FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第34回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SING LIKE TALKING“Hello”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    GABALL ~ feat.Joanne「幸せの表現」
    TSB YTV・ドラマ「14ケ月」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    諫山実生「恋花火」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」8 ~ 9月 オンエアー曲
    ♪5分間に“1曲”のみフル オンエアーしている透明感のある美しい楽曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌


 今年は「冷夏」のようです。関東甲信越地方の梅雨明けは、今月 2日と相当遅れましたし、その梅雨寒が真夏にも続いている感じです。思い起こすと我が人生最大の冷夏と言えば、1993年の「タイ米 冷夏」に間違いありません。エルニーニョ現象による長雨 と 日照不足のため、水稲は 全面的な不作となり、コメの全国作況指数は、74 の著しい不良となってしまいました。

 タイから加工米が大量に輸入され、仕方なくタイ米を国産米と同じ様に炊飯してみると、加工米のせいかパサパサで なにやら臭気もあり、子供の頃から白米のご飯を主食としてきた私には、未だトラウマ(笑)となっている体験でした。今年は、それほどでないにしろ、ここ長野市内も 12日から 19日までの最高気温が 25℃前後と、大変しのぎやすい日々となっています。

 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」も、いつもなら大活躍の季節なのに、少々元気がありません。かめクン にとっての真夏は、日差しが強すぎるため、あまり日光浴をしたがらず、エサを たくさん食べるのが常です。しかし 今年は、春先の様に 毎日 日光浴をしたがります。食べるエサの量も あまり増えず、連日 少しずつ食べ残しています。

 我が家では、日光浴を充分にさせ、冬は冬眠させる飼育法を採っています。たくさんのエサを元気一杯に食べる真夏にとった栄養は、皮下脂肪を蓄え、次の冬眠への栄養保存につながり重要なのです。冬眠中は、その保存した栄養を少しずつ消化しながら生きていきます。ミシシッピ アカミミガメの体は、冬眠が出来る様に仕組みが出来ているのです。

 ミシシッピ アカミミガメの場合、生命にかかわる水温(デッドライン)は 0℃以下です。たくさんのミシシッピ アカミミガメがいる、長野市・善光寺大勧進の放生池も、一面 氷が張る真冬は池の底に潜り込み、水温が安定している状態で冬眠します。冬眠中は一切エサを食べません。逆に高温の場合、35℃程度を超えない限り、長時間でなければ平気です。

 うちの かめクン は、室内飼いですが冬眠をさせ、出来る限り自然な形で飼育しています。室内飼いでは、冬眠をさせないほうが良いとの説もあります。10年以上飼っている経験から、この程度の冷夏なら大丈夫だと解っていますが、冬眠をきちんとする かめクン にとって、暑い真夏は 大切な季節なのです。この冷夏は やはり少々心配です。


(追記) 今年のコメの全国作況指数は「90」の著しい不良でした。 2011年 1月から、かめクン の飼育方法を 加温飼育に切り替えました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年08月22日 の週間選曲リスト と『 2003年は冷夏 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。