FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第465回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「ストロベリーナイト」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Lady Antebellum“Just a Kiss”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「聖なる怪物たち」劇中効果音楽 [沢田完]
    ♪綺麗な変奏が味わえる劇伴がある。


 大晦日からお正月にかけて、年末年始のラジオ番組を数多く録音しました。いつも寝正月なので(笑)録音には我が家のラジオサーバーの留守録機能を総動員しています。

 ラジオフリークは数多くいますが、年末年始のラジオ放送の中でも この様な番組を録音しておくのは、全国で5人いないのではないかと思っています(笑)。

 まず元旦朝のラジオ体操(笑)。365日 放送する あのラジオ体操の元旦は、どんな感じなのか? 前から聴きたいと思っていました。ちゃんとピアノ伴奏でお正月の定番曲「春の海」を流し、ラジオ体操の歌の前に講師が新年の挨拶をします(笑)。

 他にもNHKラジオ第2放送で三が日しか放送しない「雅楽」や「筝曲(そうきょく)演奏」の時間などレアな年始番組が録音出来ました。

 年末にかけてネット上へ、放送開始80周年を迎えるラジオ第2放送の広告が大挙流れていました。総合テレビでもラジオ第2放送のPRミニ番組をオンエアーしています。

 平日15分間だけ密やかに放送している「朗読の時間」も、新年は女優・松たか子が担当し、大々的に宣伝したのは今までない事でした。村上春樹を読んだ この「朗読の時間」スペシャルも今回録音しています。

 そのNHKでは既に4月新編成の概要が発表になっています。ラジオ部門をみると少し首を傾げる内容です。

 まず平日午前の「ラジオ ビタミン」を終了させて、新しい日替わりパーソナリティによる生ワイド番組を編成します。タイトル名が「すっぴん!」(笑)。さらに土日の夜3時間に若年齢層向けのワイド番組も編成。あの「ラジオ深夜便」の午後11時台まで削り、この番組に時間をさいてしまいました。

 近年、低年齢層のラジオ離れが進んでいます。

 NHKも民放ラジオと共同キャンペーンを打つなど対策を進めていますが、首都圏を中心としたラジオ聴取率調査でも、一部の番組で10代の男女(T層)で「※印」すなわち聴取ゼロの記録が散見される様になってしまいました。しかも それが深夜の若者向け番組にも現れているとの事ですから、さらに制作サイドの危機感は募ります。

 ここ数十年のラジオの世界は、性別・年齢層や職業別にターゲットを絞って番組の編成をする「オーディエンス・セグメント」編成が席巻してきました。

 NHKラジオ第1の今春の新編成の方針も、どうにか若年齢層までターゲットを伸ばしたいという「オーディエンス・セグメント」の考え方からだと思われます。しかし、若者向け番組でも そのターゲット層に※印がつく時代なのです。

 ラジオリスナーを なめてはいけません。安易なターゲット層を絞った番組は、他の年齢層を敵に回す結果にも繋がりかねないのです。そしてターゲット外の絶対多数の大衆は、確実にラジオから離れていきます。

 1 ~ 2%の少ないパイだけを取り込もうと躍起になり、残り90%以上のラジオを聴かない人々の理由を真剣に考えないとなると、もはやラジオに未来はありません。

 絞るべきターゲットがあるとするならば、性別や年齢層などの安易なものではなく、知的水準や多次元的な社会階層なのです。単純なオーディエンス・セグメント編成は、特化が昂じて非ターゲット層に対し差別や蔑視を助長する可能性さえあります。

 どうしても疲弊してきたラジオ制作者は、自分より知的水準や社会階層が下と想定するリスナーを対象に、それを年齢層や職業と勝手に重ね合わせて、見下す様な番組制作をしたほうが楽だと本能的に考えているのかも知れません(笑)。

 もしNHKが本気で若者向けのワイド番組を開発したいのならラジオ第1でなく、まずラジオ第2放送ですべきです。

 それは元来「お話しでてこい」などの幼児向け番組も存在する、細分化された教育専門波のラジオ第2放送だから可能なのです。総合波であるラジオ第1放送が維持してきた、知的水準のキープを怠ると かえって逆効果になります。

 短絡的に年齢層で切り取った「オーディエンス・セグメント」編成では、少子高齢化を迎え成熟しきった この国においては、もはやラジオメディアを救えないのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2012年01月27日 の週間選曲リストと『 オーディエンス・セグメント編成はラジオを救わない 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。