思い出のメロディー 2003年 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第33回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SING LIKE TALKING“Hello”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    GABALL ~ feat.Joanne「幸せの表現」
    TSB YTV・ドラマ「14ケ月」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「茂七の事件簿3 ふしぎ草紙」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪1位 2週、登場 5週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所」主題歌
    ♪瀬尾一三らしいラストのリフレインにポイントがあるアレンジの佳曲。


 9日 放送されたNHK「第35回 思い出のメロディー」は、なかなか見応えがありました。昔の出場歌手は、昭和20 ~ 30年代に活躍したナツメロさん(笑)ばかりだったのですが、だんだんと出場歌手もストライク ゾーンに入る様になってきました(笑)。

 1969年(昭和44年)から始まった「思い出のメロディー」は別名「夏の紅白」と呼ばれています。

 NHKにおいて通算回数が番組タイトルに入る音楽番組は、もはや年末の紅白歌合戦と、この「思い出のメロディー」だけです。毎年 登場する歌手や その年のテーマに沿って登場する歌手など、人選は慎重に行われています。

 また この「思い出のメロディー」出演を機に再結集や再結成するグループ歌手も多く、一昨年(第33回)は ザ・ドリフターズ。昨年(第34回)は ヴィレッジ・シンガーズが「目玉」になりました。今年(第35回)にはザ・ゴールデン・カップスが再結成されて「長い髪の少女」を熱唱しました。

 この「思い出のメロディー」は、総合テレビ・衛星第2テレビ(BS2)の他、ラジオ第1放送さらに海外向け国際放送「NHKワールド・プレミアム」「NHKワールド ラジオ日本」で同時放送され、音楽番組として紅白歌合戦と同じウェイトがあります。

 ただラジオ中継が ラジオ第1放送になったのは 1999年からです。それまではNHK-FMで時差放送されていました。

 前々から思っていましたが「紅白」も「思い出のメロディー」も、音楽放送波のNHK-FMにより生中継すべきではないのでしょうか? ラジオ第1放送とFMが同時放送でも、特に問題はないと思います。

 今回もイモ欽トリオのトチりは、相変わらずで おもしろかったし、ジョー山中は、遂にNHKに出してもらえたし(笑)一番良かったのは、やはり尾藤イサオ「あしたのジョー」でしょうか(笑)。仲間由紀恵の司会も なかなか堂に入っていて、久々に本格的「歌番組」を堪能しました。

 これからも「思い出のメロディー」は、夏の紅白として放送を続けていって欲しいと願っています。


(追記) 2008年 第40回の「NHK 思い出のメロディー」から録画収録の放送に変更しました。その後 2011年 第43回の「NHK 思い出のメロディー」は、大阪からの生放送。そして2013年 第45回から、また生放送に戻りました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2003年08月15日 の週間選曲リストと『 思い出のメロディー 2003年 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。