FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第23回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    諫山実生「朝陽の中で微笑んで」
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「動物のお医者さん」主題歌
    ♪素晴らしいヴォーカルの声質。

  2. 第 2 位 ( △ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    TSB YTV・ドラマ「伝説のマダム」劇中効果音楽 [中村竜哉]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]


 私は 20年以上に渡って録画してきた、約 300本以上のテレビ番組ビデオテープを所有しています。しかし、もう保管の限界を超え、少しずつ整理する事にしています。そろそろテレビ録画もデジタル媒体の時代です。時系列でアナログテープへまとめて保存している、タイトルバック録画コレクションなどは、真っ先にデジタル化を考えなくてはなりません。

 そこで今週は、その録画テープ整理の傍ら「ルパン三世・第1テレビ シリーズ」(よみうりテレビ系・1971年10月 ~ 1972年 3月・本放送)を視てみました。「7番目の橋が落ちるとき」「タイムマシンに気をつけろ!」「脱獄のチャンスは一度」や“カリオストロの城”のベースとなった「ニセ札つくりを狙え!」など 名作エピソードが目白押しです。

 現在所有している「ルパン三世・第1テレビシリーズ」のテープは、復刻版の私的録画のため「予告編」が付いているのです。予告編では、ルパン三世が「もうクリスマスだな。プレゼント決まった?」とか(笑)本放送の時期に合わせたナレーションを入れています。この時候要素満載な予告編は、本放送の時だけしかオンエアー出来ないのです。

 ですから私が小学生の頃 注目を集め始めた再放送では、この予告編がオンエアーされず、本編も その斬新さが本放送時には 受け入れられませんでした。NTV日本テレビ 平日 18時からの頻繁な帯リピートで、学校で「昨日のルパン三世視た?」と話題になり始め、人気が静かに高まり、それが現在まで続く 大きな うねりとなったのです。

 第1テレビシリーズの音楽は、私が尊敬してやまない音楽家・山下毅雄 氏が担当。主題歌「足元にからみつく」(歌:チャーリー・コーセイ)は、山下穀雄 氏の尋常ならざる独創的な和声法 と 音楽調性に、ブルースの要素まで加えてしまったアニメソングの最高傑作です。峰不二子が乗った単車が走る、この曲が流れるエンディングは、美しささえ感じます。

 ルパン三世・山田康雄、次元大介・小林清志、銭形警部・納谷悟朗、そして峰不二子・二階堂有希子、石川五エ門・大塚周夫が、オリジナル・キャストでした。第1テレビシリーズ第1話から、声優・山田康雄 と 小林清志は、息の合った まさに「黄金コンビ」でした。ルパン三世・第1テレビシリーズだけで、ルパン三世は完結していると断じても 過言ではないのです。

 このブログでは『週間選曲リスト』に加えて、私が所有している過去のテレビ番組録画の再視聴回顧も、機会があれば『週間放送視聴日記』の1ページとして加えていきたいと思っています。お読み頂ければ幸いです。


(追記) この第1テレビシリーズの録画は、全話デジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。2010年12月には、全アナログ録画テープのデジタル化作業が完了しました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年06月06日 の週間選曲リスト と『 ルパン三世 第1テレビシリーズ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。