FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第202回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪11月29日 放送された第5シーズン8話「赤いリボンと刑事」ラストシーンでの卓越した劇伴効果。

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    倖田來未「夢のうた」
    abn テレ朝・木曜ドラマ「だめんずうぉ~か~」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”


 大晦日 放送される「第57回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。

 BONNIE PINK・徳永英明・秋川雅史・絢香・アンジェラ アキ・今井美樹・GAM・mihimaru GT・Aqua Timez・SEAMO・スガシカオ・DJ OZMA の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の43回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・仲間由紀恵(2回目) 白組・中居正広(3回目)。総合・三宅民夫 アナ(2回目) と黒崎めぐみ アナ(初)。5年続いたNHK職員アナ司会中心から、また方向転換しました。

 紅白司会者の登竜門として注目されるラジオ中継は、小田切千 アナ と 島津有理子 アナが担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、倉木麻衣・島谷ひとみ・CHEMISTRYなど となっています。

 今回の紅白から「受信料を支払っている世帯」及び「受信料免除が認められた世帯」の家族構成員のみ、観覧者資格が与えられる事になりました。

 早い話が(笑)NHK受信料を払ってないと、紅白の観覧チケットが当選しません。それにしても過去受信料不払いで、紅白を観覧した人なんかいるのでしょうか?(笑)。

 また昨年の「スキウタ」人気投票や、一昨年の世論調査順位公表などといった選考過程の公開を、今年は いっさい中止してしまい、まるで昔の紅白に戻ったかの様です。やはり選考過程の公開は想像以上の思惑を呼んだようです。

 紅白出場歌手の選考は、きちんと委員会形式にして、責任の集中化を避ける方法など考えつくと思うのですが どうも閉鎖的です。出場歌手も「歌謡コンサート」と“POP JAM”ふたつのゲートから、その出演実績で選んでいる感があります。

 そろそろ紅白も従来の放送時間である午後9時から11時45分へ戻して、一度選考基準と出場歌手の大整理をすべき時期に来ている気がします。

 但し紅白の「廃止」には絶対反対です(笑)。大晦日 午後11時45分に起こる「紅白」エンディングから「ゆく年くる年」への急激な映像落差が、私は大好きなのです(笑)。全国にも、この独特な映像落差マニアがたくさん存在しています。

第203回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( △ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”
    ♪卓越した歌唱力を持つ新人女性ヴォーカリスト。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    倖田來未「夢のうた」
    abn テレ朝・木曜ドラマ「だめんずうぉ~か~」主題歌


 以前このブログでも書きましたが、FMの音楽放送を日常的に聴いているリスナーへの最新ニュース提供は、FMラジオ放送局の重大な使命だと考えます。

 FM長野の場合、信濃毎日新聞社制作の県内ニュースを、毎日 朝夕 2回放送しています。さらに平日 4回、土曜 3回、日曜 3回のJFN制作の全国ニュースも放送。この2通りのニュース番組を「FM長野ニュース」と題しています。

 またFM長野では重大ニュース発生時に、所定の時間以外でも臨時のニュースが流れています。この「臨時のFM長野ニュース」は、開局以来 選挙速報などの場合に放送されます。

 報道機関としての能力は、災害時の緊急報道、そして開票速報などの選挙報道で解ると言われています。

 ラジオ局とニュース配信報道機関との連携は、その災害・選挙報道における臨時ニュースを、迅速に放送出来る体制の整備・維持が絶対条件になります。

 ニュース配信報道機関との連携は、その点からチェックされて しかるべきで、FM長野(長野エフエム放送)はタブーなくベストの選択をすべきです。

 県域のJFN加盟局において自主的な報道セクションを有しているのは、FMぐんま など僅少です。少数精鋭である局アナの皆さんの勤務負担が過剰になってしまうのは、リスナーにとっても不利益です。

 私見ですが、緊急災害時は例外として、自主報道部課の設置より、自主的に選択したニュース提供の報道機関と良い関係を培っていったほうが、FM長野リスナーの利益になると考えます。

 音楽放送中心となるFMラジオ放送局の定時ニュース報道は、主要項目(ヘッドライン)を出来る限りコンパクトに伝える事が重要です。JFN配信も含め自主的に選択した、ニュース提供の報道機関との緊密な関係こそ、FM長野ニュースの質を高めるのだと思います。

 但し問題点もあります。平日の最終ニュースの放送時間(21時55分)が早過ぎる点です。

 これは、FM長野を始め全国JFN加盟局全体に係る課題となっています。キー局であるTOKYO FMの最終ニュースは、平日23時55分に放送しており、深夜の時間帯が当然だと思います。この平日最終のFM長野ニュースが早過ぎる点は、是非とも改善してもらいたいものです。

 これからのFMラジオDJ、特に生ワイドのパーソナリティにとって、ニュースを伝える能力が重要な資質となるのは間違いありません。


(追記) 2009年 4月から、平日 午前0時55分に「FM長野ニュース」(JFNニュース)が新設され、平日最終のFM長野ニュースは深夜になりました。

(追記) 第23回 参議院議員通常選挙 投開票の日(2013年 7月21日)に、FM長野は、サービスエリアである長野選挙区の開票速報を一切放送しませんでした。

 FM長野は、1988年の開局以来ずっと国政選挙の開票速報は続けてきましたが、2010年の参院選から、長野県内の当選・当確者の速報を全く放送しなくなってしまいました。

 民放FMラジオ局は、音楽番組を中心とした放送局です。しかし、メディアの責務である迅速なニュース報道を免除されている訳ではありません。

 投票率が低下しているとは言え、今回の参院選では 5400万人以上の有権者が参加しており、長野県内でも 100万人を超える有権者が一票を行使しています。

 サービスエリア内の住民は、その国政選挙の結果に関心がある事は間違いがなく、報道機関の一翼を担うラジオ局である以上、迅速な選挙報道は責務です。

 特に基幹放送普及計画 第1の3「地上基幹放送を行う民間基幹放送事業者による地上基幹放送については、放送事業者の構成及び運営において地域社会を基盤とするとともにその地上基幹放送を通じて地域住民の要望にこたえることにより、地上基幹放送に関する当該地域社会の要望を充足すること。」との規定にも抵触する可能性すらあります。

 なんらかの理由から導き出された結論とは言え、国政選挙でサービスエリア内選挙区の当選・当確者名を、出来得る限り迅速に速報しなくても大丈夫と判断した時点で、放送法に定められた基幹放送事業者たるラジオ局としての存在定義から、FM長野は大きく乖離し始めています。

 FM長野(長野エフエム放送)には、さらなる報道体制の整備を願う次第です。

第204回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    FAYRAY「ひとりよりふたり」
    NHK総合・連続テレビ小説「芋たこなんきん」主題歌
    ♪長めに流れる月曜バージョンは美旋律が解る佳曲。編曲は ダギー・ボウン。


 ラジオ放送の歴史を調べてみると、ひとつの特徴が視られます。それは、クラシック音楽放送の重視です。

 まだFM放送がなかった1950年から1960年代にかけて「立体放送」と題する実験放送が盛んに行われました。それはNHKラジオ第1放送で左の音。第2放送で右の音を流し、同規模のラジオ受信機2台があれば、ステレオ放送が楽しめるという実験でした。

 この立体放送実験は好評で、民放ラジオにも広まります。例えば東京の文化放送が右の音。ニッポン放送が左の音と、2局共同制作の立体放送実験まで発展しました。今では考えられない事ですが、最盛期は毎日この様な実験放送がありました。そして この立体放送の主役が、クラシック音楽でした。

 ラジオ本放送開始日の1925年(大正14年)7月12日の番組にも、ベートーベンの交響曲第5番が放送されていますし、第2次世界大戦の末期に何度も空襲警報で中断された1945年(昭和20年)上半期のラジオ放送でも、クラシック音楽放送は編成されています。

 FM長野も開局から数年間は、クラシック音楽番組を編成していました。

 例えば1990年 4月から2年間、平日早朝に編成されていた「おんがく時計」は、早朝の時刻アナウンスとクラシック音楽が融合した素晴らしい番組でした。しかし、以降クラシック音楽の放送は、減少の一途をたどります。残念でなりません。

 現在、クラシック音楽番組を重点的に編成しているのは、やはりNHK-FMです。

 平日の朝・午後そして夜と、クラシック音楽番組が帯で編成されています。その中で夜の帯番組「ベスト・オブ・クラシック」はNHK-FMの看板番組になっています。 

 「ベスト・オブ・クラシック」のオープニング テーマ音楽は、作曲家・北爪道夫が書き下ろしたオリジナルです。ホルンやトランペットなどの金管楽器によるファンファーレ形式の和音構成で始まり、オープニングのアナウンスが流れるあたりには、緩やかなストリングスの旋律に変化します。

 特にラジオ第1放送と同時にオンエアーしている前番組「NHKきようのニュース」からの流れが素晴らしいです。

 NHK-FMの編成に合わせるように、急ぎ足で全国の気象情報を伝えた後、担当アナウンサーが「7時半です。」とコール。そしてテーマ音楽が流れ始めるあたりは、実に素晴らしいものがあります。

 「ベスト・オブ・クラシック」の目玉は、NHK交響楽団 定期演奏会の生中継です。この日は基幹ニュースでもあるNHKきようのニュースを休止して、午後7時から放送します。但し重要なニュース放送時はニュースが優先され、定期演奏会の生中継はニュースの後となります。

 定期演奏会 生中継の時は会場に放送ブースがあり、楽章の合間などの休憩の際は、ゲストの音楽評論家が終わった演奏の感想を即興でレポートし、小休憩が終わって次の演奏が始まる直前になると、放送ブースのドアを開けて また観客席に戻るといった、面白い光景が生放送の音声で展開します。

 FM放送を通じて系統立ててクラシック音楽を聴いてみると、どんなジャンルのポピュラー音楽が現代で流行しても、西洋音楽の源流は、やはり18 ~ 19世紀の頃に百花繚乱したクラシック音楽に間違いないと確認出来ます。

 現代ミュージシャン達の創作活動を視ても、クラシック音楽に基礎を置いてるか否かで、レベルの差は歴然としています。

 ラジオDJ達や私の様な音楽ブロガーに至っても、クラシック音楽の鑑賞力と知識があるかどうかで、音楽評論の厚みに差が出てくる感じさえします。

 ラジオ放送によるクラシック音楽の系統だった鑑賞は、音楽全体の理解のため最も大切だと、私は深く理解しています。


(追記) 週間放送視聴日記(2017年 3月10日)に、NHK-FMのバロック音楽放送を掲載しました。

第205回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( △ )
    FAYRAY「ひとりよりふたり」
    NHK総合・連続テレビ小説「芋たこなんきん」主題歌
    ♪転調処理のアレンジも巧い。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”


 名女優の岸田今日子さんが、17日に お亡くなりになりました。。

 岸田さんと言えば、1969年放送開始のアニメ「ムーミン  第1TVシリーズ」でのアフレコが あまりにも有名です。また「演劇集団 円」の後輩俳優であった渡辺謙とのコンビも鮮明に思い出されます。

 NBS長野放送(フジ系)の時代劇「御家人斬九郎」(1995年 1月 ~ 2002年 2月・全50話 本放送)そして2時間ドラマ「鍵師シリーズ」(1993年 3月 ~ 1997年10月・全5話 本放送)で、ふたりは母と子を演じていました。

 時代劇と現代ドラマの両方で、かつ ほぼ同時期の本放送という珍しい親子キャストです。いずれも岸田今日子さんの我が道を行き 時には暴走する(笑)母親と、その母親に翻弄されながらも、同居のスタイルを崩さず大切にする渡辺謙の一人息子の設定でした。

 2作品共に岸田今日子さん演ずる奔放な母親が、渡辺謙の日常を表面上拘束してしまう描写も多く、それが笑いを誘うのですが、実は斬九郎も鍵師・水谷浩二も、その中で自由に生きていたのです。

 密度の濃い母子関係を「御家人斬九郎」「鍵師シリーズ」という時代が異なる ふたつの家庭から魅せてくれました。2作品共に名作ドラマでした。御冥福をお祈りします。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのお馴染み「かめクン」。16回目の冬眠に入っています。

 冬眠といっても、飼育ケースごと保温用の布団に包み、暖かい寝室へ入れておくだけですし、真冬でも好天の日は必ず出し日光浴をさせています。かめクン はガバと起き、すぐさま丘に上がって日光浴を始めます。

 この日光浴が、長年 無事冬眠を続けてきたコツになっています。それでも ここ2年は連続して冬眠明けの春先に首筋に「おでき」(皮膚病)が出来てしまいました。

 とりわけ この冬は、冬眠中の水質管理に大変気を付けています。そのせいもあって、機嫌よく熟睡している かめクン です。


 我が家に美術作品は殆どありませんが(笑)亡き母と行った「山下清」作品展覧会で購入した「トンネルのある風景」の公式絵葉書を、ミニ額縁に入れて飾っています。

 この「トンネルのある風景」は、亡き母の故郷である福島県 いわき市を描いています。そして この「トンネルのある風景」が、我が家の小さな小さなギャラリーなのです。

 気圧計・温湿度計・時計が掛けてあるだけの、インテリアを抑えたシンプルな我が家ですが、それ故に山下清 画伯の作品「トンネルのある風景」がアクセントになっています。

 なにかと慌しい年の瀬。小さなギャラリーも丁寧に掃除して新年を迎える、我が家の年末風景の一コマです。

Year‐End Ranking

公開 : 
  1. 第 1 位 ( 8)
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]
    ♪ドラマの主題が表現された情感へ訴える旋律のリフレインを、NHK交響楽団とリズムトラックでサンプリングした大河ドラマ・テーマ音楽の傑作。

  2. 第 2 位 ( 8)
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  3. 第 3 位 ( 6)
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  4. 第 4 位 ( 6)
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌

  5. 第 5 位 ( 4)
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌


 2006年も年末を迎え、このブログの更新は今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2006 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2006年 1月 6日 第155回ランキングから、2006年12月22日 第205回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。

 期間内のリストイン総曲数は 39曲。年間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲数が 12曲と記録されています。

 今年の年間ランキングの選曲理由は、次の通りです。

 年間 1 位は、小六禮次郎が制作した 大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽。

 【1位 8週 登場27週】

 年間 2 位は、中島みゆき「銀の龍の背に乗って」。

 【1位 8週 登場11週】

 年間 3 位は、ナナムジカ「僕達の舞台」。

 【1位 6週 登場14週】

 年間 4 位は、伴都美子「鵺の鳴く夜」。

 【1位 6週 登場 9週】

 年間 5 位は、 GARNET CROW「まぼろし」。

 【1位 4週 登場10週】

 以上の通り、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。

 今年は、最も長く1位を記録(8週)した楽曲が 2曲ありました。ルールに従い登場週数が多い「功名が辻」テーマ音楽を、年間1位と確定。もう1曲の中島みゆき「銀の龍の背に乗って」は、年間ランキングに自動選曲され、年間2位と決定しました。

 年間3位から5位に関しては、選曲条件をクリアした楽曲の中から1位週数のデータを軸として改めて慎重に選曲し、1位週数・登場週数を参考データに順位を決定しました。

 今年最も美しい5曲の内訳は、ドラマ主題歌 4曲、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽 1曲 となっています。

 3年連続インストゥルメンタルのテーマ音楽は年間1位でしたが、ドラマ主題歌も 4曲を占めました。

 またリストイン総曲数と選曲条件をクリアした1位楽曲数が、共に過去最少となっており、美しい放送音楽を紹介していく「週間選曲リスト」の選曲に苦労した1年でしたが、年間選曲リストはレベルの高い5曲が選曲されています。

 5年半続いた小泉純一郎内閣は終焉を迎え、秋篠宮悠仁親王殿下 ご誕生という41年ぶりの慶事があった 2006年。『年間ランキング』公開をもって今年の更新が終了し、このブログは年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2006年12月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。