FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第535回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「確証 ~ 警視庁捜査3課」オープニング テーマ音楽 [市川淳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「お天気お姉さん」劇中効果音楽 [神坂享輔・末廣健一郎]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Calling You”
    ミスタードーナツ テレビCMソング
    ♪CMで僅かに流れても存在感を示すデリコサウンドの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Rihwa“Last Love”
    NBS フジ・木曜劇場「ラストシンデレラ」挿入歌
    ♪1位 3週、登場 8週。


 2014FIFAワールドカップ・アジア地区 最終予選が 4日行われ、オーストラリアと1-1で引き分け、5大会連続となるW杯出場を決めました。

 日本はFIFAランキング アジア地区最上位(組合せ抽選当時16位)の実績からシード国となり、東日本大震災直後の2011年9月スタートした第3次予選から出場。3勝1分2敗・勝点 10で第3次予選を 2位通過。昨年6月から始まった最終予選では順調に勝点を積み重ねてきました。

 第7試合となる この日の対オーストラリア戦では、0-0のまま息詰まる様な攻防が展開。後半35分 オーストラリアが先制すると、日本チームに悲壮感も漂いました。

 しかし、後半45分のロスタイムに本田圭佑 選手がPKを決めて追いつき、1-1で引き分け勝点 1を獲得。日本は、この最終予選Bグループで勝点 14をマークし2位以上が確定。世界最速でブラジル 本大会出場権を獲得しました。

 あのロスタイムの失点から確実だったW杯初出場を逃した「ドーハの悲劇」から もう20年になります。20年の間に そのロスタイムで失点を取り返し、W杯出場を確定させるほど日本代表は成長しました。

 日本 vs オーストラリア戦の視聴率は 38・6%(関東地区)。瞬間最高は ロスタイムから出場権獲得が決定した午後9時23分の 46・3%でした。

 ちなみに高視聴率だったサッカー生中継。その裏番組の視聴率は どうなっているか? ちょっと調べてみました(笑)。

 試合終了予定時に合わせて わさわざ開始を20分ずらしたフジテレビのドラマ「鴨、京都へ行く ~ 老舗旅館の女将日記」はドラマ開始時が見事に(笑)ロスタイムと重なり前回から大きく下まわる 6・8%となっています。

 本大会出場が決まった段階で私が気になるのは、本大会1次リーグ 日本戦3試合のラジオ中継です。

 2大会前の2006年 ドイツ 本大会では、FM・AMそして短波ほぼ全局が日本民間放送連盟統一でラジオ中継を行いました。ところが前回の2010年 南アフリカ 本大会では、希望局のみが中継参加となり 101局中 75局が参加。JFN加盟は 44局が中継しました

 さらに進出した決勝トーナメントでは、JFN加盟の中継が僅か 14局だけとなり、FM長野も1次リーグ3試合は中継しましたが決勝トーナメントを中継しませんでした。

 先週ブログに書きました「AMラジオ局のFM同時放送問題」もあって、民放連のラジオ委員会内部にも波紋が広がってきています。

 来年のブラジル 本大会1次リーグ 日本戦3試合のラジオ中継は、果してどうなるのか? 民放連とラジオ各局の体力や編成の余裕も解る試金石となりそうです。

 前回は岡田ジャパンとして、本大会で決勝トーナメント ベスト16まで進出しました。さらに今回は「その先」を目指して頑張って欲しいものです。ザッケローニ ジャパン W杯 ブラジル 本大会出場おめでとう ございます。

第536回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「確証 ~ 警視庁捜査3課」オープニング テーマ音楽 [市川淳]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Calling You”
    ミスタードーナツ テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    絢香「ツヨク想う」
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”エンディング テーマ
    ♪転調に不安定さが聴き取れるのは気になるが、長期のオンエアーに耐え得る佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    畠山美由紀「夜と雨のワルツ」
    ♪本来の原調から度が遊離している感じも受けるが、全体の調性はとれている佳曲。


 昨年秋に退会したmixiですが、最近 創業者である社長が退き、新しい社長が就任したそうです。しかし、mixiに もはや伸びはなく経営上の苦戦が続いています。

 mixiから垣間見えるのは、新しい企画を提案して実行すれば、それが既存システムの変更に繋がり、従来支えていた会員・顧客にとって、不満が残る結果となってしまう負のスパイラルです。

 この負のスパイラルはSNSの世界だけではなく、放送・新聞を含め行き詰まったメディア全体にも起こり得る事かも知れません。

 NHK総合の平日深夜に“NHK NEWS WEB”という番組があります。ニュースとtwitterが連動しており、画面の下部に番組専用のハッシュタグを付けたツィートが、そのままオンエアーされています。

 新しい視聴者参加のニュース番組の形態ですが、実際のtwitterを視てみると、総てのツィートが そのままオンエアーされる訳ではないようです。

 まず“NHK NEWS WEB”に無関係なNHKへの批判ツィートはオンエアーされません(笑)。採用は だいたい5分の1程度です。

 約6年前ですが、このブログで常連リスナーの脚色という文章を書きました。私が長いラジオリスナー歴の中で経験した、ラジオ投稿における採用・没のカラクリ話です(笑)。

 “NHK NEWS WEB”の場合、オンエアーに際しての採用・没はありますが、ハッシュタグのついた twitterを見ると、こちらは総てが採用された状態です。“NHK NEWS WEB”が何を没にしたのか一目瞭然であり、ラジオ投稿の採用・没とは全く違う次元です。

 これからのラジオメディアは、twitterなどとの連動による、採用・没の中間判断がないリスナー参加の形態こそ生き残りの道なのかも知れません。

 中傷に近い批判のツィートがあるかも知れませんが それを受け止めて、逆に他のリスナーのツィートでフォローしてもらうような姿こそ、メディアとしての前進があると思います。


 このブログの新機能として、PC版のブログを お読みになっていくと、右下の欄外に「▲ TOP」ボタンが現れる様にしました。

 どうしても この様なテキストブログは縦に長くなります(笑)。読み進んでスクロールしていった際に常時「▲ TOP」ボタンが現れていると、大変便利だと思い設置した次第です。

 ちょっとした機能ですが、CSS3で制御しています。ブログをPCでスクロールしても、右隅に ちょこんと常時現れている「▲ TOP」ボタンを ご愛顧頂ければ幸いです。

第537回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  2. 第 2 位 ( △ )
    絢香「ツヨク想う」
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「確証 ~ 警視庁捜査3課」オープニング テーマ音楽 [市川淳]
    ♪1位 3週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Calling You”
    ミスタードーナツ テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    畠山美由紀「夜と雨のワルツ」


 クラシック音楽の世界において、天才音楽家は早逝だと言われる事があります。このまま生涯を全うし多くの作品を書き残していけば、もっと名声が高くなったのにと思いますが、それは叶わぬ事です。

 クラシックの世界だけでなく、戦後発達した邦楽(歌謡曲・J-POP)の世界にも早逝してしまった天才音楽家は存在します。

 大村雅朗(おおむら まさあき)さんも、早逝してしまった天才音楽家のひとりです。

 我が国において、私が最も尊敬するアレンジャー(編曲者)です。1970年から90年代にかけて数多くの優れた編曲作品を送り出し、46才の若さで早逝してしまいました。29日に大村雅朗 さんは十七回忌を迎えます。

 邦楽(歌謡曲・J-POP)に関しては まず歌詞があり、次に歌詞を表現する曲の旋律が重要視され、大衆も その範囲で音楽を理解します。しかし、その先があるのです。

 レコードからCDそしてダウンロードと媒体は変わっていきましたが、旋律を構成する ひとつひとつの楽器の和音を結び付ける和声と調性こそが、ポピュラー音楽作品の根幹を成しています。

 大村雅朗 さんは、この和声と調性を深淵から理解し、国内のポピュラー音楽を高い極みまで昇華させていった、我が国で ただひとりのアレンジャーといっても過言ではありません。

 大村雅朗 さんの音楽創作の出発点は、ヤマハ音楽振興会の本部研究室でした。

 ですから大村雅朗 さんは、当時のラジオ・テレビ番組「コッキーポップ」やヤマハ・ポピュラーソング・コンテストから派生したニュー ミュージックを手始めに、全盛期だったアイドルの新譜作品をも拒まずアレンジしていきました。

 当時のヤマハ系ニューミュージックは、歌詞・旋律で創作が停止してしまっているものが多く、またアイドル歌手の新譜作品は創作以前の段階(笑)つまり歌唱や表現力に未成熟さを感じさせてしまうのが殆どでした。

 大村雅朗 さんは、それらの欠点をカバーして余りある素晴らしい編曲を提供していきます。

 初めての方へ ご案内ブロガー プロフィールにも詳しく書いていますが、私は音楽チャートマニアとして、洋邦問わず10万回を超える新譜の強制的(笑)な反復聴取の果てに、アレンジで使用した楽器のモード(旋法)や音律に やたら鋭敏となり、楽器の和音を相当細かく聞き分けられる和声感と音楽調性感が身に付いてしまいました。

 その私の和声感と音楽調性感に基づき、大村雅朗 さんの最高傑作を選んでみると、人気のある松田聖子“SWEET MEMORIES”や山口百恵「謝肉祭」とは違う楽曲になってしまいます。

 大村雅朗 さんの最高傑作は、八神純子「想い出のスクリーン」(1979年)だと感じています。

 メジャー・デビュー作「思い出は美しすぎて」は、編曲者が大村雅朗 さんでありません。また大村雅朗 さんをアレンジャーとして大成させた「みずいろの雨」でもないのです。

 八神純子「想い出のスクリーン」のオリジナル盤をぜひ聴き込んでみてください。何度も聴きこんでいくと、大村雅朗 さんの情感を和音構成に反映させる、独特な編曲のスタイルが理解できます。

 「想い出のスクリーン」は、特に終奏部が圧巻です。

 ヴォーカルの畳み掛けるような伸びから、E.Gt(エレキギター)Str(ストリングス)さらにScat(スキャット)や単音のサンバ ホイッスルから手拍子に至るまで、総ての楽器和音が和声となって一分の隙もなく完璧に調性されており、奇跡を突き抜けて もはや神域に達している作品です。

 さらに私の音楽和声感・調性感から、大村雅朗 さんの傑作を全作品より さらに3曲取り上げてみます。図らずも全て1986年 発表の作品になりました。

 まず、松永夏代子「メランコリーの軌跡」です。

 玉置浩二作曲によるアニソンですが、哀感を帯びた旋律全体を見事に生かした抜群のアレンジです。Syn(シンセサイザー)が主楽器ですが、その電子楽器の1和音まで和声と調性が整っており、この楽曲も神域に達しています。

 次は、REIMY(麗美)「恋する時間」です。

 筒美京平の計算された旋律と、コケティッシュなヴォーカルを生かすため相当難度の高いアレンジですが、打楽器の和音構成を加えて一気に調性を取っています。特に その打楽器とストリングスの合致した和音で終奏する大胆さは秀逸です。

 最後は、芳本美代子「横顔のフィナーレ」です。

 イントロ・間奏そしてアウトロが、完全に元の旋律と遊離している作品ですが(笑)そのイントロ群のアレンジは、大村雅朗 さんの和声感と調性感を理解する上で教科書的な作品です。今どんなアレンジャーでも、この様な編曲は出来ないと思います。

 大村雅朗 さんのアレンジ、特に和声に貫かれているのは、音楽的技巧ではなく、人間が感じる事が出来る豊かな情感に彩られた深遠な美しさです。

 大村雅朗 さんは、ヴォーカルを含めた演奏楽器の和音構成によって、その美しさが表現出来るアレンジャーなのです。ここで挙げた作品群は、総てが その美しさに彩られています。

 もう既にポピュラー音楽は、洋邦問わず旋律の組合せにおいて出尽くし感が蔓延しており、ラップ音楽を なぞっただけの単旋律なアレンジが横行し、シンコペーションやオブリガードなどの旋律技巧だけで音楽的価値を得ようとしています。これは和声感や調性感以前の問題です。

 だからこそ大村雅朗 さんが、この時代に健在だったらと思うと誠に惜しく残念でなりません。

 大村雅朗 さん。あなたが去って 16年が経った今、あなたの足元までたどり着いたアレンジャーは、まだ ひとりも現れていません。

第538回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    絢香「ツヨク想う」
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Calling You”
    ミスタードーナツ テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    GLAY“DARK RIVER”
    NHK総合・ドラマ10「激流 ~ 私を憶えていますか?」主題歌
    ♪最近では珍しいミドル・ヴォイスと、シンフォニックされたアレンジが上手く溶け合っているロック佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    畠山美由紀「夜と雨のワルツ」


 2013年は上半期が終了し、もうすぐ折り返し点を迎えます。そこで『2013 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。

 年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 上半期順位の公開は、今回で11回目となりました。年間ランキングの結果が出た過去10回を調べると、上半期1位が そのまま年間1位になったケースは 7回ありました。上半期1位が1位週数で他を大きくリードすると、そのまま年間ランキングまで逃げ切る(笑)ケースも当然あり得ます。

 ところが、今年の上半期は 1位週数の最高成績が僅か 3週で、その 3週をマークした楽曲が 5曲もありました。

 上半期順位は、週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に従って確定・決定しますので、今回の場合 上半期1位は、登場週数の最も多い(12週)楽曲が自動確定。次に登場週数の多い(10週)楽曲が自動選曲され、上半期2位と決定しました。

 残りの1位週数 3の楽曲は、上半期順位に自動選曲されませんので、改めて総ての選曲条件をクリアした楽曲からレギュラーの「選曲基準」により選曲し直し、自由な選考基準により実感を合致させて、3位から5位までの上半期順位を決定しました。

 その結果 洋楽初の上半期1位が誕生するなど、例年になくユニークな上半期順位が作成されました。

 今回は 1位週数が分散しましたが、全く逆の結果つまり1位が 20週以上の楽曲が現れて(笑)1位曲数が5曲未満になった場合もルールがあります。5曲に満たない下位順位は「不成立」となって発表されません(笑)。

 以前ブログに「音楽チャートの真理」という話を書きました。

 無理矢理 最下位まで順位を付けるのは美しくなく、また順位を求める労力の割に意味もなく、順位があるか ないかの差異こそ、実は音楽チャートとして重要であり、統一した基準で必要最小限の順位のみ発表する事を、このブログのポリシーとしています。

 上半期 1 位には、Sisselの“Weightless”が選曲されました。

 【1位 3週 登場12週】

 今年の上半期順位は、選曲条件をクリアした楽曲 12曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2013 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 3)
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲

  2. 第 2 位 ( 3)
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「風車の浜吉捕物綴」テーマ音楽 [渡辺俊幸]

  3. 第 3 位 ( 3)
    NHK総合・時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( 2)
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ6 ~ 警視庁安積班」オープニング テーマ音楽 [遠藤浩二]

  5. 第 5 位 ( 3)
    Rihwa“Last Love”
    NBS フジ・木曜劇場「ラストシンデレラ」挿入歌


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2013年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。