FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第569回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    akiko“Beyond the moon”
    NHK総合・ドラマ10「紙の月」挿入歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    植村花菜「輝く時間(とき)の中で」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ曲
    ♪旋律構成に類似例があるが、ヴォーカルも含むアレンジに和声と調性が整っているバラード佳曲。


 8日に「ソチ冬季オリンピック」が開会します。

 ロシア連邦では、初の冬季五輪。夏冬 通じては、旧ソビエト連邦時代のモスクワ以来 2回目となります。

 今回 冬季五輪としては初めて開会式前から既に競技が始まっており、6日には スキー フリースタイル女子モーグル予選や、フィギュアスケート団体・男子SP ペアSPが行われました。

 オリンピック憲章 第5章32項には、競技期間が開会式当日を含めて 16日を超えてはならない、との付属細則が定められています。肥大化してきた大会日程を円滑に進めるため、便法として開会式前に始めてしまおう(笑)といった考え方に基づき競技の前倒しとなった訳です。

 ちなみに 冬季・夏季五輪の正式名称ですが、実は異なります。

 同じくオリンピック憲章 第5章32項によると、夏季五輪は「オリンピアード競技大会」。冬季五輪は「オリンピック冬季競技大会」と、それぞれ定められています。このブログでも 毎回 閉会時のまとめの際に正式名称を使っています。

 12月29日に ソチ南部の駅で爆弾テロがあり、多くの犠牲者が出ました。

 五輪開会式への世界首脳の出席が最近の慣例となっていましたが、国内治安状態の不安とロシアが抱える人権問題から、米国・オバマ 大統領を始め各国は相次いで欠席を表明しました。米国代表団長は、テロ対策の大元締だったナポリターノ 前国土安全保障長官です。

 その中で安倍晋三 内閣総理大臣は、ソチ冬季五輪開会式への出席を決断しました。開会式前日は 奇しくも北方領土の日に当たり、安倍首相は 北方領土返還要求全国大会 出席直後に、政府専用機でソチへ向かっています。なんとソチ到着予定は 開会式の僅か10分前です。

 今回のソチ冬季五輪に関してNHKの放送中継は、総合テレビ・BS1・ラジオ第1放送を中心にネットでも配信するそうです。但しネットでの中継は 実況・解説が無しとなります。

 BS-Hiがあった頃は、全競技完全中継を高らかに唱っていましたが、NHKも地上波・衛星波・音声波それぞれの波の特性を生かした編成へシフトチェンジをし、中継が漏れた競技をネット配信する方針となりました。

 この週間放送視聴日記では、毎回オリンピックの金メダル獲得選手を総て記録していますが、前回のバンクーバー冬季五輪では、日本選手団の金メダルがゼロとなり記録が途絶えてしまいました。

 今回のソチ冬季五輪では 日本選手の強化が順調で、金メダル数・総メダル数共に過去最高だった1998年 長野冬季五輪(金 5・銀 1・銅 4)を目指しているそうです。

 日本とソチの時差は 5時間あります。果して「長野超え」のメダル獲得ができるのか? その前に何事もなく競技日程が無事消化できるのか? 今までの冬季五輪には無かった緊張感が高まっています。


(追記) 開会式は、8日 午前1時14分(日本時間)から始まりました。ソチの現地時間では 20時14分と、2014年の冬季五輪を象徴しているのだそうです。

 まず印象的だったのは、ロシア連邦国旗の掲揚でした。斉唱されたロシア連邦国歌は、その旋律が旧ソ連国歌「祖国は我らのために」と殆ど同じなのです。歌詞も旧ソ連国歌を作詞(補作)したセルゲイ・ミハルコフが改めて作り直しています。

 また掲揚された国旗を たなびがせる様に、旗ポール(旗竿)から圧縮空気を吹き出させる仕組みも旧ソ連の頃と これも同じでした。消えたはずの全体主義のイメージが、風がなくても はためく国旗に見え隠れしている様でした。

 選手団の入場行進は ロシア語アルファベットの順で、日本は 前から 86番目 なんと後ろから 2番目。開催国ロシアのひとつ前になります。これだけ遅い日本選手団の入場は、開催国だった東京・札幌そして長野の五輪を除き初めての事です。

 その日本選手団の行進が始まる直前の2時19分でした。生中継をしていた総合テレビに「NHK地震情報」のテロップが現れました。しかも地震発生から僅か1分という速さです。

 気象庁の震度速報に先行して、まず地震があった事をNHKが独自速報する場合、概して強震を示します。伝えられた震度は、福島県浜通りが4の やや強い地震でした。

 開会式のアトラクションは、きちんとした音楽効果もあって最近の五輪開会式の中では洗練されている感じを受けました。ただオリンピック憲章で定められた開会式次第からの遊離は やはり否めませんでした。

 華やかな開会式の中で、ソチ冬季五輪の成否の鍵を握っているプーチン 大統領による全く原稿を視ない開会宣言が、3時27分に全世界へ中継されています。

 注目の聖火点火は、なんとメインスタジアムに到着した聖火を また外へリレーし(笑)点火用の台に火が移った瞬間に、約20メートルの高さの聖火台へ炎が走っていく、2006年のトリノ冬季五輪 開会式の聖火点火に模したシステムでした。3時54分に聖火台へ灯っています。

 NHKの開会式実況は、阿部渉 アナと廣瀬智美 アナ。ちょっと はしゃぎ過ぎの感じがありました。民放的ではなく、もう少し落ち着いたほうが良かったと思います。中継は 4時まで続き、直後に総合テレビは全国ニュースを放送しましたが、開会式ではなく入場行進の際に起きた地震がトップニュースでした。

 松本市内は、開会式が始まった頃から降り出した雪が一気に積りだしました。ソチ冬季五輪 開会式は、無事終了しています。

第570回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    DREAMS COME TRUE“AGAIN”
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”テーマソング
    ♪畳み掛ける様なサビ部は技能的でドリカムらしいバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    植村花菜「輝く時間(とき)の中で」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ曲


 ソチ冬季オリンピックは、前半戦が終了しました。日本選手団には まだ金メダルがありませんが、12日のノルディックスキー複合ノーマルヒルでは、渡部暁斗 選手(北安曇郡 白馬村出身)が銀メダルを獲得しています。

 複合競技では 20年ぶりのメダル獲得です。私は地元CATVを通じてテレビ東京で生中継を視ていましたが、銀メダルが確定した直後、キャスターの荻原次晴 氏が号泣していたのには非常に感動しました。

 日本のお家芸で沢山のメダルを獲得した複合競技は、その後 欧州競技団体の圧力を受けたFIS(国際スキー連盟)によって、前半ジャンプよりも後半クロスカントリーを重視するルール改正が行なわれてしまいました。

 スポーツ競技のルールは 一度定着すれば、そのルールを後で意図的に変更する事は許されないはずです。例えば陸上の十種競技は、全種目に渡り厳密な得点算出のルールが数理的に定められており、各競技のウェイトを変更する事など あり得ないのです。

 1992年アルベールビル冬季五輪・1994年リレハンメル冬季五輪で、団体 金メダルを獲得した荻原健司 氏は、北野建設スキー部長として所属する渡部 選手を育成しました。弟の荻原次晴 氏は、日本の複合チームが 20年間苦労した果てに得た、ひとつの結実に号泣したのだと思います。

 今回のソチ冬季五輪で、同様に結果を得点化する競技の中から、私が気になったのは フィギュアスケート団体の順位決定方法です。

 男・女・ペア・アイスダンスのSP(ショートプログラム)の順位に対して、1位10点・2位9点と1点刻みに配点し、その得点集計結果で上位5ヶ国が決勝のフリーへ進出。決勝でも同様の配点を行い、SPの得点に合算し最終順位を決定します。

 この配点方式は、音楽チャートマニアなら非常に馴染みがあります。毎週のランキングに対し 1点刻みに配点して、その総合集計で年末の年間チャートを決定・発表するシステムです。

 コーセー歌謡ベストテンの年間ベストテン集計は、1位10点・2位9点と10位1点まで、ソチ冬季五輪フィギュア団体のSPと全く同じでした。

 一見合理的に見える この順位決定方法ですが、色々と問題点を含んでいます。1位10点・2位9点の1点差と、8位3点・9位2点の1点差は、大きな違いがあるからです。

 フィギュアスケート競技の技能に関して、メダルが取れるか否か さらに最終勝者である1位か否かは、重要なウェイトの差が存在します。

 その総てが 1点差で表現され、技能に殆ど意味合いがない8位・9位などと同じウェイトの1点差を与え、それを最下位まで配点するのは、選手の技能差を順位として表現するフィギュア競技に合理的必要性がないのです。

 このブログでも「音楽チャートの真理」として、何でも全ての事象に最下位まで順位付けるのは美しくなく、順位があるかないかの差異こそ、実はチャートとして重要なのだと書きました。

 もし順位に配点する方式で、フィギュアスケート団体を冬季五輪競技として行うならば、金・銀・銅プラスアルファの5位までに配点を限定し 6位以下は総て0点、さらに 1位と2位、そして3位と4位は異なるウェイトを与えるべきです。

 ちなみに このブログの年間ランキングは、この配点方式を否定し 11年間に渡り独自の順位決定を行っています。開会式当日は、松本市内 49センチの大雪でしたが、この週末に また大雪となりました。連日 深夜から早朝にかけてのオリンピック放送 視聴お疲れ様です。

第571回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS フジ・ドラマ「福家警部補の挨拶」テーマ音楽 [横山克]
    ♪チェロの刻みだけで主要な和音を表現している最近にない斬新な劇伴。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE“AGAIN”
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”テーマソング


 ソチ冬季五輪 開会式が行われた 7日早朝にかけて、松本市では 49センチの大雪が降りました。その後 雪はゆっくり溶け、積雪量 16センチまで下がった 14日夜から15日にかけて、なんと 75センチという記録的な豪雪に見舞われました。

 私も信州で暮らして 23年目になりますが、この様な豪雪は初めての経験です。我が家では念のため前もって、食料品などの購入を済ませていたので問題はありませんでしたが、松本市内のスーパーは、生鮮食料品が交通寸断のため流通されず一斉に品切状態となってしまいました。

 15日は JR大糸線を始め県内の鉄道・高速道路・国道各所がマヒ状態となり、碓氷バイパスでは 200両もの車両が立ち往生し、阿部守一 長野県知事は 15日 午後9時48分、陸上自衛隊に軽井沢町へ災害派遣の要請をしました。

 県内のテレビ局は、15日からL字・逆L字画面で大雪情報を長時間放送し、FM長野でも随時 気象・交通情報をオンエアーしていました。お隣のFMぐんま は、県の南西部に位置する鬼石・万場 中継局で、大雪による停波事故が発生しています。

 今回の記録的な大雪で私が疑問に思ったのは、気象庁・地方気象台の判断です。ウェザーニュース社は 早くから 14日から大雪との予報を出していましたが、気象庁は 関東甲信越へ主に雨の予報を出していました。

 そして14日深夜に歴史的豪雪が決定的になった段階でも、山梨県や長野県に「大雪特別警報」を発令しませんでした。

 「大雪特別警報」の基準とは、府県程度の広がりで50年に一度の積雪深となり、その後も警報級の降雪が丸一日程度以上続くと予想される場合だそうです。

 せっかく特別警報のシステムが整備されていたのに、山梨県 甲府市が 1894年からの観測史上 最多の積雪量と、120年に一度の積雪深からも特別警報の数理的基準はクリアしていたのにもかかわらず、警報基準の微細な文言に拘り特別警報を発令しなかった事は大変残念でなりません。


(追記) この豪雪は「平成26年 豪雪」と呼称されています。この呼称は、気象庁による正式な命名ではありません。


 ソチ冬季オリンピックは、15日 遂に日本選手が金メダルを獲得しました。冬季五輪では、実に8年ぶりとなります。

 【ソチ冬季五輪 優勝記録:男子フィギュア スケート・羽生結弦 選手「金メダル」】

 13日に行われたSP(ショートプログラム)で、世界歴代最高得点(101・45点)をマークした羽生 選手は、フリーで転倒がありましたが見事に総合得点(280・09点)で首位となり金メダルを獲得しました。

 金メダルを決めたのは 15日 午前4時07分。夜明けから中日新聞速報を始め全国で号外が一斉に発行されました。フリー生中継の平均視聴率は、14日深夜から15日未明にも係わらず 16・7%(関東地区)。なんと瞬間最高は 午前4時02分に 23・1%を記録しています。

 安倍 首相は 15日 午後2時31分に、首相官邸から羽生 選手へお祝いの電話をした後、大雪の被害対策に追われています。ちなみに このお祝い電話の時間帯が、松本市では豪雪のピークでした。

 とにかく これだけの豪雪でもソチ冬季五輪をテレビ観戦し続けられたのは、豪雪の間に松本市内で停電が発生せず、土日だったため外出を避ける事ができ、そして食料品の備蓄が充分だったからだと思います。

 自宅のマンション前に駐車してあった軽自動車が、雪でほとんど埋もれてしまったのを視たのは初めての事でした。16日に全面運休した松本市内の路線バスは、21日の段階でも まだ一部路線で削減ダイヤが続いています。

 連日 深夜から早朝にかけての「オリンピック放送」視聴。そして豪雪からの復旧作業お疲れさまです。

第572回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ
    ♪編曲は TAKUYA(浅沼拓也)。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「福家警部補の挨拶」テーマ音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE“AGAIN”
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”テーマソング


 『第22回 オリンピック冬季競技大会』が、24日 閉幕しました。

 開催国・ロシア連邦の隣国であるウクライナでは、大会期間中に事実上の革命が起きましたが、懸念されていた五輪会場でのテロはなく、17日間に渡る競技は滞りなく終了しています。

 活躍が期待されていた日本選手は、メダル獲得数で目標とする「長野超え」までは到りませんでしたが、前回のバンクーバ冬季五輪よりは はるかに上回る結果を収めました。

 【獲得総メダル数:金 1 銀 4 銅 3】

 このブログでは以前、五輪獲得メダル数の国別ランキングのシステムを紹介した事がありました。

 スポーツの最高勝者の定数は 常に「1」です。その「1」を決定するために競技大会の存在意義があります。

 この基本原理から国別ランキングは、まず金メダル獲得数が絶対の基準となります。

 金メダル獲得数が同数もしくはゼロの場合は、銀メダル獲得数。そして金・銀メダル獲得数も全く同じ場合は、銅メダル獲得数。さらに金 銀 銅メダル獲得数が全て同じ場合は、日本は“JPN”である IOC国名コードのアルファベット順で序列します。

 つまり どんなに銀・銅メダルを獲得しても金メダルがゼロなら、金を1個だけ獲得した国のほうが上位にランクされるのです。

 この国別ランキングで 冬季五輪における日本の順位を見てみると、1998年の長野が 過去最も順位が高い7位でした(1位はドイツ)。2010年のバンクーバは 20位(1位はカナダ)。そして今回のソチが 17位(1位はロシア)となっています。

 今回のオリンピック放送で気になったのは新聞のラテ欄でした。多くの視聴者に視てもらおうとする気持ちは解らないでもありませんが、生中継の欄にメダル確実の様な煽る文言を散りばめ、肝心の各競技の中継開始時刻は詳細に表記されていません。

 どうもラテ欄から見ると、スポーツ中継をワイドショー的な感覚で編成している様に思えてきます。スポーツの感動は、結果が出てから発生します。結果が出る前に感動を先物買いしてしまう感動欠乏症(笑)の如き過剰な期待が、日本選手団への不必要なプレッシャーとなった様な気がしてなりません。

 開会式のパフォーマンスでは、右上の五輪の輪が開かなかった演出上のミスがありましたが、閉会式の時 そのミスを逆手にとって(笑)五輪の輪を開かせる粋な演出もありました。

 切迫したテロの懸念など今までの冬季五輪には無かった成否の不安の中で、五輪の輪は最後にしっかりと開き、ソチ冬季五輪は成功だったと思います。

 時差5時間のソチ冬季五輪は 無事終わりました。2年後のリオデジャネイロ夏季五輪が 最大時差の12時間。4年後の平昌(ビョンチャン)冬季五輪が 時差0時間。そして6年後の東京夏季五輪は もちろん時差0時間(笑)と続いていきます。

 大会期間中に日本では歴史的な豪雪もあったソチ冬季五輪。深夜から早朝にかけてのオリンピック放送視聴 本当にお疲れさまでした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2014年2月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。