FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第479回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( △ )
    平原綾香“NOT A LOVE SONG”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・おみやさん」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    絢香“The beginning”
    横浜ゴム テレビCMソング
    ♪1位 2週、登場 7週。


 やっと視る事が出来ました。25年ぶりです。CS 時代劇専門チャンネルでは、NHK大河ドラマの最高傑作『独眼竜政宗』(1987年 1月 ~ 12月・全50回 本放送)を、現在 全話放送しています。

 主演の伊達政宗 役に 渡辺謙を大抜擢した この大河ドラマは、豊臣秀吉 役は 勝新太郎を配役。大河ドラマ史上最高となる年間平均視聴率 39・7%を記録しています。

 徳川家康:津川雅彦、父・伊達輝宗:北大路欣也、母・お東の方:岩下志麻、伊達成実:三浦友和、片倉景綱:西郷輝彦、鬼庭左月:いかりや長介、そして最上義光:原田芳雄など、NHKドラマとしては最高の布陣で臨みました。

 父輝宗が畠山義継(石田太郎)に捕えられ苦渋の中で銃撃を決断するシーンや、蒲生氏郷(寺泉憲)や石田三成(奥田瑛二)によって露見した秀吉への造反工作の審問の場で、政宗が証拠書類の花押に鶺鴒の眼(まなこ)の有無を論じ正面突破を謀ったシーンなど 名場面も多くあります。

 しかし、なんといっても圧巻だったのは小田原帰順の際、石垣山で政宗と秀吉が初めて対面するシーンです。

 秀吉 役の勝新太郎は、渡辺謙との事前打ち合わせやリハーサルを全て断り、この石垣山のシーン本番撮影で、俳優としての初対面をするという信じられない要求を出しました。

 伊達政宗と豊臣秀吉の歴史上の初対面を、俳優・渡辺謙と勝新太郎の初対面に合致させようとしたのです。渡辺謙は あらゆるアドリブを想定して準備し、この一発本番に臨んだそうです。

 この石垣山のシーンは、第23回「小田原へ」で対面した瞬間に次回へ続く(笑)となり、第24回「天下人」の冒頭で対面シーンが展開します。

 その第23回「小田原へ」のラストで、勝新太郎の秀吉が登場した時の迫力は例え様もなく、本放送当時 何十回も録画で このシーンを視て、翌週の第24回「天下人」を待ちわびていた事を思い出しました。

 大河ドラマの「秀吉」役で最も迫力があったのは勝新太郎であり、そして この小田原帰順・石垣山対面のシーンが、NHK大河ドラマ史上最高の名場面だと未だに信じています。

 また登場人物の中では、寺田農が演ずる大内定綱の生涯に大変興味を覚えました。2度も若き日の政宗に謀反を起こしますが、頭を丸めて降参し その後は伊達家の忠臣として仕えます。

 東北の信長と言われるほど気性の激しさを垣間見せる伊達政宗ですが、大内定綱へ見せた寛容さに、政宗の懐の広さも この大河ドラマで感じました。

 音楽は 池辺晋一郎が担当。テーマ音楽は 電子楽器「オンド・マルトノ」を使用し、タイトルバックの進行へ明確に曲調を合わせる編曲の はしりというべき作品です。特に演技の動きに合わせた劇伴音楽が とても上手く、その後の大河ドラマに影響を与えていきます。

 この「独眼竜政宗」は、長い間 録画テープ紛失の状態で、今回の放送で やっと主要エピソードをデジタル録画をしています。しかし残念なのは、時代劇専門チャンネルとNHKの取り決めかも知れませんが、ナレーションの葛西聖司 アナによる導入パートがカットされている点です。

 後半の独眼竜政宗では「政宗の一日」を紹介する回があり、もう一度視たかったのですが、時専では視損なってしまいました。いつの日かNHKで全話放送される時、もう一度視たいと念願しています。


(追記) 2014年 4月から 1年間に渡り、NHK BSプレミアムで「独眼竜政宗」の全話放送があり、2015年 3月14日に「政宗の一日」を紹介するエピソードが流れました。第49回「母恋い」冒頭約10分ほどのパートで、念願が叶い視聴・録画する事が出来ました。

第480回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( △ )
    平原綾香“NOT A LOVE SONG”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・おみやさん」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    竹内まりや「いのちの歌」
    NHK総合・ドキュメンタリー ドラマ「開拓者たち」主題歌
    ♪フラットな旋律だがアレンジに技巧がある佳曲。


 このゴールデンウィークの期間中に、本ブログのPC版は仕様変更を行いました。

 まずカウンター機能を更新。さくらインターネットさんを通じて、独自のカウンターシステムを導入しました。

 PCからブログへご訪問されますと、数字がひとつ増えていく動きを視認出来ます。もちろん携帯やスマートフォンからでも、同一のカウンターがご覧になれます。

 カウンター機能は、2003年 1月のブログ開始以来 休む事なく運用しています。

 ブロガーである私と読者の間で共感を鍵に、時代背景や放送レビューも含めた高い音楽的感性がシンクロした総数を 常時発表している重要な機能です。これからも ご愛顧のほど、よろしく お願い致します。

 そして このブログは、HTML5・CSS3に完全移行しました。

 このブログでは、常々誤りないHTML・CSSの使用を信条としています。モバイルからの訪問者が急増している事もあり、思いきって従来のXHTMLから最新のHTML5へ全面的に改める作業を実施しました。

 3日 午前11時20分に 加入しているSNSで、HTML5への移行作業を行うと臨時のお知らせ をした後、HTML5へのソース書き換えを行い、翌4日 午後3時39分に移行が完了しました。

 このブログは テキスト主体のブログですので、HTML5への移行の意義は あまりないのですが、W3Cも既にXHTMLの更新を停止し、HTML5の標準化へ全力を挙げると宣言しました。そこで このブログも思いきって決断した次第です。

 時間が かかると思いましたが、今までXHTMLに完全準拠したソースでしたので、大きく手直しする作業は ありませんでした。

 HTML5へ移行したとなると、CSSもレベル3すなわち CSS3まで上げておくのが筋です。ところが確認してみると、今まで作り上げたCSSはレベル3であるとW3Cから表示が出ていました(笑)。

 気づきませんでしたが、作り上げてきた現在のCSSは、CSS3だったのです。そのまま使わせて頂きます(笑)。

 HTML5は あまりにも最新で、W3Cからも正式の勧告すなわち文法が確定していません。W3Cの文法チェックでも「まだ文法が未確定なので、ご注意ください」と英文表示が出るほどですが、このゴールデンウィークの連休に、このブログの文法レベルを、最新式のHTML5・CSS3併用まで高めました。

 HTML5・CSS3完全準拠になった このブログを ご愛顧のほど、何卒よろしく お願い致します。

第481回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ
    ♪初聴で驚いた完成された和声を有する正統派のバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    平原綾香“NOT A LOVE SONG”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・おみやさん」主題歌


 このブログの週間選曲リスト・ルールでも ご紹介しています通り、2003年 1月 3日の第 1回ランキングは、突然 5曲を選曲したのではありません。前年の2002年。24週間に渡り作成してきた「試行研究順位」に基づき選曲・順位決定しています。

 その「試行研究順位」の資料紛失騒動(笑)を以前ブログでも取り上げましたが、発見した資料から 24週分の順位、さらに年間ランキング作成テストの順位を加えた 総ての試行研究順位のデータを、今週よりアップしました。

 公開した試行研究順位の全データは Basic List の扱いですが、全ページに掲載している Basic List のリンクには加えませんでした。

 先程ご紹介した週間選曲リスト・ルールや 第 1回ランキングの週間放送視聴日記、さらに今週も含め「試行研究順位」を取り上げた総ての週間放送視聴日記に テキストリンクを加えてあります。どうぞリストに深く深く興味のある方だけ ご覧になってください。

 試行研究順位の全データをアップした際に 1週ずつチェックしてみましたが、例えば重要なルールであるリストイン(初登場)と再登場 合計2曲を超える入れ替えをしない規定や、1週間で ±3以上の順位変動は しないという規定は 総て守られていました。

 毎週 試行研究順位を作りながら、この重要なルールが自然に構築されていった事が解ります。また最後の「年間ランキング作成テスト」も、ルールの年間ランキング要項に従った順位となっています。

 これらのルールは、ブログを始める直前に確定したものですが、試行研究順位の どの段階で確定したのか? 全く記憶がありません(笑)。

 そして 2002年 6月 7日の試行研究順位 第1週目で、宇多田ヒカル「SAKURA ドロップス」を、なぜ最初の1位に選曲したのか? その理由も全く覚えていません(笑)。

 ただ今回のアップの際に聴き直してみましたが、宇多田ヒカルの代表曲といっても過言ではない素晴らしい楽曲です。このブログの源流点の1滴目は、美しく輝いていました。

 この様な試行研究順位 24週間のデータ記録から、2002年11月15日 最終週の順位にランクされた 5曲中 3曲が、そのまま 2003年 1月 3日「第1回ランキング」へ引き継がれました。

 試行研究順位 24週の全データに基づいた 年間ランキング作成テストの順位は、Basic List年間ランキングの一番下に掲載している「BLOG プレリュード ~ 2002年からの選曲」として、ブログ開始1週前(2002年12月27日)から ずっと公開し続けていました。

 そして週間選曲リストが 481回目となる今週から、2002年 24週間の試行研究順位 全データを、さらに加えてブログで公開していきます。

第482回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪リスト対象は メインテーマと 1劇伴。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽[吉松隆]

  3. 第 3 位 ( △ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽[林ゆうき]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    平原綾香“NOT A LOVE SONG”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・おみやさん」主題歌


 21日は、本州横断「金環日食」を観望できました。

 このブログでも何度も書いてきましたが、私は、日食・月食・水星 金星の日面通過という天体現象が大好きです。

 小学生の頃から 2012年の金環日食、そして2035年の皆既日食。遠い遠い生涯のワンチャンスずつと考えてきた その金環日食を、自宅のある長野県 松本市で観る事ができ大変感動しました。

 生涯ワンチャンスも道理なのです。日本国内の金環日食は、1987年の沖縄以来 25年ぶりですが、本州では 1883年の東北・関東以来 129年ぶりとなります。さらに東京・名古屋・大阪を含む本州横断となると、西暦1080年以来 実に 932年ぶりとなります。

 1987年と言えば 昭和62年。FM長野の開局前年でバブル全盛期。1883年は 明治16年で、明治維新が成熟してきた鹿鳴館落成の年。内閣制度はまだなく太政大臣・三条実美の頃です。

 1080年となると承暦4年。平安時代の後期に入り白河天皇時代。大河ドラマ「平清盛」で伊東四朗 氏が睨みを利かせていた(笑)白河上皇 院政の前段階になります。

 本当に生涯ワンチャンスの金環日食でした。しかも住んでいる長野県 松本市は、金環日食が視られるギリギリの北限界線上。少し歩けば北限界線を行ったり来たりできる(笑)位置にあります。

 数日前から天気予報が大変気になりましたが、やはり自宅での観望を貫いたのが正解でした。目覚まし時計を かけたのにも かかわらず、ちゃんと午前5時前に起床。カーテンを開けた瞬間、青空が見えた時は大変嬉しかったです。

 地上波テレビ各局は、朝のニュースショーの中で全国の日食の模様をリレー中継。NHKニュース おはよう日本では、金環のリンクがギリギリで繋がりビーズ玉が連なって輝いているように見える「ベイリービーズ」現象を、お隣の長野県 塩尻市から生中継しました。

 またFM長野でも 7時20分から特別番組「追跡 ~ 大陽のリンクを見に行こうスペシャル」を生放送しています。

 今回の金環日食では、早くから遮光グラスを購入して用意し準備万端整えていた我が家では、テレビ・ラジオは留守録状態にして(笑)自宅外で金環日食を ずっと観望しました。

 実際の金環日食は、想像以上のスケールの天文現象でした。色々な経験談から金環日食は皆既日食と異なり、空が暗くなる事はない と聞かされていましたが、それは事実と異なりました。

 金環の時間帯に入る直前から、大陽の光が明確に落ちてきたのです。まるで うっすらと夜明けの黎明に戻ったかの様な感じになりました。

 微風の外気が冷たくなり、野鳥のさえずりが急に激しく聞こえ、今まで経験した事のない不思議な感覚が包みました。そして金環が終了した時間から、ゆっくりとまた大陽の光が復活し、いつもの朝に戻ったのです。

 この感覚は私だけでなく、放送・新聞・ネットを通して全国で金環日食を観望出来た人達からも伝わっています。

 どうして世界で観測されてきた金環日食と異なる、深い日射減衰の感覚を共有できたのでしょうか? やはり四季豊かな日本。しかも本州広域で この5月の早朝という絶妙のタイミングのせいかも知れません。

 そして私が冷気と感じた金環時の温度変化は、ここ松本市に高くそびえる北アルプスと美ヶ原の山々のお蔭で際立ったのだと思います。柔らかい光のリンクの観望以上に金環日食を、この様に深く体感出来るとは思って見ませんでした。

 北限界線ギリギリに在する高原の松本市だからこそ体験できた、生涯忘れる事が出来ない素晴らしい金環日食でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2012年5月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。