FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第349回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・報道番組「追跡!A to Z」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲
    ♪合唱目的の転調はあるが旋律の美しい佳曲。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    真形テルコ「空にアクロス」
    NHK BS2・紀行番組「街道てくてく旅 ~ 山陽道」テーマソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    松谷卓“Inscrutable Battle”
    abn テレ朝・バラエティ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」テーマ曲
    ♪1位 1週、登場 9週。


 ラジオ局の維持には お金がかかります。特に送信・中継施設は、定期的に大規模な更新をしないと老朽化して電波が出せなくなる恐れもあります。

 総務省は 来年度の主要税制改正要望に、AMラジオの送信施設更新後 5年間にわたり固定資産税の半額軽減で優遇する「AMラジオ放送機能維持税制」の創設を盛り込みました。

 AMラジオ局の経営不振は続いており、既に老朽化してきた送信施設の更新を円滑に行わせるため、税制で配慮してあげようという意図があります。但し この要望は 政権交代前の話です。その後の状況から 実現出来るかどうかは不透明となっています。

 SBCラジオは、平日1時間の放送休止をやめて、また24時間放送に戻しました。しかし深夜の聴取率は、NHKのラジオ深夜便が全国的に独走。民放全局を合算しても歯が立たないエリアがあるほどです。

 そしてNHKのラジオ深夜便には、当然の如くCMがありません(笑)。いや厳密には催し物やホームページの案内など多少のPR(Promotion Release = 宣伝)が流れています。

 全てのPRを広義的なCMに含まれると仮定した場合、民放FM局は どうでしょうか?

 まず当然タイム・スポット料金を支払ったスポンサーのCMが流れます。アーティストをゲストに呼んで新譜を放送する事も、やはり新譜のプロモーション目的なのでPRの分類です。さらに担当DJがタレントの場合、さりげなく挿入する自分のスケジュール情報やイベントのお知らせもPRとなります。

 民放FM局なら慣習というより当たり前になっている歌手・アーティストを番組ゲストに迎えるブッキングは、リスナーからすれば、リリース楽曲やCDの宣伝目的と受け止めるのが普通なのです。その歌手・アーティストからスポンサー料的な代価を、ステーションが得ているか否かは、リスナーにとって関係ありません(笑)。

 特定歌手・アーティストのファン総数は、ラジオ聴取可能人口より、常に絶対的少数なのです。純粋なリスナーとして放送を聴けば、民放FM局で当たり前の如く流れる沢山のPRのおかげで、正規のスポンサーによる本来のCM放送が埋没している印象は拭えません。

 ラジオ メディアを単なるプロモーションPRの媒体としか見ずに、プロモーションPRがしやすい番組構成だけを考える様では、公共公益性を伴わないPRばかりの放送だけが電波から流れる事になり、リスナーも だんだんと離れていきます。

 ラジオ局が どのくらいのPRを実質流しているのか? 「情報」という言葉へ逃げず分析すべき時期は既に到来しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2009年10月16日 の週間選曲リスト と『 ラジオCM と PR 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。