりに欠けた感じもしました。

 大会競技日程に入り、前半戦の日本選手は善戦するもメダルに届かない結果が続いています。

 1992年 アルベールビル冬季五輪は、金1・銀2・銅4 を獲得。開催年調整のため 2年間隔で開かれた 1994年 リレハンメル冬季五輪が、金1・銀2・銅2。そして1998年 長野冬季五輪には、金5・銀1・銅4 と冬季史上最高数のメダルを獲得しました。

 しかし、2002年 ソルトレーク冬季五輪が、金0・銀1・銅1 の結果に終わり、今回も冬季競技の不調が続いているかの様です。長野冬季五輪から引き続き参加している選手が目立ち、選手層の若返りなど世代交代の面でも懸念は残ります。

 このブログでは、アテネ夏季五輪に引き続き 金メダル獲得選手を総て「五輪優勝記録」として週間放送視聴日記へ記録します。ですが今回のトリノ冬季五輪でも記録出来るかどうか心配になってきました。後半の大会競技日程へ期待したいものです。

 日本とトリノの時差は 8時間あります。連日深夜から早朝にかけての「オリンピック放送」視聴お疲れさまです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年02月17日 の週間選曲リストと『 トリノ冬季オリンピック 開会式 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。