FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第731回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    OKAMOTO’S「時差」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「嘘なんてひとつもないの」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    re:plus“Yourside”
    BS JAPAN・ドラマ「真夜中の百貨店 ~ シークレットルームへようこそ」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    NTT東日本 テレビCMソング [小田和正]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪1位 2週、登場13週。


 全国でAMラジオのFM補完中継局の配置が進んでいます。ですがJFN加盟局の春改編からは、特段の危機感などは感じられません。もはや出尽くし感が先行して覆っているのかも知れません。そんな春のラジオ改編の成功例として、この時期になると思い出す番組と言えば、QR文化放送の「決定!全日本歌謡選抜」です。

 LFとTBSに聴取率的に差をつけられた1976年の春に、QR文化放送は「第2の開局」と銘打った大改編を実施します。それは 人気パーソナリティだった片山竜二 氏をTBSから引き抜いて、朝ワイドを担当させるなど大胆不敵な全面改編でした。

 この「第2の開局」の一環として不毛の時間帯だった日曜午後には、3時間半の大型邦楽ヒットチャート番組を開発します。TBSアナからフリーになった小川哲哉 氏とQR社員の丹羽たか子 アナが担当し、電話リクエストをメインデータにベスト50を決定・発表。しかも全てのオンエアー曲を完奏させるという実に独創的な番組でした。

 開始当初は野末陳平 氏に、途中ヒットチャートとは無関係のコーナーを担当させていましたが、程なく小川・丹羽のコンビが 3時間半フルで担当する様になりました。

 30名のオペレーターを配した電話リクエストを受け付けるルームと、DJブースを一体化した「情報コントロールセンター」から、小川 氏の有名なタメ口ゲストインタビュー(笑)も含めて、これでもかというほど新譜情報を流しまくり、ラスト1時間にベスト50を発表。ベスト10はフルコーラスでオンエアーしました。

 開始数年で空前の人気番組になり、30名のオペレーターを擁しても電話がパンク状態で、最盛期には東京都内で末尾8番の方などと、実に細かい末尾制限を設けて電話リクエストを受け付け、3時間半の間には上位曲に関して、前半とベスト10で2回オンエアーする、通常番組ではあり得ない事も平然と行っていました。

 ベスト50は、電話リクエスト集計と全国民放16社の順位に基づき、決定!全日本歌謡選抜の実行委員会が決定します。この実行委員会は「不二家歌謡ベストテン」におけるニッポン放送音楽委員会と類似性があり、重要な仕組みを構成しています。

 順位決定に関して番組プロデューサー・ディレクターなどへ、レコード会社やプロダクションからの圧力を避けるため、責任の所在を分散する機能が実行委員会だったのです。但し 丹羽たか子 アナは、数年前の雑誌インタビューで、実行委員会のメンバーが たった 3名だけだったと告白しています(笑)。

 また番組で紹介される全国民間放送16社の順位は、ベストテンと注目曲1曲だけで、この程度のデータ集計では総合 30位前後までが精一杯だし、電話リクエストの順位情報に至っては、8時だヨ!全員集合のヒゲのテーマをBGMに、なぜか順位を明確にせず、小川 氏が独走とか接近とか まるでマラソン中継の様なリポートをしていました(笑)。

 さらに人気が高まるとHBC北海道放送・SF東海ラジオ・OBCラジオ大阪でも、決定!全日本歌謡選抜が トヨタ自動車1社提供でスタートします。

 ところが同時ネットではなく、それぞれの局が別のパーソナリティを擁し、独自に電話リクエストを受け付けて、なぜかベスト50は全く同じという不思議な放送形態でした(笑)。この各局のベスト50が全く同じという事実は、当時の私が 遠距離直接受信により、この耳で確認しています。

 ベスト50の発表では、50位から1位までに総合点1275点を割り振り、女性歌手が紅組、男性歌手が白組として対抗戦を行い、勝った組へリクエストをしたリスナーには、抽選で賞品が当たるお楽しみもありました。とにかくQR文化放送は、この紅白対抗によるヒットチャートが好きで(笑)歌謡紅白人気投票や歌謡紅白ベストテンなど従前から放送していました。

 ベスト10とベスト3にはファンファーレが鳴り、順位発表の瞬間にはオペレーターの拍手。実行委員会が手計算で集計しているのに、なぜか当時あった大型コンピューターの稼働音BG、そしてイントロ幅に合わせた完璧な順位紹介アナウンスと、実に形式美に富んだ内容でした。

 まさか2本録りで配信していた(笑)全国歌謡ベストテンの様に、ベスト50を順位発表アナウンスの原稿と共に事前決定して、HBC・SF・OBCに予め配布していたという事はないと信じています(笑)。

 当時のアイドルブームに乗って白組が数十連勝しても、小川 氏が「今週も白組の勝利でした!」と何の迷いもなく堂々と発表していたくらい(笑)形式美を守りスタイルを変えなかったのが「決定!全日本歌謡選抜」だったのです。

 この頑なに開始当初のスタイルを守る姿勢は、例えば前半の数年間は年間ランキング発表がなく、年末年始もレギュラーのベスト50を淡々と発表しており、後半になって やっと年間ランキングの発表を始めましたが、なんとレギュラーベスト50の前の1コーナーとして行っていました(笑)。

 この年間ランキングの発表システムは、決定!全日本歌謡選抜の後番組“SUPER COUNTDOWN 50”で やっと昇華します。

 あまりにも見事なフォーマットのため番組終了時の寂しさも格別です(笑)。ベスト10の振り返りでエンディングを迎えテーマ音楽が終わり、丹羽 アナが「この番組は愛される車を目指すトヨタ自動車の提供でお送り致しました。」とコールした瞬間からです。QR文化放送から、一気に哀感に満ちた寂しさが漂います。

 トヨタ自動車からマルキン自転車へ(笑)超ローカルなCMが流れた後、局アナとして残った丹羽 アナが 今日の都内の天気など軽く紹介し「この後はサウンドスポットでお楽しみください。4時半になります。ジェイオーキューアール。」とコールされると日曜の喪失感に苛まれます。このまま菊正宗の辛口名人会まで聴いていると、さらにブルーは深まるのです(笑)。

 長年担当した小川哲哉 氏は番組降板の後で、RFラジオ日本で演歌番組など担当していましたが、すっかり姿を見せなくなりました。あの歌手インタビューで魅せた馴れ馴れしさは(笑)第2の開局文化放送として、決定!全日本歌謡選抜開始前の紹介番組の時から始まる天性のものでしたが、全く消息すら知れません。

 結局あの第2の開局で定着したのは、最も独創的だった「決定!全日本歌謡選抜」だけでした。最近のラジオ改編には独創的だと思わせる新番組が皆無に近い中、4月になると この「決定!全日本歌謡選抜」を思い出します。

 「さ。お待たせ致しました。全国民間放送16社の順位と皆様からの電話リクエスト集計により、決定!全日本歌謡選抜の実行委員会がここに決定した第468回 ベスト50の発表です!」。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年04月07日 の週間選曲リストと『 決定!全日本歌謡選抜 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。