FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第61回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  2. 第 2 位 ( △ )
    DREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」
    SBC TBS・日曜劇場「砂の器」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    茉樹代「桜咲くまで」
    SBC MBS・ドラマ30「桜咲くまで」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・日曜劇場「砂の器」劇中効果音楽 [千住明]
    ♪劇中で使われるクラシック小品と遜色なきピアノ協奏曲「宿命」がリスト対象。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    上原多香子「ブルー・ライト・ヨコハマ」
    NHK総合・連続テレビ小説「てるてる家族」挿入歌
    ♪レトロさを感じさせないフェミ二ンなヴォーカル。


 4日のNBS長野放送(フジ系)木曜劇場「白い巨塔」第19回 放送のラスト・シーンは、テレビ史に残る名場面でした。

 傍聴席で絶叫した柳原 第一外科医局員役の伊藤英明は、まさに「一世一代の名演技」と言い切る事が出来るかも知れません。

 このラストシーンでは、法廷内で演じていた俳優・女優達の目が実に印象的でした。

 まず混乱する法廷の中、慌てて制止しようとし突き飛ばされた後、柳原 第一外科医局員を思わず見上げた竹内 第一内科医局員(佐々木蔵之介)の驚きの目がありました。

 さらに亀山 元第一外科看護師(西田尚美)の まるで予期していたかの様な哀感に満ちた眼差しと、東 教授(石坂浩二)の憐憫をたたえた目には、見事なコントラストを構成していました。

 そして対照的に「ドアホッ!」と恫喝した時の財前又一(西田敏行)から発する怒りの目付きは、コミカルな演技から離れた強烈なインパクトがありました。

 これら各俳優・女優達の「目の演技」は、僅か十数秒の間でしたが最高水準のカメラワークで捉えています。この凄まじい法廷劇は「白い巨塔」最大の見せ場でした。「白い巨塔」の視聴率は 遂に 25%(関東地区)を超えてきています。

 提供スポンサーのクレジットが入っても、放送芸術の域まで達している素晴らしいタイトルバックに象徴されるように、この秀逸なドラマ全体を貫いているのは、加古隆が創り上げた類例なき劇伴音楽効果なのです。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」の冬眠が まもなく明けます。最近の かめクン は、毎日必ず起きてガチャ(ケースの水の部分をガチャガチャ足で掻く)をするように なっています。まるでかめクン から 冬眠明けを連絡している感じです(笑)。

 もう5ヶ月近く何も食べていない かめクン ですが、大変元気です。昨年は冷夏で栄養不足を心配しましたが、無事 冬を越した様です。天気の良い日は必ず日光浴させて、冬眠明けに備えています。


 このブログは、商品紹介などアドセンス関連を極力控えていますが、自分の愛用しているラジオぐらいは、きちんとメーカー・品番を掲載しても(笑)問題ないのでは? と考えています。

 ポータブルのラジオは、SONYのICF-M260を一番愛用しています。

 地元の地方局を お聴きになっている皆さんには、正面にプリセット選局ボタンが 5つに限定され使いやすいラジオです。簡便な おやすみタイマーが装備され、オフ時にはデジタル時計も表示します。

 音質は良く、FM長野を このラジオで聴くと当然モノですが、大変気持ち良くリスニング出来ます。値段も廉価ですので お薦め出来ると思います。

 このブログでは、アドセンスの例外として(笑)私の愛用しているメインラジオや録音機種を、折を見て ご紹介していきます。


(追記) 週間放送視聴日記(2014年 8月29日)で、メインラジオとして、チボリ オーディオ モデルワン(Tivoli Audio Model One)を紹介しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年03月05日 の週間選曲リストと『 白い巨塔 第19回 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。