FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第179回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NBS フジ・金曜エンタテイメント「剣客商売スペシャル」テーマ音楽 [篠原敬介]
    ♪美しいチェロ演奏による卓越した劇伴。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Red Hot Chili Peppers“DANI CALIFORNIA”


 『第18回 FIFAワールドカップ・ドイツ大会』は、12日の1次リーグ 日本 vs クロアチア 戦において、0-0 の引き分けとなり勝ち点 1を獲得しました。

 しかし、剣が峰となった23日の 日本 vs ブラジル 戦は、残念ながら1-4で破れました。日本にとって今回のドイツ大会は厳しい結果となってしまいました。最終戦となった対 ブラジル 戦は、深夜から早朝の時間帯にも拘らず 22・8%の平均視聴率(関東地区)をマークしています。

 【2006FIFAワールドカップ最終成績:ドイツ本大会 1次リーグ F組4位(0勝1分2敗・勝ち点 1) 監督・ジーコ 本大会得点・中村俊輔 1 玉田圭司 1 】

 1次リーグ3試合は、FM長野を始め全国の民間放送ラジオが、中波・FM・短波統一して実況中継を放送しました。

 但し、民放連加盟のAM・短波局 48社は総て中継に参加しましたが、FM 53社のうちFMヨコハマ、α-STATION、FM802、FM COCOLOのJFN非加盟の独立系 4局は中継に参加しませんでした。またNHKのラジオ中継は、スタジオで国際映像を見ながらの独自実況を行っています。

 W杯サッカーは、1930年の第1回ウルグアイ大会以来、第2次世界大戦での 2回の中止を除き夏季五輪の中間年に開催されてきました。

 今回の2006FIFAワールドカップは 195ヵ国が予選参加し、大陸別予選を突破した 32ヵ国がドイツ本大会への切符を獲得しました。

 アジア代表として 日本・サウジアラビア・韓国・イラン。オセアニア代表として オーストラリアが出場。アジア・オセアニア代表の最高成績は「オーストラリア」の決勝トーナメント・ベスト16でした。

 ボールひとつあれば、どんな発展途上国でも国威の発揚が出来るサッカー競技の特性から、このFIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップは、その注目度と規模からも、オリンピックを凌ぐ最大の世界選手権大会に成長しました。

 FIFAワールドカップは、出場チームが国家と国民の力を、そのサッカーボールひとつに表現しようと総力で戦います。

 しかし、日本チームは、サッカーゲームというプロスポーツの到達点としてのみ、このワールドカップを理解している様にも見えました。それ故、雰囲気に呑まれ決定力不足に繋がった感じがしてなりません。 4年間指揮をとったジーコ監督は退任しました。2010年の南アフリカ大会に期待したいと思います。


(追記) 2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会の最終結果は、優勝・イタリア(4回目)準優勝・フランス、3位・ドイツ となりました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年06月23日 の週間選曲リストと『 2006 FIFAワールドカップ最終成績 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。