FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第650回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Natalie Imbruglia“Instant Crush”

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Lady Antebllum“Long Stretch Of Love”

  4. 第 4 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    BSフジ・ドラマ「リゾーリ&アイルズ ~ ヒロインたちの捜査線」劇中効果音楽 [James S.Levine]
    ♪劇伴の使用は抑制されているが驚くほど洗練されている。


 最近 ブログ サービスの廃止・廃業が相次いでいます。更新の実績を積み上げてきているブロガーは、私の様にWORDPRESSを使って 独自ドメインとレンタルサーバーでの運営に乗り換えており、ブロガー脱落者を含む他の方々は、殆どがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)へ移ってしまいました。

 そのSNSの世界も、2011 SNSの現状という題で、このブログに書いた4年前と比較すると だいぶ変わってきています。

 2012年に退会したmixiは、その後 SNSの王座をFacebookに明け渡し、営業利益をゲーム開発に依存してしまい、ピュアなSNSとしては すっかり過疎化が進んでしまいました。

 twitterのほうは、全盛期と比べると若干陰りが見えてきましたが、まだまだ人気を博しています。私のアカウントもフォロワーも430名を超えました。

 ただ厳密に分けると twitterは SNSではなく、ブロガー適性と投稿保存性に希薄な方が集まるマイクロブログに類するかも知れません。

 Facebookは、世界でも日本でも今のところSNSの王座です。しかし、利用者の伸びには頭打ち傾向が見られ、またSNSの衰退期に入る時に現れる広告スペースの急増や、運営者による仕様の細かい改悪も目立ってきています。ブログ的には アカウントを休眠させている状態で利用していません。

 LINEは、社会問題になるほどネット弱者に至るまで深く浸透してしまっています。ですが ネット草創期にあった「チャット」と大きな変化はなく独創性がありません。

 最近では官公庁に至るまで、実質的な連絡にLINEを利用していますが、個人情報保護さらに国家機密保護の観点からも、一(いち)私企業のSNSに依存していくのは いかがかと思います。

 メールのやりとりなら空いた時間を利用出来ますが、LINEを必須とする社会環境に身を置いておらす、またリアルな時間を拘束するLINEが とても鬱陶しく感じるので(笑)このブログ的に プライベートでも一切利用していません(笑)。

 Googleさんが始めたGoogle+(プラス)は、サイトの著者情報との結びつけや、YouTubeなどのアカウントとの結びつけなど、あの手この手で利用を促しましたが 結局 上手く行かず、昨年には著者情報との結びつけを廃止。さらに今年 YouTubeやフォトサービスとの結び付けまで廃止してしまいました。

 私の場合、SNSとリアルな友人・知人関係は リンクして考えています。連絡なしでフォローを切ったり アカウントを廃止した場合は、その時点で友人・知人の関係も切ったと判断します(笑)。ドラスティック過ぎるかも知れませんが、そのほうが意外にも個人的には楽なのです(笑)。

 個人ブロガーの私としては、SNSのウエイトを この程度でしか感じていません(笑)。私からのネット発信は、引き続き 650週を迎えた このブログ更新に集中していきたいと考えています

第651回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Natalie Imbruglia“Instant Crush”
    ♪アルバム“Male”1曲目に収録。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Lady Antebllum“Long Stretch Of Love”

  4. 第 4 位 ( △ )
    BSフジ・ドラマ「リゾーリ&アイルズ ~ ヒロインたちの捜査線」劇中効果音楽 [James S.Levine]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]


 先日 ある保存済みの録画ファイルを探していたら、奇妙な録画を発見しました。タイトルには“kazoku”と書いてあります(笑)。

 「なんじゃこりゃ(笑)」と思って再生してみたところ驚きました。1966年から1980年まで毎週日曜午後に TBS系で放送されていた「家族そろって歌合戦」の録画だったのです。

 録画したり その録画を保存した記憶が全くありません。しかもファイルは、歌合戦の歌唱部分が殆どカットされ、例の肝心な部分(笑)のみ綺麗に編集されていました。

 「家族そろって歌合戦」は、一般視聴者参加の音楽番組で、家族3名が動物の名前のチームを組み、1回戦・準決勝・決勝と トーナメントの勝ち抜き方式により、家族同士が歌唱で対戦していきます。

 私が 小学生の頃に全盛期だった人気テレビ番組でしたが、当時から強く興味を引かれたのは、歌合戦よりも会場のステージに大きく掲示されたトーナメント表でした。

 2チームが唄い終わった後、真ん中に女性司会者を挟んで漫才師の獅子てんや・瀬戸わんや が こうコールします。「審査員の皆さん!スイッチをどうぞ!」すると、高木東六・笠置シヅ子・市川昭介らの審査員が一斉に手元のスイッチを押します。

 するとトーナメント表のヤグラをチーム名の動物の絵が、生演奏のファンファーレと共に上がっていき、ファンファーレが終奏した瞬間に、負けたチームの動物の絵が上がっていったヤグラから落ちてしまい、それて勝敗が判るという仕組みです(笑)。

 録画ファイルには、家族の歌が無視され(笑)肝心な部分(笑)である、そのトーナメント表の部分のみ決勝まで重点的に録画されていました。

 審査員長の高木東六 氏は、オペラ・管弦楽などクラシックから童謡・歌謡曲までこなす、オールマイティの著名な作曲家でした。茨城県北茨城市出身で、私が卒業した中学校の校歌も作曲しています。

 同じく審査員の笠置シヅ子 女史は、美空ひばり と双璧をなすと言っても過言ではない、戦後の荒廃した日本社会に圧倒的な歌唱力とダンスパフォーマンスで、彗星の如く現れた歌謡界のブギの女王でした。

 映画にも活躍の舞台を広げて一世を風靡しましたが、突然 総ての歌手活動を止めて早期に引退。この家族そろって歌合戦のみ、審査員として専業で出演していました。

 録画を視てみると「審査員の皆さん!スイッチをどうぞ!」の直後、パーンしてくるカメラに向かって笠置シヅ子 女史は、毎回 にこやかに笑いながらカメラ目線でスイッチを押しており、さすが専業審査員という感じです(笑)。

 ところが結果が出た後の講評になると 笑顔が一変して、素人家族チームに対して なかなか辛辣な音楽的批評を加えています。

 当時はトーナメント表も電動ではありません。ヤグラには溝がついていて、動物の絵は 裏方さんが手で動かしており、時折 溝から人の影もチラチラ映っていました(笑)。

 「家族そろって歌合戦」は、TBS系列の全国ネット番組でしたが、各地方都市から毎回会場を変えて放送し、その会場をサービスエリアとする地方テレビ局が制作・著作となるユニークな放送形態でした。

 それにしても このデジタル化されているファイル、録画・保存した記憶が全くありません。謎の録画ファイルですが(笑)この「家族そろって歌合戦」審査風景と、トーナメント表を重点的に録画してある 実にマニアックな録画ファイルは、謎のまま保存を続けたいと思っています。

第652回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Natalie Imbruglia“Instant Crush”

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( △ )
    BSフジ・ドラマ「リゾーリ&アイルズ ~ ヒロインたちの捜査線」劇中効果音楽 [James S.Levine]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」劇中効果音楽 [川井憲次]
    ♪テーマ音楽のレベルに匹敵する様な、スキャットとコーラスによる美しい劇伴がある。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Lady Antebllum“Long Stretch Of Love”


 5年起きに行われる国勢調査は、10年毎の大規模調査と、その合間の簡易調査に分かれます。今年の「第20回 国勢調査」は 簡易調査で、いつも悩む(笑)住宅の床面積の合計などの調査項目がありません。

 そして今回の国勢調査から、全国規模でインターネットによる回答が可能になりました。我が家でも初めてネット回答を選択してみました。

 10日に 操作ガイドと ID・初期パスワードの入った封筒を、調査員の方が届けてくれました。その操作ガイドを読むと、9月20日までの間に回答を送信しろと書いてあります。

 国勢調査とは、回答内容が 10月 1日現在の事実であるべきなのに、少なくとも10日以上 前倒しして回答を求めています(笑)。20日までに回答送信がないとネット回答はキャンセルされ、調査員による紙調査に切り替わるそうです。

 そこで 我が家では、14日にネット回答をしました。とにかく冒頭に国勢調査のサイトへは、URLを手打ちしないと入れず ちょっと閉口しましたが、調査自体は 約10分ほどで終了し 紙調査よりは楽な感じでした。

 そして終了時に ID・パスワードの確認があり、10月 1日になった時点で変更が必要な場合は、10月31日まで回答の修正が可能だと知り、今 送信したのは 回答の予約みたいなものかと理解した次第です(笑)。

 国勢調査の後は、いよいよ、社会保障と税の共通番号「マイナンバー」が やってきます。

 私個人的には 所得を真面目に申告し、健康保険から表彰を受けるぐらい税は完納していますから、マイナンバー制度の必要性には あまり疑問を持っていませんが、その制度自体よりも実際送られてくるマイナンバーの12桁の数字配列が少し気になっています。

 実は2002年から始まった住民票コードの際、送られてきたコード番号に自分の生年月日と類似した配列があり、念のため住民票コードを変更してもらった経緯がありました。

 今回のマイナンバーは 住民票コードと異なり、よほどの理由がないと変更には応じないとかで、生成されるマイナンバーの数字配列が少し気になっています。

 私は、すっかりペーパードライバーになった運転免許証の他に、住民基本台帳カードや松本市の市民カードも有しており、スーパーマーケットやドラッグストアー発行のポイントカードに至るまで、この手の身分証明カードが大好きで(笑)長野県と日本国にも県民証と国民証を発行しろと、密かに思い続けているほどなのです(笑)。

 ですから 先日 財務省から提示された、マイナンバー個人番号カードをポイントカードの様に使って、消費税の低減税率分の還付をする途方もないアイデアには、その実現性の問題点より大変面白味を感じてしまいました(笑)。

 私にとってマイナンバー制度最大の疑問は、マイナンバー個人番号カード交付時に、所有している住民基本台帳カードを返納しなければならないという点で、両方持っててもいいじゃないか? と 未だに思っています(笑)。

 マイナンバーの通知カードは、原則として住民登録の住所地に送られてくるため、受け取れない人が相当発生すると危惧も広まっていますが、正直に納税し 今回の国勢調査にも現に住んでいる場所は 住所地とネット回答している私としては、制度自体の懸念よりも送られてくるマイナンバーの数字配列が気になっているのです(笑)。

(追記) 週間放送視聴日記(2015年11月20日)に、マイナンバーがやってきたを掲載しました。

第653回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Natalie Imbruglia“Instant Crush”

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BSフジ・ドラマ「リゾーリ&アイルズ ~ ヒロインたちの捜査線」劇中効果音楽 [James S.Levine]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・ドラマ10「デザイナーベイビー ~ 速水刑事、産休前の難事件」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪スキャットやストリングスの和声が際立つ劇伴群。


 6年前と 同じでした。先週の仕事は大変慌しい1週間で、特に 18日(金曜)は予定の訪問をすると、まだ相手が帰宅してないとか(笑)誰もが忙しく 飛び回ってる感じでしたが、翌日から突然(笑)5連休 となってしまいました。

 9月第3月曜日である21日(月曜)が「敬老の日」。23日(水曜)が「秋分の日」。その間の22日(火曜)は、国民の祝日に関する法律 第3条3項の規定が適用され、国民の「オセロ」休日(笑)となり、19日から 23日まで「シルバーウィーク」が成立しました。

 このシルバーウィークの連休には、暑かった夏も過ぎ去り、松本市内は朝晩の最低気温が 12度台まで下がってきました。

 このブログでもおなじみ、我が家で飼っているミシシッピアカミミガメのご存じ かめクン も、25回目の夏を元気に過ごしました。今週から新しく取り替えた保温ヒーターが 飼育ケースに入っています。やはり朝方は稼動しているらしく、かめクン も安心して熟睡している様です。

 飼い主のほうも(笑)新品に取り替えた電気毛布を 布団の間に既に入れており、スイッチをオンにすれば、いつでも稼動出来る様にしてあります。

 電気毛布に関して 電磁波を気にする方もいますが、FMラジオの電波も肩こりの磁気治療器も電磁波の一種です(笑)。また心臓疾患などでペースメーカを付けている患者さんにも、電気毛布の使用は認められており、低温やけどに気をつけながら、冬場の暖かい睡眠は 電気毛布を頼りにしています。

 ブログ的には この連休を利用して、Basic List週間選曲リスト・ルール」の補充を行いました。ルール自体には 全く変更点がありません。1位週数と登場週数だけで、この週間選曲リストの累積資料要素が総て表現されている独自基準の項目について、詳しく説明するため新たに補充しました。

 この様に我が家では、冬支度をしながら かめクン と たっぷり遊んだり、昼寝をしたり お寿司を食べたり(笑)と、シルバーウィーク5連休を穏やかに過ごす事ができました。いくつかある連休の中で、このシルバーウィークが1番楽しめます。

 では次のシルバーウィークは いつなのか? と調べると、2026年だそうです。さらに次の次は 2032年です。次が11年後とは何やら残念な気もします。やはり「秋分の日」の位置関係が難しく連休成立まで至らない様です。

 秋分の日そして春分の日は、他の祝日と異なり国立天文台の観測結果がファクターです。太陽の回りを地球が1周する際、視黄経180度を通過する「秋分点」視黄経0度を通過する「春分点」の日時で決定します。

 「秋分の日」の変更は ほぼ不可能ならば、シルバーウィークが発生しやすい様な法制化は出来ないものでしょうか? 次のシルバーウィークが やって来るまでの11年間に、なんとか実現してもらいたいものです。ちなみに国立天文台 暦計算室が算出した今年の秋分点は、9月23日 午後 5時21分でした。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、25日に 31万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2015年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。