FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第620回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲
    ♪原曲は“Pretty Maid Milking A Cow”。

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ニュース情報番組「Mr.サンデー」オープニング テーマ音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「ウロボロス」劇中効果音楽 [木村秀彬]


 4年ほど前に テレビ録画とラジオ録音に関して、アナログテープのデジタルファイル化は完了しました。新規のテレビ録画は mpeg2(mp2)ファイルで、ラジオ録音は MP3(MPEG1 Audio Layer-3)ファイルで現在デジタル保存しています。

 それを今年からテレビ録画に関しては「mp4ファイル」での保存に切り替えました。mp4とは mpeg4の事で、動画データを格納するファイルとしては、mpegの中でも進化した圧縮形式です。

 元を質せば Appleが開発した QuickTimeのファイル形式が原点で、QuickTimeの構造が多く採用されています。

 アナログテープのデジタル化作業では特段の圧縮はせず、総てをmpeg1ファイルでデジタル化。新規のデジタル録画は素直に(笑)mpeg2ファイルで保存してきました。

 しかし、DVDに保存してきた録画ファイル数も 1500近くになり、そろそろデータの圧縮を考えていかないと大変効率の悪いデジタル録画保存になってしまいます。

 エンコードしたファイルを再生して比較した時、明らかに劣化を視認してしまえば お話になりませんが、同サイズでしたら mp4では ほとんど劣化が認められません。

 また PCの他に モバイルや再生専用機で視聴できる汎用性も大切で、それらが満たされてこそ動画の圧縮でファイルのデータ量を減らす意味があると思います。

 デジタルテレビの録画ファイルでしたら、該当するビットレートで劣化が視認出来ないほど再現性が高く、現在普及度が上昇している mp4方式が総合的にも適切だと考えました。

 私のmp4ファイルの設定は、映像が H.264(MPEG-4/AVC)音声が AACとオーソドックスなものです。

 但し この設定の場合、圧縮・再生ともにCPUの負荷は高くなるので、使っているPCによっては少々重くなる可能性がありますが、この秋に取り替えたPCでは全く問題がなく、再生専用機などでは この懸念は当たらないと思われます。

 今までのmpegファイルについては、もちろん そのまま保存していく事にしました。mp4とは 動画のコンテナみたいなものですので、拡張子を mp4に変更しても(笑)ちゃんと再生されて名目上(笑)mp4ファイルになってしまいます。

 なおラジオ録音は、従来通り最も普及している音響圧縮方式である MP3ファイルで行っていきます。

 そう言えばDVD-RAMで録画していた、初期のデジタル録画の個別のファイル化を まだ済ませていません。ブログ内検索で調べてみましたら(笑)2012年にやると書いてあり 3年間ほったらかしでした(笑)。

 どうにか この作業を再開して これもほったらかしだった、RAID対応な外付けHDDでの全録画・録音ファイルの統合管理に漕ぎ着けたいと思っています。

第621回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS フジ・ニュース情報番組「Mr.サンデー」オープニング テーマ音楽 [林ゆうき]
    ♪1位 1週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ
    ♪パンクロックに類すると思うが和声と調性が整ったドライブ感。


 このブログは 2003年 1月から続いていますが、開始当時の12年前は まだ個人ホームページ花盛りで、ブログ自体は ほんの少し登場してきた頃でした。

 それから個人ブログがブームとなり一気に浮上しましたが、ひとつのブログを現在まで継続しているブロガーは、すっかり少数派になってきました。

 よくある有名人のオフィシャルと称するブログは、フォトまかせでテキストは数行というのが数多くあり、発表するコンテンツはなく自分のタレントから由来する私生活の切り売りが全てです。

 この様なブログは更新日時からの耐久時間は短く、グーグルさんの通常検索でも、過去のアーカイブは個別記事としてサーチエンジンに引っかかりません。

 せめて未来からのアーカイブに耐えられるテキストを書き残していかないと、そのタレント性が減衰した後に陳腐な日記を全世界に(笑)公開していたと自責の念に苛まれる事に繋がりかねません。

 やはり ひとつの記事に 1000字以上のテキストがないと、アーカイブの価値は生まれず、それが出来ないという点にブログを始めても長く続かない起因がある様です。

 ブログを挫折した人の話を見聞きすると、他の人が出来るから自分も出来ると安易な気持ちで始めて、実際10ページ以内でコンテンツ不足から挫折してしまう例が殆どです。

 今ではマイクロブログとして名高い twitterもありますから、挫折したブロガーの多くが そちらに移行しています。

 挫折した方は何を書くのかで苦しんでいたのだと思いますが、私のブログで最も重要としている点は全く逆で、何を書かないのか? の判断なのです(笑)。

 初めての方へ ご案内にも「何を書くか? あるいは書かないか? 何を取り上げるか? あるいはスルーするか? ブロガーとしての感情は、記録の価値がある音楽や放送番組・人物・社会事象の選択だけで、まず表現します。」と宣言してある通り、書く価値のあると判断した事象のみ書き、他は一切スルーする(笑)その選択を最も重視しています。

 週1回という更新ペースが定まっているテキスト ブログですから、その取捨選択がブログとしての水準維持に反映されていくのです。そして次に大切にしているのが「文章の定型性」です。

 同じく初めての方へ ご案内には、週間放送視聴日記の説明として「私が長年飼っているミシシッピアカミミガメの かめクン の話など季節感や文章の定型性を大切に、徒然なるままな折節の身辺雑記やブログ・ブロガーからの運営情報も織り交ぜて構成しています。」と書いてあります。

 かめクン の話は横に置いといて(笑)この文章の定型性が最も端的に表現されているのは Basic List の「年間ランキング」です。

 第500回記念 全期間ランキングを含む毎年の年間ランキングが ほぼ同じスタイルです。ここでは紹介致しませんが(笑)細かいルールがあって それに基づき書かれています。

 自ら創造していった定型性である限り この文章の定型性こそ、週間選曲リストと違和感なく溶け込んでいくシステマライズされたブログを支えているのです。

 PCからガラケーまで、どんな端末でも差別無く全文を読める様に自作した HTML5やCSSも、まさしく この文章の定型性の根幹であり、このブログの基礎部分を構成していると思っています。

 もちろん健康に恵まれたという理由が最大ですが、HTML5やCSSのソースを含めて、この12年の間にブロガーの体に染みついた文章の定型性というマイルールのおかげで、毎週休みなくブログが更新出来ているのです。

第622回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・土曜ドラマ「限界集落株式会社」劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪少し旋律がフラットだが和声は整っている劇伴。


 昨年1月 総務省が決定した「AMラジオ放送を補完する FM中継局に関する制度整備の基本的方針」に基づき、今年に入ってから全国にAMラジオ局のFM同時放送が一気に普及する様相を呈してきました。このFM同時放送をする新たなAMラジオ放送の中継局を「FM補完中継局」と称しています。

 総務省の「放送ネットワークの強靱化に関する検討会」が 中間とりまとめで初めてAMラジオ放送のFM同時放送容認を提言してから、僅か1年6ヶ月しか経過していない段階ですが、現在までに RNB南海放送(愛媛県)KNB北日本放送(富山県)MBC南日本放送(鹿児島県)でAMラジオのFM補完放送がスタートしています。

 その後も全国でFM補完中継局の予備免許交付が進んでおり、特に東京のTBSラジオ・QR文化放送・LFニッポン放送では、東京スカイツリーから出力7Kwで来年春にFM補完放送を開始する事が決定しました。

 改正された基幹放送用周波数使用計画や電波法施行規則を精読していくと、FM補完放送の重要なポイントが見えてきます。

 第1は FM補完中継局免許の条件として、申請にあたり当該県域FMラジオ事業者との調整の結果を示す資料を添付する事が要求されている点です。

 全国にあるJFN加盟局としては当然な条件ですが、厳密に文意を汲むと調整協議の必要はありますが、当該県域FMラジオ事業者との最終合意までは求められていないのではないか? との解釈が成り立ちます。

 第2に 首都圏・関西などの広域を含む全都道府県に、FM補完放送の周波数割当が現在はされていますが、2020年(平成32年)3月31日までにFM補完中継局が置局されない時は未使用の周波数を削減する点です。

 必要のないFM補完局の周波数割当は取り消すとの政策が明確ですが、裏を返せば この期限までにFM補完局の普及を一気に促進させる効果もあります。

 第3に FM周波数の割当は民放AM局を原則として対象とし、NHKラジオ第1放送には割当されていない点です。これにはNHKが既に新たな割当を主張し始めていますが、NHK-FMの存在を総務省は補完とみなしているのかも知れません。

 一連の動きで私が特に驚いたのは、RNB南海放送が このFM補完局の開局準備に合わせて、伊予市にある行道山 本局送信所と新居浜 中継局で、同一周波数によるFM同期放送の実験を行った点です。

 このFM同期放送が上手くいくと、ひとつのFM補完中継局の周波数割当で、他の多くの中継局でもFM補完放送が可能になり、AM局のFM補完放送が一気に広がってしまいます。

 私は、FM長野の周波数を送信所・中継所総てで 79・7MHzに統一して、中継局のエア受けをデシタルの独自波にすればいいと思っていましたが、まさか そのアイデアの端緒が、FM補完中継局の構想に先取りされるとは思ってもみませんでした(笑)。

 またFM補完放送が認められた 90・1 ~ 94・9MHzが受信できるラジオの普及は、容易ではなく時間がかかるとも思っていましたが、各メーカーが 95MHzまで受信可能な機種を一気に発売してきたのにも驚きました。

 私が愛用しているチボリオーディオは外国製のラジオですが、既に対応を開始しモデルワンなどは、95MHzまで受信可能な機種を投入するとの事です。

 AMラジオのFM補完放送など従来の電波行政からは絶対に許されなかった構想です。それが国土強靭化という国策の名の元に急速に進んでしまった背景には、やはり東日本大震災がターニングポイントになっており、東日本大震災がラジオメディアを根本から変えてしまった気がします。

 TOKYO FMとJFNが進めているV-LOWマルチメディア放送は、厳しい開局条件が影響してか まだ免許申請の段階まで至っていません。JFN加盟局全体が番組編成の根幹も含めて、公共公益性に立脚したAMラジオのFM補完放送に対しての早急な対策は必要だと思われます。

 長野県にもSBC信越放送を対象として、92・2MHzがFM補完局用の周波数として割当られています。

 FM長野リスナーの私としては、この92・7MHzが 2020年まで使われずに経過するのが一番かも知れませんが(笑)長野県のラジオ放送は事業者間が微妙なバランスの上で成り立っており、民放ラジオ放送の広域化問題も絡む中で、2020年 3月までの5年間に果してどうなっていくのか? 全く不透明です。


(追記) 2017年 3月30日に 総務省は、SBC信越放送に対して、FM方式によるAMラジオの補完中継局を整備を目的とする、民放ラジオ難聴解消支援事業の補助金交付を決定しました。これによって、SBCラジオのFM補完中継局設置が確実になりました。

第623回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲
    ♪2006年発表のアルバム「ぜいご」に収録。

  3. 第 3 位 ( △ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・土曜ドラマ「限界集落株式会社」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]


 近年は深夜帯のテレビドラマが一気に普及してきました。10年ほど前は テレ朝系の金曜ナイトドラマぐらいしかなかったのですが、BSを含めると今やほぼ毎日深夜帯でドラマが放送されています。

 最近の深夜ドラマで素晴らしいと思った作品は、やはりMBS毎日放送制作の「深夜食堂」です。

 元々コミックが原作で、2009年と2011年に 2シリーズ計20本を放映。約3年ぶりの第3シリーズは映画化への含みがあり、さらに10本が制作されています。

 この深夜食堂「めしや」の営業時間は、深夜0時から朝7時頃までという設定。ドラマのオープニングには唯一のメニュー品目である「豚汁定食」の豚汁を作っているシーンが必ずあります。

 マスターである小林薫は、1987年と1988年のNHKドラマ「イキのいい奴」で、寿司屋の親方である主役・兵藤晋作 役を演じ 平均22%の高視聴率と人気を博しました。小林薫は数多(あまた)ある俳優の中でも、本当に調理師免許を持ってるのではないかと(笑)思わせてしまうほど実にハマり役です。

 主題歌は 各シリーズ毎に違った曲が流れますが、なんと言っても特筆出来るのはオープニングで流れる鈴木常吉「思ひで」です。週間選曲リストでも 1位 2週を記録し 現在もリストインされています。

 鈴木常吉は かつてのイカ天バンド「セメントミキサーズ」のリード ヴォーカルで、その昔「東京ラッシャイ」というスピード感あるスカなチューンを出していました。

 このブログの週間選曲リストは、多楽器によるアレンジの音楽和声感を最も大切にしていますが、アイルランド民謡である この「思ひで」のポイントは、G.1本だけの削ぎ落としたアレンジと歌詞が中心になっています。

 「深夜食堂」の通算話数はシリーズを超えて加算しています。その計30話の中で第2話「猫まんま」は ある演歌歌手(田畑智子)の生涯を僅か30分のエピソードだけで見事に描き出しており、ドラマ シリーズの流れを決定付ける最高傑作だと思っています。

 ドラマ特有のフィクション臭さが この深夜食堂にはなく、ラストではゲスト出演者がドラマの延長で、サブタイトルになっている単品献立のコツを紹介するミニコーナーがあり、最後に視聴者へ おやすみなさい と挨拶までするコンセプトからは、不思議な温かさが伝わってきます。

 「深夜食堂」は約6年に渡るドラマシリーズですが、キャラクターが一変したオダギリジョー以外(笑)レギュラー出演陣が殆ど変化しないのも特徴です。

 不破万作、松重豊、山中崇、綾田俊樹、安藤玉恵、光石研、宇野祥平、金子清文、須藤理彩、小林麻子、吉本菜穂子がエピソード毎に入れ替わりながら深夜食堂の常連客としてゲストを迎え演じており、この深夜食堂レギュラー陣の変わらぬ普遍性が、ドラマの大きな存在感に昇華しています。

 私は、家族や職場での繋がりを超えて、この深夜食堂レギュラー陣が演じる常連客同士の繋がりの様なものが、21世紀の社会ではコミュニティの細胞となっていくのではないか? と思う事さえあります。そのコミュニティの変わらぬ優しさと時代の先見性が、このドラマ「深夜食堂」の魅力なのです。


(追記) 週間放送視聴日記(2016年12月 9日)に、映画 続・深夜食堂 を観に行くを掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2015年2月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。