FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第23回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    諫山実生「朝陽の中で微笑んで」
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「動物のお医者さん」主題歌
    ♪素晴らしいヴォーカルの声質。

  2. 第 2 位 ( △ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    TSB YTV・ドラマ「伝説のマダム」劇中効果音楽 [中村竜哉]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・海外ドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]


 私は20年以上に渡って録画してきた、約300本以上のテレビ番組ビデオテープを所有しています。しかし、もう保管の限界を超える量になってしまいました。今年から少しずつ整理する事にしています。

 そろそろテレビ録画もデジタル媒体の時代です。時系列でアナログテープへまとめて保存している、タイトルバック録画コレクションなどは、真っ先にデジタル化を考えなくてはなりません。

 そこで今週は、その録画テープ整理の傍らテレビ アニメの金字塔的作品「ルパン三世・第1テレビ シリーズ」(よみうりテレビ系・1971年10月 ~ 1972年 3月・本放送)を視てみました。

 名作「7番目の橋が落ちるとき」「タイムマシンに気をつけろ!」「脱獄のチャンスは一度」や“カリオストロの城”のベースとなった「ニセ札つくりを狙え!」など 名作エピソードが目白押しです。

 現在所有している「ルパン三世・第1テレビシリーズ」のテープは復刻版の私的録画のため「予告編」付きです。

 「予告編」では ルパン三世が「もうクリスマスだな。プレゼント決まった?」とか(笑)本放送の時期に合わせたナレーションを入れています。この「予告編」は 本放送の時だけしかオンエアー出来ないのです。

 ですから私が小学生の頃 人気が出てきた再放送では、この「予告編」がオンエアーされませんでした。本編も その斬新さが本放送時には受け入れられませんでした。平日夕方の頻繁な帯リピートで人気は静かに高まり、それが現在まで続く大きな うねりとなったのです。

 ルパン三世・山田康雄、次元大介・小林清志、銭形警部・納谷悟朗、そして峰不二子・二階堂有希子、石川五エ門・大塚周夫が当初のオリジナル・キャストでした。

 第1テレビシリーズの音楽は、私が尊敬してやまない音楽家・山下毅雄 氏が担当。主題歌「足元にからみつく」(歌:チャーリー・コーセイ)は、山下穀雄 氏の尋常ならざる独創的な和声法と音楽調性に、ブルースの要素まで加えてしまったアニメソングの最高傑作です。

 第1テレビシリーズ第1話から声優・山田康雄と小林清志は、息の合った まさに「黄金コンビ」でした。録画テープの整理を しなければならないのに、テープの録画番組に視入ってしまいました(笑)。

 このブログでは『週間選曲リスト』に加えて、私が所有している過去のテレビ番組録画の再視聴回顧も機会があれば『週間放送視聴日記』の1ページとして加えていきたいと思っています。お読み頂ければ幸いです。


(追記) この第1テレビシリーズの録画は、全話デジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。2010年12月に、全アナログ録画テープのデジタル化作業が完了しました。

第24回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    TSB YTV・ドラマ「伝説のマダム」劇中効果音楽 [中村竜哉]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    諫山実生「朝陽の中で微笑んで」
    ABN テレ朝・ドラマ「動物のお医者さん」主題歌

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・海外ドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]
    ♪1位 2週、登場10週。


 録画テープの整理を今週も続けています。その整理の傍ら また懐かしのテレビ ドラマを視てしまいました(笑)。

 浅野温子が主演した「沙粧妙子 最後の事件」(フジテレビ系・1995年 7月 ~ 9月・本放送)。人間の「悪意」と「理性」を主題とした異色の刑事ドラマシリーズです。もう今では、この様な踏み込んだドラマは制作できないかも知れません。

 「ツイン・ピークス」の影響を受けたかの様な変死体映像の美的効果や、劇中で使われる“薔薇の花びら”に象徴される猟奇殺人が、次から次と描かれているため放送倫理上 限界点のドラマ作品と看做されています。

 しかし、それらを大きくクリアしてしまう、圧倒的な劇伴音楽効果によって相乗したストーリーの展開が、このドラマの強い魅力でもあるのです。

 主役の沙粧妙子 役に浅野温子。池波技官:佐野史郎、松岡刑事:柳葉敏郎、高坂警部:蟹江敬三、妹・沙粧美代子:黒谷友香が客演しています。

 佐野史郎と蟹江敬三は、1990年のNHK大河ドラマ「翔ぶが如く」で有村俊斎(海江田信義)・大山格之助(大山綱良)という薩摩 維新志士の中では屈折した役回りのコンビでした。しかし、このドラマでは決定的な敵同士の展開になります。

 蟹江敬三は、往年のドラマ「Gメン’75」シリーズで日本サスペンスドラマ史上最兇の犯人役・望月源治を演じています。その蟹江敬三が、このドラマでは最後まで筋の通った高坂警部を演じ、視聴後ある種の感慨すら残ります。

 また池波技官を演じた 佐野史郎にとっても、全出演テレビドラマの中で この「沙粧妙子 最後の事件」こそ、彼の底知れぬ演技力が最も発揮した作品だと思っています。

 未だ再放送も少なくDVDにならず、異端のサイコスリラーという評判を このドラマは超えられずにいます。それでもなお素晴らしい作品と言い切れるのは岩代太郎の創った劇伴音楽が、ドラマ全編を貫いているからなのです。テーマ音楽を始め劇伴音楽ひとつ ひとつの完成度の高さは最高水準に達しています。

 名優・佐野史郎の独壇場となった、凄惨な第10回ラスト6分間にフルで流れたテーマ音楽は、タイトルバックと並んで鮮やかな程 美しく、岩代太郎の音楽なくして「沙粧妙子 最後の事件」が成立しない事を、この1点だけでも証明しています。

 「沙粧妙子 最後の事件」は、テレビドラマにおける劇伴音楽の重要性を強く認識できる作品です。


(追記) この「沙粧妙子 最後の事件」の録画は、第10回(1995年 9月13日)と最終回(1995年 9月20日)の本放送を、放送資料としてCMカットせずデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。 2010年 6月「沙粧妙子 最後の事件」のDVD-BOXが発売になりました。

第25回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    TSB YTV・ドラマ「伝説のマダム」劇中効果音楽 [中村竜哉]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    諫山実生「朝陽の中で微笑んで」
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「動物のお医者さん」主題歌
    ♪1位 3週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS フジ・ドラマ「顔」タイトルバック テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪約40秒ほどのオープニング タイトルバックの音楽は和声が整った佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]


 16日に 落語家の春風亭柳昇さんが お亡くなりになりました。。

 私の大好きな落語家のお一人でした。柳昇 師匠といえば演目「与太郎戦記」「雑俳」が有名です。特に「与太郎戦記」は、おかしくも正確に柳昇 師匠の出征兵士体験を描写した新作落語の傑作です。

 私は、NHKの衛星放送で1時間この「与太郎戦記」の完全版を視聴した事があります。落語で途中言い淀むのが味になるのは柳昇 師匠だけでした。

 小学生の頃に視た よみうりテレビ(日テレ系)の演芸番組「お笑いネットワーク」の柳昇 師匠も忘れられません。言い淀む というよりも10秒以上沈黙してしまう事が何回もあり(笑)その場でネタを創作しながら、途中で何度も やり直している様な とてつもない落語でした(笑)。

 沈黙の最中 観客の どよめく様な笑い声と、ご本人の「へへ」と短く笑った声が耳について離れません(笑)。子供ながらに凄い落語家さんだと思いました。

 現在のラジオ放送は、音楽を娯楽番組の中心に据える編成が広く普及しています。しかし、終戦直後から昭和30年代までのラジオ放送は、落語が娯楽番組の中心でした。毎日の様に寄席中継が放送され、有名落語家が各ラジオ局と専属契約を結んでいたほどだったのです。

 これから第1次ベビーブームに生まれた最初の団塊の世代が、一斉に定年を迎えます。この世代の子供の頃は まだテレビは普及しておらず、連日 落語が放送されていたラジオの黄金時代でした。

 第1次ベビーブームで生まれた最初の団塊の世代が、一斉に定年となった時こそ、少子高齢化の流れがテレビ・ラジオの視聴傾向に押し寄せる第1波となるかも知れません。


 台風5号が気になってNHKラジオ第1放送を聴いていたら、19日 午前9時のニュースは あの「ためしてガッテン」小野文惠アナウンサーが担当していました。彼女のラジオニュースを私は初めて聴きました(笑)。

 NHKの場合、朝の全中(全国中継)ラジオニュースは昨夜からの宿直アナウンサーが原則として担当します。となると小野文惠アナは宿直勤務だったのでしょうか?

 テレビのレギュラー番組を受け持っている職員アナウンサーは、年末年始などを除いて全中ラジオニュースのシフトを組みません。台風なので動員された可能性もありますが珍しいシフトだと思いました。

第26回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング
    ♪作詞・曲・編曲は 上田現。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    TSB YTV・ドラマ「伝説のマダム」劇中効果音楽 [中村竜哉]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「顔」タイトルバック テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]
    ♪ドラマで劇伴音楽群の美しさが光る。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Michelle Branch“Are You Happy Now?”
    ♪正統派Female Rockの佳曲。


 2003年は上半期が終了し、早くも折り返し点を迎えます。そこで『2003 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。

 年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。「週間選曲リスト・ルール」年間ランキング要項に基づき、初めて上半期順位を確定・決定しました。

 年間ランキング(上半期順位)の選曲条件は、1月第1週から12月最終作成週(6月最終週)までに公開した「週間選曲リスト」においての 1位楽曲に限ると設定しました。それ以外の楽曲は『年間ランキング』に選曲できません。

 まず期間内の「週間選曲リスト」において、1位を最も長く記録した楽曲は、年間(上半期)順位で最も高い順位、つまり年間(上半期)1位に選曲され自動確定します。

 次に 年間(上半期)2位から5位までは、1位週数のデータを軸として、レギュラーの「選曲基準」により、年間ランキング(上半期順位)の選曲条件をクリアした期間内の1位楽曲の中から改めて選曲を行います。そして累積資料である「1位週数」及び「登場週数」を参考データとしながら、独自性の高い順位決定が出来ます。

 年間(上半期)1位は、絶対な数的基準で自動確定し、年間(上半期)2位以下は、得点集計などの数理優先主義を採らず、自由な選考基準により改めて選曲し順位を決定します。

 この様な並立した2基準により、このブログ最初の上半期順位を確定・決定しました。私が長年 音楽チャートを記録・研究してきた経験から得た、実感と順位が合致する年間(上半期)順位の原理については、週間選曲リスト・ルールの「年間ランキング要項」に詳しく紹介してあります。

 「上半期順位」は、12月最終週に発表する「年間ランキング」の中間速報として、これから毎年 6月最終週の週間放送視聴日記に付記していきます。

 上半期 1 位には、宇多田ヒカル“COLORS”が選曲されました。

 【1位 7週 登場12週】

 今年の上半期順位は、選曲条件をクリアした楽曲 10曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2003 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 7)
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( 5)
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌

  3. 第 3 位 ( 3)
    諫山実生「朝陽の中で微笑んで」
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「動物のお医者さん」主題歌

  4. 第 4 位 ( 3)
    Linkin Park“Somewhere I Belong”

  5. 第 5 位 ( 1)
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽(中村幸代)


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2003年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。