FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第692回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」テーマ音楽 [Murray Gold]

  4. 第 4 位 ( △ )
    朝崎郁恵「あはがり」
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「新日本風土記」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ★ )
    kokua「黒い靴」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「ふれなばおちん」主題歌
    ♪スガサウンドを飛び離れて伝統を感じるロック佳曲。


 このブログは、Googleが提唱している“AMP”( Accelerated Mobile Pages )を搭載しました。

 AMP とは、モバイルの読み込み・表示を高速化する特別なページ設定です。提携した大手ニュースサイトなどが先駆けて導入していましたが、この個人ブログも思い切って“AMP”を搭載しました。

 AMP は、従来のウェブアプリケーションの様に、新たな技術を加えるものではありません。乱雑するソーシャルボタンやJava Scriptを削ぎ落として、コンテンツを有する本来の静的ページのスタイルに戻し、表示スピードを高速化しようという考え方です。

 ですから正規の AMP と認められるため、Google さんの定めた厳しい基準に適合するのは大変難しかったのですが、このブログの AMP ページは、AMP HTMLと構造化データ共に合格しています。

 このブログの AMP ページの最大の特徴は、通常のモバイルブログページと全く同じデザインにした点です。他のサイトの AMP ページは、削ぎ落とし過ぎて(笑)通常ページと全く違った画一的なデザインになってしまったりするのですが、元々静的ページであったため どうにか同一デザインの維持が出来ました。

 ただ問題点も残っています。それはアクセスカウンターの表示です。適合と認められた AMP ページは、世界に散らばる Googleサーバに AMP キャッシュとして保存されます。保存したキャッシュを利用する事により、ページをこれまで以上に素早く表示できる訳です。

 ところがキャッシュを保存する事で画像も保存されてしまうため、カウンターがキャッシュ時の数字で固定されてしまうのです。これではアクセスカウンターが AMP ページに関して機能しません。

 そこでカウンター画像のURL末尾に秒単位のタイムスタンプを加えてあり、違う画像だとGoogle さんに解らせる工夫がしてあります(笑)。今までは これでカウンターのキャッシュを防いできました。AMP でも効果があるのか解りませんが、実験としてそのまま続けています。効果がなければ別の方法を考えます(笑)。

 このブログでは、WORDPRESSのプラグインなしで、独自に AMP ページを作り上げました。通常のURLに“ ?amp ”というパラメーターを付けると AMP ぺージにアクセスできます。

 そこで自主開発の AMP ページならではの新たな実験をしてみました。AMP ページは個別記事(シングルページ)だけが対象ですが、このブログでは、コンテンツを有するページ総てに AMP 機能を搭載しました。

 6月17日 シングルの個別リスト 704ページに AMP をまず搭載。Googleでのキャッシュ開始が確認された後の 21日に ベーシックリストぺージ。24日には トップページ。26日には年間ランキングのベーシックリスト。そして27日には 全リスト保存の月間アーカイブ 162ページへも AMP を搭載しました。

 もちろん総ての AMP ページは、AMP HTMLと構造化データ共にノーエラーで合格しています。トップページの AMP が、キャッシュされるかどうかは解りません。ただGoogle さんは、個別記事ページ以外の AMP 普及も薦めていますし、あくまでも お試しで搭載しました。

 朝令暮改が大好きな(笑)Google さんの事ですから、AMP がこれから何年続くのか予想がつきませんが、Google さんとは仲良くやっていくポリシーの元で推奨に乗り(笑)実験的な意味合いも込めて、ナビゲーションを除く全ページに AMP を搭載してみました。

 このブログの自力で組み上げたHTML5とCSS3は、私にとって田中久重の万年時計の様な存在だと、以前書いた事がありました。さらにその先にある究極の個人ブログを目指して、全ページ完全SSL化と AMP 搭載を遂に実現しました。


(追記) AMPページのアクセスカウンターは、新たに搭載された“ampーliveーlist”機能によって、常時最新のカウンター数字を取得し表示しています。

第693回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」テーマ音楽 [Murray Gold]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    kokua「黒い靴」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「ふれなばおちん」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Red Hot Chili Peppers“Dark Necessities”
    ♪EBとPf.の和音が実に印象的な調性が整った佳曲。


 1988年の開局時を除いて、4月以外にFM長野で改編があったのは、2005年と2008年の 2回ですが、いずれも秋10月に行われており、7月というのは約29年間で初となるイレギュラーな自社番組改編です。

 全国のJFN加盟局を調べると、ここ数年に関して 7月改編や 1月改編は全くないわけではなく、55分間以下の番組などで散見される様になってきましたが、自社制作の生ワイドの 7月改編は、やはりレアなケースです。

 新しい平日夕方の生ワイド「ラジモ!」。どこかで聞いたネーミングだなと思い出してみると、全国短波放送のラジオNIKKEIで、2013年末まで使われたモバイルコンテンツのマスコット「ラジモ」と感嘆符以外同一語彙でした(笑)。

 北九州のCROSS FMについて書いた8年前のブログに、厳しい経営環境の中で、編成(放送)部と営業部を ひとつにする組織改革をし、一種の「本部」体制で乗り切ろうというFMラジオ局も存在するほどだと書いた事がありましたが、なんとFM長野も今年 2月の組織変更で放送営業本部体制を採用しました。

 民放FM局では技術セクションが、従来よりも遥かにステーションの要となりつつあります。やはりFM補完放送にSBCラジオが、最終的にどの様な対応をするのか? 大変気になるところです。

 RBC琉球放送では、58年間ラジオマイクの前で語り続けたアナウンサーDJ・仲地昌京 さんが、6月30日の「こんばんは!仲地昌京です」最終回を以て、レギュラー番組を降板しました。沖縄のラジオにとって大きな出来事でした。

 名古屋のJOSF東海ラジオでは、19年続いていた長寿番組「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」において、リスナーからのメッセージを紹介する生放送中に、パーソナリティーがアシスタントに傷害の罪を犯す前代未聞の事件が起こり、パーソナリティーは逮捕され、6月29日で番組が打ち切りになっています。

 個々の番組のコンセプトも大切ですが、高度の責任が明確な中でステーション全体のコンセプトやテーマをきちんと定めて、そこに個々の番組編成を合致させていく統一した流れも重要です。FM長野には良質な番組がいつまでも聴ける様な、10年後 15年後を見据え安定した穏やかな自社制作を期待しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
  (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2016年 7月 現在

  1. 【1】ラジモ!
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・向井優・大久保ノブオ・本間香菜子・成美・ダイナマイトマンダム・唐木さやか

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】clap!
       金 0730 ~ 1049
       高寺直美

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1100 ~ 1200
       高寺直美

 開局時(1988年10月)から 28年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第694回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」テーマ音楽 [Murray Gold]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]
    ♪洗練された和音と旋律が際立っている佳曲が揃う劇伴群。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Red Hot Chili Peppers“Dark Necessities”


 10日 投開票の『第24回 参議院議員通常選挙』は、自民・公明の連立与党が改選議席の過半数を超え、改憲支持とされる党派が憲法改正の発議に必要な3分の2の議席を確保しました。

 【獲得議席数:自民 56 民進 32 公明 14 維新 7 共産 6 社民 1 生活 1 無所属 4】

 今回1名減員となった長野県選挙区の当選者は、民主党と維新の党が合流により誕生した民進党 1となっています。27年続いた無風区から一転して 57万対 49万という大激戦になりました。

 今回もテレビ・ラジオの開票速報は、投票締切の20時ジャストに「出口調査」による予測を一斉に発表しました。従来 民放はズバリ予測中心値を発表していましたが、NHKが続けてきた予測幅表示に切り替わるケースも目立ちました。調査主体が共同通信社とNHKに二極化し、各局共にほぼ同じ様な予測とヘッドラインを打ってしまうのが原因だと思われます。

 NHKは、8時ジャストからの1分間に 92名もの議席当確を打ちました。3年前は比例当確判定に45分間をかけていましたが、今回はそんな事お構い無しに(笑)比例区で 48名中 40名の議席当確が一気に打たれました。出口調査による当確判定は、もはやリミットがない状態となっています。

 NHK総合で毎晩深夜に続けてきたウィンブルドンテニスの男子シングルス決勝は、Eテレに移り 22時から生中継を行いました。またNHK BSは、開票速報特番を組まず、民放BS局も開票速報の長時間編成から離脱してきています。

 NHK―FMでは、ラジオ第1放送と同時に開票速報を、19時55分から翌朝 5時まで長時間放送しました。当確速報伝統の(笑)チャイム音や全国基幹局からのリレーリポートなど古き良き開票速報スタイルが健在でした。急所になるとテレビと同時(T-Rスルー)もしくは時差放送になり非常に解りやすかったです。

 我が家でも音声は、今回初めてメインのチボリ オーディオ モデルワンから、NHK―FMの開票速報を聴いていました。やはりテレビの開票速報は、ドキュメンタリーやディベートが多くなってしまったのが、ラジオ回帰の気持ちを起こさせたのかも知れません。

 FM長野では、20時55分と 22時55分からからのFM長野ニュース(JFN)で 2回。23時からはJFNネットの開票特別番組を放送しましたが、今回も長野県区の当選・当確情報は、翌朝7時30分からの“OASIS 79・7”フラッシュ ニュースまで ありませんでした。

 開票速報を視聴していると減員の1人区で野党統一候補が、長野・新潟・宮城・福島とコンスタントに勝ちを拾っていた印象もありました。ところが自民・公明の連立与党の改選過半数突破さらに改憲勢力の3分の2到達など、その印象と実際の勝者が異なっています。

 これにはトリックめいたものがあり、減員区では 元々 民進が議席を持っていたため、当選しても議席を増やした事にはならず、減らした自民は 東京・神奈川などの増員区や複数区で、手堅く2名当選などカバーしたからに他なりません。また1人区全体では、22勝11敗と自民が大きく勝ち越しています。

 2度目の政権獲得から安倍 首相は国政選挙で負け知らずです。2014年12月の総選挙では 日中首脳会談を上手く利用し、今回の参院選は 消費税増税延期でアベノミクスの陰りを巧みに消しました。

 選挙権が満18歳まで引き下げられた初の国政選挙で、戦後初めて憲法改正発議が可能な議席を、改憲勢力は獲得しました。次の参院選までの3年間そして衆議院任期満了までの2年半に発議をしないと、安倍 首相は あの世から祖父の岸信介 元首相に怒られるかも知れません(笑)。

 世論調査で最も多い「憲法改正賛否どちらとも言えない」は、まず発議対象となる具体的な改憲条項の草案を読まなければ判断が尽きかねるとの、正直な国民多数の気持ちが反映してると思われます。

 最初は相当魅力的な(笑)改憲条項草案を出してくるしか道はないと考えますが、2020年の東京夏季五輪の前に、憲法改正国民投票開票速報を視聴する事が出来るのか? 国政そして政局のスケジュールを組むことに長けている安倍 首相が、これから打っていく手筋に注目が集まっています。

第695回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」テーマ音楽 [Murray Gold]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪今シーズンも打楽器和音にアクセントがある劇伴を使用。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌


 7日に 放送タレントの永六輔 さんが お亡くなりになりました。永さんは、唯一日本人歌手によるビルボード HOT100首位獲得曲である坂本九さんの「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」の作詞者ですが、やはり最晩年にかけて数年間の無理を押した、内容の聴き取れないラジオ出演に最後まで疑問が残りました。

 公共財であるラジオ電波の私物化とまでは言いませんが、間違いなく独善的であったと思わざるを得ません。ただ永 さんがラジオパーソナリティとして実に立派だったと思うのは、番組に寄せられたリスナーからの手紙や葉書に 1通ずつ返事の手紙を出し続けた点です。

 リスナーからの誹謗であっても、住所氏名明記ならば躊躇する事なく反論の手紙を送ったのだそうです。最近のラジオ番組は、リスナーからのメッセージを制作協力の彩りとしか扱わず、頂いた総てのメールのアドレスに、1通ずつ返信メールを送っているパーソナリティなど聞いた事がありませんが(笑)永六輔 さんは、アナログな郵便という手段で長年続けていました。

 同じく総てのリスナーからの手紙に返事を出すという事を貫いていたラジオ放送と言えば、南米大陸エクアドル共和国の首都キトーから、日本向け そして南米同胞向けに短波放送をしていたHCJB「アンデスの声」日本語放送を思い出します。

 アンデスの声は、プロテスタント系のキリスト教布教を目的とした宗教放送局でしたが、実際の放送は 全く異なるスタンスでした。 短波放送は放送開始前に受信の便宜を図るため、インターバルシグナルと称するチャイム音楽を流します。宗教放送局は讃美歌あたりになりますが、なんとアンデスの声 日本語放送は「さくらさくら」でした。

 南米向け放送では、開拓に苦労している日系人のために最新の日本のニュースや話題を流し、リスナーからの手紙を読み、日本の民謡や歌謡曲のリクエストに応じていました。そしてリスナーからのメッセージに 1通ずつ返事の手紙を送り続けていたのです。

 1964年の放送開始以来、電波宣教師である尾崎一夫・久子夫妻は、宗教放送を超越し、NHK国際放送ラジオ日本でも成し得なかった、南米同胞の心の支えになるラジオ放送を長年続けてこられました。

 1996年には NHK Eテレで尾崎夫妻のドキュメント「我が思いはアンデスの峰に ~ 南米日本語放送の32年」が放送され、私は録画を保存しています。そこには尾崎夫妻が 常連リスナーからの手紙を、一人ずつ封筒式ファイルで長年完全保存していた姿も映像に残っています。

 実は このアンデスの声へ、1980年代に批判めいた手紙を私は送った事があります(笑)。南米向けと異なり日本向け放送では、宗教番組が放送時間の過半数を占めていた事に疑問を持っていた私は、それを改善しろと指摘したのです。

 無理難題以外何者でもありません(笑)。私には、FEBCなどの宗教放送にも受信報告書と共に辛辣な批判を送る、とんでもない短波放送リスナーだった頃があったのです(笑)。

 この私の批判と資料として送った新聞切り抜きに対して、尾崎夫妻から実に懇篤なお礼の返事を頂きました。その時にHCJBの尾崎 牧師夫妻は、稀にみる大人物だと善光寺信徒である私(笑)も気付いたのです。

 アンデスの声は 2000年で放送が終了し、尾崎久子 さんも旅立たれましたが、リスナーからの熱い支援は途絶える事なく、現在も週末にオーストラリアの送信所から、短波によるHCJB日本語放送は続いています。

 そして亡くなった永六輔 さんとも交流があり、尾崎一夫 牧師に対して「あなたとボクはちょうど裏と表みたいな放送ですね」と案の定カチンとくる発言を生放送でされたそうです(笑)。尾崎夫妻は 宗教放送局の電波宣教師ですが、裏表なく南米同胞を支え続けた功績により、1987年に外務大臣表彰を受けています。

 南米ブラジルでのリオデジャネイロ夏季五輪が 間近に迫る今、私は開拓移住した日系1世を中心に南米同胞の生活に寄り添う放送を毎日続けていた、エクアドルのHCJB アンデスの声放送を思い出します。仏教徒の私が言える立場ではありませんが(笑)長年親身になりリスナーと苦楽を共にした尾崎一夫・久子夫妻こそ、間違いなく天国が約束された二人です。

第696回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」テーマ音楽 [Murray Gold]
    ♪1位 2週、登場 7週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌


 暑中お見舞い申し上げます。2016年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 12日に 放送タレントの大橋巨泉 さんがお亡くなりになりました。。永六輔 さんが亡くなってから僅か5日と、まるで永 さんの後を追いかける様に、テレビ・ラジオの黄金時代は、一気に幕を引いてしまった感じがします。

 私は、巨泉 さんのジャズ番組を ラジオで聴いた事があります。知識と理論に裏付けされた高度な音楽番組でした。そして その高度な音楽性は、担当したテレビ番組にも反映されていました。

 ‘70 ~‘80年代にかけて 毎週土曜日のTBSテレビは、夕刻午後6時の料理天国から ニュースコープ → まんが日本昔ばなし → クイズダービー → 8時だヨ!全員集合 → Gメン‘75と、20%から 30%の高視聴率番組が連続して続き、まさしくTBSテレビの独壇場でした。

 特に1976年から巨泉 さんが長い間司会を勤めた「クイズダービー」は、音楽効果的にも優れたクイズ番組でした。前番組のお笑い頭の体操から引き継いだ巨泉 さんは、解答者として視聴者を参加させるのではなく、レギュラー解答者のクイズ問題の正誤を、点数を賭けさせながら当てていく、従来にないフォーマットを導入しました。

 番組開始当初は、問題ごとに藤村俊二 らのオッズマンが、その場で予想マークを打ち、そのマークの軽重を自動計算しオッズ倍率として変動表示する、実に斬新なシステムを採用していました。私は このシステムが好きだったのですが、多くの視聴者は ついていけませんでした(笑)。

 そこで巨泉 さんが事前に決めたオッズすなわち倍率ドン!(笑)で一発表示する解りやすい方式に改良。このあたりから一気に視聴率が上昇し始め、開始1年目で 20%を超える人気番組へ成長します。

 クイズダービーで特筆すべきは、エンディングの音楽効果です。

 最終問題の結果が出て、司会席から巨泉 さんが離れ解答者と談笑を始めます。そのあたりから、まるでチャイムでも鳴るかの様に、ゆるやかにエンディング テーマ音楽が流れ始めます。

 そして出場者席を回りながら結果を振り返るあたりには、エンディング テーマ音楽は、フルオーケストラによる実に美しい和声を有した旋律となって 2度繰り返し流れます。その旋律から一気に大転調し、ファンファーレで終奏するのです。このファンファーレは、10万点突破で くす玉が割れる際にも使用されます。

 その時 巨泉 さんは、挨拶をしながら会場のTBSホール・ステージのセンターへ進み、番組タイトルボードから映像がゆっくり引いて、センターカメラのビューファインダーまで映します。そのビューファインダーに小さく写るステージの全景は、鏡の中の鏡を視る様で不思議な形式美が存在するのです。

 このエンディング テーマ音楽は、数分後CM明けの次週予告や出場者募集の際にも また流れ、大転調後のファンファーレ部が「提供はロート製薬で ございました」とのアナウンスと共にスポンサー名を大きく表示する、実に印象的な提供クレジットの際にも使われます。

 ボブ佐久間 が作曲し、たかしまあきひこ が編曲した「クイズダービー」エンディング テーマ音楽は、我が国の テレビクイズ番組いやバラエティー番組全体でも、最も美しい和声と調性が整ったテーマ音楽でした。大橋巨泉 さんが亡くなった今、あのクイズダービーの素晴らしいテーマ音楽とエンディングを思い出します。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2016年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。