FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第510回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK総合・時代劇「薄桜記」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    宇多田ヒカル「桜流し」

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング
    ♪1位 5週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Beautiful World”
    ♪転調が見事な洗練されたデリコ サウンドの佳曲。


 一度ブログでも紹介した事があると思いますが、私が住んでいる松本市のマンションの近くに「伊和神社」があります。近くに信濃国の国府があったとされ、祭事のため信濃国中の神様が祀られており、境内には樹齢 千年以上とされる立派な大ケヤキがあります。私も折々に参拝しており、以前「伊和社例祭神璽」という御札も頂いています。

 しかし、マンションのため神棚を設置する場所がなかったのです。私も神棚の設置方法を、ネット等で調べてみたのですが、どうも腑に落ちません。神殿造りの神棚を祀れとか、御札は 年 1度取り替えろとか、神仏の御札は 絶対一緒に祭るなとか、その祀り方の教えが非常に教条的なのです。現代の住宅事情を考慮しないと、御札をお祀りしたい気持ちを 萎えさせてしまいます。

 神社から頂く紙製の御札は、よく見ると不思議な構造です。伊和神社から頂いた御札を透かしてみると、丁度真ん中辺りに「璽」と印された小さな紙片が入っていて、それをくるむような形で御札全体が構成されています。この小さな紙片こそ、御札の「御神体」だと思うのです。ですから御札全体で、この御神体を守る様に設計されています。

 それと私個人の気持ちなのですが、常に この御札の「伊和社例祭神璽」という印字が見たいのです。どの様な神様をお祀りしているのか公表(笑)したい気持ちもあります。その祭主(笑)の心情に沿って、まず仮安置する神棚を自作しました。それから5年経過し、やっとマンション事情に配慮した簡易神棚が市販されましたので、正式に神棚へ御札を お祭り出来ました。

 充分に時間をかけて吟味の上で入手した簡易神棚は、ネジやクギを使わないで壁掛けが出来、国産ヒノキ製で 前面が透明のアクリル板になっており、常に御札を見る事が出来る状態で 紙製の御札を保護してくれます。しかも屋根が付いた お宮さまの形状をしています。良く出来た簡易神棚だと説明を熟読していくと、なんとこの簡易神棚は 実用新案登録されているそうです。

 天気のいい佳き日を選び、入手した簡易神棚 と 御札を持って、早朝の伊和神社に参拝しました。誰もいない伊和神社の拝殿前に簡易神棚と御札を置いて拝礼し、これから神棚をお祭りする事をご報告。そして近くの樹齢 数百年クラスの大ケヤキに簡易神棚で軽く触りました。樹の精が、この簡易神棚のヒノキにも宿してくれれば という思いからです。

 帰宅後さっそく、伊和神社で清めた御札を簡易神棚に納めて、自宅マンション居室の最上部にお祭りしました。お祭りした場所の下には、ブックラックがあり、お神酒や お正月のお餅は、充分お供えできるスペースがあります。ここは最上階ですので 御札全体からマンションの部屋の内が見下ろせる様な、我が家流の神棚が完成しました。

 何年このマンションに住んでいくのかは解りませんが、御札がしっかり見え、居住規則にも抵触しない神棚をお祭り出来て、実に清々しい気持ちでした。自力本願(笑)に近い考え方ですが、人間の運気というのは、色々な問題を放置せず、今ある環境の中で きちんと工夫しながら ひとつずつ解決してこそ、自ずと好転していくものだと、私は 信じています。

 以前に書きましたが、松本市立博物館で特別展「ラジオの不思議」を観覧した日に、隣にある国宝・松本城も参観し、私の様な腰痛を持つ者には、まるで かめクン の様に(笑)這う様な感じで初めて天守六階まで昇りました。昇り終えた後の 天守六階からの眺めと あの風通しは 実に格別でした。その天守六階の天井には、二十六夜神という城を守護する神様が祭られていました。

 実に簡素な神棚でしたが、松本城の一番高い位置から城全体を守っているのだと、その時に気づきました。今や どこに住んでいても大災害に遭うリスクは同じですが、茨城県 北茨城市に育ち、今 風光明媚な長野県 松本市に暮らす私にとって、人生の流れが想像も出来ない何かに護られている様な気がしてなりません。小さな神棚をお祭りした後、なおさら感じています。


(追記) この「マンションに簡易神棚」は、簡易神棚をお祭りした後の 2017年 8月に全面加筆しました。

第511回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK総合・時代劇「薄桜記」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Beautiful World”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「元禄繚乱」テーマ音楽 [池辺晋一郎]
    ♪タイトルバックの絵巻と合致する様にオーケストレーションされた佳曲。NHKアーカイブス「中村勘三郎さん 芸に生きた日々」による視聴。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル「桜流し」


 師走となり、そこに総選挙も加わって、例年より日々の慌ただしさが増している感じがします。そんな喧騒の中、思いがけない訃報に連続して接しました。

 5日に、十八代 中村勘三郎さんが、お亡くなりになりました。。ここ松本市と大変ゆかりが深く、信州・まつもと大歌舞伎を毎年 牽引されてきましたが、あっという間に旅立たれました。大変残念です。私も まつもと市民芸術館で、追悼の記帳をしてきました。

 NHKは、9日に異例とも言える、総合で2時間55分 Eテレで2時間30分の追悼番組を特別編成しました。

 特に総合テレビの追悼番組では、午後3時から勘九郎時代に主役を務めた大河ドラマ「元禄繚乱」(1999年 1月 ~ 12月・全49回 本放送)第47回 四十七士討入り をノーカットで再放送。この師走の時期にぴったりの忠臣蔵から 勘三郎さんの至芸が甦りました。

 大河ドラマ「元禄繚乱」は、本放送当時 勘三郎さんが、この第47回まで まさしく昼行灯(笑)的に大石内蔵助を演じ、あまり評判が良くなかったのですが、この討ち入りで最高視聴率 28・5%を一気にマークします。

 その後の第48回 四家お預け、最終回 忠義の士に至る、討ち入りから切腹までのエピソードが秀逸で、勘三郎さんの内蔵助が光り輝いた展開でした。「元禄繚乱」は、その本放送時の批評が討ち入りの前後で、江戸時代の浅野家浪士そして大石内蔵助の評判の流れと、時系列が見事なまでに一致していた不思議な大河ドラマでした。

 討ち入りまでは、大石内蔵助に多くの視聴者が物足りなさを感じ、討ち入りから一気に人物像が急伸しました。その不思議さの演出こそ、勘三郎さんの芸の賜物だったのだと思います。ご冥福をお祈りします。

 10日には、小沢昭一さんが、お亡くなりになりました。。小沢昭一さんといえば、なんと言ってもラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」です。私が小学生で、ラジオを聴き始めた頃から続いていた番組です。なんと放送 1万回を突破しました。

 「小沢昭一の小沢昭一的こころ」と言えば、やはり1973年の放送開始から1980年代にかけてオンエアーされていた、夕方5時45分からの全国一斉放送の頃が懐かしく思い出されます。

 午後5時45分ジャスト「この番組は、愛される車を目指す、トヨタ自動車とトヨタディーラーの提供でお送り致します。」のアナウンスが、HBC北海道放送からRBC琉球放送まで同時に流れます。

 スポンサーのCMが終わると、必ず数秒のミュート(無音部)があり、ゆっくりと三味線と口笛のコラボによる山本直純さんのテーマ音楽が流れ出します。この間合いが絶妙なのです。そしてテーマ音楽に乗せて、放送開始から40年間一貫して担当された、藤田恒美 アナによる変わらぬタイトルコールがあります。

 「小沢昭一の小沢昭一的こころ。今週は○○について考える。口演・小沢昭一。筋書き・津瀬宏。お囃子・山本直純。」この独特なオープニングの世界観は、放送文化的にも素晴らしいものがありました。

 実は「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の魅力は、このオープニングに加えて、エンディングにも存在します。夕方放送されていた当時は、本題の小沢さんの話は意外に軽く(笑)後半では全国の放送局から、ローカルニュースや気象情報まで挿入されます。そのローカル枠が終わった後です。ここから小沢さんのスイッチが入ります。

 エンディングの約1分ほど、明日の放送はいかに面白いか、小沢さんが紹介します。この予告が一番面白いのです(笑)。特に金曜日は「今週の○○の話は、すっかり忘れまして」(笑)という常套句が使われます。期待感を高めるだけ高めて「○○か△△になるかどうかは、また明日(来週)のこころだぁ~」と結びます。

 次回を聴くと、予告ほどではない軽い内容なのです(笑)。これが全盛期の「小沢昭一の小沢昭一的こころ」でした。まさに小沢昭一さんの話芸が、毎日帰宅時のカーラジオから流れていた頃こそ、佳きラジオの黄金時代そのものだったのです。

 私も今では、FMラジオを中心に聴くようになりましたが、山本直純さんのお囃子と共に小沢昭一さんの口演が、AMラジオから流れなくなると思うと残念でなりません。ご冥福をお祈りします。

第512回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK総合・時代劇「薄桜記」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Beautiful World”

  4. 第 4 位 ( △ )
    宇多田ヒカル「桜流し」

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    BSフジ・時代劇「鬼平犯科帳‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪神域に達する素晴らしいテーマ音楽。BSでも放送開始。


 16日 投開票の『第46回 衆議院議員総選挙』は、自民が過半数を遥かに超える大勝。連立を模索していた自公で 325議席を超え、民主から 自公連立へ政権交代となりました。今回の自民大勝でも、参議院とのねじれに関して反転しましたが まだ解消されていません。しかし、衆議院に関しては、憲法改正発議に必要な 3分の2を超える勢力が形成される可能性も出てきました。

 【獲得議席数:自民 294 民主 57 日本維新の会 54 公明 31 みんなの党 18 日本未来の党 9 共産 8 社民 2 国民新党 1 新党大地 1 無所属 5】

 私は、当日 午後2時頃 自宅近くの投票所へ行ったのですが、投票を終えた後 調査員の方に捕まり(笑)NHKの出口調査に協力しました。項目は多岐に渡り 前回の比例区において投票した政党まで質問がありました。私は、このブログで出口調査重視の開票速報への懸念を書いてきましたが、その設問から出口調査の統計学的処理が成熟している事を認めざるを得ませんでした。

 事前の情勢分析では、どのマスコミも自民圧勝を予測。午後 8時ジャストには、各テレビ局が自民 300議席超えとの出口調査結果を発表。あまりの惨敗予測から民主党のショックは尋常でなく、遂に民主党開票センターでは、掲示板に一切当確のバラの花を着けないという、前代未聞の事態になってしまいました。結局 民主は、改選前議席の 4分の1を下回る大敗北でした。

 今回のNHK開票速報は、8時00分に 44議席、8時02分に 298議席の当確を一気に打ってしまいましたが、10時以降は、開票実数に基づく速報を中心に放送しています。特に比例区重複立候補の惜敗率試算から、従来の当選確実ではなく、民主党現職大臣の「落選確実」を続々速報し、新鮮な印象を今回の開票速報に感じました。

 長野県内小選挙区の当選者は、自民 3 民主 2。大変な激戦となった得票状況から、小選挙区の落選候補の惜敗率が押並べて高く、1区で 自民 1 維新 1。2区で 維新 1。3区で みんな 1 自民 1。合計5名の復活当選がありました。長野1区 と 3区は、小選挙区にもかかわらず、なんと合計 3名も当選者が出る、前例が見当たらない結果となりました。

 NHK長野局では、復活当選により計 10名の当確が出て、山田康弘 アナが午前 2時過ぎの深夜まで速報しています。FM長野は、午後8時55分 と 10時55分のFM長野ニュースで開票状況を速報。同じくJFNネットで開票特番を 2時間編成しましたが、2年半前の参院選と同じく県内当選・当確者の速報は、翌朝の“OASIS 79・7”までありませんでした。

 なおダブル選挙となった東京都知事選は、長野市出身の作家・猪瀬直樹 氏が圧勝。NHKの当確は 8時01分に打たれています。今回の総選挙では、原発の是非を問う新興政党も多かったのですが、原発問題の解決には、国民広範の英知が なによりも必要です。原発問題を政争の具として利用した その安易さに、国民から厳しい審判が下りました。

 憲法改正に関して国民投票法(日本国憲法の改正手続きに関する法律)は、5年前に制定されましたが、とにかく憲法 第96条により、憲法改正発議だけで衆参両院の3分の2が必要であり大変高いハードルです。憲法は最高法規ですが、絶対不可侵の法典ではありません。どんな法令にも改正のタブーがない様に、時代に即して修正は加えるべきだと思います。

 私も開票速報マニアとして、生きてる間に一度「憲法改正国民投票 開票速報」を視てみたい願望(笑)もあります。 やはり午後 8時ジャストに結果が判ってしまうのでしょうか?(笑)この高いハードルのひとつをクリアできる大勝だった総選挙の後、二院制の在り方も問われる政権交代からの展開に、憲法改正投票権を有する国民の注視が集まってきています。

Year‐End Ranking

   
  1. 第 1 位 ( 7)
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]
    ♪打楽器とストリングスの美的調和に彩られたプログレッシヴな旋律は、抜群の音楽調性で裏打ちされる斬新さにおいて、NHK大河ドラマの中で極めて優れたテーマ音楽と断言出来る作品。

  2. 第 2 位 ( 5)
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( 5)
    NBS フジ・ドラマ「ストロベリーナイト」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( 5)
    abn テレ朝・ドラマ「警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  5. 第 5 位 ( 2)
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK BSプレミアム 総合・時代劇「薄桜記」主題歌


 2012年も年の納めを迎え、このブログの更新は、今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2012 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2012年 1月 6日 第462回ランキングから、2012年12月21日 第512回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数は 38曲。選曲条件をクリアした楽曲数が 14曲と記録されています。今年の年間ランキングの累積資料は、次の通りです。

 【1位 7週 登場37週】① 平清盛 テーマ音楽。 【1位 5週 登場18週】② アスリートの魂 テーマ音楽。 【1位 5週 登場12週】③ ストロベリーナイト 劇伴音楽。 【1位 5週 登場 8週】④ 警視庁捜査一課 9係 劇伴音楽。 【1位 2週 登場14週】⑤ Silence 城南海。

 以上の累積資料 と 参照先リストの選曲理由に基づき、年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。今年は、第500回記念 全期間ランキング発表のため、従来の年より 1週少ない対象期間で、年間ランキングが作成されました。また累積資料に関して、突出した成績の楽曲が 1曲のみとなり、他の選曲条件をクリアした楽曲は、僅差の結果になっています。

 ルールに従い、年間 1位を自動確定。次に1位週数のデータを軸に、選曲条件をクリアした楽曲から改めて選曲し、累積資料である 1位週数 5週で選曲された楽曲から、登場週数のデータを参考に、年間 2位から 4位までを決定。さらに独自性の高い順位決定を行うため、登場週数を参考にしつつも、1位週数 4週以下で選曲された楽曲を、年間 5位と決定しました。

 今年 最も美しい 5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)3曲、インストゥルメンタルのドキュメンタリー・テーマ音楽(劇伴音楽)1曲、ドラマ主題歌 1曲 となっています。

 2年ぶりにドラマ主題歌が、年間ランキングに選曲されましたが、同一制作者によるオリジナル サウンドトラックも 2作品、年間ランキングに選曲されている事で象徴される様に、インストゥルメンタルの音楽が、残り 4曲を独占する結果となりました。やはり既存の主題歌新譜からよりも、週間選曲リスト独自の選曲が、強く反映された 1年でした。

 このブログでは、第500回記念 全期間ランキングの発表があった 2012年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2012年12月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。