FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第347回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・報道番組「追跡!A to Z」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( △ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    松谷卓“Inscrutable Battle”
    abn テレ朝・バラエティ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Diane Birch“Fools”
    ♪サザン・ソウルの流れを汲んでいる。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE「その先へ」
    NBS フジ・ドラマ「救命病棟24時 ~ 第4シリーズ」主題歌


 30年近くに渡って録画保存してきたビデオテープ デジタル化の作業は、現在100本ほど終了しました。

 デジタル化 特有のミスのひとつに「音飛び」があります。そのため音声のモニターは、再生の最中ずっと続けていなければなりません。大変な作業の中で、先日1本の録画テープをデジタル化しました。

 名優・笠智衆が主演したNHKドラマスペシャル「今朝の秋」。山田太一 作・脚本で1987年11月26日に本放送された、テレビドラマ史上 珠玉の作品です。

 家庭と夫婦関係が破綻するほど仕事に打ち込んでいた息子(杉浦直樹)は、自覚症状が激しくなるまで病院へ行かず、末期ガンのため余命3か月と宣告されます。それを悲しみの中 受けとめ、息子と最期の日々を過ごす父(笠智衆)の深い愛情が描かれています。

 告知もされず、そのまま東京の病院で孤独な死を迎えるはずだった息子を、父はタクシーで長野県 蓼科の自宅へ連れ帰ってしまいます。そして蓼科高原 最高の季節を、息子と最期の日々として過ごすのです。

 武満徹のハイレベルな劇中効果音楽が流れる中、父と息子の病院からの脱出は、とても印象的なシーンでした。

 ふたりを乗せて東京から長野まで直行した、谷村昌彦 演ずる心優しきタクシー・ドライバーの味のある演技と共に、息子を迎えた父の自宅がある長野・蓼科の風景は 限りなく美しいのです。舞台となった父の自宅は、蓼科にあった笠智衆 本人の別荘を使っています。

 脇も素晴らしい俳優陣で かためており、日本を代表した名女優さらに文学座のフィクサーとも言える 杉村春子が、笠智衆の別れた妻そして杉浦直樹の母親役として登場します。

 笠智衆と杉村春子。小津安二郎 監督作品の頃から共演してきた、全くタイプの異なる二人による最高水準の芝居が、このテレビドラマで展開するのです。

 また杉村春子が経営する飲み屋の従業員は、文学座の教え子だった樹木希林。この杉村春子と樹木希林のコンビも絶妙です。杉村春子の一気に畳み掛ける芝居へ、芸達者の樹木希林が挑みかかる様な名演技をするシーンも視られます。

 さらに杉浦直樹と妻役の倍賞美津子は、両人とも松竹出身。その後フリーとなり映画とテレビの世界で活躍した経歴が共通しており、心が離れてしまっても夫の最期の時には結び付きを深くする夫婦を好演しています。

 このドラマスペシャル「今朝の秋」は、完全な形でデジタル化し、MPEGファイルで保存しています。


(追記) 杉浦直樹さんは、2011年 9月21日に逝去。このドラマで演じられた様な盛夏が去った後の秋の日に旅立たれました。

第348回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・報道番組「追跡!A to Z」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    松谷卓“Inscrutable Battle”
    abn テレ朝・バラエティ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    真形テルコ「空にアクロス」
    NHK BS2・紀行番組「街道てくてく旅 ~ 山陽道」テーマソング
    ♪ライトなポップさにアルトが効いている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Diane Birch“Fools”
    ♪1位 4週、登場10週。


 このブログのカウンター(ページビュー) が、7日に 10万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


 3日の国際オリンピック委員会(IOC)総会において、2016年の夏季オリンピックの開催都市が、ブラジルのリオデジャネイロと決まりました。

 立候補していた東京は、第2回目の投票で最下位となり落選。日本にとって残念な結果でしたが、やはり南米大陸初の夏季五輪開催を祝福したい気持ちです。

 それにしても1991年 6月16日のIOC総会で、当時のサマランチ 会長が世界注視の中“NAGANO”とアナウンスしたのは大変な事だったのだと つくづく思います。やはり「奇跡」の要素は あったと思うのです(笑)。

 今回のIOC総会は生中継され「電子投票」で開催都市が決定しました。

 投票締め切りのコールから僅か十数秒ほどで「開票結果」がプリントアウトされます。投票管理委員の確認署名を経て、ロゲ会長がコールするまで 1分とかかりませんでした。

 私は、将来日本の選挙総てが電子投票を実施すべきだと考えています。既に投票機械の製作会社で構成する「電子投票普及協業組合」は設立され、ここ長野県内にも登録業者が存在します。

 しかし、開発当初にあり得るシステム障害などが原因で、選挙無効訴訟を起こされた影響からか、電子投票の普及は なかなか進みません。

 それでも電子投票による地方選挙は、各地で行われています。そして その開票は投票総数が何万票でも、投票締め切りから僅か数分で終了しています。まさしく今回のIOC総会と同じです。

 もし 国政選挙の際に全国で電子投票が実施された場合、テレビやラジオの「開票速報」特番は果たして どうなるのでしょうか?

 僅か数分で開票が終了するので、出口調査の存在理由は全くなくなります。そして衆議院小選挙区の場合 300名の当選が一気に確定するのですから、まるで運転免許試験場の合格発表(笑)の様な「劇的な」開票速報になります。

 その後も劇的効果は続き、当選落選の人間模様が増幅されて放送されます。確定得票の全国紹介や結果を受けての政治討論を挟んでも、終夜放送にならず開票速報特番は終わるはずです。

 これが未来の開票速報特番の姿だと想像しています。遅々としていますが 電子投票は必ず普及していくと、今回のIOC総会を視て思いました。


(追記) 2013年 9月 7日のIOC総会で、2020年 東京夏季五輪 の開催が決定しました。


 台風18号が 8日に、強い勢力のまま長野県内を通過しました。約5年ぶりの台風県内通過です。

 午前7時頃 飯田市(960hPa)に入った台風18号は南信を縦断し、8時に諏訪市付近へ到達。9時頃 群馬県 高崎市(985hPa)方面に抜けました。

 我が家の気圧計も 9時30分頃 988hPaを記録しています。ちょうど通勤通学の時間帯だったため、FM長野は こまめに情報を伝えていました。

 強い風雨で落果などの農作物の被害に見舞われましたが、県内の人的被害は ありませんでした。

第349回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・報道番組「追跡!A to Z」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲
    ♪合唱目的の転調はあるが旋律の美しい佳曲。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    真形テルコ「空にアクロス」
    NHK BS2・紀行番組「街道てくてく旅 ~ 山陽道」テーマソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    松谷卓“Inscrutable Battle”
    abn テレ朝・バラエティ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」テーマ曲
    ♪1位 1週、登場 9週。


 ラジオ局の維持には お金がかかります。特に送信・中継施設は、定期的に大規模な更新をしないと老朽化して電波が出せなくなる恐れもあります。

 総務省は 来年度の主要税制改正要望に、AMラジオの送信施設更新後 5年間にわたり固定資産税の半額軽減で優遇する「AMラジオ放送機能維持税制」の創設を盛り込みました。

 AMラジオ局の経営不振は続いており、既に老朽化してきた送信施設の更新を円滑に行わせるため、税制で配慮してあげようという意図があります。但し この要望は 政権交代前の話です。その後の状況から 実現出来るかどうかは不透明となっています。

 SBCラジオは、平日1時間の放送休止をやめて、また24時間放送に戻しました。

 しかし深夜の聴取率は、NHKのラジオ深夜便が全国的に独走。民放全局を合算しても歯が立たないエリアがあるほどです。

 そしてNHKのラジオ深夜便には、当然の如くCMがありません(笑)。いや厳密には催し物やホームページの案内など多少のPR(Promotion Release = 宣伝)が流れています。

 全てのPRを広義的なCMに含まれると仮定した場合、民放FM局は どうでしょうか?

 まず当然タイム・スポット料金を支払ったスポンサーのCMが流れます。アーティストをゲストに呼んで新譜を放送する事も、やはり新譜のプロモーション目的なのでPRの分類です。

 さらに担当DJがタレントの場合、さりげなく挿入するスケジュール情報やイベントのお知らせもPRとなります。

 純粋なリスナーとして放送を聴けば、民放FM局で当たり前の如く流れる沢山のPRのおかげで、スポンサーによる本来のCM放送が埋没している印象は拭えません。

 公共公益性を伴わないPRばかりの放送では、リスナーも離れます。

 ラジオ局が どのくらいのPRを実質流しているのか? 「情報」という言葉へ逃げず分析すべき時期は既に到来しています。

第350回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・報道番組「追跡!A to Z」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]
    ♪1位 1週、登場10週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    真形テルコ「空にアクロス」
    NHK BS2・紀行番組「街道てくてく旅 ~ 山陽道」テーマソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    GIRL NEXT DOOR“Orion”
    abn テレ朝・金曜ドラマ「アンタッチャブル」主題歌
    ♪類例あるポップ感は耳に残ってしまうがバラード性も有する楽曲。


 CSのチャンネルNECOで毎週放送されていた、往年の名作民放ホームドラマ「気になる嫁さん」(地上波では日テレで 1971年10月 ~ 1972年 9月 本放送)が、22日に最終回を迎えました。

 確か20年ほど前、テレビ東京でリピートを視て以来 久々の視聴です。

 即決早婚をしてしまう主役・坪内めぐみ(榊原るみ)は相手に突然先立たれますが、そのまま「嫁さん」として相手の実家へ残る選択をします。持ち前の明るさで悲しみを乗り越え、本当の家族として溶け込んでいく異色のホームドラマです。

 義父・清水呂之助に 佐野周二(関口宏の実父)。長男・輝正:山田吾一。シリーズ途中から嫁いでくる輝正の妻・八重子:冨士眞奈美。社長秘書からラーメン屋台(笑)まで職歴を転々とする長女・小夜子:水野久美が演じています。

 さらに当時まだ珍しかった弱小サラ金社長の次男・文彦は、ご存じ 石立鉄男。オリンピック選手を目指す大学生の三男・力丸:山本紀彦。癖のある住み込み家政婦・たま:浦辺粂子が配役されています。

 シリーズ40回の中で特筆すべきは、第27回 放送「ただ今撮影中!」と 最終回です。

 「ただ今撮影中!」は、ドラマ本編と異なりスタジオの撮影模様を紹介。冨士眞奈美には 当時放送中の「細うで繁盛記」の台本覚えをしている場面まである(笑)全編メーキングだけの設定です。

 ところがドラマの脚本家に 三谷昇。監督は 天本英世が ちゃんとキャスティングされています。正確にはドラマのメーキングを「演じて」おり、他のドラマでは類例がない実験的エピソードだと思います。

 そして最終回では、清水家の面々が それぞれの道へ旅立っていきます。

 幻覚的な回想シーンを打ち消すため、売却済の誰もいなくなった家で石立鉄男は、空瓶の灰皿を硝子戸へ投げ付けます。その割れる音を追ってロケ地を通る小田急ロマンスカーのホーンが泣く様に鳴り響くのです。

 このラストシーンは、石立鉄男の独壇場と言える名演技も相乗し、気楽に視続けてきた視聴者へ言いがたい喪失感を与えます。

 脚本は 松木ひろしをメーンに 葉村彰子・山本邦彦らが担当。葉村彰子は、水戸黄門や大岡越前のクレジットで有名ですが、作家・向田邦子や岡田裕介 東映社長など、怱々たるメンバーにより執筆していた共同ペンネームです。

 私は、この「気になる嫁さん」を、我が国ドラマ史上五指に入る名作だと思っています。それは 大野雄二の制作したテーマ音楽と素晴らしいタイトルバックが存在するからです。

 大野雄二は、山下穀雄 先生以降の「ルパン三世 第2テレビシリーズ」の音楽担当が有名です。さらにNHK総合ローカルの紀行番組「(関東甲信越)小さな旅」のテーマ音楽は、その見事な和声と調性が心底に染み入ります。

 しかし、それらにも勝るスキャット入りのインストルメンタルで構成された「気になる嫁さん」テーマ音楽は完成度が極めて高く、終奏部の和声にもホームドラマの劇伴とは思えない程の美しさを感じます。

 またタイトルバックは、油彩画の点描を そのまま映し出す大胆かつ美的な作品です。

 日テレで本放送された頃、私は 小学生でした。ちょうど その時、生まれて初めてオーディオ カセットテープを買った思い出があります。このテーマ音楽を「録音」しようとしたのです。

 それから38年後 時代は移り、やはり全く同じ気持ちで、このテーマ音楽が流れるタイトルバックやエピソードをデジタル「録画」しました。


(追記) 「気になる嫁さん」全40回の録画は総てデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。

第351回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・報道番組「追跡!A to Z」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( △ )
    真形テルコ「空にアクロス」
    NHK BS2・紀行番組「街道てくてく旅 ~ 山陽道」テーマソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲
    ♪旋律や詞は類義的だが心底を打ってくる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    GIRL NEXT DOOR“Orion”
    abn テレ朝・金曜ドラマ「アンタッチャブル」主題歌


 いつも履いているビジネスシューズに、最近 妙な履き心地が し始めました。でも気にせず、そのまま ほったらかし にしていたのです。

 すると履き心地は だんだんと悪くなり、遂に先週 そのビジネスシューズのゴム底が すっかり剥がれているのを発見。しかも左右両方です(笑)。

 脱いで よく見てみると、ゴム底がボロボロになっていました。安物でないと思いますが(笑)こんな事は初めての体験です。

 1年程前 毎日続く左足の痺れに病院で診察を受けたところ、背骨が変形し腰部脊柱管が狭窄しているとの診断。それから治療のため歩きに歩きました。

 歩くという行為は、足の神経に正しい信号を出し続けます。私の場合 痛みはなく まだ初期の症状なので、無理のない歩行運動が大切な治療のひとつでした。

 ちょっとした事でも 車は乗らず、歩く様に努めたのです。季節の変わり目など腰が重くなる事はありますが、神経が再生されてきた様で 左足の痺れも殆ど なくなりました。

 特に万歩計は付けませんでしたが、このボロボロになったビジネスシューズのゴム底は、今までの歩数を証明してくれています。

 そう言えば最近「徒歩」紀行のテレビ番組が増えてきました。まず有名なのはテレビ朝日系の「ちい散歩」。俳優の地井武男 氏が 首都圏を ぶらり散歩してルポする番組です。

 この春から abn長野朝日放送は、全国唯一の月 → 木「完全同時ネット」になりました。このブログでも時々指摘していますが、abnはセンスのある粋な編成をします。

 またNHK BS2で春秋 2シーズンに放送されている「街道てくてく旅」は、毎朝 生放送のルポを流す老舗の徒歩紀行番組です。

 そして この10月から 遂にあのタモリ 氏が、NHK総合で「ブラタモリ」という徒歩紀行番組をスタートさせました。

 徒歩紀行番組には、妙な優しさとリアリティが同居しています。

 徒歩という一見無駄の多いロケに、沿線の人達と真の出会いや発見があるからです。またロケ中のスタッフも映像に登場する事が多く、実に自然な印象を受けます。

 何かが根本的に変わろうとしているテレビの世界で、最初に変わらないものが この徒歩紀行番組かも知れません。私は遠出の際も出来る限り、バス・鉄道など公共交通を利用し徒歩を心掛ています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2009年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。