FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第61回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  2. 第 2 位 ( △ )
    DREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」
    SBC TBS・日曜劇場「砂の器」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    茉樹代「桜咲くまで」
    SBC MBS・ドラマ30「桜咲くまで」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・日曜劇場「砂の器」劇中効果音楽 [千住明]
    ♪劇中で使われるクラシック小品と、遜色なきピアノ協奏曲「宿命」がリスト対象。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    上原多香子「ブルー・ライト・ヨコハマ」
    NHK総合・連続テレビ小説「てるてる家族」挿入歌
    ♪レトロさを感じさせないフェミ二ンなヴォーカル。


 信州の厳冬も ようやく緩んできました。厳冬の中で目覚め春の準備を始めた、我が家で大切にしている白梅の盆栽は、先駆けの1 ~ 2輪が開花を始めました。長野市内は まだ寒い日が続いてますが、今年も我が家へ春の到来を知らせてくれました。

 晩秋の頃には、葉が全て散り 寒々とした枝だけの姿になりますが、正月を過ぎた辺りから、たくさんの花の蕾を少しずつ膨らませます。我が家の盆栽は、一年中 屋外のベランダに置いています。寒中に花の準備をする白梅は、やはり大したものです。

 昨年 仲間に入った山紅葉の盆栽は、ひと冬 赤く細い枝のままの姿でしたが、先日 僅かに葉の芽を吹き始めたのを確認しました。無事 1年目の冬越しが 出来ている感じですので、一応安心しました。植木市を転々とした後、縁あって昨年やってきた山紅葉の盆栽でしたが、白梅の盆栽の隣で落ち着いた日々を過ごした様です。

 ベランダに草花の鉢を置く人が多いのですが、1年草あたりですと厳しい冬を前にして生命が終えてしまい、なにやら可哀想な気がします。そこで厳しい信州の冬でもベランダで越年が可能な、白梅と山紅葉の盆栽ふたつに絞って育てています。

 やはり白梅の盆栽だけでなく、山紅葉の盆栽が加わると、ベランダも少し賑やかになります。白梅と山紅葉が対になっていて、とても良い感じです。

 冬の間休んでいた本格的な毎日の水やりも再開しました。苦労してやってきた山紅葉の盆栽には、微量要素含有の肥料や栄養剤(笑)を きちんと与えていきます。充分青葉が繁った後、この秋に綺麗な紅葉を魅せて欲しいと思っています。

 我が家で飼っている、ミシシッピ アカミミガメの かめクン の冬眠も まもなく明けます。最近の かめクン は、毎日必ず起きてガチャガチャ(ケースの水の部分をガチャガチャ足で掻く)をするように なっています。まるでかめクン から、冬眠明けを連絡している感じです(笑)。

 冬眠が明けると、かめクン に少しずつエサを与えていきます。ずっと空っぽだった消化器官を守るため病院の回復食の様に、毎日ゆっくりと量を増やしていきますが、だいたい2日目あたりから、ガチャガチャもっとくれとリクエストをしてきます(笑)。

 信州の春は、厳しい冬が優しくなっていく事から始まります。暖房器具など全く真冬なままですが、我が家の生き物達は、それぞれのタイミングで、春を感じ始めています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年03月05日 の週間選曲リストと『 初越冬した山紅葉の盆栽 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。