FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第534回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「確証 ~ 警視庁捜査3課」オープニング テーマ音楽 [市川淳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「お天気お姉さん」劇中効果音楽 [神坂享輔・末廣健一郎]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Rihwa“Last Love”
    NBS フジ・木曜劇場「ラストシンデレラ」挿入歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    山下達郎「コンポジション」
    NHK総合・ドラマ10「第2楽章」主題歌
    ♪旋律には類例がありフラットだがドラマに合っている。


 このブログで先々月に、ラジオのデジタルへの一斉移行断念と、一部AM局が難聴取問題の解消に向けてFMでの同時放送を希望している動きを書きました。

 その後、総務省で この問題を議論する「放送ネットワークの強靱化に関する検討会」が月1回以上というハイペースで開催され 30日の第5回会合では、遂にAM局のFM波活用の方針が提言案として まとまりました。

 総務省が実施した全国ラジオ局の意向調査結果によると、全国民放AM・短波局49局の内なんと38局が、FMでの同時放送を希望している事も公表されています。

 意向調査の設問には、TOKYO FMと、JFNが意図していたV-LOWマルチメディア放送を行うV-LOW帯(90 ~ 108MHz)もAM局のFM同時放送に使用する案まで示してあり、この提言を受けて総務省が どの様に省令改正などの具体的な方針を示すのかが焦点となります。

 TOKYO FMとJFNが中心となり、先鋭化してまで進めようとしていた V-LOWマルチメディア放送は、まるで2階へ上がって梯子を外される(笑)状態になってしまいました。V-LOWマルチメディア放送推進全国協議会のサイトも更新が止まったままです。

 現在の国内FM放送は、70MHzから 90MHzまで割当てられていますが、米国など外国のFM放送では、その先の90MHzから108MHzまでFMラジオ放送を行っています。日本では この周波数帯に、地上波アナログテレビ放送のVHF1チャンネルから3チャンネルが割当られていました。

 そして昨年の地上波テレビ放送のデジタル完全移行により空きが出来た この周波数帯で、V-LOWマルチメディア放送を行おうというのが、TOKYO FMとJFNの考えだったのです。

 現在のFMラジオ放送帯である 70MHzから90MHzまでは大変混み合っています。NHK-FMと県域民放FMが、ほとんどの本局送信所と中継所を、別々の周波数で放送しているからです。

 さらに現在265局ものコミュニティFM局が全国各地で放送を続けており、もし この状態でAM局のFM同時放送を認めていくと、ますます送信周波数は不足します。

 そこでV-LOWマルチメディア放送を予定していた周波数帯も、AM局のFM同時放送に使用しようといった考えが出てきたのです。

 他にもアイデアはあるのです。例えば全国のFM放送は中継所の放送波を、親局である本局送信所からの電波を直接受信し使用しています。この中継波こそデジタル化すれば、周波数帯の混雑緩和に有益かも知れません。

 また 86MHzから 90MHzまでは、アナログテレビ放送VHF1チャンネルとの干渉を防ぐためFM送信が控えられた周波数帯でした。この周波数帯の有効利用も不可欠です。

 しかし、それでも なお V-LOWマルチメディア放送の新規受信機生産よりは、外国では既に一般化している 90MHz ~ 108MHz受信可能なFMラジオの生産のほうが、やはり普及の面からも現実的です。

 ネットワーク強靭化の観点からAMラジオ局のFM同時放送は やむを得ないとしても、現在のFM放送の周波数利用を整理しないと、AMとの住み分けのためにオーディエンス・セグメント編成など、都合よくリスナーのターゲットを絞っていたFMラジオ局は、さらに厳しい時代へ突入する恐れが出てきました。


(追記) V-LOWマルチメディア放送推進全国協議会のサイトは閉鎖されました。 週間放送視聴日記(2015年 2月20日)に、AMラジオのFM補完中継局を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2013年05月31日 の週間選曲リストと『 AMラジオ局のFM同時放送問題 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。