FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第336回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Linkin Park“New Divide”

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]
    ♪同じ和音を繰り返しながらアレンジで変化をつける独特な和声と調性。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]
    ♪1位 5週、登場28週。


 このブログにも簡易なアクセス解析が入っており、専用サーバを使用されている官公庁から ご訪問された場合は、どこの官庁か? 解る仕組みになっています。総務省・防衛省・厚生労働省に、このブログを ご愛読されている方が いらっしゃいます。心から感謝申し上げる次第です。そして先週 遂に「内閣総理大臣官邸」からアクセスがありました。

 もちろん検索エンジンからの一見さん(笑)ですが、その検索ワードを見て驚きました。「不二家歌謡ベストテン」について、お調べになられていたのです。ラジオチャート番組に、ご興味をお持ちの高級官僚の方がいると解っただけで、私は嬉しいです。では遅ればせながら「不二家歌謡ベストテン」を、詳しく説明させて頂きます。

 不二家歌謡ベストテンは、JOLFニッポン放送で日曜朝 放送されていた、最も人気がある邦楽ラジオチャート番組でした。放送時間差をおいて、名古屋の東海ラジオ放送・大阪のABC朝日放送でもネット。放送開始が、1966年12月。まだオリコンが創業する前から、不二家歌謡ベストテンは、歌謡曲の正確なヒットチャートを毎週発表していました。

 聴取率は、最盛期に 20%を超え、在京局トップの人気番組でした。.テレビ全盛の時代になっても首都圏の日曜の朝は、この番組を聴きながら朝食をとったり、目覚まし代わりで起き出す習慣が広がっていたほどです。そして他局を含めて前後の番組でも、ヒットチャート番組が放送され、日曜朝の時間帯が 最新ヒット曲を聴くゾーンに開発されていました。

 不二家歌謡ベストテンは、リクエスト・レコード売上・有線放送・ジュークボックスの人気などを基に、ニッポン放送音楽委員会が、毎週の順位を決定します。順位は原則として、20位まで発表していました。ジュークボックスの人気まで集計していたのは この番組だけで す。LFニッポン放送では、7位より上位曲を、ほぼフルコーラスでオンエアーしていました。

 そして最終の順位決定権が 「ニッポン放送音楽委員会」にある事は、重要な仕組みを構成しています。人気番組の権威ある順位のため、番組プロデューサーなどへレコード会社やプロダクションから直接圧力がかからない様に、順位決定に関する責任の所在を分散していたのです。委員会の合議にすれば、誰が順位を決めたと問われなくなります。

 リクエストは、1社提供である不二家のチョコレートの空き箱に書いて送っても可。そうするとプレゼントがグレードアップします(笑)。ベスト 3予想の「順位ファン予想投票」も毎週実施。私は 1回だけ当選した事があります。当選賞品の番組特製のトレーナーが、LFではなく東京の大手デパートから直送されてきたのを覚えています。

 6月最終週には「上半期ベストテン」12月最終週に「下半期ベストテン」さらに翌年 1月第1週に「年間ベストテン」を きちんと発表します。この下半期ベストテンを発表していたのは、全国のラジオヒットチャート番組でも、不二家歌謡ベストテンだけでした。順位は、毎週のベスト 20に独自の配点をし、同点の場合は同順位とするほど、純粋に集計していました。

 その年間・上半期・下半期ベストテンの集計得点の配点は、番組できちんと公開されていました。毎週発表したベスト 20に対して、20位が 1点 19位が 2点と、11位まで 1点刻み。10位は 12点と ここから 2点刻みとなり、6位が 20点。5位は 23点と さらに 3点刻みとなり、4位・26点 3位・29点 2位・32点 そして 1位が 35点です。

 ちなみに 1時間前に放送されていたTBSラジオ「森田公一の青春ベストテン」の年間ベストテンの配点は、20位 1点からオール1点刻みで 1位が 20点でした。ですから この不二家歌謡ベストテンの上位加重の配点方式は 実に独特なもので、下位長期ランクイン曲が必要以上に有利となる年間チャートの構造欠陥を、当初から理解していた事を物語っています。

 この公開された配点と、毎週きちんとノートにつけていた順位記録から、事前に 上半期・下半期そして年間ベストテンの順位を、正確に予想してしまうコアなリスナーが多く存在しました。上半期・下半期・年間ベストテンの順位ファン予想投票は、いつも正解者数が 10名を超えていたものです。この人達こそ、不二家歌謡ベストテンの真のファン リスナーでした。

 私は不二家歌謡ベストテンの 10周年記念特番も聴いた思い出があります。確か土曜日の夕方の放送でした。前述の配点方式による総集計で、10年間トータルのベスト 50を発表。1位は、千昌夫「星影のワルツ」でした。この時 返信用切手を番組に送って、この10周年記念の資料を貰った記憶も残っています。

 この番組は 長い間、ロイ・ジェームス 氏が担当。日本人より流暢な日本語を話す放送タレントの方でした。特に番組途中のミニコーナー「ロイ・ジェームスの歌謡メモ」は、何か問題のある人気歌手がいると、その問題を取り上げ徹底的に批判。非常に辛口の芸能コラムを放送していました。このコーナーがあってこそ、リスナーは 発表される順位に信憑性を感じていたのです。

 ロイ・ジェームス 氏は、咽頭癌のため 53才の若さで お亡くなりになる最晩年まで担当し、その間ずっと首都圏ラジオ聴取率 1位をマークしていました。「不二家歌謡ベストテン」こそ、我が国 邦楽ラジオチャート番組の最高峰だと思っています。今回のアクセス記録は、記念に保存しておきます。首相官邸からのアクセス、誠に ありがとう ございました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2009年07月17日 の週間選曲リスト と『 不二家歌謡ベストテン 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。