FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第337回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Linkin Park“New Divide”

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ
    ♪1位 2週、登場 6週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    DREAMS COME TRUE「三日月」
    NBS フジ・ドラマ「救命病棟24時」挿入歌 ~ 第1シリーズ主題歌
    ♪10年ほど前の曲だがドラマ劇伴で輝く秀でたアレンジ。


 22日に 奄美地方を中心として『皆既日食』がありました。

 日本国内(陸地)では 46年ぶりの皆既日食となります。松本市内でも 食分 74・9%という深い部分日食を雲間から観測出来ました。

 奄美で最も長い皆既時間となる「悪石島」は あいにくの強雨。屋久島や奄美本島でも雨天のため皆既を観る事が出来なかった様です。

 ただ1個所、NHKが中継クルーを出した東京都 小笠原村(郡名なし)の「硫黄島」が見事に晴れ渡りました。NHK総合は、素晴らしいダイヤモンドリングを始め、皆既日食の模様を全国に生中継しています。

 結局 私は仕事と足の痺れなど体調のせいもあって、奄美へ日食の観望には行けませんでした。そこで この日は仕事を休み、部分日食とテレビの生中継を観ていたのです。

 私が長年テレビを視聴してきた中でも、五指に入るほど感動的な生中継でした。思いがけず NHK総合テレビで「硫黄島」からの美しい皆既日食 生中継を観る事ができ 大変満足です。

 私は、日食・月食・水星や金星の日面(太陽面)通過という天体現象が大好きで、いつも楽しみにしています。ですが前回の皆既月食も曇天で 近年なかなか天候に恵まれません。

 2012年に本州を横断する大規模な「金環日食」があります。そして国内で観られる次の「皆既日食」は 26年後の2035年 9月 2日。私の人生の最終目標と言っても過言ではない その日、皆既帯が ここ長野県を通過します。


 21日の衆議院本会議で河野洋平 議長が、午後1時04分に解散詔書を朗読。衆議院が解散されました。

 日本国憲法公布以来 22回目。帝国議会を含む憲政史上では 40回目の解散になります。

 2005年 8月の「郵政民営化」解散による総選挙以来、300を超える大議席を守ってきた与党勢力の施政に対し、改めて国民の審判が下ります。

 憲法 第54条の規定で、解散の日から40日以内に総選挙を行わなければなりませんが、政府が閣議決定した投票日の8月30日(日曜)は 解散から ちょうど40日目。1日でも総選挙を先送りしたい与党の心理が見える様です。

 自民党の歴史において最も激しかった派閥抗争と言えば 1979年。造反につぐ造反の末に総理大臣指名選挙が、大平正芳 総裁と福田赳夫 前副総理、自民党ふたりの決選投票になってしまった「40日抗争」。激動の政変劇が繰り広げられた40日間でした。

 今回の40日間で国民の意思は どの様に形成されていくのでしょうか? 政権交代の可能性を含んだ、近年にない重大な総選挙へ遂に突入しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2009年07月24日 の週間選曲リストと『 奄美皆既日食 と 衆議院解散 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。