FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第87回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「新選組!」劇中効果音楽 [服部隆之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Rin’「八千代ノ風」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
    ♪若干アレンジに癖があるが いかにもテレ朝 東映系「木曜ミステリー」の主題歌仕様な佳曲。


 『第28回 オリンピアード競技大会』が、8月30日 閉幕しました。

 最後の男子マラソンでは、トップを走っていたブラジルのデリマ選手が、暴漢に襲われる前代未聞の走行妨害がありました。私も生中継を視ていて大変驚きました。マラソンなどのロード競技で絶対に起きてはならない事です。

 35キロ地点付近まで金メダル確実だったデリマ選手でしたが、この妨害で3位にまで下がってしまいました。しかし、デリマ選手は最後まで怯まず完走し銅メダルを獲得。デリマ選手の精神力と陽性の心が全世界に伝わり、特別メダルをIOCから授与されています。

 また陸上競技の男子ハンマー投げの金メダリストがドーピングで失格。銀メダルだった室伏選手が繰り上がり 金メダルを獲得しています。

 【アテネ夏季五輪優勝記録:陸上男子ハンマー投げ・室伏広治 選手「金メダル」】

 17日間に渡った競技で、なんと合計16個の金メダルを日本選手は獲得。五輪の歴史に残る感動的な大会となりました。

 【獲得総メダル数:金 16 銀 9 銅 12】

 金メダル16個は、あの伝説の1964年 東京夏季五輪に並び史上最多タイ記録です。

 まさか当初こんな素晴らしい夏季オリンピックになるとは思ってもいませんでした。現地で夜間行われた競技のライブ視聴は、日本時間深夜から夜明けになってしまいましたが大変見応えのあるアテネ大会でした。

 またインターネット時代の本格的な到来もあって、家庭のPCから主要ポータルの五輪特集や速報への訪問者は 約870万人を数えています。このブログでも金メダル16個を獲得した選手名を、しっかりと放送記録させていただきました。

 これからもオリンピック毎に、このブログで金メダル獲得全選手を「五輪優勝記録」として、週間放送視聴日記へ記録していきたいと考えています。

 昼夜逆転のオリンピック放送をライブで視聴した皆さん、本当に お疲れさまでした。ありがとう!日本選手団!


(追記) 9月23日 横浜で行われたスーパー陸上で、室伏広治 選手への金メダル授与式が行われました。授与式には、五輪と同じ表彰台が用意され、招待された銀メダリストのイワン・ティホン選手と共に上がりました。室伏 選手には、金メダルとオリーブの月桂冠が授与されています。

第88回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌
    ♪編曲は 松浦晃久。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    Rin’「八千代ノ風」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    松たか子「時の舟」
    SBC TBS・日曜劇場「逃亡者」主題歌
    ♪ストリングスの刻みとバックコーラスを上手く合わせた佳曲。


 昨年から続けている約300本に及ぶテレビ番組ビデオテープの整理。だんだん疲れてきましたが(笑)未整理は 3割ほどに減りました。

 整理だけでも この苦労ですから、このアナログ ビデオテープを全てデジタルのDVDへ移し替える事は、さらに大変な作業に違いありません。アナログテープ・デジタル化の道は遠いのです(笑)。

 今週は その整理のかたわらに昨年放送されたNHK教育「趣味悠々・鶴太郎流 墨彩画塾」(2003年 7月 ~ 9月・本放送)の録画を視ました。

 将棋・囲碁を始めとするNHK教育テレビの趣味講座。これは 学校放送・語学講座に並ぶETV三本柱のひとつです。鶴太郎流 墨彩画塾は、そのETV趣味講座の歴史の中でも高い支持を集めました。

 講師は、俳優であり画家の片岡鶴太郎。生徒には、高橋英樹・田中好子・仁科亜季子・岩崎宏美ら有名俳優・歌手が 4名と極めて豪華な出演者構成です。

 全編とにかく おもしろいです。スーちゃん は 絵を描くのが初めてらしく、第1回 放送の「あじを描く」では まるで古代文明の壁画(笑)の様な墨彩画を描いていたのが、ドジリながらも毎回どんどん上手くなっていきます。あの高橋英樹 氏も子供の様に夢中になって描いています。

 やはり誉め上手の鶴太郎 講師の技なのか? 今までの趣味講座の中では群を抜く構成の素晴らしさです。特に第11回「落款を作る」では、落款が絵画作品の一部と考え、その落款の制作を講座に取り入れています。視聴者に画を描く趣味の楽しさも確実に伝えていました。

 圧巻は、最終回「卒業作品」の制作の後、あの高橋英樹・田中好子・仁科亜季子・岩崎宏美の4名が「別れたくない」「もっと続けたい」と全員泣くのです。

 ETV趣味講座の最終回で、生徒が号泣するのを視たのは初めてでした。視聴者からも大反響で、その後続編が放送されました。私も放送資料としてテキストを入手し保存しています。

 ETVを全く視なかったり、中にはチャンネル設定も しない方もいますが(笑)NHK教育テレビこそテレビ文化の根幹を支える放送だったと思っています。


(追記) この「趣味悠々・鶴太郎流 墨彩画塾」は、全回の録画をデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。 2010年12月に、総てのアナログ録画テープのデジタル化が完了しました。

第89回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    松たか子「時の舟」
    SBC TBS・日曜劇場「逃亡者」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]
    ♪心へ緩やかに染みていく情緒的旋律なテーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪1位 5週、登場11週。


 このブログで何度か指摘しました、少子高齢化の人口動態によるラジオの聴取者層の変化。FM長野リスナーとして、いつキー局のTOKYO FMやJFNCが、その変化に対応していくのか? 注目しています。“JET STREAM”で既に対応の核は出来ているのです。その変化の流れなのか「NHKラジオ第1放送」の人気が確実に高まっています。

 日本のラジオ放送は、1925年(大正14年)3月22日に社団法人 東京放送局(JOAK)の「仮放送」(仮施設からの正式放送)で開始しました。

 1926年(大正15年)8月20日には、大阪放送局(JOBK)名古屋放送局(JOCK)と合同で社団法人 日本放送協会を設立し 全国ラジオ放送がスタート。そして 1931年(昭和6年)3月 1日 都市放送(ラジオ第2放送)の開始と共に分離された「NHKラジオ第1放送」が誕生しました。

 以来 大平洋戦争を越えて現代に至るまで脈々と放送が続いており、特に24時間 正時の時報とNHKニュースは、全国のラジオリスナーに深く浸透し、6時30分からの「ラジオ体操」12時15分からの「昼のいこい」22時からの「NHKジャーナル」いずれも長年に渡り しっかりと定着しています。

 そして「ラジオ深夜便」です。

 午前0時に放送終了していたNHKラジオ第1は、1988年(昭和63年)昭和天皇のご容体放送から事実上の終日放送に入りました。

 そして平成時代を迎え「特集・ラジオ深夜便」と銘打ち、断続的な放送編成から ゆるやかに始まった このNHKラジオ初めての深夜放送番組は、現在聴取者数的でも圧倒的な人気を誇っています。

 とにかく原則的に 1年365日 生放送。「眠くなったら、いつでも寝てください」という優しさと、地震は震度1でも速報する安心感は、それまで気付かなかった新しいラジオの機能性を十分に引き出しました。

 沢山のファンもいて、中には毎日放送される全国各地の「日の出の時刻」を記録し続けているリスナーも多く存在しています。

 NHKラジオ第1放送は、現在「ラジオ名人寄席」や「音楽の泉」などの名物番組を除き ほとんどが生放送で送出。重大事件発生時は、即座にテレビ放送音声の同時放送に切り替わるのも大きな特徴です。

 最も歴史があるNHKラジオ第1放送は、FM長野リスナーの私でさえ時には頼りにしてしまうほどの安定性で、日本のラジオ放送の基準器的役割を果たしています。


(追記) 2011年 4月から、平日の「ひるのいこい」は 午後12時20分からの開始となりました。

第90回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    松たか子「時の舟」
    SBC TBS・日曜劇場「逃亡者」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌
    ♪1位 2週、登場13週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    カズン「風の街」
    NHK BS2・紀行番組「列島縦断鉄道12000Km ~ 最長片道切符の旅」主題歌
    ♪シンプルなメロディラインだが多様な劇伴アレンジにも耐えられる佳曲。


 長野県内には、県域の民放ラジオが 2社あります。ひとつは FM長野(長野エフエム放送)。もうひとつ が SBCラジオ(信越放送)です。

 SBCラジオは、1952年 放送開始の老舗AMラジオ局で、地元・信濃毎日新聞社と同じ企業グループとして密接に連携しています。大きなニュースがあった時の速報報道は定評があり、県民から長く信頼も得ているラジオ局です。

 現在 土曜午前に「つれづれ散歩道」を放送している武田徹 パーソナリティは、私が長野県内で唯一尊敬している放送人です。この信州の地において、リスナーと送り手 そして地元スポンサーを しっかり結び付ける才能は特筆すべきものがあります。

 武田徹 パーソナリティは、過去あの「SBC歌謡ベストテン」を企画・制作。音楽チャート番組への鋭い理解もある全国的にトップクラスのラジオ・クリエイターだと思います。坂橋克明 アナは 毒舌ですが(笑)SBCラジオを背負っているトークの才があるアナウンサーです。

 どうもFMとAM。FM長野とSBCラジオは あまり交流がありません。これはFM長野開局の経緯、とりわけ長野県の民放FM申請一本化の経緯に根があると言われています。

 FM長野は、独立した県域単営ラジオ放送局です。私は、信濃毎日新聞社が松本のFM長野を、きちんと重視して欲しいと願っています。

 FM・AM各波の特性が生かされ明確な住み分けをして、最新ニュース・音楽番組・トーク番組が県内リスナーに充分提供される事こそ理想です。信州のラジオの世界が発展的に構築された姿を、FM長野とSBCラジオに具現してもらいたいものです。


 21日に、第2次 小泉内閣改造がありました。

 午後3時4分、細田博之 官房長官が閣僚名簿を発表しています。テレビ各局は、昼過ぎから特設ニュースや報道特別番組を放送しました。

 竹中平蔵 金融財政担当大臣は 金融担当を離れ「郵政民営化」特命事項担当兼務の財政担当大臣となり、小泉内閣誕生以来、民間人で閣僚に留まる竹中大臣の重要さが増してきた感じです。

 このブログでは、今回から組閣ごとに重要閣僚のランキングとなる官報掲載の「内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位」を記録していきます。

 今回の内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・細田博之 内閣官房長官、2位・谷垣禎一 財務大臣、3位・麻生太郎 総務大臣、4位・中川昭一 経済産業大臣、5位・町村信孝 外務大臣 となっています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2004年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。